カテゴリ:記述( 214 )

09/01//09


 お台場へ、行ってきた。

b0048532_17214581.jpg

[PR]
by y.k-ybf | 2009-09-01 17:21 | 記述 | Comments(0)

08/29//09


 ヒヒッヒー、はじめました。

 http://twitter.com/home
[PR]
by y.k-ybf | 2009-08-29 22:14 | 記述 | Comments(2)

08/21//09


 歯医者さんへ行く。久しぶりに。

 久しぶりなので、なんだか不自然なほどに緊張してしまった。
 治療がはじまると、余計なことばかり頭に浮かんでしまう。
 「マラソンマン」の主演は誰だっけ?
 とか、
 虫歯菌はなんで槍を持ってるの?
 とか。
 痛みに耐えるコツは、
 なにも考えずに無になり、今、この歯は自分とは関係ないと意識を遮断すること。
 しかし、それがなかなかうまくいかず、
 わあ、口に指突っ込まれてる~
 とか、
 ドリルが俺の歯を削っとる~
 とか、
 よくわからん器具がぁ~
 とか、
 ぜんぜん集中して意識をとばせなかった。
 まあ、実際は麻酔したから痛みはなかったんだけどね。
 痛いとゆーより、怖かったw
 んで、
 今、わたくしの歯にはゴムが詰まっております。
 来週までの仮の詰め物なのだが、これが弾力があって気持ち悪い。
 固いモノも噛みにくいし、力も入らない。
 歯って、大事なんだね。
 皆さんも、歯は大切にしてください。
 とくにおちはなし。
[PR]
by y.k-ybf | 2009-08-21 00:40 | 記述 | Comments(0)

セットリスト。

 見付けたので、勝手に貼り付ける。

Paul Weller Fuji Rock Festival 09'

1. 22 Dreams
2. The Changingman
3. All I Wanna Do (Is Be with You)
4. Out Of The Sinking
5. From The Floorboards Up
6. Sea Spray
7. Shout To The Top
8. The Eton Rifles
9. Porcelain Gods
10.You Do Something To Me
11.Empty Ring
12.Broken Stones
13.Have You Made Up Your Mind
14.Push It Along
15.Wild Wood
16.Echoes Round The Sun
17.Town Called Malice



OASIS @Fuji Rock Festival '09

 01. Fuckin' In The Bushes
 02. Rock 'n' Roll Star
 03. Lyla
 04. The Shock Of The Lightning
 05. Cigarettes & Alcohol
 06. Roll With It
 07. Waiting For The Rapture
 08. The Masterplan
 09. Songbird
 10. Slide Away
 11. Morning Glory
 12. My Big Mouth
 13. Half The World Away
 14. I'm Outta Time
 15. Wonderwall
 16. Supersonic
 17. Live Forever
 18. Don't Look Back In Anger
 19. Champagne Supernova
 20. I Am The Walrus
[PR]
by y.k-ybf | 2009-07-29 00:05 | 記述 | Comments(2)

フジロックフェスティバル'09 後編


 さて、雨の話は、さておき。

 ライブはどれも素晴らしかった。
 なんだかんだで、
 逆境だと気合いも入るし、むしろ、かなりのステージを観れた。

 まず、グリーンでスカパラ。
 期待したゲストは一人も出ませんでしたがw、
 ライブ自体は期待以上に盛り上がりました。
 そのあと、全体をぶらっと回ってからDOVESを聴きつつ、ホワイトへ移動。
 ちょうとMAJOR LAZERが始まったので、昼寝しながら鑑賞。

 次のCharaは、ちゃんと起きて観ました。
 最近の曲はよく知らないのですが、
 すごいボーカルで、ソウルシンガーのようでした。
 つか、ソウルシンガーなんだろう。
 もっと、そのボーカルが生かせる曲を作ればいいのにとおもいました。

 続いてハナレグミ。
 こちらもボーカルが素晴らしい。ほんとに、このメガネは歌が上手いや。
 「家族の風景」をやってくれただけでも嬉しかったのですが、
 ゲストにスチャダラのボーズが出てきた。
 後で知ったのですが、アルバムに参加してたのですね。
 しかも、「ブギーバック」のリリックまでやってくれて、楽しかったです。

 次が、再びグリーンに戻って、ポール・ウェラー。
 ちょっとお腹がぽっこりしておりましたが、
 久しぶりに見たポール兄さんは、まだまだカッコ良かった。
 ギター姿がステキ過ぎる。
 古い曲もやるかなーと、なんとなく期待してたらスタカンをやったのでビックリ。
 さらにジャムもやって、またビックリ。
 ソロの曲だけでも盛り上がってたので、ほんとにサプライズで最高でした。

 んで、大トリのオアシス。
 正直にゆーと、
 今年は消去法で日程を選んだようなものなので、全体的に期待値が低かった。
 オアシスも、何度もライブは観ているし、
 自分のなかの区切りみたいのもあったので、同じような気持ちでした。
 が、
 始まってみると、関係ない。
 いきなり「ロックンロール スター」で、
 ファースト、セカンドからの曲を多く演奏するものだから、盛り上がる盛り上がる。
 新しいアルバムの曲もやったし、
 「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」では大合唱になったし、
 ラストは「シャンペン・スーパーノヴァ」から「アイ・アム・ザ・ウォラレス」って、
 全盛期ん時のセットリストじゃねえか、と。
 アンコールはなかったけど、これはコレで満足できました。
 むしろ潔い。
 しかし、バンドとゆーか、リアムの佇まいは更にカッコ良くなっていた。
 上着のポケットに手をつっこみ、
 直立不動の姿の、そのシルエットが、なんと様になっていることか。
 もー、ヒーロー映画の主人公みたいでした。

 で、終演と。

 まあ、とにかく、雨にやられた一日でした。
 赤テントに行き忘れたのも、帰ってから気付いたほどでした。
 今年は久しぶりに一人だったし。
 しかし、こーやって振り返ってみると、充分観れたなと、おもいます。

 それに、じつは一番の目的は、会場でキヨシローの歌声を聴くことでした。
 テーマソングの「田舎へ行こう」。
 あの曲、あの声を、あの場所で。
 開演前に、グリーンのでっかいスクリーンで流してくれて、
 やっと気持ちが整理できたよーな、そんなよーな。

 ウサギのバルーンの写真は撮り忘れてしまいましたがw、
 また来年、会いに行きたいとおもいます。
[PR]
by y.k-ybf | 2009-07-28 00:29 | 記述 | Comments(0)

フジロックフェスティバル'09 前編


 やられた。
 久方振りに、こっぴどくやられた気がする。

 行きの新幹線から、もしかすると雨になるかと予想していたが、
 会場に着く頃には本降りに、
 荷物を置く頃には全身カッパに着替えておりました。
 そして初めて長靴を使うことになりました。

 この雨、ほんとにしつこい。

 山なので多少の雨なら覚悟もしてるし、
 もはや慣れたものではあるが、今回のは違った。
 降っては止み、降っては止み、
 結局、帰りの新幹線までカッパを脱げなかった。
 こんなにやられたのって、最初のフジロックの台風以来かも。
 冷えるし、体は動かないし、食欲もわかないし、見事に計画が狂ってしまった。
 そーだ、
 会場内にある川も、
 毎年、流れが静かで、みんな水浴びしていたのに、雨の影響で氾濫しそうになっていた。
 おかげで、深夜のイベントは全部中止になった。
 その影響とゆーわけではないだろうが、
 終演後の、お客さんの大移動が半端ではなく、
 いつも野宿する赤テントに行くことができなかった。
 ショックである。
 モチブタも食べれなかった。

 仕方なく、ゲート外のエリアまで戻り、
 小雨降る中、約四時間、バスが動くまで待ちましたよ。

 とにかく、何から何まで想定を越えられた一日でありました。
[PR]
by y.k-ybf | 2009-07-28 00:18 | 記述 | Comments(0)

明日は、


 フジロックへ、行ってまいりやす。

 田舎へ行こう。
[PR]
by y.k-ybf | 2009-07-23 20:09 | 記述 | Comments(0)

07/07//09


 ガキの使いでの、
 バナナマン設楽が曙を間近にしたときの、
 「こんなでかいの、ワンピースでしか見たことねえよ」は、
 この上半期最大のヒット。
[PR]
by y.k-ybf | 2009-07-07 21:07 | 記述 | Comments(0)

アメリカンポップ、王の死。


 おもえば、千葉の下町に生まれたわたくしにとって、
 洋楽なんて異国の音楽は、インテリかコジャレた連中が聴くものだとおもっておりました。
 それかスーパーで流れる、ビートルズのインストとか。

 そんな、わたくしの耳にも目にも、マイケル・ジャクソンは届いておりました。

 寝転がってテレビマガジンを読んでいたら、
 付けっぱなしのテレビから、「怖いから、お子さんは気をつけてくださいね~」なんて前フリで、
 「スリラー」のPVが流されました。
 それがわたくしにとって、はじめての名前を覚えた洋楽でした。

 次が、「ウィー・ア・ザ・ワールド」で、
 なんかすごいことやるぞとゆーふれ込みで、24時間テレビで放送したものを観ていた。
 知ってるのはマイケルとスティービー・ワンダー、シンディ・ローパーぐらいだったけど、
 この番組でスプリングスティーンやレイチャールズを知ったし、
 誰やこの鼻声のオッサンとおもった、ボブディランも観ていた。
 マイケルとは、そーやって洋楽の世界を教えてくれた存在だった。

 考えてみたら、
 新曲のプロモが出来たからって、わざわざ音楽番組とか関係無しにフルで流されるなんて、
 ありえないよな。
 あと、ひょうきん族で「スリラー」の妖怪パロディとか、
 とんねるずが完コピした「バッド」とか、みんな知ってるからわかるネタなんだな。
 マイケルが、如何に特異な存在であったのか。

 正直、最後のほうのアルバムは、良いといえるものではなかったし、
 最後のワールドツアーも、
 観てみたかったけど、残念な結果になるなら、やらなくてよかったかな、ともおもう。

 まだまだスキャンダルな面ばかり取り上げられてしまうが、
 彼が残した音楽的実績が、早く正当な評価を受けることを、望む。


キング・オブ・ポップ-ジャパン・エディション

マイケル・ジャクソン / SMJ(SME)(M)


[PR]
by y.k-ybf | 2009-06-29 15:15 | 記述 | Comments(0)

05/30//09

 あいふぉんが、
 日本で売れてないと、ちょいと前に耳にしたが、
 夏の新モデルは、どれもあいふぉんみたいなのな。

 改良は日本のお家芸ではあるけど、もちっと踏み込んでもいいんじゃないかな?

 あと、以前から疑問に感じてるのは、薄さと軽さ。
 あそこまで削る必要はあるのかな?
 確かに、通勤通学にはいいだろうし、邪魔にもならないだろう。
 だけど、ほとんどのヒトはそこにストラップを付けるし、
 一部のヒトはラッピングしたりデコデコさせたて、すべてを台無しにする。

 つまり、薄さや軽さを必要とするヒトもいるけど、
 そーじゃないヒトもいるのにな、とゆー話。

 詳しいデータは知らないけど、普及率はかなりのものだろう。製造技術も含めて。
 さらに云えば、購入動機が変化しているわけだ。
 つまり。

 ならば、と。
 これも前から言ってるのだが、
 むしろ逆に、大きなケータイもアリなんじゃないかな。
 そーすればデザインや、機能に特化させることもできるし。
 携帯する何かを大事にするヒトも、いるとおもうがなー。

 あとは、フルカスタマイズだね。
 単純に、お店でカタログかなんかで、
 色とか模様とか形とかはもちろん、機能まで選べるの。
 メールしかしません、とか。
 待ち受けや着うたやゲームなんかも選べたりして。

 それ、どれでもできるのは、さすがにわたくしでも知っておりますが、
 そーゆー話ではない。
 最初に選ばせろってわけで。
 自分でやるのは面倒だし、あのアホみたいに分厚い説明書はなんじゃいなと。

 価格は高くなるだろうし、いまでもいろんな種類のケータイがあるんだけどね。
 ただねえ、
 買うときに、自分の考えた色や形、欲しいアプリケーションが選べたら、
 もっと楽しいんじゃないのかな。

 と、おもった。
[PR]
by y.k-ybf | 2009-05-30 22:30 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧