2017年 12月 02日 ( 1 )

【捕捉】『ジャスティス・リーグ』【蛇足】 


 (鑑賞後、前回の記事をアップして、いろいろ情報を漁ってからの、補足)

 お子さまランチみたいな映画、
 とゆー表現はかなり誤解を生みそーなので避けたいけども、コレ以上に適切な表現も思い付かないw
 ナポリタンの上にハンバーグが置かれて、
 目玉焼きを被せてカレーソースを足してフライドポテトを添えた、ワンプレートの盛り盛り具合と、
 無計画な即席感。

 新キャラに関しては、
 さすがジョス・ウェドン、上手く並べ立てたなと思うけど、
 やはりそれでも「フラッシュ対サイボーグ」みたいな中編映画は必要だったんじゃないかなー。
 と、
 本編のじゃれ合う二人を観て思たよ。
 理想的には「ジャスティスの誕生」の前ぐらいに。
 (青春映画として巧く機能したんじゃないかな?
  だからこそサイボーグがやっと笑みをこぼしたシーンは、もっと大切にすべきだったと思う)

 そー考えると、
 ホント「スーサイド・スクワッド」が要らんコで、
 やるなら「ジャスティス・リーグ」の後が妥当だった気がする。
 (そんでこっちこそ、監督はジェス・ウェドンが適任だったのでわ?)

 音楽面では、エンドロールを観て驚いたんだけど、
 ティム・バートン版「バットマンのテーマ」が使われていたそーで、
 わたくし、まったく気が付きませんでした。。。
 そればかりか、
 ムリだと判っているけどリチャード・ドナー版「スーパーマンのテーマ」を使わせてもらえ!
 と日頃から云っておきながら、
 じつは今回、本編で使用されていたと知り、我が耳の節穴っぷりを痛感した次第でありますが、
 …どのシーンで流れたんだろ?
 わたくしのマヌケさは否定しませんが、
 気付かれない使い方って、どーなのよ?
 (プリンスとデビッド・ボウイとスーパーマンが並んだ新聞記事にはさすがに気付いたよ気付いたよ)

 そして、
 このタイミングでのマーベル『インフィニティ・ウォー』の予告が公開されまして、
 そのインパクト足るや。。。

 ごくりっ…(喉まで出かけた言葉を飲み込みながら)

 わたくしはザック・スナイダーの方針が間違っているとは思わないけど、中途半端だったのも否定はしない。
 寧ろノーランの存在がややこしくなってる原因じゃないかなー、
 と、最近は考えるよーになってきたのだけれど、
 如何であろうか。
 とりあえず本作に関しては、
 ザック・スナイダーに復帰してもらって、ザック編集版の「ジャスティス・リーグ」を世に出すべきで、
 とてもとても観たい。
 この薄っすらとしたモヤモヤを晴らす為にも。

 何度も云うけど、
 「ジャスティスの誕生」アルティメット版はよく出来てたからね。

 (そしたらアニメの「ニンジャ・バットマン」が発表されまして、、、面白そうなのな…)

 DCFUの運命は?


[PR]
by y.k-ybf | 2017-12-02 22:03 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧