2017年 02月 23日 ( 2 )

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』


 こりゃ寝るかなー、寝そーだなーおもてたら、
 案の定、寝た。
 (隣の男性は爆睡しており、ツレに起こされておりました。)

 大筋は理解出来たので良しとするが、
 さすがに感想は申し訳ないので、スルーする。スルするー。

 しかし。
 予告から想像したゴシック調の何か、とは別物で、
 ティム・バートンの近作に顕著な、淡々としたムードが際立っていたよーな気がする。
 パンフを読むと、
 脚本もほぼ出来上がった状態からティム・バートンは参加されたそーで。
 お仕事モードの作品なのかな? ともおもったりしましたが、
 皆さんは如何であろーか。

 と、丸投げ。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-02-23 21:30 | 映画 | Comments(0)

『セル』 着信履歴を確認してください。 


セル〈上〉 (新潮文庫)

スティーヴン キング/新潮社

undefined


 スティーブン・キング原作の、パニック・ホラー。
 キングは脚本にも参加しており、
 監督は『パラノーマル・アクティビティ2』を手掛けたトッド・ウィリアムズ。

 突如ケータイから聴こえる怪電波でゾンビになります、
 暴れます、襲います、
 オマエも蝋人形にしてやろうか、そんなお話。

 ストーリーをド直球に受け止めるならば、
 「ケータイばっかり使いやがって」とゆーアンチテーゼや社会風刺の視線が窺える。
 原作が出版されたのは06~07年。
 スマートフォンが定着するちょっと前になるとおもふけど、ケータイの普及率はほぼ限界まで拡大している。
 老人はケータイを嫌い、
 中年はスマートフォンに戸惑い、
 若者はそんな心境が理解できない。
 繋がるはずだった意識の断絶がテーマの発端になっているのかな、と想像する。

 「携帯ゾンビ」とゆー原作の仮タイトルには、揶揄する心情が少し感じられるし。
 キングはテクノロジー嫌いで有名だしね。

 とわゆーものの、
 原作出版から十年が過ぎ、激変する状況を省みた上での映画化には、
 また別の意味が込められている、、、、、はずなんだけどー。

 「家族の話」に帰結するのは、とてもキングらしい。
 らしいのだが、
 曖昧な点があまりに多く、非常にモヤモヤする。
 家族を結ぶ「何か」、
 怪電波によって巨大な一群となる「何か」、とか。
 結局真相は解明されず、すべて推測ばかり。
 今この手の物語テーマを扱うなら、もう一歩や二歩は踏み込まないとダメなんじゃないかな。
 キューザックの結末よりも、
 途中で別れるサミュエル一行の顛末の方が気になったしな。

 「赤いフードの男」もフリが弱くて、よく判らん。
 (キューザックを呼び寄せるために、
  コミックのキャラとママのイメージを融合させて送信したら、近くにいたヒトらもそれを受信(夢)しちゃった、
  で、いいのかな?)

 それと、クライマックスで画面が暗くなっちゃうのは、残念。
 もうちょいハッキリ映してくれればインパクトあったのになー。

 と、
 文句ばかり云っておりますが、
 作品自体は楽しめたので、ネガティブな印象はありません。
 冒頭の空港でのパニックシーンは、悪くなかったです。
 サミュエルの抑え目のキャラクターも、フレッシュでした。


 つか、キングは『ミスト』を自分でやりたかったのかな…?



[PR]
by y.k-ybf | 2017-02-23 21:24 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧