カテゴリ:映画( 783 )

洋モノアニメ! 『ズートピア』、とか。三本。


【Amazon.co.jp限定】 ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] (ジュディのニンジンペン[ 録音機能なし ]付) [Blu-ray]

ディズニー/ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

undefined


 動物の擬人化アニメとゆーと、
 手塚治虫の『ジャングル大帝』、
 そのオマージュである(らしい)ディズニーの『ライオン・キング』などが浮かぶ、年代のわたくし。
 そんな最新型として『ズートピア』を観た。(『けものフレンズ』はスルーだ。)

 善玉悪玉は一昔、
 仲間との絆や成長と云った話でもなく、コミュニティーがテーマになっているのだね、最早。
 「ハイ、ステーキお待たせっ!(レオ)」から考えれば、スゴい進化。
 しかも、
 左翼保守派が主張を固持せんが為に暴徒(暴走)化する現在の社会問題まで取り入れる姿勢には、
 感心とゆーか感動すら覚える。

 「キツネはズル賢い」
 「肉食は乱暴」
 「カワイイはハラスメント」、とゆー先入観にもぐいぐい踏み込むし。
 ま、若干、
 テーマの押付けに鬱陶しさも感じるが、この「ズートピア」とゆー舞台の魅力として捉えるべきだろう。

 伏線の回収も見事だし、何よりユーモアで溢れているとゆー点が、素晴らしいですよ。
 ナマケモノのシーンなど、
 鑑賞前に予告で散々眼にしているはずなのに、しっかり爆笑させられました。
 (あと、象のヨガのシーンとかとか。)

 さておき。
 テーマ性云々も宜しいが、まー何よりキャラクターの魅力と可愛らしさに、メロメロですわ。
 ウサギのジュディは当然ながら、
 シニカルなキツネのニックがカッコ良くて、最高でした。
 CGアニメでコレが成立するって、エポックな気がするよ。

 「理想郷」が動物アニメで描かれたまさに今、アメリカがあんなコトになるとわな。。。


 吹替版も観ましたが、
 ジュディの上戸彩は悪くないけど、良くもない。
 主題歌の日本語歌詞がかなりイマイチで、オリジナルにあった高揚感が無いのは大きなマイナス。
 「Ami」って誰やねん。


アーロと少年 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ディズニー/ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

undefined


 ピーター・ソーン監督作、ピクサーのアニメ。

 少年と恐竜との、ハートフルな友情と冒険を描いた云々。
 かと想像していたら、
 まず少年と恐竜の立場が(定石とは)逆で、
 主人公で言葉が喋れる方が、恐竜。
 ガルルーッと吠えて言葉が喋れず毛がない狼なのが、少年。とゆー倒錯感。

 そもそも何ザウルスなのかよく判らない恐竜家族の、
 妙にヌルテカしたボンテージのよーな肌質に恐々としつつ、
 完璧に開拓された農作業を眺めるとゆー、フシギな時間を味わう。

 ストーリーは定番中の定番オデッセイで、嵐で流されてから故郷へ帰還するだけなんだけど、
 描写が一々ドラッギーとゆーかハイ&ドゥープっつーか、
 リアル(自然)とアニメ(生物)がイイ意味で融合しない、
 混沌とした映像の連続に、不安で不安で目が離せなくなりました。
 (昆虫のまったく無意味な精巧さ、とかな。)

 そして何より意外だったのは、結末での別離。
 そっちを選択するんだ!? とゆー新鮮な驚き。
 「のび太の恐竜」の逆パターンか?
 イヤ、それこそニンゲンの驕りなのかも。
 この選択こそが、世界の「今」を表現しているのかも。
 と、
 最後の最期まで居心地悪い感触が残る、フシギアニメでした。


 何かの実験なのか?


ウォーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ディズニー/ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

undefined


 08年の、
 説明の必要も感じない、ピクサーのアニメ。
 特に理由もなく見逃していたのを、やっと観ることができました。
 つか、こんなディストピア×ディストピアな作品なのだね。

 荒廃なんて表現も甘いほどゴミに埋もれた地球と、
 歩くコトすら忘れた怠惰な人類社会とゆー、終末感。
 地球なんか再生させなくていいから、そのまま機械任せに食っちゃ寝してろよ!
 ってな負のメッセージは、かなりの衝撃。
 ある意味、事実かもしれんし、
 ある意味、本音なのかも、とゆー辛辣さが恐ろしい。
 プロットは、ほぼ「メガゾーン23」だしな。

 ってなディストピア世界を全力で覆い隠すのが、
 「ウォーリー」を筆頭とする愛らしいメカの数々、
 とゆー構造が、
 まさにストーリーとリンクしている点が、この作品の巧妙な罠だとおもっております。

 傑作。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-04-15 21:04 | 映画 | Comments(0)

オマエもフォローしてやろうか! 『イット・フォローズ』、とか。四本。


イット・フォローズ [DVD]

マイカ・モンロー,キーア・ギルクリスト,ダニエル・ゾヴァット,ジェイク・ウィアリー,オリヴィア・ルッカルディ/ポニーキャニオン

undefined


 やっと観たよ、『イット・フォローズ』。
 恐ろしく、美しく、甘酸っぱい、青春ホラー。
 最初、
 セックスで感染するので「性病」のメタファーかなとおもっていましたが、どーも違う。
 もっと深刻で、抽象的なもの。
 シンプルに「死」かな? と。
 自死、自殺についての映画ではないかと。
 年齢的に、
 死に惹きつけられる、呼ばれる、選ぶ、とゆーことは多々あるもので、
 そーゆー共通の恐怖を描いているのかとおもいました。
 リストカットみたいな、通過儀礼としての、死。
 セックスがトリガーとなり、
 具現化する「死」とどーやって向かい合い、大人になるのか。
 とゆー話なのかな、と。

 んで。
 この肝な部分がいちばん曖昧なので、いろんなヒトの感想を聞いてみました。
 皆さんそれぞれの感想があり、それぞれの想いがある。
 じつに愉しい。
 この解釈の広さだけでも、本作が如何に優れた作品かとゆーコトが判ります。
 そこで町山智浩さんの映画解説も購入。じっくりと聴いてみました。
 なるへそなるへそ。
 『卒業』との関連性があるのですな。
 わたくしがこの映画から連想したのは、ソフィア・コッポラの『ヴァージン・スーサイズ』だったんですけどね。
 訪れるモノだけ見ると、「エヴァ」の補完計画のよーでもあります。
 (片腕のギブスは、さすがに偶然だよね?)

 象徴的な、壊れて水が抜けたプール。
 「何も変わらない」町で、唯一変わったのは、結ばれた手。
 その背後には、、、。

 モラトリアムの終焉を劇的に描いた、ホラーの秀作。



 相変わらずハードで重たく、後味がじっとり残る不快な事件の、安定感。
 「ドラゴン・タトゥーの女」とか好きなヒトには、前作も合わせてオススメです。


 指を折られたり帝国がどーしたこーしたって能書きを云われて困る、お話。

 主演は、
 ヤバいコトをやってヒドい目にあうと云ったらこのヒト、ジェームズ・フランコ。
 シンプルな犯罪サスペンス。

 ムーディーな夜を演出するため、スシ・ナイトとゆー夫婦間のイベントがありまして。
 米人はスシ食ってエロスなムード高めるんだなあと、勉強になりました。


○『SHOOTING シューティング』

 原題は、『KILL BOX』。ソフトは見付からず。
 POV主体の、全編ファウンド・フッテージ。

 ヤバい機械を頭に埋め込んだ奴らが、
 ヤバいメカを、ヤバい会社から盗んだら、ヤバいコトになる、そんなヤバいお話。

 何がそんなにヤバいのか。
 本編での説明がまるで足りてないけど、ストーリー的にはまったく関係無いので、意外と問題ない。
 監視カメラの映像も使っているので、状況的な判りにくさもない。

 SF版「パラノーマル・アクティビティ」とゆー表現が、いちばん近いかな。
 間の抜けたリアルさが特徴です。

 パワードスーツみたいなロボットもでるよ!(常に、単独で。)

 惜しい…とまではいかないけど、
 この手法はまだまだ巧く使えるとおもふし、案外安く作れるみたいなので、
 …頑張ってください。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-04-12 22:53 | 映画 | Comments(0)

『スイミング・プール』


スイミング・プール 無修正版 [DVD]

シャーロット・ランプリング,リュディヴィーヌ・サニエ,チャールズ・ダンス,マイク・ファヨール/東北新社

undefined


 フランソワ・オゾン監督の、03年公開作。

 中年女流作家と、若いギャルとの交流を描く、
 ちょっとしたサスペンス。

 ギャル。
 若いギャル。

 軽いとゆーより、あえて薄いタッチにすることで、
 作品テーマが重くなるのを避けたよーな意図を感じました。
 確かに、ハネケと似ている。
 しかしハネケ独特の意地の悪さとゆーか毒っ気も、重さもない。
 代わりに興味深い空白が残される。

 原稿、日記、
 残されたコピー、完成した本…。

 そこに書かれていたモノは?

 二人の女性の本心も、その表情から想像するしかない。

 そしてラストに現れる、「娘」の存在。
 あの母娘と編集長との関係わ?
 とゆーか、
 同じ名前の娘との関係が??
 ってなトコロまで想像が広がる、空白とラストシーンが良い。


 と。
 感想をまとめた後で、
 ネット検索したり、他の意見を聞いたりしたら、
 「あのギャルは妄想の産物」説が有力なのな!
 ギャルが一人で車を運転するシーンとかあったのに…。

 悔しいので、もう一度観返してみたよ!

 う~~~ん。。。
 わたくしのギャル愛人説は流石に飛躍した感想だとおもいますが、
 ギャル妄想説も、断定と云えるほどでもないのだな。
 そもそもギャルの母親の存在が曖昧なので、編集長との関係性の疑念も晴れなかった。
 (コレも飛躍だけど、
  ギャルと編集長は通じており、
  それを知った母親はショックで自殺したのでわ?
  ギャルがある種のファーザー・コンプレックスを抱えているよーにも見えるし、
  母親への喪失感が尋常ではないのは、その為か。
  死が隠された理由にもなるし。

  「ハーレクインのよーな甘ったるい小説」とは、
  母親ではなく、
  ギャルの絶たれた恋愛心理を表現しているのかも?
  とは、コレもまた飛躍か。)

 しかしストーリーの中心はあくまで中年女流作家(サラ)の方なので、解釈はそちらへ傾けるべき。
 ギャルは実在した上で、
 サラによる様々な妄想フィルターが掛けられた。
 と判断するのが、
 最も自然な反応ではなかろーか。

 なので、
 「ギャルはサラの願望。母親≒サラ」説も否定しません。
 「生き返る」とは、自己を取り戻すとゆー二重の意味を含んでいるのかも。
 また、
 彼女を「サラ」って呼ぶ人物はかなり限られており、
 作中、いろんな呼び方で呼ばれるのもポイントの一つではなかろーか。

 と、
 解釈の幅が異常に広いので、映画三本分ぐらい楽しめましたよ。
 一見、地味でフツーな感じなんだけどね。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-03-31 22:36 | 映画 | Comments(0)

アンドアジェネシスとは「完全な支配」とゆー意味。『超スーパーヒーロー大戦』。


【DVD付き、映画パンフレット】 仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

東映

undefined


 春のパン祭りは大戦型。
 今年は若干戦隊シリーズ寄りな内容になっております。
 最初に云っておくと、
 いつもの「大戦」に比べればマシな方です。(良いとは云ってない。)

 エグゼイドの流れで「超スーパーヒーロー大戦」とゆーゲームが舞台となり、
 新旧ライダー、戦隊ヒーローが混然となる「チーム」のバトルが展開されます。

 はい、いつも通りのごった煮です。

 モモタロスは桃だからピンク枠だ! って言い切るんだけど、
 電王のソードフォームは明らかにレッド(赤)だし。
 まったく疑問もなく中心から動こうとしないエグゼイドの方が、余程ピンク(枠)な気がするし。
 つか、チームの構成が、雑っ。
 (「オールレッド」とか「忍者」はまだ判るけど、
  「昆虫」やら「高速」やら、もーちょい工夫しても罰は当たらないのでわ…?)
 ストロンガーがジュウオウタイガー一人に負けるのも、ちとイラっときたし。
 「仮面戦隊ゴライダー」は禁断の二次創作っぽいバカネタでまだ許せたけど、
 結局何が云いたいかってーと、
 収拾もつかず、
 「ゲーム」とゆーネタも活かせず終わってるのが、ホントに残念。
 なんか前作の「パックマン」の時と同じよーなコトを云ってる気もするけど、
 「ゲーム」をネタにするなら、もっともっと自由に、面白いネタはあると思うんだよな・・・。

 「仮面ライダー・バンプレスト」とか、やればいいのに。
 「攻略できないのはクソゲーだからかっ!」とか。

 無策なオールスターモノは、そろそろ限界で、潮時ですよ。


 ダイアモンド・ユカイは、天本英世にちょっと似てるのでアリだと思いました。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-03-31 22:22 | 映画 | Comments(0)

『キングコング:髑髏島の巨神』 難無く進入してくる後続部隊の勇姿!


【映画 パンフレット】キングコング 髑髏島の巨神

東宝

undefined


 まさに。
 コレほど正しい怪獣映画もないだろってぐらいの、怪獣映画。

 危険そーな島(髑髏島)に乗り込んでみたら、「ホントに危険!」だったので逃げてきた、お話。

 人命救助が目的ですらなく、
 怪獣ばかりのサファリパークをスタコラサッサと縦断するだけのストーリーで、よく撮り切ったな、と。
 誉めてます。
 怪獣が動けるならば、コレでよかったんや、怪獣映画わ。

 「言葉は通じないけど判んだよ」で先住民との交流はクリアしちゃうし、
 面倒なニンゲンは怪獣に喰べさせちゃうし、
 弛みそーなドラマパートにはロックを流して飛ばしちゃう。
 スゴい。
 展開が理解できる最低限までカットした編集版を観てるよーな気分。(怪獣シーンは増増で。)
 誉めてます。

 エンディングの「帰宅」シーンもさ、
 手持ちカメラで撮影したよーな感動的なシーンなんだけど、
 カット割り過ぎで、どんな人数で撮影してんのよ? と思うけど、
 いいんだよ細けえことわっ!
 誉めてます!

 興味深いのは、
 部分的には削ぎ落とし、
 部分的には盛り盛りさせたこの映画の感触が、何故か昭和の特撮映画を想起させるトコロで。
 低レベルだ、ガラパゴスだと揶揄されますが、
 やはりあの時代の、
 あの何か、
 我々を興奮させてくれたモノは、間違っていなかった。
 その志、バトンは受け継がれているじゃないかと、想いを馳せる次第でございます。

 や、もー、
 また楽しみな映画シリーズが始まってしまいましたよ。
 レジェンダリー・モンスター・バース。
 最高です。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-03-31 17:27 | 映画 | Comments(0)

夢見る愚か者たちへ、乾杯を。『ラ・ラ・ランド』 ※ネタバレ




[PR]
by y.k-ybf | 2017-03-03 21:23 | 映画 | Comments(0)

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』


 こりゃ寝るかなー、寝そーだなーおもてたら、
 案の定、寝た。
 (隣の男性は爆睡しており、ツレに起こされておりました。)

 大筋は理解出来たので良しとするが、
 さすがに感想は申し訳ないので、スルーする。スルするー。

 しかし。
 予告から想像したゴシック調の何か、とは別物で、
 ティム・バートンの近作に顕著な、淡々としたムードが際立っていたよーな気がする。
 パンフを読むと、
 脚本もほぼ出来上がった状態からティム・バートンは参加されたそーで。
 お仕事モードの作品なのかな? ともおもったりしましたが、
 皆さんは如何であろーか。

 と、丸投げ。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-02-23 21:30 | 映画 | Comments(0)

『セル』 着信履歴を確認してください。 


セル〈上〉 (新潮文庫)

スティーヴン キング/新潮社

undefined


 スティーブン・キング原作の、パニック・ホラー。
 キングは脚本にも参加しており、
 監督は『パラノーマル・アクティビティ2』を手掛けたトッド・ウィリアムズ。

 突如ケータイから聴こえる怪電波でゾンビになります、
 暴れます、襲います、
 オマエも蝋人形にしてやろうか、そんなお話。

 ストーリーをド直球に受け止めるならば、
 「ケータイばっかり使いやがって」とゆーアンチテーゼや社会風刺の視線が窺える。
 原作が出版されたのは06~07年。
 スマートフォンが定着するちょっと前になるとおもふけど、ケータイの普及率はほぼ限界まで拡大している。
 老人はケータイを嫌い、
 中年はスマートフォンに戸惑い、
 若者はそんな心境が理解できない。
 繋がるはずだった意識の断絶がテーマの発端になっているのかな、と想像する。

 「携帯ゾンビ」とゆー原作の仮タイトルには、揶揄する心情が少し感じられるし。
 キングはテクノロジー嫌いで有名だしね。

 とわゆーものの、
 原作出版から十年が過ぎ、激変する状況を省みた上での映画化には、
 また別の意味が込められている、、、、、はずなんだけどー。

 「家族の話」に帰結するのは、とてもキングらしい。
 らしいのだが、
 曖昧な点があまりに多く、非常にモヤモヤする。
 家族を結ぶ「何か」、
 怪電波によって巨大な一群となる「何か」、とか。
 結局真相は解明されず、すべて推測ばかり。
 今この手の物語テーマを扱うなら、もう一歩や二歩は踏み込まないとダメなんじゃないかな。
 キューザックの結末よりも、
 途中で別れるサミュエル一行の顛末の方が気になったしな。

 「赤いフードの男」もフリが弱くて、よく判らん。
 (キューザックを呼び寄せるために、
  コミックのキャラとママのイメージを融合させて送信したら、近くにいたヒトらもそれを受信(夢)しちゃった、
  で、いいのかな?)

 それと、クライマックスで画面が暗くなっちゃうのは、残念。
 もうちょいハッキリ映してくれればインパクトあったのになー。

 と、
 文句ばかり云っておりますが、
 作品自体は楽しめたので、ネガティブな印象はありません。
 冒頭の空港でのパニックシーンは、悪くなかったです。
 サミュエルの抑え目のキャラクターも、フレッシュでした。


 つか、キングは『ミスト』を自分でやりたかったのかな…?



[PR]
by y.k-ybf | 2017-02-23 21:24 | 映画 | Comments(0)

GONINいる!(※もっといます) 「GONIN」シリーズ、三作。


 そして三作目となる「サーガ」が15年に公開されました。

 正直、
 監督にも作品にも特に思い入れもなく観たので、だいぶ厳しかった。
 順序はバラバラだけど、
 北野武、タランティーノ、韓国映画を通過してる現在では、
 最も拒否反応がでる部類の作品、作風かもな、とおもふ。
 申し訳ないほどに。

 一作目は、暴力団から大金を強奪して、追われる身となる、お話。
 二作目は、主要な人物を女性に変えた、ほぼ似たよーな話で、
 前作との繋がりも間接的にしかない。(或いはパラレル的な世界観なのか。)
 三作目の「サーガ」はハッキリと一作目の続編で、19年後が舞台の、息子たちによる復讐劇。

 繰り返しになるけど、
 兎に角ハマらなかったのでネガティブな感想しかなく、余計なことを云う必要もないだろう。
 根津甚八の遺作でもあるし。

 95年にリアルタイムで一作目を観ていたら、また印象は違うのだろーな。
 しかし当時も似たよーな作品が乱立して食傷気味になったよーな記憶も…。


 一つだけ、云うならば、
 佐藤浩市の白髪は要らなかった気がします。




[PR]
by y.k-ybf | 2017-02-19 11:41 | 映画 | Comments(0)

ぐるぐる『ドクター・ストレンジ』ぐるぐる


【チラシ付き、限定版 映画パンフレット】 ドクター・ストレンジ 監督  キャスト ベネディクト カンバーバッチ, イジョフォー レイチェル マクアダムス

ディズニー

undefined


 マーベル映画(MCU)のニューフェーズの一角になるであろう、『ドクター・ストレンジ』を観てきましたよ。
 3D吹替の巨大スクリーン(ウルティラ)で。

 3D前提で作られた映画なので、当然3Dがオススメ。
 吹替も安定の声優陣で、
 エンシェント・ワンの声がまたピッタリだな! おもたら、樋口可南子でビックリ。
 (松下奈緒も悪くなかったですよ。)

 そんな『ドクター・ストレンジ』。
 魔法でぐるぐるぐるぐる廻される世界の映像美は、も、スクリーンで観るべき。観ておくべき。
 (2Dでも十分に楽しめるとおもいます。)
 ストーリーは全体的にイントロダクションな側面もあるため、
 若干物足りなく、理屈がモヤっとする部分もある。
 「闇の力」とか、
 敵のカエシリウスがあまり暴走してるよーに感じられないとか。
 その反論として、
 ストレンジが「ドクター」に拘る点は見事な切り返しで、作品の軸にもなりました。

 エンシェント・ワンが闇の力を使った理由は、もーちょい明言してもよかったのでわ。
 (後継者を探すため?)

 さておき。
 エンシェント・ワン役のティルダ・スウィントン。
 その麗しいお姿を拝見するだけでも、眼福。
 衣装も素晴らしく、
 あの腕、白くて細くて長い腕が、力強くもあり、最高でした。

 修行シーンは、もっと長くてもよかったとおもいます!
 (エンシェント・ワンを観たいので。)


[PR]
by y.k-ybf | 2017-02-19 11:33 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧