消える音。

 「シティーハンター」の第一回目の放送を観たときからの、
 にわかTMネットワークファンでありますが、
 今回の小室哲哉逮捕は、ショックでありました。
 詐欺や逮捕だけではなく、著作権を手放そうとしていたことが。
 や、もー手放したのかな?
 んー、もーホントに、なんでこんなことに、と、考える毎日でございます。

 わたくしは、TK時代が大嫌いなTM原理主義者なので、偏った意見になりますが。
 要するに、
 プロデューサーとしての才能が足りなかったんだわ、この方わ。と、おもう。
 まわりがまったく見えてなかったし、中心であるはずの自分すら見えていなかった。
 浜崎あゆみの例を挙げるまでもなく、失敗したケースは沢山あるし、
 戦略的な部分では、
 テクノ、レイヴ、ユーロビート、ジャングル、トランス等々。
 チョイと盛り上がるけど、
 結局、流行を引っ張ってきただけの借り物だから、持続しないで消えてゆく。
 誤解しないでほしいのは、
 アイドル歌謡のスタンスとして、これは、じつに正しい。
 風俗は消え続け、変わり続けるものだから。
 だけど小室さんの認識は、すこし違っていた気がする。
 時代の変化に対応できて、その時々のスタイルをも取り込めると。
 でもお客さんが飽きたのは、流行やスタイルではなく、
 その安易なやり方だったと、おもう。

 まあ、その時はすでに経済的に厳しかったようなので、
 アレコレ言えるものではありませんが、
 もっと信じてほしかった。
 作曲家としての才能と、音楽を。そしてファンの方々を。

 去年、復活したTMネットワークは、
 楽曲のオリジンを尊重した、良いLIVEをしておりました。
  全体的にコンセプトは見えなかったけど、これをリ・スタートとするならば、
 理想的だと感じたのですが…。

 おもえば、武道館の一番いい席、真っ正面の一階スタンドは、ほとんど招待席で、
 しかも埋まってなくて、盛り上がってもいなかったから、すっごい気になっておりました。
 あれはスポンサーやらなんやらの席だったのかな…。
 残念。

 ま、また復活するのを、静かに待ちたいとおもいます。
 その時はglobeではなく、作詞もせずに、
 こじんまりと、TMでやってほしいものでございます。
[PR]
Commented by まぐろ at 2008-11-08 00:02 x
結局、「Self Control」ができなかったということなのでしょうか。
僕もTM NETWORK(TMNは除く)だけは今でも好きで聞き返したりしますが、
木根氏にしろ宇都宮氏にしろ、小室みつ子でさえ「また一緒にやりたい」と言っているのが印象的でした。
Commented by y.k-ybf at 2008-11-08 20:58
小室哲哉の曲は、
小室みつ子の詩で、宇都宮隆のボーカルで歌われるのが、
やはりベストだとおもいます。
散々なこと書きましたが、
TK時代の曲も悪いものばかりではないけども、
何故か、どれも音が陳腐なんだよね。フシギフシギ。
 
しかし、哀しいのは、
何か一曲、動画でも挙げるかと探してみたら、
好きな曲はどれも木根さんの曲だったりするんだよね・・・。
by y.k-ybf | 2008-11-07 21:49 | 音盤 | Comments(2)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧