2016年 07月 15日 ( 1 )

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』 


【映画パンフレット】インデペンデンス・デイ:リサージェンス

東宝

undefined


 劇場限定のロングバージョンな予告を観たときに、
 「興味なかったけど映像はスゴいな」とおもいつつ、
 「本編にコレ以上のビックリ映像は残ってないんじゃないの?」、なんて疑念も湧いてしまい、
 半々なテンションで挑みました。

 結果、
 ちゃんとクライマックスとなる映像もありました。
 そこはホッとしました。
 が、
 映画全体を楽しめたかとゆーと、まあー、、、退屈な続編映画で。

 何が、
 と云えば、やはりウィル・スミスの不在は大きく。
 その代わりとなる「何か」が足りなかったのが、退屈の原因であろう。

 敢えて意地悪な言い方をすると、
 「インデペンデンス・デイ」のツマラナい部分だけで焼き直したよーな続編モノで。
 最新のCG技術で焼いてくれたのはいいが、
 新鮮味も興奮も少なく、
 寧ろ古臭さを感じてしまふのは、脚本の問題…だけではないだろーな。
 後半の、
 さあ決戦だ! って時の出撃シーンは、ホントにヒドかった。
 ここまで盛り上がらないものか、と。
 戦闘機がまるで針金に釣られるよーに飛ぶのは、我が目を疑いましたよ・・・。

 近年、CGの出来ではなく使い方で作品の明暗が分かれるケースが多くなったけども、
 本作もその類に入るだろーな。ネガティブな意味で。

 それとこちらも近年の傾向だけど、予想以上に中華映画でしたわ。
 スポンサーやマーケット等の理由だとは判っているが、
 うーん…、
 いいのだろうか、コレで?

 と、複雑な気持ちが残る。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-07-15 00:15 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧