『僕の小規模な生活』


 福満しげゆきの、『僕の小規模な生活』。

 以前から、この方の本は気になっていて、
 ずっと探しておりましたが、ずっと見付からず、
 新刊の棚で名前を見付けたときには、素で驚いてしまいました。
 やっぱり大手のコミックスは扱いがちがうなあ。

 基本的には日記マンガで、売れない漫画家のしがない生活の実録でありますが、
 とにかく主人公つーか作者自身の思考がネガティブで、
 全体的にその影響下で描かれている。
 よく今まで生きてこれたなあ、とか、
 よく誰からも刺されなかったなあ、と、おもいつつ、
 わたくしもネガなニンゲンなので、やたら共感してしまう。
 そして、少し落ち込む。

b0048532_10181099.jpg

 この、イスに座る妻の、後ろ斜めの床に正座して話し掛ける感じなど、
 トキメクほどによくわかってしまいます。
 そして、少し落ち込む。

 日記モノはネタ先行になりがちだけど、
 そのへん、抑えているのも特徴の一つで、
 リアルに、知りたくもない漫画家の現実を伝えてくれる。

 男の情けなさ、ニンゲンのダメさ。
 絵柄はディフォルメされて可愛らしくもあるけれど、
 切り口がネガなのでどこか歪んでいる。
 この歪みが正しいのか、悪いのか。判断は難しいけれど。

 他人の所為にするつもりはないが、
 誰かに責任を擦り付けないと、やってられないときがある。
 そんなに強いニンゲンばかりではない。
 どーして学校は、教えてくれなかったんだろう。
 イヤ、学校はそれを学ぶところだった。
 でも、それに気付けるほど賢かったわけでもなかった。
 成功と、失敗以外にも、選択或いは結果があると、おもう。
 臆病になってそれを責め立てなくとも、
 もっと愉しく、生きられるとおもうのだがな。

 お金なんか、ちょっとでいいのだ。



僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
福満 しげゆき / / 講談社
ISBN : 4063754170
[PR]
by y.k-ybf | 2008-01-24 10:21 | 本棚 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧