2016年 10月 11日 ( 1 )

女が戦車に乗って戦うアニメ、『ガールズ&パンツァー 劇場版』


【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]

渕上舞,茅野愛衣,尾崎真実,中上育美,井口裕香/バンダイビジュアル

undefined


 TVシリーズは何度か見掛けたよーな気もするが、
 「戦車の動作がスゲーな」以上の感慨も印象もなく、自分とは関わりのない作品であろうと判断した。
 劇場版が公開されると事態は急変し、
 (元からヒットはしていたのだろーが)作品はブレイクし、映画はロングランとなり、話題となった。

 ならば、と。
 ならば観なくてはなるまいよ、と、
 わたくしのゴースト(野次馬)が囁くので、何の予備知識もないままに、観た。
 (女が戦車に乗って戦うコトだけは、知っている。)

 以下、
 あまりにも無知なコトばかりなので、箇条書きにするパターンに変更す。


○(戦車が入り乱れて)敵と味方の区別がつかない。

○勝敗の基準が判らない。(ダメージ制なのか。)

○砲弾が命中しても被害はないのか。

○車外へ思い切り顔を出しているが、危険ではないのか。

○試合の全体がまるで把握できない。何処からともなく戦車が湧いてくる印象。

○町も戦場になるが、住民の姿はない。

○顔を出すのは、やはり危険ではないのか。

○町は壊しても構わないのか。

○人々は、何処で生活しているのか。

○砲撃の爆音や衝撃で、PTSDは発症しないのか。

○実在の戦車が配備された国のイメージのまま登場するので、
 「政府」・「兵器」とゆー先入観からの切り替えに苦労する。

○メガネが割れたり、服が汚れたりするので、やはり被害や影響は無くはないのだな。

○フツーに戦車は爆発しているが、ヒトは死なないのか。

○ペンギンがいる。

○でっかい空母の上に町がある。

○「マクロス」とゆーより「メガゾーン」みたいなものか。

○男子の姿を見掛けない。亡んだのか。

○組織も身内で回してるよーな印象が見え、閉鎖性を感じる。

○人類は既に絶滅して、
 高度な人工知能或いは宇宙人が偏った知識で地球人を再生させた世界なのか。

○だから時折、命の価値が低いよーにおもえるのか。

○いつも紅茶を飲んでる女は片時も手放さないが、腕がティーカップと一体化しているのか。
 (ティーパックマンの一種か。)

○オールスター映画だった。

○終わり方はスッキリ。


 完全に、初心者厳禁な映画であった。
 細部よりも基礎設定が判らぬストレスが半端ない。
 ま、
 そんな状態で観るこちらが明らかに悪いのだが、
 評判通り、
 戦車戦は見事な迫力、演出でありました。
 コレは映画館で観たならば、さぞ愉しめたことだろう。
 リアルとフィクションのバランスも巧妙で、大胆に嘘をつく開き直りっぷりがスゴい。

 総じて、好印象。
 機会があれば、シリーズも観てみたいよーな気もする。


○「マッドマックス」、ではない。
 むしろ世界観は『A.I.』のラストのアレに近いのではないか。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-10-11 21:47 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧