2016年 07月 11日 ( 1 )

映画のまとめ 『ジャッジ 裁かれる判事』、とか。五本


 犬猿の仲で疎遠だった二人だが、
 父が起こした交通事故の弁護を息子が担当することになり…。

 とゆー、だいぶ大雑把な粗筋。
 ここに亡くなった母、
 離婚間際の妻、その娘、
 ある事情で野球選手を諦めた兄、障害のある弟、
 元カノ、その娘、
 父の病、科学治療の後遺症、過去の経歴、裁判の判決、
 被害者の遺族、
 頼りない弁護士、キレ者の検察、
 名前が思い出せない守衛、
 竜巻、8ミリフィルム、ボートフィッシング…と、
 様々なエピソードが交わってくる。

 正直、盛り込み過ぎてドラマが大渋滞しております。
 大切なエピソードも多いのに、
 こーやって重なって消化不良気味に片付くのもリアルと云えばリアルではあるけど、
 映画的には大胆なシナリオ整理が必要だったんじゃないかなー?
 父親役のロバート・デュヴァルと、息子役のロバート・ダウニー・jr二人の名演が無ければ、
 軸となる父と息子のドラマが埋もれてしまふ可能性もあるし。
 (後はエンディングだけってタイミングなのに、まだ放り込んでくるしね。)

 またこの裁判官の父親ってのが一筋も二筋も厄介なキャラクターで、
 なかなか本心が見えてこないし、その意図も曖昧に感じられた。

 メガ盛りにされたエピソードが、
 結果的に、事件と裁判への集中を散らしてる気がするのです。
 ストーリー自体は良く出来ているので、勿体無いなと、おもいました。


 小ネタですが、
 学生の頃に出て行ったきり放置された部屋に貼ってあったポスターが、
 ピンクフロイドの『炎~あなたがここにいてほしい』なのな。
 「Wish You Were Here」ですよ。


エクストラ テレストリアル【DVD】

フレディ・ストローマ,メラニー・パパリア,ジェシー・モス,ショーン・ロジャーソン,マイケル・アイアンサイド/アルバトロス

undefined


 前半はね、よかった。
 アホな若者集団の、死んで学べとおもふアホっぷりと、
 POVを巧みに挿入する映像は、それなりに緊張感を高める。
 しかしネタと表現の古さからくる、後半へのガッカリ具合が残念。
 思い切って、
 宇宙人によるニンゲン解体ショーとかやればいいのに。
 政府によって隠蔽されて…とか、
 も、どーでもええわ。

 主演の女優さんが、
 むくんだ中島美嘉みたいな顔だったのが、いちばん印象に残りました。


 そのハードコアな描写から海外のファンが多く、こーして実写映画化されたわけでございます。
 オリジナルとなるアニメ版は記憶にないので未観だとおもいますが、有名な作品ではあるのですよ。

 で、この実写版。
 だいぶアレンジはされてるよーで、
 映画独自の作品と判断してもいいとおもいますが、それでも目新しさは少なかった、かな。
 現在では、少女が主役のハードアクションも珍しくないし。
 つかね。
 兎に角この主人公の子が、失敗しかしないんだわ。
 何か行動する度に、証拠は残すわ、逃がしちゃいけないヤツは逃がすわ、
 この子、向いてないんじゃないか? としかおもえない。

 悪くもないけど、
 あの傑作の! とか、そんなんではないし、
 思ったよりエロくもなかったし。
 とゆー意味では、残念。


監禁/レディ・ベンジェンス [DVD]

ティナ・イヴレフ,リチャード・タイソン/ポニーキャニオン

undefined


 ホームビデオの幸せそーなカップルの映像から始まり、
 一転、鎖に繋がれた女性が映される。
 もっさいオッサンが食事を運び、監禁状態にあると判る。
 女性はオッサンの油断をつき、レンガで一撃。
 必死で野外へ逃げるのだが、そこは人里離れた見知らぬ荒野であった…。

 とゆー展開が冒頭にあり、
 こっから追われたり捕まったりするのかなー、おもたら、徐に家の中へ戻り物色を始める。
 自分以外にも監禁された女性がいることに気付くと、
 オッサンを縛り上げて、救出のため車を走らせる。。。

 とゆー、
 予想外な展開を見せる、監禁系サスペンス。
 コレがまた、どんどん期待は裏切られて、なかなか新鮮でした。

 原題は『BOUND TO VENGEANCE』。
 「復讐への至り」みたいな意味ですな。


 警察呼べばいいのに。
 とゆーのは無しで、お楽しみください。


裏切りの獣たち [DVD]

スドゥモ・ムチャーリ,プレスリー・チュエニヤハエ,イスラエル・マコエ,オーウェン・セジャケ/TCエンタテインメント

undefined


 南アフリカの、
 侵入捜査で大金を狙う二人の警官のお話。

 ケイパーモノとは一味違う、
 警察と犯罪の狭間に揺れる心理がスリリングで、
 犯罪グループも一枚岩ではなく、争いが絶えない。
 何時、誰が裏切るか?

 とゆー、アクション・サスペンスでございます。

 『チャッピー』の撮影でも使用された、あの隠れ家の工場跡が出てきますよ。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-07-11 10:16 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧