2017年 04月 15日 ( 2 )

和モノアニメ! 『LIPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』、とか。二本。


LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 限定版 [DVD]

栗田貫一,小林清志,沢城みゆき,山寺宏一,皆瀬まりか/KADOKAWA / 角川書店

undefined


 以前深夜で放送していた「峰不二子という女」とゆー、
 「ルパン三世」のスピンオフ&リブートみたいなアニメがありまして。
 初期シリーズとゆーか原作に近い劇画調スタイルで、
 たいへん魅力的且つ官能的な作品に仕上がっておりました。
 本作は、
 そんなシリーズから派生した劇場版。
 (前後編に別れているのは、大人の事情であろうか。)

 一応、時期的にはルパンと次元が出会って間もない頃で、コンビとゆーか、連れとゆー感じ。
 (なので、五ェ門は写真だけでしか登場しない。)
 タイトル通り、次元メインのストーリーではあるけど、
 ルパンの活躍もキッチリ描いておりまして、たいへんバランスが良い。
 大人な二人の関係性や、ハードな描写を保ちながら、
 「ルパン」らしい荒唐無稽さも忘れず、理想的な形に仕上がっております。

 更に。
 云いたくないけど、最後のオマケが…。
 あんなコトされたら、おっさんは感涙ですよ。
 この流れでリメイクするのか!?
 と、期待してしまいます。
 (やらなくても良いけど。)


 詳細を知りたければ思う存分ググるのをオススメする。

 わたくしは原作派(&ゲーム派)なので、そこまでシリーズに思い入れもないのですが、
 コレが気に入らないとゆーヒトは、そもそも「コーカツ」が合わないのでわ?
 ぐらいの、安定のクオリティ。
 只、ストーリーがTVシリーズとSP版から続いているので、観ていないとかなりツラいと思われる。

 とゆーか、
 皆さん「コーカツ」のストーリーって完全に理解出来てるのだろーか。
 あの専門用語を専門用語で解説するよーな会話を。
 わたくしはホボホボ大体で理解にしております。
 インターネット、コワイ。
 プラグが焼け飛ぶと、マズイ。
 トグザの愛用してる銃は、マテバ。

 エンディングがアソコへ着地するのは嬉しいサプライズ。
 しかし、流れる曲が、、、
 テーマ曲が恐ろしくミスマッチで居心地最悪。
 せめてエンディングに相応しい景気のよい曲を掛けてから、流しておくれよ。。。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-04-15 21:25 | 映画 | Comments(0)

洋モノアニメ! 『ズートピア』、とか。三本。


【Amazon.co.jp限定】 ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] (ジュディのニンジンペン[ 録音機能なし ]付) [Blu-ray]

ディズニー/ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

undefined


 動物の擬人化アニメとゆーと、
 手塚治虫の『ジャングル大帝』、
 そのオマージュである(らしい)ディズニーの『ライオン・キング』などが浮かぶ、年代のわたくし。
 そんな最新型として『ズートピア』を観た。(『けものフレンズ』はスルーだ。)

 善玉悪玉は一昔、
 仲間との絆や成長と云った話でもなく、コミュニティーがテーマになっているのだね、最早。
 「ハイ、ステーキお待たせっ!(レオ)」から考えれば、スゴい進化。
 しかも、
 左翼保守派が主張を固持せんが為に暴徒(暴走)化する現在の社会問題まで取り入れる姿勢には、
 感心とゆーか感動すら覚える。

 「キツネはズル賢い」
 「肉食は乱暴」
 「カワイイはハラスメント」、とゆー先入観にもぐいぐい踏み込むし。
 ま、若干、
 テーマの押付けに鬱陶しさも感じるが、この「ズートピア」とゆー舞台の魅力として捉えるべきだろう。

 伏線の回収も見事だし、何よりユーモアで溢れているとゆー点が、素晴らしいですよ。
 ナマケモノのシーンなど、
 鑑賞前に予告で散々眼にしているはずなのに、しっかり爆笑させられました。
 (あと、象のヨガのシーンとかとか。)

 さておき。
 テーマ性云々も宜しいが、まー何よりキャラクターの魅力と可愛らしさに、メロメロですわ。
 ウサギのジュディは当然ながら、
 シニカルなキツネのニックがカッコ良くて、最高でした。
 CGアニメでコレが成立するって、エポックな気がするよ。

 「理想郷」が動物アニメで描かれたまさに今、アメリカがあんなコトになるとわな。。。


 吹替版も観ましたが、
 ジュディの上戸彩は悪くないけど、良くもない。
 主題歌の日本語歌詞がかなりイマイチで、オリジナルにあった高揚感が無いのは大きなマイナス。
 「Ami」って誰やねん。


アーロと少年 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ディズニー/ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

undefined


 ピーター・ソーン監督作、ピクサーのアニメ。

 少年と恐竜との、ハートフルな友情と冒険を描いた云々。
 かと想像していたら、
 まず少年と恐竜の立場が(定石とは)逆で、
 主人公で言葉が喋れる方が、恐竜。
 ガルルーッと吠えて言葉が喋れず毛がない狼なのが、少年。とゆー倒錯感。

 そもそも何ザウルスなのかよく判らない恐竜家族の、
 妙にヌルテカしたボンテージのよーな肌質に恐々としつつ、
 完璧に開拓された農作業を眺めるとゆー、フシギな時間を味わう。

 ストーリーは定番中の定番オデッセイで、嵐で流されてから故郷へ帰還するだけなんだけど、
 描写が一々ドラッギーとゆーかハイ&ドゥープっつーか、
 リアル(自然)とアニメ(生物)がイイ意味で融合しない、
 混沌とした映像の連続に、不安で不安で目が離せなくなりました。
 (昆虫のまったく無意味な精巧さ、とかな。)

 そして何より意外だったのは、結末での別離。
 そっちを選択するんだ!? とゆー新鮮な驚き。
 「のび太の恐竜」の逆パターンか?
 イヤ、それこそニンゲンの驕りなのかも。
 この選択こそが、世界の「今」を表現しているのかも。
 と、
 最後の最期まで居心地悪い感触が残る、フシギアニメでした。


 何かの実験なのか?


ウォーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ディズニー/ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

undefined


 08年の、
 説明の必要も感じない、ピクサーのアニメ。
 特に理由もなく見逃していたのを、やっと観ることができました。
 つか、こんなディストピア×ディストピアな作品なのだね。

 荒廃なんて表現も甘いほどゴミに埋もれた地球と、
 歩くコトすら忘れた怠惰な人類社会とゆー、終末感。
 地球なんか再生させなくていいから、そのまま機械任せに食っちゃ寝してろよ!
 ってな負のメッセージは、かなりの衝撃。
 ある意味、事実かもしれんし、
 ある意味、本音なのかも、とゆー辛辣さが恐ろしい。
 プロットは、ほぼ「メガゾーン23」だしな。

 ってなディストピア世界を全力で覆い隠すのが、
 「ウォーリー」を筆頭とする愛らしいメカの数々、
 とゆー構造が、
 まさにストーリーとリンクしている点が、この作品の巧妙な罠だとおもっております。

 傑作。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-04-15 21:04 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧