『IN RAINBOWS』/Radiohead、続き。


 そんでリリースの話になりますが、
 このアルバムは当初ネットのダウンロード販売限定で、しかも値段は設定自由。
 一万でも、0円でもええのです。

 今更、説明するのも恥ずかしいのだけれども、
 レディオヘッドクラスのミュージシャンがネット・オンリーで作品を発表して、
 さらに値段までフリーとなると、ちょっとした事件でございます。
 しかし逆説的にゆーと、レディオヘッドクラスだから可能なんだっつー意見もあって。
 しかししかし、
 同意はできるんだけど、そんなこともないかな、とも、おもう。

 だって、レディオヘッドにもできたんだから、と。

 で、ここから話がズレて愚痴みたいになるんだけど。
 やっぱりCDって高い。
 それを不満におもってるのか、てーと、それはまた別の話なのだが。
 あいちゅーん、だと、一曲、150円か200円とかとか。
 つまりそれがCDだと約倍の値段になる。
 パッケージやらなんやらの値段がプラスになってるわけだけど、
 それはそれで不明瞭なわけで。
 じゃ、サービス代なのか、と。
 誰か望んだのか、と。
 くり返しますが、それが不満なわけではないけれど、値段に見合ったものなのか、と。
 その料金の取り方はフェアなのか、と。
 で、
 そんなことゆーと、儲けがなくなる。採算が合わなくなる、みたいな話になるのだが。
 それをゆーならば、他で儲ければいいのでは、ないか。
 まあ、このへん素人考えなんだけど、
 そこでお金を取るのか、とか。無駄な宣伝するからや、とか。
 疑問におもうところが多々あるわけでございます。

 で、
 何が言いたいのかってーと、
 一つの宣伝をしたものより、二つ宣伝したもののほうが、売れる。
 二つよりも四つのほうが、四つよりも八つのほうが、売れるわけ。
 大雑把な説明だけど、これがランキングであって、メディアなんだけど。
 この構図って、潤滑に転がって大きくなればなるほど、
 本質つーか、核っつーか、中身が隠れてしまう。
 衣ばかりのカツみたいなもんで。

 まーーー、今時、話すようなことでもないんだけど、
 要は、ベストテンの10曲って、そんなに良い曲なのかな。とか。
 どんだけ好きな曲なのかな。とか。
 100位まであるとしたら、
 残りの90曲を一度でも聴いたことがあるのかな。とか。
 1000位まであるとしたら、残りの990曲を・・・。

 何かを選択するとき、本当に自分で選んでいるのかな。とか。
 何も選択していないニンゲンが、何かを選べるのかな。とか、ね。

 レディオヘッドの狙いがそんなことだとは、勿論おもってはいないけども、
 こーいったアクションやリアクションで、
 因習になってるシステムを直せる可能性もあるのでわと、
 わたくしは、考えるのでございます。


 おしまい。



イン・レインボウズ
レディオヘッド / / Hostess Entertainment
[PR]
by y.k-ybf | 2008-02-25 22:40 | 音盤 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧