<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

機動戦士ガンダムDVD-BOX、の、感想。五。


 ラストです。
 感想でもなんでもなく、メモですね、コレわ。



 ・第三十五話「ソロモン攻略戦」

  連邦のジム、ボールの物量作戦、ビーム攪乱幕など、やっと戦記物らしくなった。
  フラウの「アムロは違う」とゆーセリフによって、
  アムロの特異性が急速に描かれるようになる。

  ムサイ、2。ドム、1。


 ・第三十六話「恐怖! 機動ビグ・ザム」

  ビクザムが、どーやってもカッコワルイ。
  それにしても、なんで足だけ付けようとおもったのだろうか。
  ジオングではないが、コレこそ足なんて無くてもいいんじゃねーだろうか。

  スレッガーの特攻は、Gアーマーの特性を活かした作戦で、おもしろい。
  破壊されたGアーマーの中からガンダムが出るシーンは興奮するが、
  スレッガーのセリフが映画と違い、「ガンダムちゃん」が無いのが、残念。

  ビクザム、1。


 ・第三十七話「テキサスの攻防」

  アムロとフラウの会話が、2人の距離をあらわしているようで、切ない。
  その反面、
  たった二回しか会っていないララァとは、戦場でもおたがいを感じるようになる。

  ドム。1。ギャン、1。

  二刀流のガンダムが、カッコイイ。


 ・第三十八話「再開、シャアとセイラ」

  緑のチベが出てきましたよ。

  マクベのツボは、船ごと撃墜されてしまいました。

  ホワイトベースはしっかりガンペリーを持ってきているんですね、宇宙に。
  さすが、ブライト。

  それと、シャアのゲルググの薙刀が、どーみても真剣。

  ここらの戦闘シーンは、地味に素晴らしいです。


 ・第三十九話「ニュータイプ、シャリア・ブル」

  ニュータイプとしての覚醒が早いのは、意外にもミライさんでした。
  確かにゼータん時も、シャアの反乱の時も生き残ったからなあ、とかおもう。

  この回はニュータイプの意味や説明の話で、興味深い。
  ご存知のように、ガンダムは打ち切りで短縮させられてしまったわけだけども、
  ニュータイプについては、一言言っておきたかったのだなと、おもえます。

  むしろここらへんは、小説版へ受け継がれることになるわけだけども。
  アムロ死んじゃうけど。

  ブラウ・ブロ、1。


 ・第四十話「エルメスのララァ」

  ジオンの、ソーラ・レイ。
  コロニー・レーザーみたいなやつ。
  宇宙に住むスペースノイドのジオンが、
  その居住地であるコロニーを兵器に改修してしまうとゆー、辛辣な皮肉でもあるわけだが。

  ガチガチに強いイメージがあったララァが、弱さをみせているのが、新鮮でした。

  『シャアが来る』が流れるけれど、明らかに選曲ミス。

  ドム、1。


 ・第四十一話「光る宇宙」

  なんか突然みんな、ニュータイプ、ニュータイプ言い始めて、アムロが特別扱いされる。
  映画版みたいな疎外感は少ないけれど、
  ララァに「守るべきものもない」と言われて動揺したり。
  ラストシーンへと繋がる重要なところだけど、時間がないから詰め込みすぎが否めなく、
  何も知らないと判りづらいな、コレわ。

  ララァに着ろと言われてもノーマルスーツを着ない、シャア。
  そんなにヘルメットを脱ぐのが嫌なのか。
  エルメスが落とされると、泣かずに、怒りをあらわにするのはテレビだけのシーン。

  エルメス、1。


 ・第四十二話「宇宙要塞ア・バオア・クー」

  作画上ですが、ブラウ・ブロがいますね。

  ドム、1。ザク、1。


 ・第四十三話「脱出」

  えーと、シャアは脱出してないですね。

  ここらになると、映画とは変わりないから書くこともないですが、
  ちゃんと「ジオン共和国」って名称が出ています。すっごい重要なんだけども。


  ジオング、1。


  やっぱり、ラストは名場面で、感動してしまいました。



 まとめに、続きます。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-03-28 22:39 | テレビ | Comments(0)

3/27//07


 生き返った。
 死んでいた。


 うちのパーソコンが、死んでいた。

 ウィルスなのか、故障なのか。
 正直、半々だとおもうのだが、かなりやられた。

 データ云々の問題もあったけど、
 とにかく、タイミングが最悪で、ガッツリやられてしまった。
 地獄の底を見た気分だ。


 ほんっとに今年は、キツイ。

 でも、生きている。
 それだけでいいのだ。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-03-27 22:30 | 記述 | Comments(0)

マーク副社長のお仕事。


 マ、マーク・・・。

 小室哲哉も最近は吉本絡みの仕事がメインみたいだし、
 最悪や。

 好きだったのになあ、TM NETWORK。
 つーか、今でも聴いてるし。

 マークはどーでもいいので小室哲哉の話を続けるが、
 この人はドコで間違っちゃったんだろうか。

 TMは、TMNになって解散するまで、わたくしは全然セーフなんやけど、
 ソロ・ワークっつーか、
 TRF、globeになってからは、劣化の一途を真っ逆さまで。
 少なくとも、わたくしにはそー見える。

 どれも最初は悪くないし、
 良い曲も何曲か残してるんだけど。ええ。

 ジャングルとか言い出した頃かなあ、オカシくなったのわ。

 あ、ジャングルってのは、テクノ系のスタイルの一つです。
 カンタンに言うと。

 元々、ロック界からは仲間はずれにされて、
 歌謡界からも浮きはじめて、テクノ界では嘲笑され、と、
 居場所が無くなって吉本に入っちゃったTKなんだけど。

 この、TKって呼び名も、アホ丸出しで。

 曲もそーだけど、詩も変なぐあいになってきて、
 おっさんが頭に描いた女子大生に書かせてる、みたいな詩でな。

 もー。
 素直にTMやりゃあいいのに、なあ。

 ヒットとか、ムーブメントとか、
 甘かった汁が忘れられんのかなあ。



 オチもないしなあ。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-03-12 23:09 | 記述 | Comments(0)

カップスターの味噌味が、復刻した。


b0048532_20291088.jpg


 コレ。

 個人的に一番好きなカップの味噌味でありましたが、
 いつの間にかリニューアルだか、なんだかで、すっかり味もナニカも変わってしまい、
 こんなもんだっけなと、想いをはせる、毎日でございました。

 こんばんわ。

 で。
 復刻されたわけなのです。
 こーゆーのって大概、食べてみると、
 あー、へー、こんなもんやなあ、ぐらいなものでありますが、
 今回の味噌味は、まさにコレコレと言った具合に、
 懐かしい味で、たいへん気に入りました。ので、
 箱買いさせていただきました。







b0048532_20454748.jpg


 並べてみました。
 うちの店で、絶賛発売中でございます。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-03-03 20:47 | 記述 | Comments(0)

洋ゲーのはじまり。


ファイナルファンタジーXII
/ スクウェア・エニックス
ISBN : B0000B3OXY




 これを1月ぐらいまでやっていた。
 なかなか評価が低いこれだが、僕はけっこう楽しめた。
 確かに盛り上がりが少ないし、意識しないと一本道で終わってしまう。
 戦闘システムもネットゲーム的なものを取り入れて、
 全体的にも欲張りすぎで、慣れるまではかなりしんどいが、
 それでも、詰まらなくはないとおもうのだが。



デストロイ オール ヒューマンズ!
/ セガ
ISBN : B000LIPEUC




 で、いまこれを始めた。
 キタか、とゆーぐらい、楽しくはまっている。
 どんなゲームかは、検索していただくとすぐにわかるとおもうのだが、
 公式サイトがあった。

 そんなゲームだ。

 洋ゲーには抵抗があっても、
 こーして噛み砕いてくれると、とても楽しめるものになる。
 のだな。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-03-02 23:20 | ゲイム | Comments(0)

笑い、抜ける。


高田延彦「この意味わかりますか?」



これぞ、"キラー"。
イチコロ。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-03-02 23:05 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧