『クローバーフィールド/HAKAISHA』


 ネタバレ注意!
 と、前置きがないといけないところでありますが、この映画には必要ありません。

 ネタそのものがないのだから。

(結局、ネタバレの内容になりますので、注意してください。)

 内容だって、一行で説明できる。
 怪獣から逃げる、映画。
 これ以上でも、以下でもない。
 撃退するわけでもないし、何かがわかることもない。
 ドラマチックなものがあった気もするが、なかったような気もする。
 しかし、
 コレがまたエラいおもしろかった。
 あっとゆーまに、時間を忘れて愉しめた。
 まあ、じっさい、上映時間90分もない映画なんだけど。

 とくに書くこともないので、もう一度、内容を説明いたしますと、
 怪獣がニューヨークに突然上陸して、ヒトビトが逃げまどう映画なんだけども。
 みなさん、すでに忘却の彼方だとおもわれますが、
 以前、ハリウッドで『ゴジラ』がリメイクされたことがありまして。
 まあ、
 忘れたままで何の問題もないつまらん代物なんだけども、
 この『クローバーフィールド』が、
 オリジナルの『ゴジラ』の影響下にあるのは、
 ちょっとかもしれんけど、否定できないとおもう。

 もっと上手くリメイクしたるわ。みたいな。
 ま、エンディングの曲が、東映の『ゴジラ』そのまんまなんだけどね。

 で、
 怪獣映画として何をやったのかとゆーと、全編ハンディカメラの映像なのです。
 家庭用ビデオカメラの。
 分かり易くゆーと、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』です。そのまんまです。
 しかしコレがまー臨場感とゆーか、迫力とゆーか。すごいものがあって。
 揺れる映像がダメな人にはお勧めできないけれど、
 興味がある方は、是非とも音響がしっかりした映画館で観ることをお勧めします。
 アトラクション映画なんて云われ方もしているけど、
 本当に、遊園地のアトラクションを観ているような感覚になります。
 そのあたりが『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』との違いですね。

 それと、
 このビデオカメラの映像、パニックの状況下が、
 暗喩として「9.11」を引きずっているとも、おもえます。
 単純に、あのテロさえもエンターテイメントにするのかと、複雑に感じたりもしますが。

 こんな愉しい映画を観てしまうと、
 どーして怪獣映画の本場である日本では作れないのかと、またグチの一つも出そうになりますが、
 素材として、続編なんていくらでもできるし、
 他のビデオカメラの映像なんて見せ方でもいけるとおもうので、
 またつくってほしいものでございます。


 幼虫みたいのは、余計だった気もしますが。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-04-16 10:20 | 映画/100 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧