2016年 11月 10日 ( 2 )

もしもビートルズがもう一枚アルバムを作ったとしたら? (Reprise!)


 すんごい軽い気持ちで始めたこの企画、
 大変って程ではないけど、楽曲の裏付けには苦労しました。
 『ゲット・バック』ではなく、
 『ホット・アズ・サン』を下敷きにすることでだいぶ楽にはなりましたが、
 なんせ元々が「幻」なので資料など無いに等しく、
 あってもデタラメだったり、架空の曲と判断されたモノが存在したりと、
 も、最終的には推測頼りになっておりました。

 いろいろ調べるうちに、
 あんな曲やこんな曲もと新たな発掘もできたし、初めて判ったことも少なくなかった。
 特にジョージのソングライターとしての才能が、
 バンド後期から如何に開花していったのか。改めて実感できました。

 「Not Guilty」を100テイク以上もレコーディングして採用されないとか、
 どんだけジョンとポールの壁は高いのか、と。

 『(Hot As) SUN-SHINE』。
 自分では結構気に入っております。
 丁度、『アビイ・ロード』と『ゲット・バック』の中間みたいなアルバムにはなったかな、と。

 最期に、
 作業過程で行った『ホット・アズ・サン』の検証報告を載せておきます。
 所有してるCDは「セブンスターレコード」とゆーレーベルのモノで、その収録内容を基本データにしました。
 なので、
 真偽はまた他にあると思ふので、コレも妄想の類だと冷ややかに見て頂けると助かります。



 「Hot As Sun」
 ・ポールのソロ・アルバム『マッカートニー』に収録。
  冒頭には、観光案内のナレーションのよーなパロディが入る。

 「Junk」
 ・同じくポールのソロ・アルバム『マッカートニー』に収録。
  音源はおそらく使い回しだが、
  アンソロジー版でも未完成な以外、大きな変化はない。

 「I Should Like To Live Up A Tree」
 「Zero Is Just Another Even Number」
 ・「ゲット・バック・セッション」での、
  「One After 909」と共に演奏されたジャムセッションの一部に、勝手にタイトルを付けたモノと思われる。
  個人的には「ゼロ」の方が好き。

 「What's The New Mary Jane」
 ・同名曲のデモか?
  判断が難しいとゆーか、面倒臭い。

 「Dirty Old Man」
 ・「Mean Mr. Mustard」の、おそらくデモ。
  タイトル違い。

 「Proud As You Are」
 ・「It's Just For You」或いは「This Song of Love」とも呼ばれている曲。
  ピアノのみで演奏される、オペラ調のバラード。

 「Watching Rainbows」
 ・「I've Got A Feelin」の原曲の一つらしい…けども、コレもまたジャムセッションの一部のよーな気がする。

 「My Kind Of Girl」
 ・ポールのソロ・アルバム『マッカートニー』に収録された、「Oo You」のタイトル違い。
  聴き比べてみても目立った違いはないので、同じ音源だとおもわれる。

 「Suicide」
 ・ポールのソロ・アルバム『マッカートニー』に、「Hot As Sun」とメドレーで収録された「Glasses」の原曲。
  ちゃんと仮歌も存在するのは、
  フランク・シナトラへ提供する予定だったから、とか。

 「Lullaby For Alazyday」
 ・ジョンの曲なのは正しいけれど、
  グレープフルーツとゆー他のグループに提供したデモで、時期的にも音源的にも怪しい。

 「Have You Heard The World」
 ・ジョンにソックリな、まったく他人の曲、だそーで。
  ヨーコも間違えたとゆーエピソードによって、正しく存在が否定されました。
  メデタシ。

 「Madman」
 ・「Madman A Comin」とも呼ばれる、「Mean Mr. Mustard」の原曲、らしい。
  しかし似てると云えば似てるし、違うと云えば…。
  どっちかっつーと、「MONEY」に似てる気がします。
  おそらく、コレもジャムセッションの勢いで出来た曲と思われます。

 「Oh! Had A Dream」
 ・レイ・チャールズのカバー…か、何なのか。
  だいぶ雑なジャムセッションの一部で、判断できず。

 「Four Knights In Moscow」
 ・厄介なのがこの曲!
  調べてみたら何のコトはない、リンゴの「Early 1970」で。
  おそらく音源も使い回し、デモの可能性さえ薄く、時期的にもアウトだと思われる。
  そもそも「Four Knights In Moscow」は「Early 1970」の仮タイトルで、
  他にも「When I Come To Town」とゆー仮タイトルが存在して、
  どちらも『ホット・アズ・サン』には収録されたとゆー説もある、ややこしさ。
  しかもリンゴはカバー・アルバムを二枚作った後の、
  71年4月にシングルのB面としてこの曲をリリースするので、時期的にも少し厳しい気がする。


 「Portraits Of My Love」
 「Swinging Days」
 この二曲は収録リスト上には存在するが、音源が見つからず、詳しい情報も確認できなかった。



 おしまい。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-11-10 22:33 | 音盤 | Comments(0)

もしもビートルズがもう一枚アルバムを作ったとしたら?


 某まぐろさんがツイッターでされていた、
 ビートルズの「ニューアルバム妄想」がたいへん楽しそうだったので、
 乗り遅れるな二番煎じ! と、わたくしも妄想してみた。
 基本ルールは「当時のソロワークからの抜粋」なのだが、
 ココは一つ、
 レコーディングの記録から遡り、
 「『アビイ・ロード』の次に作られたはずのアルバム」妄想に、チャレンジ。

 妄想の前に片付けておきたいのは、実在する「幻のアルバム」問題。
 ビートルズ後期には二枚の「幻のアルバム」が存在する。

 一枚は、超有名な幻のアルバム、『ゲット・バック』。
 『ホワイトアルバム』発表後に行われた、通称「ゲット・バック・セッション」。
 同時進行でレコーディング風景を撮影した映画も製作されるビックプロジェクトでありながら、一旦全てがキャンセル。
 発売が告知され、ジャケットも決まりながらお蔵入りとなったのが、
 その『ゲット・バック』とゆーアルバム。
 後にビートルズのラストアルバム『レット・イット・ビー』に形を変えて発表されたものの、
 フィル・スペクターによるプロデュースが当時から物議の的となった。
 そもそも、
 『ゲット・バック』とゆーアルバムのコンセプトは、
 剥身のジャムセッションをそのままレコーディングして、「原点に戻る」とゆーものだったのに対して、
 『レット・イット・ビー』は分厚く音を重ねてコーティングされた、真逆の代物。
 メンバーの反発やバンドの解散もあり、
 世界一有名になった幻のアルバムと云えるだろう。

 そしてもう一枚が、『ホット・アズ・サン』。
 『アビイ・ロード』と同時期にレコーディングされたと云われているが、
 じつは、
 存在そのものが否定されている、偽の幻のアルバムとゆー説が有力。
 (雑誌のでっち上げ記事が元ネタらしい。)

 では何故、そんなアルバムを取り上げるのかとゆーと。
 『アビイ・ロード』は後半部分、レコードだとB面部分がメドレーになっているが、
 これは意図したものとゆーより、苦肉の策とも呼ぶべき偶然の産物に近い。
 当時のメンバー間の亀裂は最悪で、
 曲を仕上げるのすら儘ならぬ状態での、メドレーとゆー逃げ道だった、よーで。
 何とかアルバムの形には仕上がる、と。
 (因みに「ハー・マジェスティ」は元々、
  「ミーン・ミスター・マスタード」と「ポリシーン・パン」の間に収録されており、
  ラフ編集の際にざっくりとカットされたテープを、
  勿体無いからとアルバムの最後にくっ付けておいたのが、現在のアルバムの形になった。
  だからあの曲には前曲の音が残り、最後の音が途切れている。
  それぐらいざっくりしてるのだ、『アビイ・ロード』わ。)

 もし、メンバーの軋轢もなく、バンドが機能していたのなら、
 『アビイ・ロード』はどんな形に仕上がっていただろう?
 同時にレコーディングされたとゆー『ホット・アズ・サン』が実現していたならば?

 残されたレコーディングの記録には、確かにアルバム一枚分程度の曲数はあるし、
 何より「ゲット・バック・セッション」での膨大な、100曲以上と云われるストックがある。
 ジョンが抜ける、
 いや、ポールが抜けるといった脱退騒動がありながらも、
 残ったメンバー三人でバンドは継続させる予定だったとも云われており、
 ならば、と。
 んならば
 アルバム一枚分の青写真も存在しただろーよ、
 とゆー、
 願望に近い妄想をネタに、企画を進めたいとおもふ。



 まず、
 妄想候補となる楽曲をピックアップしてみる。

 判りやすいトコロで、『アンソロジー3』から。
 「Junk」
 「Not Guilty」
 「What's The New Mary Jane」
 「Step Inside Love / Los Paranoias」
 「Teddy Boy」
 「All Things Must Pass」
 「Come And Get It」
 レコーディング時期は、68年の5月~69年の7月ぐらい。

 『レット・イット・ビー』では収録されず、『ゲット・バック』のみに収録予定だった曲は、
 「Rocker」
 「Save the last dance for me」
 「Don't Let Me Down」
 (あと「Teddy Boy」も含まれる)

 確証も信憑性もない『ホット・アズ・サン』は設定上、アルバム全体をベースにさせてもらう。
 (今回、ざっくりと検証したまとめは後程。)

 更に、
 「ゲット・バック・セッション」時に用意された新曲として、
 ジョージの「Hear Me Lord」。
 リンゴの「Taking A Trip To Carolina」なども候補に加えて。
 又、
 69~70年頃の、バンド解散直前直後にレコーディングされたソロワークも併せて、
 いよいよ妄想スタート。


※こっからほぼ推測と妄想の話になります。


 『ホット・アズ・サン』をベースに、内容や設定を再利用させていただく。

 『アビイ・ロード』は本来、二枚同時或いは二枚組アルバムとして発表される予定で、
 このアルバムはその「もう一枚のアルバム」だったモノ。
 『アビイ・ロード』の後編でありつつ、『ゲット・バック』の理念を引き継いでいる。

 とゆーコンセプト&設定で、妄想決定。

 曲目は、こんな感じ。

A-
1「All Things Must Pass」
2「Cold Turkey」
3「My Kind Of Girl」
4「Proud As You Are」
5「Sour Milk Sea」
6「Suicide」
7「The Walk」
8「Teddy Boy」

B-
1「Not Guilty」
2「Watching Rainbows」
3「Child of nature」
4「Hot As Sun」
5「What's the New Mary Jane」
6「Junk」
7「Instant Karma」

 以下、簡単な曲の解説。
 「未発表」が何を意味するかは想像にお任せします。


 「All Things Must Pass」
 ・アンソロジー版ではなく、未発表のバンドバージョン。

 「Cold Turkey」
 ・ジョンのソロから選曲。
  ビートルズでのレコーディングはメンバーから反対されたそーですが、
  時期的に解散前の楽曲で、
  ドラムもリンゴが叩いてるので、ええかな、と。

 「My Kind Of Girl」
 ・『ホット・アズ・サン』の収録リストにあるのは優先的に選ぶ方針なので、この曲も残しました。
  ポールがソロで発表した「Oo You」の原曲…でもなんでもなく、
  只のタイトル違いだと思われます。

 「Proud As You Are」
 ・「It's Just For You」或いは「This Song of Love」とも呼ばれている、未発表曲。

 「Sour Milk Sea」
 ・「ホワイトアルバム」時のセッションで披露された、ジョージの楽曲。
  後にジャッキー・ロマックスへ提供された。

 「Suicide」
 ・ポールのソロ・アルバムで「Hot As Sun」とニコイチにされた「Glasses」の原曲。

 「The Walk」
 ・ジミー・マクラクリンのカバー…ではあるけども、殆どジャムセッション。

 「Teddy Boy」
 ・アンソロジー版は編集でいじり過ぎ、ポールのソロ版は音を盛り過ぎ。
  シンプルで、バンドっぽいミックスの未発表バージョンに。

 「Not Guilty」
 ・コレも「ホワイトアルバム」時の、ジョージの曲。(ソロでの発表は79年。だいぶ先)
  アンソロジー版とはギターソロが異なる、未発表の別ミックス。

 「Watching Rainbows」
 ・「I've Got A Feelin」の原曲の一つと云われておりますが、ラフなジャムセッションの一部と思われます。
  単体の曲としても面白いので、残しました。
  「Proud As You Are」のリプライズが最後に付きます。

 「Child of nature」
 ・ジョンがソロで発表する「Jealous Guy」の原曲。
  『レット・イット・ビー…ネイキッド』のボーナスディスクにも収録されております。

 「Hot As Sun」
 ・一応の、タイトルナンバー。
  ポールがソロで発表した同名曲は前半カット、後半は別の曲を継ぎ足した別物なので、
  本来の形と思しき未発表バージョンを。

 「What's the New Mary Jane [Take 4]ニュー」
 ・所謂「レボリューション9」枠。
  アンソロジー版とおそらく同テイクだけど、ミックスが異なる未発表バージョン。
  効果音やエフェクトが喧しく、インパクトがつよい。

 「Junk」
 ・元々「Jubilee」とゆー仮タイトルだった曲。
  時期を経てもあまり変化のない珍しいタイプなので、
  当然完成度が高い、ポールのソロ版を選択。

 「Instant Karma」
 ・いちばん入れるかどーかで最期まで悩んだ曲。
  70年2月発表なので時期的にもセーフ(『レット・イット・ビー』は70年5月発表)、
  ジョージも参加しているので問題はないよーに思うんだけど、やはりソロの印象が残る。
  しかしこの曲無しだと全体が締まらないので、入れました。
  まさに、シングルの極み。


 以上、全15曲。(リプライズを入れると16曲)

 収録時間まで考えるのは面倒だったので、曲の数でA面B面に割りました。
 一応、
 A面がポール、B面がジョン主体になっているのは、『アビイ・ロード』と対にする為。
 「絶好調のジョージがレコーディングをリードした。リンゴはドラム叩きに専念」
 とゆー妄想裏設定も加えてみました。

 (リンゴの曲を一つ選ぶとすれば、やはり「Early 1970」になるのかな?)


 タイトルは、『HOT AS SUN』。
 そのまんまでも構わないのですが、それはソレで紛らわしいので、
 区別の意味で、『(Hot As) SUN-SHINE』とす!
 「Instant Karma」の歌詞と組合せてみましたよ。雑に。


 とゆーわけで、
 「もしもビートルズがもう一枚アルバムを作ったとしたら?」
 妄想企画、終了です。

 お疲れ様でした。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-11-10 21:56 | 音盤 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧