<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

C3 × HOBBY 2005

b0048532_23184626.jpg







 こんばんわ、リチャード・ギアです。
 8月21日、C3 × HOBBY 2005キャラホビへ行ってきました。

 まあ、基本的に展示会みたいなもので、
 並んでるのはホビー系。おもちゃですね。

 こんなのが突っ立ってたり、

b0048532_2326544.jpg


 こんなヒトがウロウロしてたり、

b0048532_232878.jpg


 こんなモノが陳列しております。

b0048532_232825100.jpg


 キャラホビゆーくらいなので、
 かなりキャラ寄りに特化したイベントで、
 中心はガンダム系、というか、角川が牛耳ってるような雰囲気。

 あ、バンダイか。

 今年はこれといった目玉もなく、
 買い物もろくにしなかったので、特に書くこともないですが。

 映画版のサイクロンがあったので、撮ってきました。

b0048532_23324250.jpg


 かっこいいですね。

 さて、ガンダム・シードも終わってしまう来年も、
 このイベントはやるのでしょうか。

 お客さんの入りも、正直微妙なものでした、が。


 以上。おしまい。
























b0048532_23322581.jpg



 帰りに見掛けた、
 「ポイ捨て、禁次郎」がかるくヒットしたので、撮影。

 ステキ。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-08-29 23:51 | 記述 | Comments(0)

トノチョ' 『チカビト奪取』


 もう先月になるが、
 トノチョ'の公演、『チカビト奪取』を観て参りました。

 前身のトノチョから数えて、3度目の観覧になります。

 トノチョ'(ダッシュ)に変わって、
 何が違ったかといいますと、、、
 三度しか観ていないのでえらそうなことも言えませんが、
 役者さんが増えたなあ、と。



 地上と地下の話。
 それぞれに住む人々の交流と衝突、と聞くと、
 「先入観やらが生む誤解やらの差別やらなんとか」あたりが容易に想像できますが、
 正直、
 途中までそんな話かなあとおもいながら観ていたら、
 ラスト近くの展開で、がらっと変わって、驚いた。

 人々は、何故、差別を生むのか、から、
 人々は、何故、差別を必要とするのか、へ、踏み込んだようにおもえた。

 そのあと、もうちっと何かあってもいいかなあとも感じたが、
 いい具合の捻りかたで、愉しめました。


 で、
 関係ない話だが、役者さんのほとんどが自分よりも年下だってのが、
 けっこうショックであった。

 あれがなあ。

 むー。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-08-23 22:38 | 記述 | Comments(0)

大きな地震がくるよ、ピッピ。


 先日、大きな地震がありましたね。
 うちのほうもけっこう揺れました。

 当たり前ですが、
 生まれたときから何度も地震は経験しておるので、
 やばい地震と、そーでもない地震の区別は、だいたい付くようになりました。

 今回のは、長くてやばかったです。
 えらそうに言うほどのことでもないですが。

 さて。
 地震被害に遭われた方には不謹慎で申し訳ないのですが、
 すみません。

 仙台の室内プールの天井が、地震によってぜんぶ崩れ落ちたと、
 ニュースでも大きく扱われておりました。

 ニュースステーション、、、
 ではなく、報道ステーションでも当然そのニュースは取り上げられていました。

 で。
 レポーターの方が、
 「背泳ぎで泳いでいた男性が、落下してきた天井板で顔面を強打し・・・」
 と言っておりまして、耳を奪われました。


 背泳ぎでプールを泳いでいたら、
 地震が起きて、天井が崩れ落ちてきて、顔面を強打したそうです。


 あんまりおもしろくなくてすみません。
 わたくしは、ひとり、大ウケしてしまいました。


 盆休みだかなんだかで、
 オープンしたばかりのプールへ遊びに行って、
 たまたま背泳ぎで泳いでいたら、
 たまたま震度6の地震が起きて、
 天井がぜんぶ崩れ落ちて、顔面を強打する。

 その確率は、何事かと。

 まあ、気を付けられるものでもないがな。



 以上です。
 お疲れさまです。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-08-18 23:48 | 記述 | Comments(0)

『まんが日本昔ばなし』、復活。


 『まんが日本昔ばなし』が復活するそうです。

 一応、リマスターらしいが、基本は再放送。
 例の、
 あの歌や、あの声のまま。

 あの間やリズムも、そのまんまであろうか。


 偶然でもなんでもない個人的な話になるが、
 もっとも影響を受けたものの一つだと、気がついた。

 罰があたるとか、
 地獄へおちるとか、
 神様がみてるとか、そんな感じのものは、
 たぶんほとんど、『まんが日本昔ばなし』で叩き込まれた気がする。

 叩かれはしないが。

 教訓だとか道徳とか、
 そのへんはそれぞれ勝手に学べばよいが、
 様々な材料の一つとしてでも、子供さんには観てほしいものである。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-08-14 22:53 | テレビ | Comments(0)

フジロックその他。


 けっこう経っちまいましたが、音楽以外のことも。

 今年は、
 とーとー、でっかいゴンドラ、ドラゴンドラに乗りました。

 フェスやっとるのに、わざわざゴンドラに乗ることもあるまいと敬遠してきたのだが、
 午前中、あまり観たいものもなかったので、思い切りました。

 往復1000円。

 値段にちょっとイラッとしたが、
 ゴンドラ乗り場までの坂道で、すでにバテ気味の体力の無さに、不安で気持ち悪くなる。

 なんか、
 たっかい山の頂上あたりまで行くのですが、
 景色も良く、距離もおもったよりありまして、愉しめました。

 なにより、山の上は涼しくてすごしやすいし、
 なんか、
 湧き水みたいのが飲めるんですが、これがめちゃくちゃうまい。
 水ウマー。(水がうまいの意。)

 タダだし。

 一応、ステージもあって、音楽もあるので、
 けっこうお勧め。


 で、メシだが。

 やっと名物、もち豚串焼きを食べた。
 おいしかったですよ。
 脂身がもちみたいで。

 あと、ハワイのスパムの丼を食べた。
 しょっぱかった。


 そしてワウワウ・テント前で、野宿。
 小さいシートの上で、友人と二人。

 今度はオレが寝るからどっか行け。
 次はオレが横になるからメシでも食ってろ。

 と、友好をあたためてきました。



 身体は雨で、冷え切っていましたが。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-08-09 21:26 | 記述 | Comments(0)

FUJI ROCK FESTIVAL O5


 フジロックの、三日目へ行って、帰ってきました。

 いまだ、
 疲労感を越えた充足感が残っております。
 個人的な感想だけども、今年は当たりだった。
 だいたいいつも、
 目当ては一つ、あと中小ぐらいのが一つか二つあれば上出来みたいな感じでしたが、
 今年はでっかいのが二つ、
 ニュー・オーダーとプライマル・スクリームがあって、どっちもすっごいよかった。

 噂で、ライブはイマイチと聞いていたニューオーダーでしたが、
 全然、そんなことはなかった。
 テクニックとか専門的なことは判りませんが、
 あれだけ見事にニュー・オーダーの音楽性を表現しつつ、
 ライブ独特の迫力と高揚も失われず、素晴らしいものでした。
 ちゃんと日本語でも唄ってくれたし、
 ベースのおっさんは、ぶんぶんベース振り回してたし。
 知らない曲もあったけど、
 気にならないぐらい、勢いがあった。
 「temptation」の時は、
 盛り上がりすぎて、1日分の力、ぜんぶ使い果たしてしまいました。
 
 カツ丼の後に天丼を食うようなものですが、
 次にでてきたのが、
 今年のフジロックの〆になる、プライマル・スクリーム。

 ほとんど抜け殻の状態で観ておりましたが、
 相変わらずの塩梅で、ふらふら踊っておりました。
 ロック寄りな新曲もやってくれて、なかなかよろしかった。
 あのメンツで良いも悪いもないのだが、新しいアルバムが楽しみです。

 で、アンコールにダイナソーjrのヒトがきて、一緒になんかやりました。
 ギターがダイナソーとマイブラで、
 ベースがローゼス、ボーカルがボビーと、
 アホみたいな光景に、笑うしかありませんでした。


 他に、良かったのは、くるり。
 何度かフジロックで観たけど、ロックバンドのスタイルでは初めて観たかもしれない。
 ドラムは外人さんでした。

 「フジロック、一回目んときお客さんで来てひどい目にあった。」とおっしゃっておりましたが、
 最後は、「東京」をやっておりました。


 ビーチボーイズも、ほとんど期待しておりませんでしたが、
 昼寝するつもりでしたが、
 いざ始まって、あの曲が、あの声で歌われると、やはり聴き入ってしまう。
 お客さんも、いっぱい踊りまくって盛り上がっていた。
 若い人たちほど、抵抗はないのだろう。

 選曲は、シングルコレクションそのまんまみたいなもので、
 さすがにボーカルに力が足りないところや、マイクのトラブルなどもあったけど、
 期待以上に楽しかった。

 年輩の方も、踊って観ていた。


 あと、
 ちゃんと観れたのはThe Go! Team。
 これもごちゃ混ぜみたいで、おもしろかった。



 途中、雨が本降りになったりしましたが、
 楽しい一日を過ごすことが出来ました。

 年々、過ごしやすくなるフジロックの運営・スタッフ関係の方々の苦労と努力は、
 尊敬に値いたします。

 以上です。



 また、来年。





 
b0048532_11125440.jpg

[PR]
by y.k-ybf | 2005-08-02 11:13 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧