<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年もフジロックへ行ってきましたよ。


 そして帰ってきましたよ。

 始発に乗って、新幹線に乗り換えて。
 越後湯沢駅に降りると、なんだか例年より暑い、気がする。
 それと、この時点でお客さんの人数が、ぱっと見た感じ半端なく多い。
 考えてみると、フジロック初日参戦はひさしぶりなので、少々、圧倒されました。
 グッズ売り場も、えらい混み具合だったそーです。
 わたくしは買わないので昼寝しておりましたが。

 まず、グリーンステージでサンボマスターを観る。
 CDはよく聴くので観ておこうかなぐらいだったのですが、
 サンボマスターがステージに現れるやいなや、うるうると涙目になるぐらい感動してしまい、
 一曲目、好きな曲だった「歌声よおこれ」が演奏されると、もー号泣。
 何で泣いたのか自分でもわからないけど、
 ライブで初めて泣かされたのがサンボマスターだとは、、、。
 肝心のライブのほうは、
 当然のように良いライブで、有名な曲もいっぱいやった。
 トップバッターだったので、演奏時間が短かったのが惜しいぐらいだった。
 途中、歌詞を変え、メッセージやら語りやらが入るけど、
 あつかましくてうざったくてブサイクにもおもえるけど、
 ここまでストレートにやられると、案外、平気なものなんだなあと、おもいました。

 その後、赤犬のステージをちらちらと観ながら、小谷美沙子のステージへ移動。
 これも時間が短くて、ステージも小さいのが不満だったけど、良い演奏でした。
 初めて観る小谷美沙子は、
 おもっていたよりも小さくて、森三中の黒沢に似ていて、ちょっとおもろかった。
 「火の川」までやってくれました。

 さて、それから会場をぐるっと回って、ジャービス・コッカー。
 バンド解散後はなんだか迷走していた彼ですが、今では落ち着きを取り戻したようで。
 へなへなカンフースタイルで歌う姿も懐かしく、
 バックバンドも格好良くて、たのしく観れました。
 英語の分からないお客さんをトークで笑わせたりして、相変わらずのキャラクターでした。

 んで。
 豚の串焼きを食べながら、贅沢にオーシャン・カラー・シーンを眺めつつ、
 時間を潰し、ミューズを聴きながら居眠りしつつ、遂にトリのザ・キュアーの出番が。

 正直、わたくしはキュアーをよく知らないし、アルバムも持っていないのですが、
 一緒に行った友人が十年以上のキュアーファンでして。
 まあ、いろいろ教えてもらったり、CDを借りたりしていたわけなんですが。
 二十三年ぶりの来日になりますか。
 そんなわけで、
 「ホントに来るのか」、「ホントにやるのか」と、
 チケットを買う前からライブが始まる三十分前まで、
 冗談半分本気半分で言い合っておったわけですが、本当にライブが始まりました。
 どんなライブだったかと言いますと、セットリストがありましたので載せておきます。


Intro:
tape


Mainset:
open
fascination street
from the edge of the deep green sea
kyoto song
hot hot hot
alt.end
the walk
the end of the world
lovesong
pictures of you
lullaby
inbetween days
friday i'm in love
just like heaven
if only tonight we could sleep
the kiss
shake dog shake
never enough
wrong number
one hundred years
end


Encore 1:
let's go to bed
close to me
why can't i be you?


Encore 2:
a forest
boys don't cry


 二時間以上やって、アンコール二回。
 余計な説明も要らないぐらい、贅沢で充実した内容でした。
 メジャーな曲も、マイナーな曲もやって、
 最後は「boys don't cry」だろうなと予想してたのに、それでも盛り上がってしまいましたよ。

 演奏も良かったけど、
 ロバート・スミスのボーカルがまったく衰えていないどころか、
 声量増したんじゃねえかってぐらい、素晴らしかった。
 お客さんもすごい集まってきて、
 踊ったり、一緒に歌ったり、見守ったりと、スキズキにやっておりました。
 フジロックの夜にはめずらしく、星や月が見えたし、最高でございました。

 そんでそんで例年通り、レッドの広場で野宿して、帰ってまいりました。
 雨がまったく降らず、初日なので地面も乾いておりまして、特別に冷えることもなく、
 バックも靴も綺麗なままで。
 快適なフジロックでございました。

 おしまい。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-07-30 23:29 | 音盤 | Comments(3)

『ファミソン8BIT』 momo-i


 ファミコンとアニソン、
 二大ノスタルジーのコラボレーション。

ファミソン8BIT
桃井はるこ / / ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000N3SWNQ


ファミソン8BIT STAGE2
momo-i / / ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000P0I8BS



 んで、
 サイトは、ここ。

 この手の類は「再現」と「アレンジ」のバランスがとても難しいんですが、
 これはなかなかうまくいってるとおもいます。

 たのしく聴いております。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-07-19 21:54 | 音盤 | Comments(0)

食べ歩かず。


 時折、腹一杯食べたくなるマークドナーアルドーのハンバーガー。
 新しいメニューが出るとさらに倍に食べたくなるので、
 さっそく、
 「マックポーク」、なるものを食べてみました。

 これは、ない。
 いきなり結論を言ってしまうぐらい、ない。

 不味くはないんだけど、まったく旨くもないとゆーか。
 名前からも判りますよーに、豚肉のハンバーガーなんですが。
 どーもテリヤキバーガーと同じ肉みたいで、やわらかくて歯応えがない。
 そのへんテリヤキはソースでカバーできてるんだけど、
 マックポークのソースは、
 えー、ホームページの説明に因りますと、
 シャキシャキのレタスとオニオンを添えて、ガーリックとブラックペッパーの効いたソース。
 なんだけど。
 何かボリュームのないソースで、ヨーカ堂のお惣菜みたいなハンバーグなんだよね。
 これなら中途半端な「マックチキン」のほうが良かったですね。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-07-18 22:37 | 記述 | Comments(0)

芸人さんの森の小屋の六畳間。


 最初のどーが。でも指摘されているように、
 ナントカ芸人になれば、なんとか(笑)テレビに出る切っ掛けが出来るわけで、
 芸人さんらは陰日向に勉強されているとゆー、話。

 その知識の源が予習によるものであったり、
 仲間内あるいは下っ端芸人さんであったりするわけで。
 当然、
 上のものが売れれば、下のものにもチャンスは巡ってくるもので。
 ココで、単純だけど一つの構図が見えてきます。
 芸人さんの、集団・軍団化でございます。

 お笑いさんの世界は、
 まあ、乱暴な説明ですけど、元々の演芸、落語、漫才云々の歴史からして、
 師弟関係は基本であって、屋号やら同門やらと、常識でもあります。
 ビートたけしの「たけし軍団」ってのもあるし、
 明石家さんまも何人かの弟子をまとめてテレビに出していた頃もあった。
 しかしそれは大前提に「師弟」があって、成立するものであります。
 それが昨今、
 先輩後輩で一組、遊び仲間で一組と、
 比較的ライトな関係で群集化するのが目立つようになりました。

 厳密にゆーと、師弟関係と仲間関係は別物だけど、
 つまりは、群集化の意味合いが変化しているとゆーわけでございます。な。

 この変化がどの時点から発生したのかは定かではありませんが、
 おそらく一般に広く認知されるようになったのは、
 NSCと、ダウンタウンらの(当時の)次世代の台頭によるもので、
 あるような気がしないでもないです。

 で、だ。
 この群れてる芸人さんって、どんなふーに見えるだろうか?
 わたくしは、なんだかどーも、印象が良くない。

 以前は、
 この集団的なものから共犯意識とゆーか、共通理念とゆーか。
 理想に似た強い意識を感じたものだが、
 最近はなんだか、気概が足りておりませんよ。
 共同体とゆーか、
 仲良しってゆーか。共生してる感じ。
 弱いもん同士が群がってるよーな印象で、つまらない。
 お笑い芸人なのに、つまらない。

 一度、ナイナイの矢部の飲み会ってのを観たことがあるけど、
 ほんの少しだけなのに、そのつまらなさと気持ち悪さが伝わってきた。
 腰巾着と太鼓持ちばかり、
 なんてゆーと怒られるかもしれんが、
 なんだこれ? とは、おもう。
 しかもその親玉が矢部だし。
 矢部ごときが天下でも取ったつもりか、ボケ。
 なんて、個人の感想だから言わないけれども。

 楽しいのだろうな。
 幸せなのだろうな。とは、おもう。
 よく分かるし、羨ましいかぎりだ。
 おもろい連中と集まって、騒ぐのわ。

 でも、な、と。
 芸人さんを特別な存在だとおもってるニンゲンとしては、
 独りになってもいいから、新しく、おもろいものヲ作ってほしいと願います。
 人生を変えてくれるぐらいなものを。

 セコセコと処世術を実践しないで、
 内輪ネタとか、コンパの話ばかりじゃなくて。



 以上でありますが、長いわりに〆がイマイチでした。
 補足でもないけれど、
 ブームが落ち着いてしまっているので、明らかに「飽和」していますね、今わ。
 同じ顔ぶれしか出れない。
 番組がない。
 とかとかあるから、理由は一つではないのだけれども。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-07-14 10:23 | テレビ | Comments(0)

芸人さんの森の小屋。


 すこし、遡ります。
 同じく『アメトーーク!』の、
 まだ深夜にやっていた頃の企画に、「雛壇芸人」とゆーものがありました。
 詳しいことは、
 ここ、
 を、参考にしていただきたいのですが、
 「雛壇芸人」とはトーク番組などの準レギュラー的な存在で、
 雛壇みたいなイスに座ってにぎやかしを行う芸人さんのことです。だいたい。
 土田晃之、
 大嫌いな品川庄司、カンニング竹山らがそれに該当するそーですが、
 そこで大嫌いな品川が、
 雛壇芸人とは斯くあるべきと、他の芸人さんが引くぐらい、
 その(番組を盛り上げて、テレビに映る)テクニックを得意になって語っておりました。
 当時は、
 へー、そーなんだと、その計算高い部分も含めて笑ってみておりましたが、
 今になってみて、
 ここ数年で急速に拡大した「お笑いブーム」による弊害対策であったのかと、気付きました。

 お笑いブーム。
 芸人さんブームと言ったほうが適当でしょうか。
 今や、芸人さんが出ていない番組のほうが少ないようにおもえるほどの、
 まあ、
 すでに末期症状のブームなんだけど。
 おそらくは『M-1グランプリ』が発端だとおもわれますが、その中心は必然的に若手の芸人さんであった。
 問題なのは、その「若手」の枠から漏れたキャリアの芸人さん。
 例えば、ダウンタウン、爆笑問題など、
 ブレイクしたり地位が確立した、キャリアのある芸人さんには関係のないことだけど、
 十年前後の、ベテランでもなく、若手でもない層の芸人さんらにとっては、
 この打ちよせてくる波は、深刻な問題として映ったことでしょう。
 地位も実績も、実力も、「天素」のような強力なパイプも後ろ盾もない。
 そこで必要から生まれたのが、
 何かに特化することで食らいつく、「専門的な芸人」である。

 一番分かり易い例が、
 何度となく名前が挙がっている、土田晃之と大嫌いな品川なんだけども。
 本職である「お笑い」からはすこし外し、リポーターや雛壇に並んだり。
 サッカーの番組に出たり、映画の宣伝番組や、アニメ特番に出たりと。
 以前、
 ダチョウ倶楽部の寺門ジモンが通販系の番組によく出ていたけれど、これが走りだったかもしれません。
 ともかく、そーしてテレビに出続ける、食らいつくことが目的あると。
 そのバリエーションとして、
 ガンダム、ファミコン、アイドル、サッカーなど各芸人さんが、発生したのではないでしょうか。
 なので、
 彼らが本当に好きだとか、真性マニアだとか、
 浅知恵とか付け焼き刃とか、あまり関係がないのかもしれません。
 観ていて気持ち悪いけど。

 そこで、で、ございます。
 何かに特化すれば番組に出れる。
 となれば、
 何かに詳しいほうが、競争に勝ち残れるわけで、
 ここで重要になるのがそのためのブレーン。下っ端連中の存在であります。

 さらに続きます。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-07-10 10:47 | テレビ | Comments(0)

芸人さんの森。


まず、「ガンダム芸人」ってものについて説明しなければなりません。

 雨上がり決死隊がやっております、『アメトーーク!』内での企画で、
 ガンダム好きの芸人さんだけを集めてトークするとゆー、ニッチなものがありまして。
 そこから認知されたのが、「ガンダム芸人」であります。
 土田晃之、宮迫博之、千原靖史、大嫌いな品川祐などが該当するようですが、
 ここで、ようつべの動画を、一つ。

 どーが。

 岡田斗司夫がガンダム芸人を分析しております。
 (ついでに『大日本人』を絶賛しております。)

 それは推測の粋を抜けない話なんだけど、デタラメなわけでもない。
 動画でも触れられているけれど、
 土田晃之の部屋ってのを、わたくしもテレビで何度か観たことがあります。
 確かに不自然なぐらい、
 ガンダムグッズ、だけが、ぐわっと固められた部屋でした。
 (正確には、大きな棚。)
 しかしそこはおそらく、
 テレビ用に作られた棚であるのは、土田の職業が芸人さんであることからも、
 単純に否定材料には出来ない。
 むしろ気になったのは、一緒に紹介されていた、サッカーの部屋のほうで、
 本物やらレプリカやらのユニフォームが山積み散乱してごっちゃりとあった。
 ツッコミどころがないわけではないけれど、
 サッカー好きなんだなあと、想わせる部屋でありました。
 どっちかーてっと、
 雑誌の「ガンダムエース」で連載しているコラムのほうが、気になる点が多い。
 そのコラムは現在、DVDの感想が主になっておるのですが、
 意外に、観ていない作品が多い、トコロ。
 ガンダムのシリーズ自体が多数あるので、
 観ていなくとも致し方ないところではありますが、
 仮にも「ガンダム芸人」などと称する人間が、
 連載のために観るとゆーのは、如何なものでありましょうか、と。
 んで。
 一番アレなのは、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズが好きなトコロでして。
 『機動戦士ガンダムSEED』ってのは続編が一昨年に放送されていた比較的新しい作品で、
 最初の『機動戦士ガンダム』(通称、ファーストガンダム)をオマージュ的に扱いながら、
 視聴ターゲットを女子層に合わせるとゆー、金銭臭いものでありました。
 なんで。
 男連中のガンダムファン、特に古くからのガンダム支持者からは、
 めっぽう評判が悪い事で有名でございます。
 何でかってゆー詳しい説明は、長くなるので端折りますが、
 そんな『SEED』好きな土田が、ファーストガンダムが好きだなんて、信用できへん。
 と、
 ゆーわけでございます。いちゃもんみたいなもんだけど。

 まあ、
 嫌いじゃないよ、好きだよ、観るよ。ぐらいなんだとおもう。実際わ。
 それはそれで、よい、のです。
 そこで、
 実はここからが本題でございます。そして、続きます。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-07-10 09:44 | テレビ | Comments(0)

7/9//07


 ぼちぼちだ。

 暑かったり、涼しかったりで。

 最近、ガーリックマーガリンってブツを買いまして、
 トーストに塗りたくってるぜ。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-07-09 23:50 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧