2017年 01月 15日 ( 2 )

2016年、ベスト&ファニー映画。その1(新作)。


 2016年に観た映画の本数は、290本。
 内、新作44本の中から、ベストを選びたいとおもいます。
 (同時上映だった「ジュウオウジャー」は「ゴースト」と一本にまとめました。)

 2016年新作ベスト。
 ⑩『ミュージアム
 ⑨『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
 ⑧『葛城事件
 ⑦『残穢 住んではいけない部屋
 ⑥『マジカル・ガール
 ⑤『ヒメアノ~ル
 ④『シン・ゴジラ
 ③『アイアムアヒーロー
 ②『SHARING
 ①『この世界の片隅に

 以前ツイッターで発表したものから、若干変動しております。


 ⑩『ミュージアム』
 まだ『セブン』の焼き直しなんかするの? とゆー不満なトコも少なくないが、
 それでもやりきった感はあるし、実際、最後まで面白く観ることができた。
 やっぱこの監督さんは巧い。
 そして小栗旬は、ダーティーに追い込めば追い込むほど、魅力を発揮する。

 原作から改編したラストも、納得できました。


 ⑨『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
 エンタメ枠として、九位に。

 シリーズモノなので独立してない点がマイナスとなりましたが、
 ヒーロー・バトル・ストーリーとして、最高峰ですよ。


 ⑧『葛城事件』
 誉め言葉として、
 二度と観たくない、一作。

 よくぞ、ここまでやってくれました。


 ⑦『残穢 住んではいけない部屋』
 16年は何気に、ホラー映画の当たり年でもあったとおもふ。
 良い作品ってばかりではなく、新しいスタイルの作品が増えた。
 洋邦共に。

 怪談が好きなニンゲンとしては、
 この見事な「実録系怪談」の映像化を、評価しないわけにはいかないのです。


 ⑥『マジカル・ガール』
 暴走する善意、愛が、
 他の善意、愛を喰い破る。
 純粋で冷酷な連鎖。
 過剰な情緒を削ぎ落とした映像表現が素晴らしい。

 相反するよーな「魔法少女」の存在も、強烈。


 ⑤『ヒメアノ~ル』
 森田君の怪演だけではなく、
 ムロツヨシのベストとも云えるだろう、キャスティング。
 絶妙な、最高のタイトルイン。
 そして疎遠になった友人とゆー、あまりに切ないテーマが、印象に残った。

 自分が疎遠にされた方かもな、とか、想像できる?


 ④『シン・ゴジラ』
 ランキングが変わったのはココで、
 二位から四位に下がりました、『シン・ゴジラ』。

 当然、何が悪いわけではなく、
 強いて云うなら、足りなかった。
 (③へ続く)


 ③『アイアムアヒーロー』
 主人公の英雄が、
 隠れたロッカーの中で何度も何度も何度も悩み、怯え、迷い、
 遂に飛び出した瞬間から、クライマックスの銃撃戦へ突入するカタルシスは、
 思い出すだけで興奮が甦る、格別な名場面でありました。

 ラストの台詞、
 「英雄ですよ、ただの…」
 ココに至るまでのドラマ性が、『シン・ゴジラ』には欠けていた。
 (とゆーか、意図的に排除されていた。)

 巨災対のメンツは個性的だったけど、群像劇にまでは昇華されなかったとおもふし、
 何よりパブリックな「ストーリー」が優先されたからね。
 逆にゆーと、だから『シン・ゴジラ』は成功したわけだ。

 そこの差で、この順位に変更なりました。
 (②へ続く)


 ②『SHARING』
 奇跡的にそのドラマ性とストーリー両方を兼ねた上に、
 ホラー映画として表現してみせたのが、『SHARING』だとおもいます。

 誰もが見慣れた光景、
 誰もが想い、考えるコト。
 希望。絆。願い。
 その視線を変えるだけで、これほど恐ろしいものが見えるのか。
 (或いは、見えていなかったのか。)
 妄想と感情が混濁する。

 監督の意向には反するでしょうが、ソフト化してほしい。。。


 ①『この世界の片隅に』
 「ありがとう」とか「あいしてる」とか、もっと言ってやれよなー。
 などと思いながら観ていた。
 それが言えないとゆーか、言わない時代だったんだなあ。
 今は、それが言えるだけ豊かなのかな?

 そんなことも考える。

 も、泣けてしまったので、決まりでした。
 家に帰ってからも泣けたし、
 未だに作品の映像を見掛けると、特別な感情が湧いてくる。

 大傑作だとおもいます。


 以上が、2016年新作ベスト。


 次点は、『オデッセイ』かな。
 エンタメ枠で『シビル・ウォー』とどっちにするか迷ったけど、
 これから見返す回数でいったら『シビル・ウォー』の方が上かな? とおもって外しました。
 惜しい。


 次点の次点は、
 『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット版』。
 劇場では公開してないバージョンなので選外になりましたが、
 公開時に観てがっくりした方にこそオススメ。
 驚くぐらい、面白くなってます。


 『FAKE』は、
 時間が経つにつれてちょっと内容の偏りが気になり、物足りなくおもえてきた。
 じつはそーゆー内容ではないんだけどね。

 「新垣隆」バージョンも観てみたい。


 ホラー映画では、
 『クリーピー 偽りの隣人』、『貞子vs伽椰子』も良かった。
 本来ならランクインしてもおかしくない作品だったけど、
 2016年の邦画の勢いが、兎に角、凄かった。
 前半に公開した『ちはやふる』も良い映画だったし。
 観てないけど『君の名は。』も大ヒットしたしな。
 大袈裟でもなく、特別な一年だったとおもふよ。
 映画を追い掛けてて、ホントに楽しかった。


 来年とゆーか今年も、、、
 逆に不安も感じるが、楽しくなればいいなと願うよ。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-01-15 21:52 | 映画/100 | Comments(0)

01/15//17


 明けましておめでとうございます。

 新年恒例の、無駄話の時間でございます。
 既に挨拶は終わりましたので、
 この先は、興味がない方は見なくても結構でございます。


 さて。
 一年に一度しかやらないので、何を書けばいいのやら。
 すっかり忘れてぼんやりしておりますが、まずは昨年のお話。

 SMAPが1月にテレビで行った謝罪を観て、ずしーーーんと沈んで鬱っぽくなり、
 レコ大の1億円の領収書を見ては沈み、
 のん(能年玲奈)への元事務所からの圧力を知っては沈み、なんとも気が重い一年でした。
 特にファンとゆーわけでもないのでSMAPの解散自体はあまり関係ないのだが、
 事務所の私的な理由で潰されたってのがねー。
 ホントに無惨な解散劇だったとおもふし、
 それでもよくグループを一年保たせて、可能な限りキレイに終わらせたなとおもいますよ。ギリギリだったけど。

 紅白でやった「シン・ゴジラ」を、サプライズで登場したSMAPが止めて、
 まだまだ解散もしないぜー!
 とか大逆転を打ったら痛快でしたが。。。
 (紅白は紅白で、
  新境地へのチャレンジ精神がズルズルで、豪華な文化祭みたいでした。)

 SMAPもレコ大ものんちゃんも、
 要するに因習と老害で、本当にそんなものが芸能界に蔓延ってるんだなーって事実が、しんどい。
 噂レベルじゃなくなったわけで、
 となると、
 アレやコレやアレやコレも本当じゃないか? と疑いたくなるものですよ。

 テレビは、相変わらずです。
 ドラマはほぼ観なくなり、アニメもだいぶ減った。
 お笑い関係は現状維持だけど、
 M-1を危うく見逃しそーになるぐらい、興味は薄れている。
 (お笑いをダメにした戦犯は千原ジュニア説、とゆー持論もあるのだが、長くなるので割愛。)
 そいや「アメトーク」を週二回に増やしたのは愚策とおもったけど、
 アレは「レギュラー回」と「スペシャル回」に分けたとゆー認識なんだろーな。
 「しくじり先生」みたいに不定期で放送する、テレ朝独自のスタイルとゆーことか。

 映画の話はこの後の、ベスト&ファニーでするとして。

 さて。
 来年とゆーか今年は、少しブログの方針を変更します。
 いままでは観てきた全ての映画の感想をアップしてきましたが、その数を絞ります。
 体力の限界(ウルフ)を感じました。
 ダメな映画の感想は意外と楽しく書けるんだけど、
 フツー・オブ・ザ・フツーの映画の感想って、すげー難しいの。
 そのへんはもー省いてもいいかな、と。
 実際はどーなるか判りませんが、全体もシンプルにしたい。

 久しぶりにオールタイムのベストも更新したいし、
 企画モノとか、またやれたらいいな。
 とりあえず、
 「ファウンド・フッテージ映画」のまとめはやるつもりでいます。

 まあ、そんな感じで。
 予想通り、まったく中身のない話になりました。
 もーね、
 ゆったりひっそりのんびり、生きてゆきますよ。
 今年も宜しくお願いします。


 それでは最後に、
 ボブ・ディラン「時代は変わる」を。





[PR]
by y.k-ybf | 2017-01-15 21:11 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧