カテゴリ:ゲイム( 25 )

久しぶりに、ゲームの話。


 上げたか上げてないのか、
 忘れるぐらいの記事があったので、上げておきます。

 しばらく前のものになるけど。


L.A.ノワール (初回生産特典:「The Naked City」ダウンロードコード同梱)【CEROレーティング「Z」】

テイクツー・インタラクティブ・ジャパン



 ネ申ゲーとゆー表現はアホみたいなので使いたくもないのだが、
 『L.A.ノワール』だけは、まさに神が創造されたゲームと言わざるを得ない。

 舞台となる1947年、ロサンゼルスの街並みの再現が、まず素晴らしい。
 このゲームはオープンワールドとゆーか、箱庭系かな。
 空間は限られているけど作り込みがハンパなく、
 それは細かい文字でマニュアルを埋め尽くす制作スタッフやらなんやらの数からも伺える。

 車でドライブしているだけでも観光気分になって、ついあちこち走ってしまう。
 街の広大さ、建造物の高さを、見事に表現している。
 実在の観光スポットもあれば、空港もあるし、飛行機も飛んでるし、映画のセットもある。
 病院の病室には患者が寝ており、酒場の奥は隠し部屋の賭場になってるし、
 ホームレス村なんてのもある。
 ストーリーとは、ほぼ関係のない駅にはホームが10以上あるし、
 路面電車もバスも、定期的に走っている。

 まさに箱庭、ジオラマ的だが、
 その世界に浸るのがじつに愉しい。そんなゲームなのだ、これわ。


ガンダム無双3

バンダイナムコゲームス



 んで、いまやってんのはコレ。
 こちらはこちらで、グラフィックが素晴らしくて、
 ちゃんと無双してて、おもしろいですよ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-05-23 23:53 | ゲイム | Comments(0)

『北斗無双』 箱丸で。


北斗無双

コーエー



 そろそろ区切りもついたので、ゲームの『北斗無双』について。

 世間的に評価は賛否に分かれておるそーです。
 よくしらんけど。
 確かにゲームとしてイマイチなのは否めない。
 ストレスも溜まる。無双らしさがない等々、
 不満点は最初のステージですぐにわかるので、省略。
 個人的に気になるところだけを挙げてみると、
 全体的に中途半端なんだわ、コレ。

 まず、使えるキャラが少ない。
 ユダとかジュウザとかフドウとか、キャラは出てくるのに使えないとはどーゆーことかと。
 しかも南斗の五車星、揃ってないし。
 えーと、あの、ほら、ラオウにグーで殴られただけで死んだ火のやつとか。

 原作モードも数の割にはおおざっぱとゆーか、もっとディテールを詰めてほしかった。
 でっかいババアはちゃんと出てくるけども。
 それと、
 オリジナルのストーリーをやるなら、原作のif分岐にしてほしかった。

 あと、声と音楽。
 声優が代わっても、結局これはこれでって慣れちゃうほうなんだけど、
 ラオウだけは未だに違和感が抜けない。
 悪くはないんだけど、碇ゲンドウの声は違うとおもう。
 音楽にも云えるのだが、
 アニメ原作を使えとは言わないが、もちっとイメージに近いものにしてほしかった。
 「愛をとりもどせ!」が一部で流れるんだけど、
 やっぱり盛り上がるんだよね、そこわ。

 と、気がつけば悪いトコばかり挙げてしまいましたが、
 結構、楽しんでやっておりますよ。
 キャラゲーも無双も好きだから。

 是非、続編を作っていただき、ファルコやカイオウで遊びたいものである。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-05-07 01:06 | ゲイム | Comments(0)

ガンダム無双2、終わりました。


 Xbox360、ガンダム無双2の実績を、やっと全解除できた。

 長かった…。
 長く、苦しい戦いであった。

 去年、12月中旬の発売日に買ってから、4月の中旬まで。
 約四ヶ月間。
 年末進行、正月、春の彼岸と、
 様々な困難を向かえつつ、
 雨の日も風の日も、
 時には睡魔に抗い、空腹に堪え、
 独り、戦い抜いてきた。
 何度、挫けそうになったか。
 いくつもの、刻の涙を流したことか。
 今なら言える。
 生き延びることができた、と。

 内容的には、
 メインキャラのストーリーモードと、サブキャラを含めたミッションモードの二つだけで、
 案外、ストーリーモードは楽に全クリアーできた。
 こりゃ簡単に終わるかなと、油断したのが甘かった。
 ミッションモード。
 要は、小シナリオモードなのだが、
 これ、一つ解けば一つが増える倍々仕様で、
 ミッションは増えるわ、キャラは追加されるわで、なかなか途方に暮れました。
 しかも、隠れた機体を出さないといけないし、
 出したら出したでパーツをゲットしないといけないし、
 そのパーツは一体ごとに、五つか三つの部位に分かれており、
 それぞれにレベルがあって、当然、高レベルのものを集めなくてはならない。
 さらにその機体に乗るためにはライセンスが必要で、そのためにまたミッションを解かなくてはならない。
 んで、キャラクターにもレベル(MAX50)があり、
 ガンダムではお約束のニュータイプ、強化人間なんてイベントもあり、
 さらにさらに、スキルとゆー付属できる特殊能力もけっこうな数が用意されているので、
 ぜんぶ揃えなくてはなりません。
 しかも、これは共通ではなく、キャラごとに集めなくてはなりません。
 皆さん、理解できましたか?
 話にはついてきていますか?
 まだ続きますよ?
 わたくしも、もーええやろとおもいだした3月に、
 キャラが新たに追加されたときには、自嘲気味に笑ってしまいましたから。
 で、
 ミッションモードの中には、ちょっとしたストーリーがあるものもあり、
 ご丁寧に、それはしっかりキャラごとにあるんですね。
 だから、全キャラ分、解かないといけないの。
 そんで、そのキャラ限定ミッションってのもストーリー以外にいくつかあって、
 結局、最後はその取りこぼしをクリアーするのに時間が掛かってしまいました。
 難しかったり、条件が厳しかったり、
 そもそも誰のどのミッションかわからなかったり、そんな仕様も知らなかったり。
 あ、あとね、
 キャラ同士には友好度ってのがあって、
 これが高かったり低かったりすることによって、ミッションがまた増えたりするんだけど、
 ぜんぶで60人いるのかな?
 80人だっけ?
 なんか記憶が曖昧なんだけど、
 これって使用できないイベントオンリーのキャラとか、艦長オンリーとかあって、厄介。
 実績の一つには、
 全キャラとの友好度がMAXとか、なめとんのかワレ、みたいなものもあるので大変でしたよ。
 わたくしが。
 そんでミニイベントで、超難易度のクイズがあったり、
 新しいミッションがダウンロードされたりと、
 どーですか、この険しい道のり。
 しかし、それでもガンダムを愛する気持ちは変わりません。
 箱丸も大好きです。
 懲りずに、追加コンテンツを待っている自分がちょっと不思議におもえますが、
 今度はアレックスやフルバーニアンも使えたらいいなあ。
 あと陸戦型とかエクシアとかユニ(以下、略



ガンダム無双2

バンダイ


[PR]
by y.k-ybf | 2009-04-18 20:45 | ゲイム | Comments(0)

ビルダー、引退。追補。


 わざわざ書き直すほどでもないのでありますが、他に書くこともないので。

 ガンダム・カードビルダー。略してGCB。
 この度、連邦軍からのプチ引退が決まりました。

 GCBはネットでの全国対戦と、CPU相手の一人用があるのですが、
 わたくしはヘタレなゲーマーなので、
 相手が強くて、負けたら階級ポイントがマイナスになる全国対戦はほとんどやらずに、
 一人用ばかりやっております。
 しかしこの一人用プレイ、ステージごとに特殊部隊ってのが出てきます。
 ほとんどが原作再現デッキで、
 自分が連邦なら、相手はシャアだったりランバ・ラルだったり。
 ジオンなら、第13独立部隊やら08小隊が相手になります。
 ほぼ原作通りのキャラ、機体、装備で出てくれるのが嬉しいところでありますが、
 ハッキリ言ってかなりコストオーバーしてくれるので、なかなか強敵だったりします。
 サイド6なんてリックドムだらけだし、
 キマイラ隊もゲルググ固めの凶悪なものでした。
 そんな特殊部隊に勝つと星が貰えます。
 ☆。
 わたくしはこの☆を集めておりまして、それがやっと全部揃ったのです。
 おそらく。
 一年戦争編、デラーズ紛争編と合わせて計60個。60部隊。
 確認が難しいので断定はできませんが、おそらくこれで全部。
 これがまた、長く苦しい戦いでありました。

 特殊部隊が出るのは完全にランダムで、
 出るときは一発だけど、出ないときはホントに出ない。
 いくらやっても出ない。
 かなりの苦行でありましたが、今回、めでたく☆が揃いましたので、
 連邦を一時的にお休み、プチ引退となった次第であります。
 戦士にも休息が必要なのであります。

 で、現在はジオン側でプレイしておるわけでありますが、これが似て非なるもの。
 まず、ビーム兵器を使える機体が限られる。

 原作をご存知の方には説明の必要もありませんが、
 ジオンは連邦に比べてモビルスーツの開発こそ先行しますが、
 ビーム兵器の分野では遅れをとってしまいます。
 その辺、きっちりゲームに反映されているので、
 中心はゲルググ系の機体になります。
 ドム系でも装備は可能ですが、出力の関係で弾数が減ってしまいます。

 ならばゲルググ使ってりゃええやないかとおもわれるでしょうが、
 これがまたコストが割高だし、内装武器がない。
 基本、宇宙用なので使い回しが悪いと、かなりガンダムと差をつけられてしまうのです。
 しかしそれでも、
 終戦後に造られたゲルググMのおかげで、かなり緩和されましたが、
 武器そのものにも問題があります。
 ビーム兵器開発が遅れたと云いましたが、
 それは機体だけではなく武器のバリエーションにも影響を及ぼしております。
 とにかく、ビーム兵器の種類が少ないのです。
 つまりは根本的に、機体設計全体が一歩負けておるのです。連邦に。

 ビーム兵器が何故、重要なのかとゆーと、盾、シールドの存在があるからです。
 相手がシールドを持っていた場合、
 実弾兵器ではシールドのみへのダメージになりますが、
 ビーム兵器だと、シールドと機体にダメージを与えることができます。
 不思議ですね。
 また内装武器についてですが、
 これも有ると無いとでは、武器の装備から戦術まで変わってしまいます。

 まー、細かいトコロではあるし、差違として楽しめるからよいのですが。

 で、そーしてみるとわかるのが、連邦量産機ジムのポテンシャルの高さ。
 性能は良くないけど、
 コストが半分程度でビーム兵器が使えて、
 内装武器(頭部バルカン)があり、ビームサーベルも使える。
 武器のビームスプレーガンの使い勝手も良いし、両手が空く小型シールドもある。
 まさに連邦のモビルスーツは化け物かと、素で言えます。
 ジムは、メインにするのは厳しいところだけど、
 サポートとしてはかなり優秀な機体であります。
 ジオンも負けるわけであります。

 ジオンはどちらかとゆーと、個性的なものが目立ちます。
 ここからは、フォローであります。
 キャラも、機体も武器も、独特でおもしろい。
 こーいった両軍の違い、特色を楽しめるのが、GCBならではだとおもいます。

 えーと。

 何の話をしていたのか、忘れてしまいましたので、おしまい。

 ふー。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-12-03 22:47 | ゲイム | Comments(0)

カードビルダー再考。

 ゲーセンにて絶賛(-_-稼動中の、『ガンダム・カードビルダー』。
 わたくしも、いまだにカードケース抱えて出撃中でございます。

 で、来年で3年目かな?
 そんなカードビルダーが、今、難しい時期に差し掛かっております。

 どー難しいのか説明するのはタイヘン面倒なので、
 簡単にゆーと、Zガンダムにするの? しないの?
 と、ゆー状況なのです。
 そんな煮え切らない優柔不断なラブコメ主人公チックなカードビルダーについて、
 今回はつらつらと不満、だけを、並べてみたいとおもいます。
 いきなり。

 ガンダムに興味がない方には、
 サッパリ分からない話がこれから続くので、お気をつけください。

 でわまず、ずっと疑問なのがカードの配分。
 カードビルダーは大きく分けて、0079と0083に分かれます。
 要は一年戦争編とデラーズ紛争編になるわけですが、
 そこで新カードの追加。
 いわゆる節目となるバージョンアップが、
 一年戦争編では一回、デラーズ紛争編では切り替え時を入れて三回ありました。
 回数だけでみると問題はないようだが、
 酷かったのは追加のタイミングで、期間が短かったり長かったり。
 スポーツ系のゲームとは違い、シーズンがないから難しいところではあるが、
 一年戦争編での追加分は、
 プレイヤーに多くのトラウマを残すほどの、愚かな行為であった。

 その追加分は「ポケットの中の戦争」を中心とした、外伝作品からのカード化で、
 とにかく、その排出された期間が短かった。
 カードが追加されると、併せてガイドブックが出るのだが、
 「ポケット」分のガイドブックには、
 すでに次回の追加分である「デラーズ紛争」の予告として新カードが掲載されていた。
 つまり新番組を紹介しながら、次の新番組を紹介してるわけで、
 情報としては嬉しいが、早すぎるだろう、と。
 こっちは憤慨するやら、慌てて出撃するやらで。
 しかも、この「ポケット」分の新カードの排出率がまた低く、
 ストレスの火に油を注ぐ一因にもなった。
 カードは、あくまで「追加」されるもので、
 その時点で排出停止になるものもあれば、継続して排出される前回分のカードもある。
 つまりつまり、やれば新カードが出るわけではないのだ。
 そしてその出る確率が低かったと、言いたいわけで。
 確か、三回やって一枚出ればいいほうで。
 さらにカードには低いほうからコモン、アンコモン、レアとランクがあって、
 ランクが高ければ当然、出ない。
 んなわけで、新カードのレアなんて、出るわきゃないのだ。ちきしょうが。
 それがカード市場にどんな影響を与えるかとゆーと、値段の高騰である。
 トレーディング物に限らず、
 カード系はすべてコレクション属性下にあるのは世界の理であり、
 カードビルダーもまた例外にあらず、カードショップに陳列される運命なのだ。
 結果、排出期間が短く、数が出回らず、しかも人気のカードらは、
 一時期、平気で万を越えたりしていた。
 500円で二枚貰えるカードが。
 まあ、500円でも高いんだけども。
 おかげで「ポケット」のカードはランク関係なしにどれも高値が付き、
 存在自体がレア扱いで、未だに探しまわされたりと、
 プレイヤーの悩みの種、トラウマ化しておるわけだ。
 そーした状況への対策も取られていないし、
 新カードの排出率の悪さもほとんど変わりがなく、問題は放置されている。
 クロニクルの話は、また後だ。

 次に、カードの話。
 かなり重箱の隅を突っつくことになるが、
 どーしていきなりフルアーマー・ガンダムなど出したのだろうか。
 G3ガンダムも、シャア専用リックドムも。
 これは明らかにカード配分のミスである。
 作り手に確かなイメージがないから、こんなことになるのだ。
 最初はファースト・ガンダム、08小隊だけでもいい。
 まだカード化されてないものもあるのだから、数量の問題でもない。
 MSVは次でも、その次でも構わなかったのだ。
 外伝でもない設定だけのカテゴリーなんだし。
 そしてこれは不満とゆーより、ただの希望なのだが。
 ここまで出しておいて、「ギレンの野望」に関連する機体がないのは寂しい。
 とゆーか、もはや不自然である。
 使えるか使えないかはさておき、
 「ギャン量産化計画」などは目玉にしてもいいぐらいの企画なのに。

 じつは一体だけ、「ギレンの野望」出展の機体は出ている。
 確か。ビルダー稼働開始時に排出されたカードだが、
 要するに、権利関係の理由ではない、と、ゆーことなのか。
 ウェポンカードで云えば、ZZのものも出ているし。
 正直、ガンダム好きとしては、考えられへんバランスである。

 そもそもこのゲームの売りは、
 自分好みの機体、パイロット、武装で部隊を編成して遊べるとゆー、
 大人のガンダムごっこだと想定している偏見なのだが。
 なおのこと世界観の再現が重要であり、
 あれが無いとか、なにが違うとか、ツッコまれるのは当たり前で、
 想定内の要望だとおもう。

 だんだん言ってることがイタくなってきたので、これで最後にする。

 ゲームのシステムについて。
 最初のカードビルダーは、まだ通信対戦がなく、一人用と店内対戦のみであった。
 つまり鉄拳やストⅡらの対戦格闘ゲームと同じである。
 てことは、カードビルダーは対戦推奨ゲームなのかって話になるのだが。
 確かに対戦はおもろいし、望まれたシステムではあるけれど、
 現状としてマンネリ化していることは否めない。
 理由は幾つかあるけど、
 カードの能力バランスが偏って、皆同種類のデッキばかり組むようになった、
 ってのが、一番大きいかもしれない。
 デンドロビウムとかガーベラテトラとか、ハムロとか。
 しかし個人的には、対戦で負けたときの経験値マイナスとゆーリスクが、
 遠因になっているとおもう。
 そしてこれが今、無駄に対戦の敷居を上げているのではなかろうかと。

 経験値がマイナスになると、いわゆるレベルが下がって降格になる。
 一人用のプレーで取り戻したくても、貰える経験値は微量に過ぎない。
 なぜ、負けてレベルまで落とされるのか。
 これに関して、いろいろと意見を聞いたこともあるが、どれもいまいち釈然としなかった。
 結局、対戦におけるモラルとマナーの話になってしまうからだ。
 そもそも、全体的な意味でのゲームシステムに飽きたとゆー声も少なくない。

 と、なると。

 やはりここらで求められるのは、強力なテコ入れになるだろう。
 対戦のリスクを少なくすることで、重点を勝敗ではなく対戦内容に傾けられる。
 より自由度の増した編成を組めるようになる。

 そして、一部からは常々切望されている、一人用モードの充実。
 シナリオを導入してもらいたい。
 キャラクター物のゲームとして、このシナリオモードがないのは珍しいのだが、
 ビルダーには更にエンディングやスタッフロールすらない。
 少なくとも見ていないし、終戦日はまたべつだ。
 対戦に特化したゲームとゆーならば、まさにそのままだろうが、
 さすがに寂しい気もする。
 その改善にも、シナリオはちょうどよい気がする。
 更に要望としては、育成などあったら喜ばれるのではないだろうか。
 オリジナルのキャラクターで部隊を登録し、育ててゆく。
 好きなパラメーターを上げたり、機体適性を付けたりと。

 んで、言い忘れていたことがあった。
 あのバカでかいセンターモニターをどーにかしてくれ。それが先だわ。

 ビルダーには二面のセンターモニターと、八つのサテライトで構成されているのだけど、
 ゲームを始めるために戦場を選ぶのは、そのセンターモニターでしかできない。
 それが、はっきり言って見にくいし、トラックボールの操作は面倒だ。
 サテライトのモニターで十分だろ?
 それに、センターを一枚に減らせば単純にコストも設置スペースも減らすことができる。
 ちょうどええタイミングやないかい。

 と、ゆーな、無責任に言いたいことだけを言ってみました。
 あーすっきりした。

 もう少し、たのしく遊ばせてくださいなと、願いながら、
 悪口ばかり言って、ごめんなさい。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-11-18 21:03 | ゲイム | Comments(0)

洋ゲーのはじまり。


ファイナルファンタジーXII
/ スクウェア・エニックス
ISBN : B0000B3OXY




 これを1月ぐらいまでやっていた。
 なかなか評価が低いこれだが、僕はけっこう楽しめた。
 確かに盛り上がりが少ないし、意識しないと一本道で終わってしまう。
 戦闘システムもネットゲーム的なものを取り入れて、
 全体的にも欲張りすぎで、慣れるまではかなりしんどいが、
 それでも、詰まらなくはないとおもうのだが。



デストロイ オール ヒューマンズ!
/ セガ
ISBN : B000LIPEUC




 で、いまこれを始めた。
 キタか、とゆーぐらい、楽しくはまっている。
 どんなゲームかは、検索していただくとすぐにわかるとおもうのだが、
 公式サイトがあった。

 そんなゲームだ。

 洋ゲーには抵抗があっても、
 こーして噛み砕いてくれると、とても楽しめるものになる。
 のだな。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-03-02 23:20 | ゲイム | Comments(0)

GCBの報告(クロニクルとドアンがやってきた。)


 夏のキャンペーンで応募していた、ククルス・ドアンが当たった。

 
b0048532_20533977.jpg



 袋は緑なんですね。

 早速、開けてみた。

 
b0048532_20544948.jpg



 うん。はい。
 おれ連邦だから使わねえんだけどな。

 送ったのは、8口。
 友人も当たったらしいので、けっこう当選確率は高かったのかも。

 しかしなあ、コレ。
 カードナンバーが、プロモーションカードの1番。
 つまり、ガンダム(2番)やらゲルググキャノン(5番)やらを差し置いてるわけで、
 バンダイの企画力には惚れ惚れさせられる。

 皮肉だが。

 で。
 クロニクルも3箱、届いた。
 面倒なんで説明は省くが、レアは4号機以外、ダブらずに揃った。
 けっこうすごい。

 ただ、種類的に連邦側がかなり良かったのに、
 ジオン側はちょっと可哀想かな、と。

 なんか、ザクばっかりだったし。
 アッガイなんか片腕だし。
 (これをプロモーションにすればいいのに。)


 まー、そんなこんなで、
 新カードが追加されても排出率最低なんで、かなり助かりました。
 心情的に。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-10-27 21:05 | ゲイム | Comments(0)

『機動戦士ガンダム ギレンの野望~ジオン独立戦争記~』


 前作がプレステ、前々作がサターン。
 その「ギレンの野望」シリーズの3作目となる、
 『機動戦士ガンダム ギレンの野望~ジオン独立戦争記~』。
 長い。

 この、
 四年以上前に出た、評判もよろしくないゲームを、何故今頃やっとるのかとゆーと。
 タイミング的に、何となく。
 で、あるが。
 しかし、今ゲーセンでやっとる「カードビルダー」のキャラとかメカが、
 わんさか出てくるあたりは、タイムリー。
 ユングやらベアやらを、コスト気にせず使えます。

 さて、肝心のゲームの出来栄えは、
 正直、とても残念な結果でありました。
 とくにプレステ版の前作が良作だっただけに、
 ガッカリ落差は厳しいものでございます。

 改悪とは、このことかと。

 「オリジナル編」とゆー、設定やらをカスタマイズしてプレーできるモードもありますが。
 コレ、
 ウリの一つではありますが、
 やってることに変わりはないし、そーゆー問題でもない。

 おそらく、シミュレーションゲームとしてステップアップさせて、
 区切りのよい世界観として一年戦争の限定を選んだであろうが、
 そのどちらも、ゲームの魅力を削いでしまっている、わけだ。
 だいたい、
 「ガンダム」と「リアル」の相性は、
 あくまでゲームの話だが、あまりよろしくない。
 作品自体はリアル路線でやっとるわけだけども、
 うん、それでも合わないんだね。
 シミュレーションとして練りこんでゆくと、ストレスばかり浮きでてくるし、
 今度プレステ3ででるガンダムのゲームも、
 アクションだけど、
 「リアル」のおかげで、たいへんつーか、いつも通りつーか。ええ。
 (ジムが、
  足下のマゼラアタックに攻撃を仕掛けても、死角になってるから、
  マシンガン撃っても、サーベル撃っても当たらない。
  動きがブリキのおもちゃ並。)

 また、時代を限定してしまうために、
 前作までにあった、
 新旧キャラとメカが混然とした世界の、「if」な広がりと深みが一切消されて、
 退屈なモノになってしまった。
 カミーユやらハマーンとかもでるけど、そーゆー問題でもない。(2回目。)

 で、やはり。
 ガンダムに限らず、キャラクターのゲームに求められるのは、
 「ゲームとしての世界」では、なかろうか。
 よく、「忠実に再現」なんて言葉を聞くが、
 それはそれとして、
 いかに崩れるか、いじれるかが、ゲームの醍醐味であって。
 リアルであることも、アニメそのまんまであることも大事だが、
 「ゲーム」であることを、もちっと優先してほしいなあと、
 おもったりいたします。


機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記
/ バンダイ
ISBN : B000063X22
[PR]
by y.k-ybf | 2006-10-20 22:59 | ゲイム | Comments(0)

GCBの報告


「機動戦士ガンダム0079 カードビルダー」
 まだやってます。

 相も変わらず存じ上げない方は置き去りにして話を進めますが、
 やっと念願っつーか悲願の新規カードが追加になりました。

 27日が予定日でしたので、
 朝一で出向きましたら「まだ未定」とか言われまして、
 夜の8時半ぐらいに出直して行きました。
 再出撃ですね。
 すると6台ある筐体が全部埋まっておりまして、
 仕方ないねと3時間ほど暇を潰して戻ってきましたら、まだやっておりました。
 同じヒトらが。わあぁ。
 気持ちは分かるけどなあとおもいつつ、大人の判断でその日は退却。
 本日、やっとプレイできました。
 モチロン、朝一です。

 とりあえず、戦果はカード18枚。
 んで、新規カードは4枚。6枚に1枚の確率ですね。
 連邦カードは、
 メカが「ドラゴンフライ」、キャラが「スチュアート」。
 ジオンが「ザクⅡ後期型」。
 カスタムが「貫通弾」。

 こんなかでおもしろいのは「ドラゴンフライ」で、
 母艦に登録可能な、脱出艇なんですね。
 や、使わないけど。
 あと「スチュアート」は能力イマイチだけど、コストが55ってのが良かった。
 ちょうど無いトコロだったので。

 で、肝心のゲームのほうはデスね、
 「フルアーマー・アレックス」が、鬼神のような強さでした。
 アーマーは堅いわ、シールドは持つわ、機動はそこそこだわで、
 あれは手強いのではないでしょうか。
 逆にジオン側のメダマだった「ケンプファー」は、予想通り、装甲がペラペラでした。
 でも気持ち悪いぐらいスルスル動くし、
 武器の「チェーンマイン」と「ショットガン」がなかなか使えそうでした。
 武器破壊とかに。

 えーと。
 「キシリア」の新しい能力は「援護射撃」だとおもいます。
 ちょっとえぐいぐらい撃ってきました。

 あと、全滅して再出撃待ちになると、
 カウントが省略されてすぐに出られるようになってますね。

 まあ、だいたい、こんな感じです。

 おもろかったですよ。

b0048532_2383573.jpg

[PR]
by y.k-ybf | 2006-09-29 23:11 | ゲイム | Comments(0)

機動戦士ガンダム0079 カードビルダー


 三十過ぎて、
 ゲイムセンターへ通うことになろうとは、おもいもしませんでした。

 そんな魔のゲイムの名は、『機動戦士ガンダム0079 カードビルダー』。

 詳しくない方にはさっぱりかもしれませんが、
 日々、流行の移り変わりが激しいゲーセンにおいて、
 新たなジャンルとして確立しているものの一つに、カードゲイムってのがありまして。
 まあ、
 正式な呼び方は知らないんですが、要は、カードを使ってやるゲイム、デス。
 大雑把にゆーと、カードダスか、ムシキングの大袈裟なやつ。
 サッカーやら三国志やらのカードなら、一度は目にしておられるかもしれませんね。
 キサマでも。
 そんな、ガンダム版のゲイムでございます。

 スターターパック買って、ゲイムやって、
 カードが一枚出て、そんでまた遊ぶとゆー、無限地獄。
 正直、
 ゲイムとしてそんなにおもろいのかってーと、、、
 言葉に詰まりますが、カードを組み合わせてデッキをつくるのが楽しいですね。一番。
 デッキって言い方じゃないらしいけど。

 「機体」をカスタマイズして、
 自分なりの部隊をつくって、ゲイムをプレイするってのが、楽しいんでしょうね?

 そーゆーのとは関係無しに、わたくしの場合、「カード好き」ってのも加わるんですが。

 なんだかさっぱりゲイムの魅力に迫れないカキコミになってしまいましたが、
 楽しみ方はそれぞれなんですよ?
 勝ちにこだわるのも良いし、ユカイな部隊をつくるのも良いし。

 わたくしはジム部隊とか、ガンタンク部隊とかつくっとりますが。

 おしまい。


b0048532_22272448.jpg


 秋葉原のトレカ屋をまわりにまわって、
 UCアムロのカードを780エンで手に入れました。

 強いぞ!
[PR]
by y.k-ybf | 2006-05-15 22:28 | ゲイム | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧