2006年 12月 24日 ( 1 )

M-1 GP 2006


 チュートリアルが優勝しましたね。



 で、終わりだとちと寂しいので、
 ちろっと偏見を。



 おそらく、
 今回の一番のポイントは、「六回目」の大会とゆー事実なのではなかろーか。

 例えば、
 トップバッターだったポイズンガールバンドが、
 違う順番だったなら、違う結果になっていただろうか。
 分かり易いのは、笑い飯で。
 昨年、客の期待と、ネタのレベルの誤差にまったく気付かずに、
 ほとんど自爆したような彼らだったが、
 そのへん、今年も読みとれてなかったようだ。
 六回もやってる大会の、会場の空気、期待に応えるとゆーのは、
 とんでもなく高くハードルなわけだ。
 それだけで。
 今までで一番安定していた麒麟でさえ、三位に終わってしまった。
 チュートリアルは、そーゆーのもひっくるめて、自然体で呑み込んでしまっていた。
 ネタ自体は変なネタだし、変なスタイルなんだけど、
 引いたら逆に呑まれてしまうのを、どこかで察知したかのように、
 勢いを大切にしていた。
 フットボールアワーは、
 勢いに頼り切って、ネタがイマイチ伝わってなかったですね。
 変ホ長調は、個人的に気になって期待していたのですが、
 キャリアの無さと浸透度の薄さがマイナスに働いてしまいました。
 トータルテンボスとザ・プラン9も、
 おもしろさのわりに、反応が鈍かったのも、そのへんかなあ、と。
 ええ。

 それはさておき、変ホ長調以外は、みんな吉本なんですねえ。つまらんのぅ。

 でも結果的には、とても納得できるものでございました。
 ありがとうございました。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-12-24 23:11 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧