『Sloppy Joe』/大江千里 (013/100)


 大江千里は、はたしてブレイクしたのかと、
 疑問におもって調べてみたら、けっこう人気があって、認知もされているんですね。
 そーですね。

 それにしても影が薄いとゆーか、
 中古屋の100円コーナーの常連なのは、ナゼか?

 ぱっと見のイメージに比べて、ファン層が異常に狭いんだろうな、たぶん。
 もっと槇原敬之みたいにブサイクで、
 もっさいキャラだったら評価も違っていただろう。
 あと、空気が読めないとゆーか、マッチしないんだな、この人。

 それはおもしろくないよ、とか、
 誰も望んでないよ、とか、
 誤解されるよ、とか、
 もうちょっと空気が読めたらなあと、おもう次第でございます。

 『Sloppy Joe』は、最初のベストアルバム。
 ベストアルバムを選ぶんかいと、指摘されるかもしれませんが、
 これが、
 良い編集アルバムってのも、なかなか少なくて、
 ホントに名曲が揃っているので、
 声や詩や、ルックスが甘すぎてダメな方もいらっしゃるでしょうが、
 アメリカのソングライター系が好みの方ならば、気に入るのではないでしょうか。

 わたくしのお気に入りの、
 「サヴォタージュ」も「塩屋」も収録されてないんですけどね。


Sloppy Joe
大江千里 / / エピックレコードジャパン
[PR]
by y.k-ybf | 2007-12-08 23:18 | 音盤/100 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧