2017年 12月 01日 ( 1 )

『ジャスティス・リーグ』、観た。 ※当然ネタバレ。


【映画パンフレット】ジャスティス・リーグ JUSTICELEAGUE 監督 ザック・スナイダー キャスト ベン・アフレック、ガル・ガドット、ジェイソン・モモア、エズラ・ミラー、レイ・フィッシャー

ワーナー

undefined


 「面白かった」です。
 「」付きになってしまうのは、
 まるで70点満点を目指して作られたよーな、テーマ性の薄いエンタメ映画だったから。

 監督交代の影響がどこまで及ぶのか、現時点では推測しか出来ないけども、
 これまでのDCFUの中では極めて明朗な、誰もが楽しめる作品にはなっている。
 と同時に、
 仕切り直し感が半端ない。まるで新シリーズでも始まったかのよーに。
 作品が明るくなるのは反対しないけど、温度差があまりに違うので若干戸惑う。

 監督を引き継いだジョス・ウェドンの編集は、
 登山でゆーと八合目までロープウェイで一気に進んでから頂上まで登るよーな感覚で。
 一合目か二合目ぐらいで、一旦山の巨大さを見せてから登山を始めるよーなザック・スナイダーとはだいぶ異なる。
 どちらも一長一短はあるし、頂上は見せてくれるので、
 どっちがどっちとゆー話でもなくて、その過程の問題だと思う。

 んで。
 個人的に引っ掛かるのは、二つか三つ。

 スーパーマンの復活をこんな形でやってしまうのは、意外でした。
 何なら今回は最期まで引き延ばして、
 復活した時点で次作へ続く! ぐらいの予想はしておりました。
 それがねぇ…、あんなあっさりと。
 アレじゃ人類の希望じゃなくて最終兵器じゃないか。
 どーせなら、
 ワンダーウーマンが復活の予兆に気付いた前フリを入れて、奪われた箱が3つ揃った衝撃で目覚める、
 とかでもよかったんじゃないのか。
 そんで復活直後の暴走も、
 もちっと暴走してる感を出してくれないと、単に寝起きが悪いヒトにしか見えないから。
 そもそも、
 スーパーマンを失った混沌の世界が描き切れておらず、
 更には復活したリアクションまでないのは、あまりに物足りない。
 あの青いスーツを着て飛び立つ時に、
 誰かが空を指差して、
 「アレは何だ!? またエイリアンか?」
 「怪物か?」、と。
 そしたら子ども達が、
 「スーパーマンだ! 彼は戻って来たんだ!」、と気付く。
 みたいな描写を、
 何故ジョス・ウェドンは入れなかったのか。
 それがザック・スナイダーには出来ない、オマエの仕事じゃないのか?
 (冒頭のビデオとも繋がるのに)
 全体的に一般市民が映らないのも如何なもので、
 敵がわざわざロシアのあんなトコまで行くなんて、さすがにちょっとなー。
 チェルノブイリで、あの箱は原発エネルギーって暗喩かも知れんけど、
 それなら尚更、都心部でやるべきだったんじゃないかなー。

 それとバットマンの能力は「金持ち」だってネタ。
 まあいいんだけど、
 彼の本当の強みはあの超人の中で「人間であること」でさ。
 人間の弱さを知っているから想いを繋げることも、伝えることも出来るんだとゆー重要な要素を蔑ろにしていないかと、
 今後が心配です。

 んであとは、音楽。
 「ワンダーウーマン」のあの曲を、なんで流さないの???

 と、
 まるで良いトコロがない感想になってしまいましたが、
 楽しめたのは楽しめたんですよ。
 「面白かった」ですよ!

 只、
 喜んで話せるよーなポイントが、見付からないのが難点なのです。。。


 や、
 でも、悪くはないよ! フォロー!!(心の声)


[PR]
by y.k-ybf | 2017-12-01 00:02 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧