カテゴリ:ゲイム( 25 )

『THE 地球防衛軍2』

ガンダム トゥルーオデッセイ ~失われしGの伝説~
/ バンダイ




 これ、とりあえず解いた。
 しかしながら最後まで、スーファミのRPGをやらされてる感覚は無くならなかった。
 クリア後の隠しダンジョンもあるのだが、さすがにやる気も起きなかった。
 決定的にバランスが、悪いのだろう。か。

 ガンダム系のゲームとしては、そんなに悪くないとはおもうのだが・・・。



みんな大好き塊魂
/ ナムコ




 で、ほとんど同時に買ったこれは、遊び倒しました。
 しかししかし、
 最後の「バラ100万本」のステージも160000本あたりで、リタイア。

 無理。

 一日一万本で、100日かあ。
 なんて呑気にやっていたが、無理。

 途中で飽きました。



SIMPLE2000シリーズ Vol.81 THE 地球防衛軍2
/ D3PUBLISHER




 んで、いまコレ。
 『THE 地球防衛軍2』。

 シンプルシリーズですね。

 前作も話題になって、噂は知っていたのですが、
 名前からしての大味感で、敬遠しておりました。

 中身もしっかり大味で、たいへんおもしろいでございます。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-09-28 22:12 | ゲイム | Comments(0)

塊魂の報告。いち。


 只今、バラ、15000本。



 地震、すごいのが来た。
 
[PR]
by y.k-ybf | 2005-07-23 22:58 | ゲイム | Comments(0)

『みんな大好き 塊魂』


 まずは、
 前作『塊魂』のプレイによって左スティックが破損した、コントローラーをご覧ください。

b0048532_15344061.jpg


 ぼっこり、根元に穴が空いてますね。

 さてそんな、ある意味でのキラー・ソフト、『塊魂』の第二弾、
 『みんな大好き 塊魂』。


みんな大好き塊魂
/ ナムコ
ISBN : B0009NUP2G




 発売日はとっくに過ぎてるし、
 しっかり当日、予約まで入れて買ってあったのに、
 取り上げるのが今頃になったのは、
 遊ぶのに忙しかったわけでは、ない。

 とりあえず、イトコ・ハトコは揃えて、
 エンディングの巻き込みにも成功して、
 隠しの隠しステージ、「百万本のバラステージ」に挑戦中。

 只今、バラ、二千本。

 決して、遊ぶのに忙しかったわけではない。


 『みんな大好き 塊魂』は、
 続編と言うより、バージョン2といったほうが適切かもしれない。
 元々、シンプルなシステムは完成されていたし、
 変化は、バリエーションの拡張が主だからだ。

 塊を転がす感触が、前作よりも軽くなったような気がして、
 最初はとまどった。
 音楽のインパクトも、、、
 充分、豪華なメンツなのだが、前のほうがあった、ような気がする。



 それと内容とは関係ないが、
 「王様」の声が、「ペリー」に聞こえるのは、気の所為だろうか。

 いったい、どんなファン層を狙っているのか・・・。



 ゲームとして、とてもゲームらしいゲームで、
 よく出来ちゃっているので、あまり書くこともありません。

 なるべく、前作から遊んでほしいとおもいます。

 終わり。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-07-22 15:57 | ゲイム | Comments(2)

ガンダム トゥルーオデッセイ ~失われしGの伝説~

ガンダム トゥルーオデッセイ ~失われしGの伝説~
/ バンダイ
ISBN : B0009NUP30



 「ガンダム」、「R.P.G.」というと、
 「ナイト・ガンダム」やら「ムシャ・ガンダム」を連想してしまう、
 呪われた世代のオレサマなわけだが。

 大概、
 この手のものはオリジナルに思い入れがある方々には敬遠されるのもので、
 実際これは、「SD」よりも、「ガンダムフォース」寄りでもあるわけで。

 ・・・まあ、何かタイミング良く、
 こーゆーのやりたいなあとおもったので、買ってしまいました。

 で。どんなものかと。

 肝心のMSカスタマイズの部分は楽しい出来映えでありますが、
 R.P.G.の部分が残念でした。
 残念であり、古かった。
 一昔前のFFをやってるような、、、やらされてるような感覚であります。

 まだ序盤だけども。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-07-13 22:32 | ゲイム | Comments(0)

第壱回鉄拳大会、開催。

鉄拳5
/ ナムコ
ISBN : B0007THEUI



 『鉄拳5』がでた。
 ってことで、我が家にて鉄拳大会が開催されることとなった。

 特別にゲーマーってわけでも、
 鉄拳好きってわけでも、対戦格闘ゲーム好きってわけでもないのだが、
 せっかく出たんで。集まってみた。

 暇だというわけだ。

 夜八時、
 各々、マイ・ジョイスティックを持ち寄り、集合。
 とりあえず全キャラ使用できるようにするため、
 デフォルトキャラのエンディングを観ることにする。
 簡単に言えば、
 キャラクターごとにストーリーモードをクリアする、ってことだ。

 で。

 順調にラスボスの「仁八」までたどり着くわけなのだが、
 これがなんだかえらい強くて、
 初っ端から見事に停滞してしまう。

 元々格闘ゲームが得意でもないのだが、かなりのやられっぷりで。

 腕、落ちたなあ。
 とか。
 歳だなあ。
 とか。
 めんどくせえなあ。
 とか。

 いろいろ愚痴りながら、やっとやっとキャラクターが全員揃う。
 明け方六時に。


 しゅーりょー。


 我々は眠い目をこすりながら、解散。
 仕事へ、休息へと、家路につく。

 やり終えた充実感をそれぞれ共有したわけだが、
 たった一つだけ、
 心残りなのが、
 夜を徹して「対戦格闘ゲーム」をやっていたはずなのに、
 一度も対戦をしなかったばかりか、Ⅱコンも接続しなかったと言うことである。


 世界は、またまだ未知に溢れている。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-04-02 21:48 | ゲイム | Comments(0)

『バーンアウト3』と『THE お姉チャンバラ』


バーンアウト3テイクダウン
/ エレクトロニック・アーツ
ISBN : B0002UXDIY




SIMPLE2000シリーズ Vol.61 THE お姉チャンバラ
/ D3PUBLISHER
ISBN : B0002ER69W



 コンティニュー20号において、
 2004年のゲーム・オブ・ザ・イヤーが発表されました。
 『バーンアウト3』がベストゲームで6位、
 『THE お姉チャンバラ』が超クソゲーで3位にランクイン。
 って、訳ではないのだが、
 買いまして。

 発売前から気になってはいたのですが、
 ドラクエがありましたので、先送りということで。
 ええ。

 で。

 とりあえず両方ともちょびちょびやっとるのですが、
 いい具合ですよ。
 どっちも。

 片っ方は、お金をかけてバカをやる、
 片っ方は、お金が無くてもバカをやる、って感じでございましょうか。

 『THE お姉チャンバラ』は若干、操作性に難があって、
 動きが、
 デパートの屋上にあった、ハンドルと車がくっついたエレメカみたいでございます。


 続きます。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-03-08 22:24 | ゲイム | Comments(0)

詩織を真似して髪ピンク。


 でた。
 いや、でる。
 らしい。

ときめもメキリアル・オンライン。

 元々のゲームやってねえんでアレなんだが、
 仮想の高校生活ができるという。

 仮想!!!
 高校!!!!!

 今では記憶さえおぼろげな高校生活の日々。
 あの時よもう一度。
 しかし、
 どうしても『ルサンチマン』を連想してしまうこのオレに、
 そんな生活が送れるというのだろうか。
 なによりあのアニメ絵を、
 オレは名付けて操れるだろうか。
 どうしてキャラクターデザインが車田正美や、水島新司ではないのだ。
 学帽に切れ目を付けて深くかぶれるのだろうか。
 ガクランの下に赤いTシャツは着れるだろうか。
 転校生は必ず白いガクランだろうか。
 生徒会長は日本刀を帯刀しているだろうか。

 オレたちの夢は叶うだろうか。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-02-28 23:14 | ゲイム | Comments(2)

ドラクエ様のぼうけんの書7。


 すいません。
 まだやってました、ドラクエ様。

 と、いうのも、ドラゴン関係のイベントが隠し的にございまして、
 それやんないと真のエンディングとやらが観れないそうでございまして、
 ええ、
 やりましたとも。

 最初に解いたのが、レベル43で、約102時間。
 二つめのエンディングを解いたのが、レベル53で、約139時間。

 ネタバレとか気にしない性格なので書いてしまいますが、
 竜の試練とかいうのも全部ゲット、
 竜神シリーズも揃えまして、主人公もカッコヨクなりました。
 ちょっと感動しました。

 どうも評価がイマイチなような、今作。
 「練金」、「スキル」など、新しい要素も導入されたが、
 それらは他のゲームですでに馴染みのあるものだったし、
 丁寧に作られた立体世界も、
 斬新とよべるほどのものではなかった。
 悪くいえば、
 ドラクエは、ドラクエであった。

 しかし、
 ぐりぐり動く画は、鳥山明の絵そのもので、
 魅力は十二分に発揮され、新たな興奮があった。
 シナリオ、ゲームバランスも流石といえる妙があり、
 縛りがある一方、自由度の配分も過剰なく、残されている。
 革新、
 挑戦、
 冒険、
 実験が、
 いつの間にか「奇」に変わり、
 脱線的な「やりこみ」や無価値な「キャラ造形」にはしり過ぎてしまうゲームが多い中、
 RPGというゲームの枠組みを守り、
 追求するようなおもしろさを失わない本作は、
 やはり、
 ドラクエは、ドラクエであったと、言えるのではないだろうか。


 でも、
 これ、作ったレベルファイブは、やりこみゲームが得意だったりすんだけどね。





 
b0048532_22513761.jpg

[PR]
by y.k-ybf | 2005-01-14 22:53 | ゲイム | Comments(0)

ドラクエ様のぼうけんの書6。


 モーいいーよー。

 プレイ時間100時間越えました。
 との報告をするつもりでしたが、
 それから数時間で、解いてしまいました。

 前作よりは短かったですが、おもったより長かったですね。





 でもまだ続きます。
[PR]
by y.k-ybf | 2004-12-19 22:25 | ゲイム | Comments(0)

ドラクエ様のぼうけんの書5。


 このところ、進み具合がイマイチ。

 問題

 なぜ、進まないのでしょうか?

 ①プレステのコントローラーの握りすぎで、右手人差し指に血マメができたから。
 ②連日のプレイで寝不足が深刻化。30分以上プレイするとそのまま眠ってしまうから。
 ③あやうく救急車を呼びそうなぐらいの、大風邪をひいたから。
 ④夢があるから。
 ⑤その他(      )

 
 
[PR]
by y.k-ybf | 2004-12-10 22:17 | ゲイム | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧