『ガリレオ』、終わる。


 月9のドラマ、『ガリレオ』が先日終わりました。
 なんだかんだで、毎週楽しく観てしまいました。おもしろかったです。

 最終回、突然姿を現した変な爆弾が、かなりガックリな作りだったのはアレでしたが。

 まー、
 要すると、福山 雅治が、かっこよかった。
 今まで、特に嫌いだったわけでもなく、
 よく見るとフツーの顔とか、
 当たり障りのない歌を唄うとか、
 オナニー公爵とか、そんな印象しかない程度でしたが、
 このドラマの、天才変人准教授とゆー役柄、
 細身の長身で、冷淡な表情が、とてもかっこよかった。
 この方は、体の角度とか、手足の動かし方を、よく理解していらっしゃる。

 一方で気になったのが、ヒロインの、えーと、柴咲コウ。
 これはわたくしだけかもしれないが、
 ナゼ、彼女はこーまで存在感が薄いのだろうか。

 べつに彼女が嫌いなわけでも、知らないわけでもないし、
 演技が下手だともおもわない。
 しかし、毎週観ているはずなのに、
 「あれ、この女優さん、誰だっけ?」と、本気が考えてしまうことが、しばしばあった。
 ま、
 具体的にゆーと、宝生舞とごっちゃになってるんだけど。
 あれかな。
 米倉凉子の顔が見るたびに違うのと、同じ理由かな?

 まあ、それはさておき。
 こんなところです。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-12-19 22:30 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧