<   2006年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

仮面ライダー響鬼、終わる。


 響鬼さんが、終わりました。

 平成仮面ライダーシリーズにおいて、
 『完全新生』と銘打って始まったヒビキさんですが、
 テーマが「異色」かとおもえるほど、「異色」な作品になりましたが、
 その着地点は非凡でも、不可でもない、
 すっきりとしないものでした。

 ・・・あくまで、個人的な印象ですが。

 それはさておき、まず語っておかなければならないのは、
 ネットでちょっとした、一部で、嵐と化した放映途中でのプロデューサー交代劇。
 わたくしもその辺のことは詳しく知らないので、
 興味のある方はつらっとグーグるって頂くとしまして話を先に進めますが、
 変わったんですよ、なんかそのへん、脚本とかが。

 すると、作風が変わったとか、
 変わったとか、変わったとか、あと、変わったとか、
 苦情が殺到したそうです。一部。

 で、
 毎週ハードディスクに録画してDVDに焼いてるライトなファンのわたくしですが、
 確かに、区切りとして転校生が登場したあたり、
 誰の目にも分かり易いテコ入れが見受けられましたが、
 それが珍しいことだとも、
 それで作品がめちゃくちゃに壊れたとも、あまり感じませんでした。
 正直、
 簡単にその「区切り」から以前と以後に分けますが、
 「以前」のような展開、スピードで、はたしてどこまでもつのかなと、
 少なからず、疑問がありました。好き嫌いとは、別の問題として。
 だから、その「以後」の変化もじつは好意的というか、
 自然な成り行きとして、受けとめることが出来ました。

 (じつは内容的に、まったく別物になったわけではないことは、
  プロデューサーの口から語られてるようですし。)

 だから問題はその交代劇自体ではなく、
 世界観の変化でもなく、
 むしろ、「以後」における、脚本の練りの低さで、あろうと。

 もやもやとしっぱなしの明日夢くん、野放しで成長の遅い転校生、
 謎のままで放置された男女、集まらない鬼、
 クライマックスなのに省略されたオロチ・・・。
 と、挙げたら切りがないのだが、
 そのどれもがポイントとして活かされず、
 なんか、ズルーッと中途半端に、
 それこそ「以前」の世界観を守ろうとした故に、しくじってるようにもおもえるのだが、
 どうか。

 鬼の大集合は、かなりおもしろいイベントになったはずなのだがなあ・・・。

 文句ばかり言ってしまいましたが、
 仮面ライダーシリーズは、こんなもんだよなとか、口を滑らす前に、
 それでも「完全新生」として、おもしろかったですよと、
 フォローを入れて、終わりにしたいとおもいます。

 以上です。

 明日は『仮面ライダーカブト』が始まります。
 また偉そうなことを書きます。

 読むな。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-01-28 23:06 | テレビ | Comments(0)

2005年の音盤。10。


サンボマスターは君に語りかける
サンボマスター / ソニーミュージックエンタテインメント
ISBN : B0007OE5H8


 いま、サンボマスターについて何かを語ることは、危険な気がする。
 地雷のようであるし、
 何より、余所で散々っぱら語り尽くされているので、必要もないでしょう。

 わたくしに言えることは、
 コメディアン以外で、ブサイクであることをこれほど効果的かつ逆手にとったミュージシャンは、
 世界にも少ないだろう。と、ゆーこと。

 山口隆がブサイクであることを、我々は有り難くおもわなければならない。
 ロック・ミュージックに出会えたことを。


「てん、」
クラムボン 原田郁子 ミト 伊藤大助 / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B00077DAH6


 生暖かいからといって、クラムボンに気を許してはいけない。
 やつらは、
 にやにや笑いながら、いつでもヤルつもりでいるのだから。

 新しいアルバムは、二枚組。
 収録曲は一緒で、モノとステレオのミックス違い。

 シンプルだけど単調ではなく、
 音は少なくとも表現に豊かさがある。

 変わったのではなく、戻ったのでもなく、
 螺旋で一回りしたような、音楽。

 油断すると、ガブリとやられます。
 どっからでも。どこででも。


banging the drum
bloodthirsty butchers 吉村秀樹 / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B0007MCHYS


 田淵ひさ子萌なので、
 彼女の初ヴォーカルは聴かざるをえまいと、買ってしまいました。

 ジャケット・ワークが、内容と同じぐらい素晴らしいです。


FLYER8
メトロオンゲン / ディウレコード
ISBN : B000BB6HEG




 以上です。

 お疲れさまでした。おれが。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-01-22 17:03 | 音盤 | Comments(0)

2005年の音盤。9。


スパイク(デラックス・エディション)
エルヴィス・コステロ / ワーナーミュージック・ジャパン



グッバイ・クルエル・ワールド
エルビス・コステロ&ジ・アトラクションズ エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ / ビクターエンタテインメント


 『スパイク』はタイミングが良かったのか、
 あまり評価を聞かないわりには好きなアルバムで、時々引っぱり出しては聴いております。
 時期的にはメジャーへ移籍して、
 アトラクションズからも離れ、ポール・マッカートニーなんかと一緒にやってた頃。
 曲も雑多な感じでバラバラだけど、逆に統一感になってる、
 如何にもソロ・アルバムみたいな、アルバム。

 で、
 コステロといえば既発のアルバムに追加トラックを鬼のように押し込めて、
 二度三度と売りつけることで世界的にも有名ですが、
 ワーナー時代の『スパイク』でもそれをやっているのは知りませんでした。
 こんなアルバムに。

 でで、さらに厄介なのは、
 そーいった追加されたデモやら未収録曲やらの出来が素晴らしかったり、
 特別な魅力があったりすることで、
 我々コステロ信者は散財地獄へ嵌るわけです。
 (この『スパイク』のデモも、シンプルでいいんだわ。)

 ででで、
 『グッバイ・クルエル・ワールド』も中古で見付けたわけなんですが。
 コレ、先に紙ジャケのやつを買ってしまいまして、
 オリジナルに忠実なのはいいんですがボーナストラックもカットされておりまして、
 買い直したわけですよ。古いデーモン盤を。
 しかしデスね、コレ、
 コステロ自身も解説冒頭で、「最低なアルバム」とか言ってたり、
 昔、鈴木慶一が、
 嫌いなレコードジャケットとか言ってコレを名指しとかしてたりしておりまして、
 はたして聴いていいものか迷ってたわけでございますが、
 おもっていたよりもぜんぜん悪くなかったですよ。
 良かったところを探すのは難しいかもしれませんが。

 わたくしとしましては、
 やっと「ベイビー・イッツ・ユー」が手に入りましたので、良しとしております。



 と、書いてる途中、
 ビクターからコレの更にトラックが追加されて二枚組になったやつが出てることを知り、
 鬱になりました。

 三枚目を買えというのですか、コステロ様・・・。


mind is not brain
mock orange / インディペンデントレーベル
ISBN : B0006GV88Q


 身も蓋もない言い方をしますが、
 声がマーキュリー・レヴみたいなのに、
 歪んだギターと、ドラムがレディオヘッドっぽくって格好良い、外人さんのバンド。

 中途半端とゆー意味ではないんですが、
 音の割にあっさりしておりました。


うた き
小谷美紗子 遠山淳 柴田俊文 デビッド・キャンベル マイケル・トンプソン / ユニバーサル
ISBN : B00005GS3K


 初期の小谷は歌詞が愉快で、本人しか唄えんだろみたいな迫力がある。
 なので、
 個人的には最近のやつのほうが好きなんですが、コレはコレで。

 ベストアルバムよりは、おもしろいかも。


Fine Time~A Tribute to NEW WAVE
オムニバス EY∃ LOSALIOS Limited Express(has gone?) POLYSICS ROVO Spangle call Lilli line saicobab world’s / KRE
ISBN : B000ALMURU


 ニューウェーヴ、ってええー、ムーヴメントのトリビュート。
 企画もメンツも悪くないんだけど、みんな好き勝手にやりすぎて、よくわかんねー。
 「コレが今のニューウェーヴ」って発想もあるかもしれんけど、
 逆行してるような気がしないでもない。


ゲット・レディー
ニュー・オーダー / ワーナーミュージック・ジャパン
ISBN : B00005MIPN


 なんで今頃こんなアルバムを聴いているのか。我ながら不思議なのだが。

 プライマルのボビーの影響なのか、妙にストレートなロックアルバム。
 確かインタビューで、ブランクのリハビリ的にシンプルにしたとか言っていたかな?

 フジロックでも確認いたしましたが、
 もうおっちゃんなのに、こんな瑞々しい歌をやるんですよ。
 すげえなあとおもいます。


OZ
100s / 東芝EMI
ISBN : B0006M197U


 中村一義のバンド。
 と、いうには適切ではなくなった、良い意味でも悪い意味でもそんなアルバム。

 わたくしは、
 内世界へのめり込んでミクロを突き抜けて外へ拡散していったような『ERA』が一番好きなので、
 中村一義のバンド・サウンドにはいまだ戸惑う。
 しかし前作に比べ、確実に進歩して変わってる。

 聴くには、時間とタイミングが必要なのだとおもう。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-01-21 11:28 | 音盤 | Comments(0)

ドリームマッチ'06


 コンビの芸人を、
 ツッコミとボケとに分けてシャッフルする無謀な企画、「ドリームマッチ」が今年も開催された。

 ・・・そんな、大袈裟に知らせるほどの出来ではなかったことを、
 いきなり言ってしまいますが、おもしろいことが一つだけありました。

 とりあえず、今年の目玉はダウンタウンが参加すること。
 前回のメンツからくりぃむしちゅーとガレッジセールが抜けているわけだが、
 個人的には吉本以外の芸人さんに参加してほしかった。
 爆笑問題とか、ラーメンズとか。
 ブランクのあるダウンタウンが出てもなぁ・・・とか。
 それとネタを作る時間がわずか三時間ってのも、非常識なことで、
 結局ほとんどのコンビがキャラと手癖みたいな芸で間に合わせる形になってしまった。
 みなさん忙しいのは判りますが、ネタのレベルは明らかに去年より下がったわけで。
 で、
 何がおもしろかったというと、
 ダウンタウンの松本さんとさまぁ~ずの三村さんのネタが終わると、
 お客さんからブーイングが起きたこと。
 正直、妥当なブーイングだとおもうが、
 それとはべつに松本さんの笑いが、
 このお笑いブームでは蚊帳の外であったことが証明されたような気が致しました。
 (同時に誤魔化しようのない、松本さんのブランクも。)

 時代が変わったとゆーと、またまた大袈裟ではありますが、
 これが何かのきっかけになればいいなあと、おもいました。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-01-19 23:19 | テレビ | Comments(0)

2005年の音盤。8。


宇宙 ベスト・オブ・フィッシュマンズ
フィッシュマンズ / ユニバーサルインターナショナル
ISBN : B0007WZWQ8

空中 ベスト・オブ・フィッシュマンズ
Fishmans / ポニーキャニオン
ISBN : B0007VLWK4

 『空中キャンプ』とゆーアルバムが、
 自分のなかでドツボにはまりすぎてしまい、敬遠してきたフィッシュマンズ。

 ボーナストラック目当てで聴きましたが、ぜんぶ良かったですよ。
 これぐらいのボリュームがあると、いろいろ打ち消せます。

 いろいろとゆーのは、スタイルのことだが。


グッジョブ! (初回生産限定盤DVD付)
RIP SLYME / ワーナーミュージック・ジャパン
ISBN : B0006H2YOC

 セレクションやらベストアルバムやら。
 編集物は意外と個性が浮き彫りになり、また重要なものでございます。

 リップが作ったらすごいことになるだろうなとおもってたら、
 ほんとに、すごいもんになりました。
 曲のクオリティが半端でなく高いのは言わずもがな、
 シングルとして、どキャッチーな曲を作り上げてしまうあたりが、
 彼らの有能なところなのだろう。

 シングル・コレクションとしても、秀逸。


1998-2004
ゆらゆら帝国 坂本慎太郎 / ミディ
ISBN : B0002MOL2E

 セレクションやらベストアルバムやら。
 編集物は意外と個性が浮き彫りになり、また重要なものでございます。

 ゆらゆら帝国の場合、
 構成とか以前に、
 個性が強すぎる所為か、アルバムとしてあまりマッチしておりません。

 オリジナルアルバムで聴いたほうが、ぜんぜんおもしろかった。

 とかゆーと、
 当たり前だろとおもうかもしれませんが、リップスライム等の例がありますように、
 理由はいろいろとあるんですね。

 でもボーナストラックは、なかなか楽しかったです。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-01-18 00:07 | 音盤 | Comments(0)

『空中キャンプ』/フィッシュマンズ(3/100)


 空中キャンプ
フィッシュマンズ 佐藤伸治 / ポリドール
ISBN : B00005FJS3



 色褪せないとか、再現とかではなく、
 何度聴いても、
 いまだに、
 はじめて耳にするように新鮮で、
 想い出のように、懐かしい。

 驚きがあって、
 優しさがあって、哀しさがあって、
 切なさがあって、嬉しさがある。



 一番最初に聴いてしまったために、
 他のアルバムを聴いても、べつのアーティストのもののように聞こえてしまう。

 足りないことで完成した、究極の形。

 だと、おもう。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-01-17 23:25 | 音盤/100 | Comments(0)

2005年の音盤。7。


 まだまだ続きます。


電気グルーヴとかスチャダラパー
電気グルーヴ×スチャダラパー / KRE


 電気グルーヴとスチャダラパーが一緒にやったら、
 こんなんなるかなあと思い描いたそのまんまのアルバム、ではないです、これわ。

 むしろ並列で、この交わらない感じが現在の両者って感じもする。
 あくまで電気グルーヴ「と」スチャダラパー。

 せめてまりんがいた頃にガッツリやってたらなあとか、言ってみますが。


secret (DVD付)
倖田來未 KM-MARKIT / エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ


 負けました。買いました。


コカ・コーラCMソング集 1962-89


  CMソングやらオリジナルやらをあつめた盤。
 世の中には、こんな物もあるだと知識として知っていれば、
 それだけでよいものだとおもいます。

 マニアなんて、そんなものです。


Welcome to the FANKS!
TM NETWORK / ERJ


 TM NETWORKとピチカート・ファイブは、
 腹違いに生まれて、べつべつの父の元、べつべつの土地で育てられた異母兄弟だ。
 いや、それは他人だ。
 とか反論が聞こえそうですが、わたくしが以前から言ってる持論で。
 我ながら説得力も何もない。
 だいたい片や仮死状態、片やとっくに解散と、現状が現状だし。

 男の子が、女の子に受けるための男の子として描いたのがTMで、
 男の子が、女の子に受けるために女の子を描いたのが、ピチカート。
 まあ、
 こじつけなんですけどね。

 つまり、どっちもフェイクなんですが、
 現在の音楽シーンで・・・、といった話は終わりそうにないので話題をアルバムに戻します。
 もー、何枚目かっちゅーベストアルバム。
 選曲が後期寄りになってしまうのは仕方ないことですが、
 アルバムとして良くまとまって、聴けるものになってるのは、さすがですね。
 でも目玉は、三枚目の未収録盤。
 コレでいい加減打ち止めにしていただきたいが、
 ココまでくると、シングルに収録されてたインスト・ヴァージョンとかテレビ放映用のトラックとかもほしいところでございます。

 インストってゆーか、カラオケですが。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-01-14 10:20 | 音盤 | Comments(0)

2005年の音盤。6。


 自分ではじめておいて言うのもなんですが、
 ちょいと無謀な企画であったと、反省しております。

 さっさとやります。


Synchronicity
BENNIE K Mine-Chang Diggy-MO’ HAMMER MUST SUBZERO / フォーライフミュージックエンタテインメント
ISBN : B0002YD7UY


 暴言なんですが、
 「オアシス」と「サンライズ」のシングル二枚あれば、
 アルバム、いらなかったな。。。


 ラップのお姉ちゃんがドス利いてて、
 スーパージャンキーモンキーを、ちょっとだけ想い出した。


ソングス・アバウト・ジェーン
マルーン5 / BMGファンハウス
ISBN : B0000942FL


 洋楽のUKロック好きの友人にコレ買ったよと言ったら、
 「エーッ!」と言われてしまいました。
 それぐらい、洋楽には疎くなりました。

 まあ、爽やかなロックですね。フツーに。


ether[エーテル]
レミオロメン / ビクターエンタテインメント
ISBN : B000793F38


 なんか売れてます。

 グレイプバインをミスチル系かと聴いておったので、
 どちらかといえば、レミオロメンはグレイプバイン系か、と。
 じゃあ、ミスチルは何系かと言えば、
 デビュー当時は渋谷系だったことは、みんな忘れてしまいました。

 最小公倍数へ傾くのか、最大公約数へ行くのか、
 ギリギリのところのアルバムですね。

 これから、どっちへ行くのでしょうか。


ジュエルズII
クイーン / 東芝EMI



 編集アルバムは、かんたんに二枚も三枚も四枚も五枚もつくってはいけないのだと、
 クイーンは教えてくれてます。
 気を付けて!

 このアルバムについてのコメントは控えますが、
 日本語の歌詞がある「手をとりあって (High Definition Mix 2005)」は、
 その歌詞も、フレディのボーカルも素晴らしかったです。


音樂ノススメ
HALCALI O.T.F Kasekicider≡ Sinya Kogure RYO-Z DJ FUMIYA ″LOW-CUT″ productions JUNJI ISHIWATARI DJ TA / フォーライフミュージックエンタテインメント
ISBN : B000666RB4


 まとまりがなく、セカンドらしいセカンドアルバム。
 でもハルカリは何故か好きなので、コレはコレでよいとおもいます。

 「女の子二人組」って必ずと言っていいぐらいパフィーと比較されちゃうけど、
 それだけパフィーの影響力はある、
 って話はおいといて、
 「女の子二人組」ってスタイルは、
 時代に求められつつ映す鏡なのだなと、改めておもいます。

 パフィーだって、その前はウィンクで、その前はピンクレディー。
 その間にベイブとあみんを強引に入れてもいいし。

 有象無象が消えてゆくなか、
 半端にやれるものではないと、ゆーことなのでしょう。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-01-11 18:00 | 音盤 | Comments(0)

2005年の音盤。5。


 復刻物で楽しみにしているシリーズが三つありまして。

 一つはデビット・ボウイの「三十周年記念盤」シリーズ。
 ジギーやらダイヤモンドドッグやら有名どころのリマスター、ボーナストラックと、
 買い直し聴き直しには重宝していおります。

 二つめはボブ・ディランの「ブートレッグ・シリーズ」。
 正確には復刻物ではなく、過去のライブ音源等のCD化なんですが、
 若かりし頃のディランが素晴らしすぎるので、オススメです。
 基本的にライブ盤なんでまったく知らない方にはつらいとおもいますが。
 これは今年も一枚出ておりまして、『NO DIRECTION HOME: THE SOUNDTRACK』。
 タイトル通り、ディランの伝記映画のサウンドトラック。
 デビュー前やらライブやらの貴重な音源が聴けますが、まだ映画は観ておりません。
 何でも例の有名な、
 お客さんに裏切り者と揶揄され、
 「うっさいボケ! 嘘吐きはお前じゃ」とやり返すシーンの映像が観られるそうですよ。
 これは『ロイヤル・アルバート・ホールーザ・ブートレッグ・シリーズ第4集』に音源として既に収録されておりますが、
 本当に見事な演奏と、複雑な意味合いをもつ会場の熱気で、オススメでございます。
 「ロック」等と口にする方々は、これを聴いていないと嘘吐きだとおもいます。


ノー・ディレクション・ホーム:ザ・サウンドトラック
ボブ・ディラン / Sony Music Direct
ISBN : B0009V92Q8


 そして三つめが、ジョン・レノンの「リミックス&リマスター」シリーズ。
 リマスターという行為は音を「整えて」しまうので、
 オリジナルを聴いている方々には少なからず抵抗があったりもするわけだが、
 これはさらにリミックスまでされているので、
 復刻と言うよりも別物、パートⅡみたいな印象で聴くほうがいいのかもしれません。
 と、偉そうに言ってみましたが、
 ジョン・レノンは昔のボックスセットしか持っていないので、正確に聴き比べは出来ておりません。
 すみません。
 が、
 や、なので、また勝手な思い込みで書きますと、音は良くなっているとおもいます。
 わたくしがもってるボックス用に編集されたやつは、
 正直、音が(おそらくミックスが)好みではなく、あまり聴けませんでした。
 それと狂気のプロデューサー、フィル・スペクターが発表当時に塗り重ねたミックスを、
 オノ・ヨーコがキレイさっぱり払っちゃってるので、
 音がクリアで聴きやすく、また現在でも聴ける音になっている。
 えらいもんだとおもいます。
 基本的に構成などは変えないシリーズですが、
 『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』は後半の数曲、差し替えてあるそうですよ。
 メッセージ性が全面に出ている所為か、オノ・ヨーコの曲もフツーに聴けますね。
 良いアルバムだとおもいます。

 『心の壁、愛の橋』はジャケットが替わっちゃったのが残念ですが、
 時期的にプラスチック・ソウルwで、おもしろいですよ。

 パート2ですね。


サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ<リミックス&デジタル・リマスタリング>
プラスティック・オノ・バンド ジョン&ヨーコ / 東芝EMI
ISBN : B000B2UPCA

心の壁、愛の橋<リミックス&デジタル・リマスタリング>(CCCD)
ジョン・レノン / 東芝EMI
ISBN : B000B2UPGQ
[PR]
by y.k-ybf | 2006-01-11 11:42 | 音盤 | Comments(0)

2005年の音盤。4。



The Beatles / Toshiba EMI
ISBN : B00065XJ48





 ビートルズが好きな人も迷うであろう一品が、コレ。
 わたくしも中古でなかったら、手は出ませんでした。

 簡単にブツの説明を致しますと、
 イギリスでオリジナルアルバムが発表された当時、
 アメリカでも発売するために編集されたアルバム。
 発売する国ごとにアルバムを編集するという時代だったのですね。
 曲自体は既発のものなんですが、
 構成や、(確かではないですが)ミックスも変えられており、
 また、イギリスのオリジナル盤に規格統一されたことから廃盤になったりで、
 スキズキな方々には人気のあるブツなんですね。
 ・・・人気は、ねえか。

 要するに、それだけのもので、
 オリジナルを持っていれば曲がダブるだけなんですが、
 しかし、
 音源がステレオに直され、尚かつモノラル・バージョンも収録という、
 鬱陶しいぐらいのサービス。
 (どうも疑似ステレオらしいく、モノラルも当時のミックスのままかは、不明。)

 で、
 コレがどーなのかとゆー話なんですが、意外にも、聴き応えがありました。
 やはりステレオってのは魅力として強いし、
 わたくしは4枚ともipodに入れちゃって聴いとるのですが、
 これだと手間もいらんし、飽きんし、快適。
 こんな音も鳴ってたんやー、と、
 個人的に敬遠気味でした初期のビートルズを、楽しんでおります。

 高く買う必要はないとおもいますがね。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-01-11 11:34 | 音盤 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧