2016年 12月 18日 ( 1 )

『仮面ライダー(略)エグゼイド(略)』、観(略)。


映画チラシ 仮面ライダー 平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー

東映

undefined


 近年の平成ライダー5人が揃う姿には、高揚感がある。
 強引ではあるが、
 (映画共演からの)「ドライブ」と「ゴースト」の繋がりが活かされるなど、展開の工夫は良い。
 坂本浩一監督らしいアクションの山盛り具合も素晴らしく、まったく飽きない。
 (アクションの比重が尋常じゃなく、大きなクライマックスが2つありますw)
 さらに今回は「中のヒト」祭りで、
 変身前の姿のまま、けっこーなアクションを堪能できる。
 監督のサディズムを感じるぐらいに。

 また女性怪人役の山本千尋は隠し球級の大活躍で、最高の中国武術アクションを披露してくれます。
 女性格闘家は格ゲーの定番キャラなので、「エグゼイド」のコンセプトに沿っている点も良い。
 (そしてちゃんとエロく撮ってるのも、坂本監督らしい。)

 正直、
 個人的に「エグゼイド」とゆー作品を把握できていないので、
 消化不良な点も否めないが、
 5人のライダーが共演するお祭り映画としては、申し分ないだろう。

 只、
 「パックマン」周辺の、敵側の理屈も含めた部分は、ぜんぜん納得いかなかったけどな。
 主人公との意外な接点は良いとしても、
 「パックマン」である理由があまりに乏しい。
 目的や設定が、戦う理由以外になってない。
 (『ピクセル』の後で「パックマン」をメインにするのも、どーかとおもふし。)
 レトロゲームは上手に扱えば、いくらでも親子二世代の感動ストーリーにもなったろーに。
 ネタの無駄遣い、とゆー印象が残った。

 折角のゲームモチーフなんだし、
 ナムコとバンダイが組んでいるのに、この程度? と、おもってしまふな。
 いつか、
 がっつりとマニアックなゲームネタで唸らせてほしいものだ。

 「さんまの名探偵」ガシャットとか、
 地獄の底からピピンが甦ってくるとか。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-12-18 22:33 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧