2016年 08月 18日 ( 2 )

『葛城事件』


【チラシ付映画パンフレット】 『葛城事件』 出演:三浦友和.南果歩.新井浩文

ファントム・フィルム

undefined


 最初に舞台版があり、後の映画化。
 舞台版はモデルとなった実際の事件により近く、特異な犯人像を主軸にしたもののよーで、
 同タイトルでありながら映画版とは異なる印象を受けた。
 (映画で長男役を演じた新井浩文は、舞台では死刑囚の次男を演じている。)
 その違いを知り、
 やっとこの映画を飲み込むコトができた。

 これは異質で異常な「物語」ではなく、日常に密かに育つ芽の記憶だ。

 傍らに、道端に、隣に、家族に、
 何処にでも育つ芽は、
 日常にあるが為に、見えてはいても、見失う。
 芽が、凶悪な牙を剥くまでわ。

 この映画で描かれる日常はエグい。
 あの家も、住宅地も、
 公園もゴミ捨て場も、寂れた金物屋も、
 当然、あの駅も、
 既視感とゆー言葉が白々しくおもえるほど、見慣れた光景だった。
 わたくしは下町の商店街に長く暮らして働いてもいるので、
 時代に取り残されたよーな店も、人気のない住宅地も、
 嫌ってほど見ており聞いておるので、背筋がゾワゾワする気分を味わった。

 庭の片隅に植えられたミカンの苗には、未来への希望が込められていたが、
 現実の未来は、
 その芽は、望まれたものではなかった。
 確かにあった希望は、
 どこかで歪み、押し潰され、「家族」とゆー言葉は火傷のよーに熱を帯び、
 その身と心を灼いていったのだろう。

 壮絶な日々へ、
 想像が捕らわれる、劇薬のよーな映画。



 追記。

 強圧的な力で家族を支配する父と、
 獄中結婚を望み、一方的なエゴを押し付けてくる女性は、
 同じ「父親」だった。
 父性無き、父。
 二人は只々、次男を追い込み、許そうともしない。
 (父は、
  諦観したかのよーに次男への罰を望むよーになり、
  女性はそもそも何の力も策もなく、状況だけを欲していた。)
 次男と父の言動が、時折重なる点も興味深く、
 長男との「違い」が強調される。

 そしてこの家族には、母親がいない。
 存在は既に形骸と化している。
 母性無き、母。
 食卓には冷めたピザが並び、
 料理が作られることはなく、温かい食事にはケチがつけられる。
 (あのコンビニ弁当とカップ麺の「最後の晩餐」が、最も「食卓」らしい皮肉。)

 時系列を組み替えて、物語ではなくエピソードで語る意図は、
 この家族を特異な存在にしたくなかったのだろう。
 独立した一枚の絵ではなく、
 どこにでも潜む、一つのピースである、と。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-08-18 23:49 | 映画 | Comments(0)

『SHARING』


 「絆」とゆー言葉の万能な有効性と甘い魅力は重々承知している。
 しかし、
 まるで対岸の火事を眺める興奮を宥める為に覆い被せたよーな「絆」には、
 抵抗を感じるし、心地の悪い違和感が生じる。
 頼んでもいないのに心境を代弁されるよーな、
 勝手に肩を組まれるよーな、気持ちの悪い「共有」が、
 物凄い早さで日本中に拡散していると、2016年の今こそ、つよく感じることがある。

 その「意思」は、何処からくるのか?

 『SHARING』は、
 感情の共有について、心理学とオカルトがせめぎ合うよーに描かれている。
 「いい話」にも「恐い話」にも映るのは、その為だ。
 特殊な製作過程があったにしろ、
 この映画に二つのバージョンが生まれたのも、必然としかおもえない。
 二つ「以上」ある、とは、
 まさにテーマそのものだからだ。

 『SHARING』は、本来複雑であるはずの感情を、まざまざと見せ付ける。
 偶然とか奇跡的に、とか云うのは監督やスタッフ、キャストに大変失礼なのだけど、
 一つ一つのシーン、長くて独立したよーなシーンの積み重ねが、
 結果、この映画を「ホラー」に仕上げたのではないか、とおもふ。
 まるで発明に近い感覚で。

 後半の、
 瑛子と薫が対面するシーンで、涙を流すのは瑛子だったとゆーのは、
 とても象徴的な名場面で。
 立場が逆だったなら、作品の印象も違ったことだろう。
 (泣く予定もなかったらしいけど、それが本当なら、更に…。)

 特撮や音響も素晴らしかった。
 あの迫力も、また感情の起伏の一つだとおもふと、
 なんつー斬新な映画なのか。

 ホントに、今年のうちに観れてよかった。
 そんな映画でした。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-08-18 23:39 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧