10/23//07


 た~か~の~つ~め~

 昨日の記事を残したまま、全面的に改訂する画期的なアレ。


 東京新聞で連載されている、
 さくらももこの「ちびまる子ちゃん」がおもしろくない、とゆー、話。二回目。

 おもしろくないと言ってしまうと、
 作品の全否定になってしまうので、「弱い」とゆー言葉に改めてみる。

 さくらももこの「ちびまる子ちゃん」は、四コマとして、弱い。

 なにがってーと、
 結論的には作風がマッチしていないってトコロに落ち着くとおもわれるが、
 ひとつ挙げてみると、ぜんぶセリフで言っちゃうんだな。
 フリもボケもツッコミも。説明的とゆーか。
 セリフだけ抜け出して、文字だけで済むような内容なので、
 マンガである必要も、ちびまる子ちゃんである理由もないわけだ。

 四コマってのは、
 それこそたった四コマ、起承転結をおさえれば形になる、
 シンプルな構造であるがゆえに作りやすいが、
 そのぶん、技術とセンスが重要になってくる。
 流行している、萌え系四コマでも歴然となっているように、
 油断するとすぐにヤオイ化してしまうわけだ。

 わずか四コマの中に、
 キャラクター、世界観、テーマ等々を埋め込まなければならず、
 実はかなり高度なジャンルでもあるのだよ。


 た~か~の~つ~め~
[PR]
by y.k-ybf | 2007-10-23 22:30 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧