<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ラーメンズ DVD-BOX

ラーメンズ: DVDボックス
/ ポニーキャニオン
ISBN : B00006G8UT



ラーメンズ DVD-BOX
/ ポニーキャニオン
ISBN : B0006B9XSS



 おもっていたよりも小さい秋苗さんとネットで話していて気付いたとゆーか、
 想い出したことがある。

 かつて、お笑い芸人も、ジャニーズもいない、テレビの深夜番組の時代があった。
 深夜番組といっても、
 地域によってまったくべつものになってしまうし、
 嗜好によって捉え方もまちまちなんで一概にまとめて言えるものではないが、
 黄金時代、
 と、呼んでも相応しい時がありました。よ。

 だいたい、
 とんねるずがブレイクして、次はウンナンかダウンタウンか(この順番が大事)といわれていた頃。

 この時期の深夜は、ピンク系と適当な映画を流す前時代的なものから、
 「新しい番組の実験場」へと移行し、
 その認識が定着した頃で・・・、ってな説明は長くなりそうなので省略。
 要は、フリーキーで野心的な番組が作られていた時期で、
 それを支えて作ってきたのは芸人でも売れてないアイドルでもなく、
 いわゆる「劇団員」だったとゆー話でございます。だいたいが。

 「芸」としての笑いではなく、楽しみのエッセンスとしての「笑い」。
 適切な表現は難しいが、アマチュアイズムな笑いがあったわけだ。だいたいがな。

 前置きが長くなってしまいましたが、
 要するに(二回目)、そっち方面の笑いが好きだとゆーこと。
 ズブズブと今でもはまってる『水曜どうでしょう』の大泉洋、鈴井貴之も劇団の人間だし、
 個人的にずっと好きなシティーボーイズも劇場向けのスタイルでやっているし、
 東京サンシャインボーイズもテレビだがよく観てたし、昔の三宅祐司なんかも好きだった。
 ドリフトや欽ちゃんまで遡ると切りがないので止めておくが、
 「お笑い芸人」とゆー存在が意識的にあったのは、ダウンタウンからだった。
 結局、
 その劇団員が醸し出す、特有の「笑い」みたいなものは、
 サブカルチャー側へ傾き、呑み込まれて消滅、拡散してしまうわけだけども(正確には、「不条理」とゆー形でコミック関係へ遺伝するわけだが)、
 自分の中に、その感覚は消えずに残ってたんなあと、気付いた次第でございます。

 で、やっと本題のラーメンズ。
 噂はかねがね聞いておりましたが、
 インテリ臭いとゆーか、アート臭いとゆーか、胡散臭い感じがして、
 長い間敬遠しておりました。
 それがつい、ふと、観てしまったら、アラ、楽しい。
 ゆーこって、ボックスを二つも買ってきてしまいました。
 我ながら極端だとおもいます。

 おしまい。  ウソ。

 ラーメンズについて、ボックスの内容について。
 改めてゆーのもなんですが、
 日常における正気な混乱が、満載でございます。
 おかしいのですが、時々笑えなくなるところが、
 ラーメンズの特徴で、或いは、「恐怖」とゆーものなのでしょうね。

 それはさておき、どーして「笑い」は、
 こーも容易くアートと密着してしまうのでしょうか?

 フシギフシギ。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-02-24 23:04 | テレビ | Comments(2)

検討しない。


 新しく生まれ変わった「釈由美子」の呼称について、
 いくつか検討してみた。

 新・釈由美子
 釈由美子2、もしくはマークⅡ
 メカ釈由美子
 フルメタル釈由美子

 どれもぱっとせず、ゴロも悪いし、なんか飽きてきたので、
 独断と偏見で決めました。

 「釈・ハリウッド」

 今後うちのブログでは、
 「釈由美子」は、「釈・ハリウッド」の呼称に統一されることになりました。



 もどれ! 時間よ!
[PR]
by y.k-ybf | 2006-02-18 23:13 | テレビ | Comments(0)

青くならない。


 とっくに学校とは無関係な年齢なのだが、
 いまだ、
 「試験当日に予習をすっかり忘れて真っ青になる」夢をみて、
 汗まみれで目覚めることが、月に一、二回あるわたくしでありますが。

 学生の頃など、
 もー、忘れた、
 もー、忘れたことにしているので、あまり覚えてもおりませんが、
 14、5の頃は、
 自分と学校との関係に、親や家族が介入してくることが、たまらなく嫌だった時期があった。

 あったとおもう。

 たぶんそれは、
 ほんとに小さな、小さなプライドによるもので、
 反抗に近いものだった。

 ような気もするが、気の所為だったような気もする。

 小さな世界の、小さな自分の、小さなプライドは、
 大人から見れば、
 ほんとにちびっこくて、頼りないものであろうが、
 自分自身を支える、大切な杖だったともおもう。

 できるならば、見守ってあげるだけにしてほしいし、
 気付くにも、自分で気付けるようにしてほしい。

 たくさん時間が掛かってしまっても。


 近所で、ちょっとした事件が起きた。
 それが犯行なのか、狂言なのか、よく判らないが、
 つまらない傷は、早く消えてほしいとおもう。


 「大人」なんて言い草は、
 弱さや愚かさを露呈させたくなくて、考えついた年寄りの知恵なのだ。

 30越えて、
 毎週、ゲーセンに通うなど、おもいもしなかったし。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-02-17 23:30 | 記述 | Comments(0)

魔法戦隊マジレンジャー、終わる。


 前作、
 『特捜戦隊デカレンジャー』が秀作として、一部で、語り継がれておりますが、
 今週で最終回を迎えた『魔法戦隊マジレンジャー』も、
 劣ることなく秀逸な作品であったとおもう。

 この、スーパー戦隊シリーズは、
 低年齢層の子供をターゲットに制作されるもので、
 自然と難解で複雑なものや、刺激の強いものなどが排除され、
 厳しい言い様をするならば、
 ワンパターンな勧善懲悪のご都合主義に終始した作品である。
 そうしたマンネリズムが、好意的に受けとめられることは少ないが、
 じつはある一定の境目を越えると「黄金のワンパターン」として、一つの強みに変化する。
 それがシリーズの積み重ねによる膨大な情報(歴史)と解析(経験)によるものだ。

 マジレンジャーは、
 「家族」をテーマに、主となる五人を兄弟にして、
 父親、母親の存在をドラマツルギーの定石にのせて配置し、
 多層化の世界、
 敵側の豊富な設定、全体を三部に分けたストーリーと、
 「お約束」と「裏切り」が絶妙に紡がれて、シリーズの「歴史」が存分に活かされている。
 憎らしいほどに。

 (もっと細かいところや、遊びの部分にも、シリーズの影響は顕著にみられる。
  一番分かり易いのは、
  他の、特撮作品と比べると歴然となる作品自体の「厚み」だと、おもうが。)

 なんやかやと言いましたが、
 だからといって勧められるモノでもないのはわかっておりますが、
 子供が観るものだとスルーしてしまわずに、
 こーしてちょろっと観てみる余裕ぐらい、あってもよろしいかと、思う次第でございます。



 個人的にはですね、
 後半の、「冥府十神」が出てきたあたりがステキでした。
 ストロンガーのデルザー軍団を想い出しましたよ。
 またその声優が異常に豪華で、主役級の方々が挙っておりまして、
 たいへん驚きました。
 さらに、
 特撮の女王、曽我町子まで出演されておりました。

 このあたり、気合い入れてつくっとるなあと、
 おもいました。

 おしまい。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-02-17 23:06 | テレビ | Comments(2)

『12人の優しい日本人』(再演)


 三谷幸喜によって今年再演された『12人の優しい日本人』を、
 ワウワ・ウーで、観た。

 コレ、
 中原俊が映画化もしており、それは個人的にベスト3にはいるぐらい大好きな映画なので、
 再演された舞台を観るまで、不安もあった。

 元々舞台劇ではあるし、
 基本の密室劇というスタイルも変わっていないのだが、
 中原俊は映画的な手法をうまく混ぜ込み、傑作を作り上げている。
 それが舞台へもう一度戻されたときに、どーなるか。
 キャストも当然、まったく違うし。

 結果的にいうと、そのへん全部ふまえたうえで、
 今風に、かつ分かり易く作り直してくるあたりは、さすがでございました。
 ただ、
 江口洋介の役がどこか古畑任三郎のようで、
 イメージが違うようにおもいましたが。

 まあ、映画と比べてもあまり意味はないのでやめますが、
 この「日本人」や、
 導入が予定されている「陪審員制度」など、
 じつは重要なようであまりそうではない、ともおもいますので、
 気楽に観ていただきたいものです。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-02-09 10:56 | テレビ | Comments(0)

2005年の音盤。まとめ。


 すっかり時間も空いてしまったし、2月にもなったので、
 まだやるのもどーかとおもうが、
 放りっぱなしも気持ち悪いので、まとめだけ、少し。

 最後に、今年(2005)の10枚を選ぶところなんですが、
 10枚に及びませんでした。
 こんなことは初めてで、如何に音楽と疎遠になっているかが判ります。
 まあ、疎遠というか、聞き方の変化でしょう。
 ステレオでCDを聴くことがほとんどなくなって、
 代わりにパソコンに取り込んで聴くようになりました。あとiPOD。
 そんなこんなで、
 とりあえず、五枚。

FLYER8
メトロオンゲン / ディウレコード

banging the drum
bloodthirsty butchers 吉村秀樹 / コロムビアミュージックエンタテインメント

「てん、」
クラムボン 原田郁子 ミト 伊藤大助 / コロムビアミュージックエンタテインメント

サンボマスターは君に語りかける
サンボマスター / ソニーミュージックエンタテインメント

OZ
100s / 東芝EMI



 邦楽ばかりになりました。

 こんなかだと、メトロオンゲンは新人さんでまだまだ荒っぽいんですが、
 新しい世代はこんなふうに音楽を受け取ってんだなあと、分かる音で、
 たいへん楽しみなバンドでございます。
 100Sは、あとからジワジワと効いてきました。

 折角なので、次点の五枚も紹介します。

 グッジョブ! (初回生産限定盤DVD付)
RIP SLYME / ワーナーミュージック・ジャパン

空中 ベスト・オブ・フィッシュマンズ
Fishmans / ポニーキャニオン

宇宙 ベスト・オブ・フィッシュマンズ
フィッシュマンズ / ユニバーサルインターナショナル

サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ<リミックス&デジタル・リマスタリング>
プラスティック・オノ・バンド ジョン&ヨーコ / 東芝EMI

心の壁、愛の橋<リミックス&デジタル・リマスタリング>(CCCD)
ジョン・レノン / 東芝EMI



 次点は、この五枚。

 フィッシュマンズのは一組と考えたほうがいいし、
 ジョンレノンも、あんまり深い意味はなく選んだので、
 だいたい全部で三枚ぐらいの気持ちで。

 なんかベストアルバムばかりだけど、
 リップのアルバムは想像通り、強力なものになったし、
 フィッシュマンズは、こーやってまとめることで、
 余計なカラーや、カテゴライズから解放されたようで、とても聞きやすくなったとおもう。

 こんな、ところでございます。
 お疲れさまでした。



 最後に、次点の次点で、一枚。
 去年、一番聴いた「アルバム」かもしれないので。

ネガティブハート
マイナスターズ ヘロー 小田真 / 東芝EMI
[PR]
by y.k-ybf | 2006-02-09 10:26 | 音盤 | Comments(0)

仮面ライダーカブト、始まる。


 とっくに始まっているんですが、
 誰が主人公だかよく判らなかったので保留しておりましたら、
 どうやらライダーに変身した、演技が不得意そうな方が主人公らしいです。

 今回は従来のライダーらしいライダー、
 平成ライダーシリーズの形に戻したようです。
 それもSF色が強く、いわゆるメカライダーっぽい。
 やられキャラの兵隊がアタッチメントを装備してるあたり、
 カッコワルイやら笑えるやらでよろしかった。

 響鬼さんからココまで戻してしまうのかと、
 不安もありますが、
 楽しみに観てみたいです。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-02-06 23:09 | テレビ | Comments(0)

撒き過ぎない。


 インフルエンザかどうかは知りませんが、
 強烈な風邪に見舞われまして、2、3日ダウンしておりました。
 真夜中、
 うなされ、大声で奇声を発するわたくしに、
 「UFOでも呼んでるのかと思ったよ」と、母も驚いていました。嘘。

 こー、ピザパイみたいに切れた真っ黒な板をデスね、
 ネコと一緒に、「ワッショイ! ワッショイ!」って持ち上げて、
 一つの円にして空に浮かべるんです。
 っー、幻覚をたっぷり一晩見てしまいまして。

 そんなこんなで節分も一日遅れで、つい先ほど行いました。
 毎年、調子にのって豆を撒き過ぎてしまうのですが、
 病み上がりでテンションも低いため、かるく登板を終えることができました。

 おしまい。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-02-04 22:53 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧