カテゴリ:映画( 806 )

その36。豚に乗ってトンズラはないよ。『あしたのジョー』。

映画『あしたのジョー』OFFICIAL GUIDEBOOK (講談社MOOK)

講談社



 世代的に云えば、少し上の『あしたのジョー』。
 それでもリアルタイムで劇場版とか観ているし、
 かなり影響も受けている思い入れの強い作品なので、
 実写映画化を知ったときは、心の底からやめてくれと叫んでしまいたかった、が、
 どーなるわけでもなし、観るしかないので、
 観た、
 観に行った。

 まー、ねぇ。

 原作有りきと判断すればいいのか、近代の新訳と捉えればいいのか。
 いまだに、混乱している。

 舞台となるドヤ街は、しっかりと再現されていた。
 ストーリーも、ダイジェスト的ではあるが原作に沿ったものだった。
 山下のジョーも、悪くはない。
 たぶん実写の解釈としては、許容範囲内だろう。
 やりすぎたら稲中みたいになるし。
 香川の丹下も、メイクとゆーか、変装にかなりのムチャがあったが、
 見事な演技力でカバーしておりました。
 凄かったのは、伊勢谷の力石。
 違うと云えば違うのだが、
 それでも完全に力石徹を自分のものにしておりました。さすがや。
 香里奈は、黙ってればそれなりだ。

 原作を尊重し、世界観を壊さず、
 なおかつ、映画オリジナルの解釈もあり、とても理想的な作りをしているのだが、
 それでも、まだ、釈然としなかった。できなかった。
 これは『あしたのジョー』なのかと。

 『あしたのジョー』とは、単純な成り上がりの話ではなく、ヒーロー物語でもない。
 しかし、だ。
 それは原作、アニメの話であって、
 平成の、
 それも実写映画に要求するものではないだろう、っと、理解もできるのだが、
 やはり残るのは釈然としない気持ちなのだ。
 この感覚、何かの映画と似ているなと思い返してみたら、
 『ピンポン』だった。
 そしたら、監督も同じであった…。
 納得納得。

 正直、『ヤマト』ぐらい酷かったら、もっとスッキリするのにな。

 さ、そんなわけで、最後に気になったところ。
 まず、全体的に明るく綺麗すぎる。
 画面的にも美術的にも、もっともっと汚くて荒々しくてもよかったとおもう。
 特にジョーの服は、もっとヨレて渋めでもいいのでわ。
 アニメと同じトレーニングウェアには、笑えたが。
 あと汗と血の量が足りてなくて、臭いが伝わらなかった。
 ボクシングのシーンも、よくできていたのに、迫力が足りてなかった。ような気がする。
 全体にメリハリがなく、リズム感が悪い。平坦。
 おそらく時間内に収めるため、
 枝葉をバッサリ切り落として大筋の幹だけにしちゃったからなんだなー。
 ねじりんぼうも、豚の脱走も、対力石の猛特訓もカットだからなー。
 白木葉子の映画設定も、微妙。
 原作のままだと、基本、要らない子になってしまうので、
 何らかの改変が必要だったのはわかるのだが、
 力石の婚約者設定のままでも、よかったのでわ。
 あ、原作では、中盤以降、ちゃんとキャラ立ちしますが。

 そんなこんなで、薄味の『あしたのジョー』になってしまったわけだが、
 原作を知らない若い子らは、どんな風にこの物語を捉えるのだろうか。

 安易に、『ロッキー』と等比してくれなければ、いいのだが。。。
[PR]
by y.k-ybf | 2011-02-25 00:12 | 映画 | Comments(0)

その35。『SPACE BATTLESHIP ヤマト』


SPACE BATTLESHIP ヤマト (小学館文庫)

涌井 学 / 小学館




 遅れながらも、
 あちこちで絶賛酷評中の、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきやした。

 公開前から地雷臭がプンっと香ったこの映画。
 観賞後のダメージを出来うるかぎり減らすには、期待値のハードルを下げきるしかありません。
 そんな約1ヶ月の下準備の末、
 「ウルトラマンの映画を観たいけど、時間の都合が合わないので代わりに、ヤマト。
  割引券もあるし」
 レベルまで下げた期待値での観賞となりました。

 んで、、、

 これが、けっこうたのしめたんだわ。ヤマト。
 計画は、功を奏したのです。

 お金を掛けたCGはよく出来ていたし、
 全体の流れも悪くなかったし、黒木メイサもエロかったし。
 で、
 何が市井の人々の逆鱗に触れたのか、考えてみた。
 おそらくポイントは三つで、
 原作に思い入れがあって、どーしても比較してしまう。
 キムタクが嫌い。
 つーか映画としての出来が悪い。
 大きく分けると、そんな感じかな。

 まず、わたくしは役者のキムタクに、悪い印象を持っていない。
 多少、クセが強いとゆーか、大袈裟とゆーか、
 マンネリとゆーか、残念なところもございますが、
 それでもハマれば良い役者だとおもいます。
 で、
 今回のヤマトは、全力でキムタクでしたね。
 もー、木村拓哉が、キムタクとして、古代進を演じてる感じ。
 原作イメージとしての古代進ではないのだが、
 キムタクの新キャラとしての古代進ではあった。
 つまりこの時点で、原作ファンは裏切られた気持ちになるわけなのだが、
 個人的にはヤマトに思い入れもないので、セーフ。
 あー、別物だなと頭を切り替えられた。
 佐渡先生を女性に変更したのだけは馴染めなかったが。
 あ、あと、
 島大介役の緒方直人。
 さすがに無理があるだろ。役的に老けすぎだ。
 黒木メイサも良かったんだけど、
 森雪かと云われたら、あれは森雪ではない。
 当初キャスティングされた沢尻エリカのほうが、多少は、イメージに近かったかもしれないが。

 んで、映画についてだが、
 無理とゆーか強引とゆーか、
 そこまで原作と変えなければいけなかったのかな、と、おもう部分があった。
 シンプルに、
 コスモクリーナーをイスカンダルまで受け取りにゆく。
 じゃ、ダメなのかね?
 映画の設定も悪くないのだが、後半まで隠すよーなネタでもない気がする。
 と、
 ここまで色々書いてしまったが、やはり最悪なのは、ドラマ部分。
 山崎努、橋爪功、西田敏行らベテランは良かったのだがー、と。
 まあ、なんつーか、
 ポール・バーホーベン的とでも言えばいいのか、そんな分かりやすいドラマで。
 信頼があるとか、
 対立の後、仲直りとか、
 あーこいつ死ぬなとおもったやつは、ちゃんと全員死んだりだとか。
 確かに、こーゆーバカっぽいドラマを意図的に仕掛ける手法もあるだろーが、
 この映画のテーマやストーリーには合っていない。
 悲壮感もリアルティも生まれてないし。
 そんで、
 全体的に早すぎる。
 盛り上がる前に次へ行っちゃうから、どれも印象が薄く、残らないのだ。
 まあ、この速度のおかげで楽しめた部分もあるのだが。

 んで最後に、個人的に気になったところ、
 演出と効果。
 ヤマトが初めて始動するシーンは、もうちょいタメて魅せてくれよ。
 そこが一番好きで、楽しみな場面だったのに。
 戦闘シーンも、おそらくスターウォーズあたりを意識してるのだろうが、古い。
 効果音も酷い。
 70年代のSFかとおもったよ。
 あ、ちょうどスターウォーズだな。
 他にもいろんな映画を参考にしておりましたが、もうちょい分かり難くしてほしかったな。
 主題歌もスティーブン・タイラーって。
 んで、これは偶然だとおもうけど、
 ガミラスの設定も、こないだのガンダムOOの映画と似ているし。

 おもしろいシーンもあった。
 ラストの、敵が攻撃をずっと待ってくれてるシーン。
 もー、笑いを堪えるので大変でしたが、
 どーして、「敵の攻撃まで予測時間云々」ぐらいの説明を入れないのだろうか。
 それだけで緊張感も演出できるし、ダラダラしてても観客は納得できただろう。
 んで、いくら困っているとはいえ、
 キムタクに、
 「古代、考えろー考えろー」とか本当に言わせたらダメw
 ココロの声を喋っちゃダメw 演出と演技で、どーにかせいw

 んでんで、ワープセックス。
 まさかワープ時にこんなものをぶち込んでくるとはおもわなんだ。
 しかも、
 恋愛的な感情が進行してる描写がなく、
 状況的な判断から察するに、
 生命の危機的状況下と、疲弊した精神状態によって性欲が高ぶったうえでのセックスである。
 しかもしかも、そんなたった一回のセックスの後、彼女ヅラする森雪のウザさ。
 最初にも言ったが、森雪は、こんな女じゃねえ。

 んでんでんで、
 第三艦橋を切り離す機構ぐらい、最初から付いてないものなのか。
 ミサイルで撃ったら、救出に向かった船員も危ないだろーに。

 と、
 まーこんな荒唐無稽で、愉快な映画なので、
 よろしかったら観てください。

 あ、一応、TBSの映画なのね。
 これ。

 はい。
[PR]
by y.k-ybf | 2011-01-10 17:46 | 映画 | Comments(0)

その34。『仮面ライダーmovie大戦CORE』


 長いのでタイトルは簡略。
 仮面ライダーオーズの映画を観てきましたよ、初日にw

 最終のレイトショーで観たのだが、
 さすがにお子様は少なくて、大きなお友達がほとんど。
 映画のほうは、
 仮面ライダースカル誕生篇、Wの後日談、オーズ篇と、
 もはや定番化してきた三部構成。

 うーん、まあ、おもしろくないことはない、とゆー印象。
 仮面ライダースカルと変身前の吉川晃司はカッコ良くて好きなんだけど、
 作品としてはイマイチかなあ。
 TVスペシャルみたいで。

 あ、オーズの新コンボ、新登場のバースなんかも出ましたね。
 だけどこれもテレビシリーズででるだろうしなあ。
 うむ。

 それと、予告で来年の春に、40周年記念でまたライダー大集合な映画をやるよーですよ。
 まだまだおわらないよーだな、仮面ライダー。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-12-19 22:18 | 映画 | Comments(0)

その33。 『SP 野望篇』


映画「SP 野望篇」オフィシャル・ビジュアル・ブック

角川メディアハウス(角川グループパブリッシング)



 ざっとテレビシリーズを観ていた程度でありますが、友人に誘われて行ってきました。
 そしたらこれが、かなり良い出来で、おもしろかったですよ。

 おもっきり話が途中で終わるけど、それで丁度いいぐらいの密度の濃い映画でありました。
 内容とゆーより、主にアクションだけども。

 とにかく、主演の岡田くんが凄まじかった。
 まだ動くか、まだ走るかとゆーぐらい、動くわ走るわ。
 CGも、えげつないほど使われておるのだけれど、
 生身のアクションがすごいので、気にならないほどだ。

 コレで来年の完結編?が同様のレベルなら、もっと評価されるべきでしょうね。

 フジテレビも『踊る』になんか力を入れないで、
 こっちをもっとサポートしてあげればいいのに。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-11-10 20:19 | 映画 | Comments(0)

その32。『カイジ 人生逆転ゲーム』

カイジ 人生逆転ゲーム 豪華版 (限定生産) [DVD]

バップ



 おう、わいや。
 ここんとこ、まともに映画を観れていない。
 理由はいろいろとあるのだが、
 まあ、たぶん、もしかすると、『デッドライジング2』のせい。
 只今、十周目を終えてS~Fまでやっとエンディングをコンプリート。
 今度はゾンビ70000オーバー斬りに挑戦や。
 戦いはまだまだ続くぜ。
 寝不足で頭痛が痛い。

 そんなわけで、金曜ロードショーの『カイジ』などを観て誤魔化す。
 このクソ映画、
 もといダイジェストドラマ、異様に展開が速い。
 あっとゆー間にカードジャンケンが始まってるし、その制限時間が三十分!
 テレビ放送用にかなりカットされてるそーだが、それにしても早すぎる。
 心理描写とか、ここまで省いて作品として成立するのだろーか。
 ま、そんなこんなで最後まで観たわけだが、
 原作のイメージとは真逆の、丸顔でソフトな顔立ちの藤原竜也も、
 なんとなくカイジにおもえてくるから、不思議。
 独特のセリフ廻しが効いてるよーだ。
 アニメの時にもおもったものだが、
 このマンガのセリフ、声にすると違和感だらけ。
 要するに、普通の口語ではないのだ。
 声に出してはいけない日本語。
 しかし、そんなセリフ廻しが世界観を作っておるわけで、
 かけ離れていたイメージを僅かながらも近付けたのだから、こーするしかないんだろな。

 続編をつくる意味は分からないけど。


デッドライジング 2【CEROレーティング「Z」】

カプコン


[PR]
by y.k-ybf | 2010-11-03 14:00 | 映画 | Comments(0)

その31。『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』


 油断した。
 とゆーか、すっかり忘れていた。
 『ガンダムOO』とは、こんな作品であったと、思い起こされた映画でありました。

 テレビシリーズから見事に繋がった続編であり、
 二つのシリーズを締めくくる結末であった、と。

 んでだ。
 ガンダム史上、最大のタブー破りをしておりまして、
 それは異種間の接触なんだけども。
 どんなことになるやろと思いつつ、
 しかし、あのラストは、ある意味『逆襲のシャア』のオマージュではないかと。
 最初に、なんかアクシズみたいのが出てくるし。

 分かり難いと云えば、全体的に分かり難いんだけども、
 これ以上の説明を入れるとクドくなるんかな。
 いまの若い子らは、これで理解できるのかな? すごいなあ。
 戦闘シーンも速すぎて、ほとんどついていけなかったよ。

 で、まあ、よくまとめたなと、おもいます。
 まだ一度しか観ていないので断言もできませんが、よく着地できたなと。
 理解できるまで一晩掛かったけど。

 んで。
 個人的なことなんだけど、予習しなかったのと寝不足がいけなかった…。
 途中で、完全に思考が止まってたわ。
 それとスクリーンにキズだかゴミが映るよーになって、集中力も欠いてしまった。
 ボーっとした頭には、このスピードと内容は、厳しかったです。
 反省しております。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-09-29 23:06 | 映画 | Comments(0)

その30。『SPIRIT(スピリット)』

SPIRIT(スピリット) 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ




 ジェット・リーの、
 つーかリー・リンチェイのかなり真っ当な、カンフー映画。

 だが違う。違うんだなあ。

 ストーリーは、いまだと、これでいいの? と、感じるぐらい、
 オーソドックスなカンフー物で、
 それもそのはず実在の拳法家の自伝が基になっている、そーです。
 まるで少年漫画の参考書みたいな内容だ。
 それはいい。
 アクションも、さすがジェット・リー、
 切れがあって素晴らしいし、何故かラスボスで出てくる中村獅童も、悪いわけでもない。
 だが、と。
 自分の記憶にあるカンフー映画とは、別物におもえてしまう。

 だから、どーだとゆーわけでもないのだが、
 熱くなるものとゆーか、引っかかってくるものが、少ない。
 たぶん、これが洗練ってものなのだろうが。
 出来映えでゆーなら、今の映画の圧勝である。
 シナリオやら展開やら、舞台やら。
 ただアクションと演技に関しては、上手い下手とはべつの話だけど、
 昔に観たカンフー映画の方が、迫力はあった気がする、なあ。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-09-28 17:59 | 映画 | Comments(0)

その29。『バイオハザード ディジェネレーション』

バイオハザード ディジェネレーション コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント




 これは映画なのかと、考える。
 そもそも映画とわと、考える。

 全編CG。
 それもピクサーとかあんなものでもなくて、ゲームのムービーレベルのクオリティ。
 (作品の雰囲気に合わせて、おそらく、意図的にレベルを抑えたのだろー。)
 要するに、
 前回、例に挙げた「バイオのムービーを繋げた」よーなもので、
 本当に映画を一本、作っちゃったのだ。
 しかも困ったことに、これがまーまーおもしろい。

 元々、ゲームの『バイオハザード』が好きで、
 そのムービーにも慣れているので、偏った印象ではあるが。

 ストーリーは『2』の続編みたいなもので、
 たぶん『ベロニカ』と『4』の後、辺りかな。
 懐かしい映像も、ちょろっとでてくる。

 んが、やはりこーして説明してしまうと、ゲームの副産物であるのは否めない。
 そして最初の疑問が浮かんでくる。

 これは映画なのかと。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-09-28 17:55 | 映画 | Comments(0)

その28。『デイ・オブ・ザ・デッド』

デイ・オブ・ザ・デッド DTSスペシャル・エディション [DVD]

Happinet(SB)(D)




 ロメロの『死霊のえじき』のリメイク。
 ってことはゾンビ映画なんだけど。
 何故か、ゲームの『バイオハザード』みたいな映画に仕上がっている。

 ゲームをやったことがあるヒトならわかるとおもうが、
 ゾンビ映画と『バイオハザード』は、
 同じ題材ながら、まったく感触の違うものに仕上がっている。
 映画らしいゲームは、どこまでいってもゲームであることに変わりはないし、
 逆もまた然り。
 『バイオハザード』は映画化もされているけど、当然のよーに、別物だ。

 なのに、ほとんど関係ないこの映画が、
 ゲームの『バイオハザード』っぽく仕上がっている不思議。

 武器やアイテムを集めたり、移動したり、仲間を助けたり、
 怪しい研究室にたどりついたりと、
 そーゆーことではない。
 すでにバイオっぽいが、そこではない。
 なんつーか、全体的に映画風な作りなのだ。
 合理性とゆーか。ゲームのムービーを繋ぎ合わせたよーな。
 
 例えば、似てるのは松本人志の『大日本人』、かな。


 まあ、でも主演の女優さんはカワイかったし、おもしろかったですよ。
 エー。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-09-14 20:35 | 映画 | Comments(0)

その27。『仮面ライダーW forever A to Z/運命のガイアメモリ』


 仮面ライダーの夏の映画。
 テレビシリーズがまだ放送中なのと、
 映画の情報量が半端なく、まるでまとまらないので簡単な感想だけにしておくが、
 これはおもしろかった。
 じつによくできている。

 敵役をしっかりと描けば、
 ドラマが自然と生まれ、作品に加味されることを分かって作られている。
 基本的ことではあるんだけど。
 そして、ガイアメモリとゆーアイテムの巧妙さ。
 通常、このメモリを使用すると特別な能力を得られるが、副作用的に人体へ悪影響をも及ぼす。
 それが作中、ドーパントと呼ばれる怪人となる。
 そしてメモリの能力だけを抽出できるのが、
 ドライバーとゆー、いわば変身ベルトで、
 主人公はさらに特殊なWドライバーを用いて、仮面ライダーに変身するとゆーわけだ。
 要するに、仮面ライダーも怪人も、元は同じガイアメモリであって。
 「脳改造を免れた怪人『仮面ライダー1号』」
 とゆー、伝統的な設定をアレンジして活用しているのは、あながち偶然でもない気がする。

 今回の映画は、そんな作品の象徴でもあるガイアメモリを存分に盛り込んだ、
 テレビシリーズを観ているとより楽しめるものになっております。

 つづく、かな?
[PR]
by y.k-ybf | 2010-08-31 00:50 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧