<   2007年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』


 これは、おもろい。

 リメイクっつーか、再映画化。
 期待しないわけでもなかったが、期待していたわけでもなかった。
 気持ち半々ぐらいで、やるんなら観るか、なんておもっておりました。

 オリジナルと比べて、
 ストーリー的にはほとんどいじっておらず、
 構成や画的にも、オリジナルをベースに修正、改良しているので、
 そのへん含めて、驚くぐらいオリジナルに忠実でした。
 が、しかし、
 その修正がほんとに素晴らしかった。

 修正、改良、リメイク、、、。
 なんと言えばいいのか困るが、
 とにかくこの、作り直したものの出来栄えが、見事でありました。
 単純に画が綺麗になったとか、迫力が増したとか、そーゆー話でもない。
 オリジナルのテレビシリーズだって、画が汚かったわけではないし、迫力もあった。
 グレードアップした劇場版もあったし。
 つまり、作品が持ってるパワーが、違うんではないか、と。

 ホントに、繰り返しになるけれど、オリジナルのまんまなのだ。
 パンプにも書いてあったけど、
 原画を元にレイアウトを作り直してるし、コンテ的にもガラッと変わってるわけでもない。
 それが十年以上経っても鑑賞に堪えられるってのは、
 オリジナルの力だろうし、
 良い部分を残し悪い部分を切り捨てる、スタッフの能力の高さであろう。

 比べてしまうのも何だが、
 リメイクされた作品として、『機動戦士Zガンダム』の劇場版があったが、
 やはりアレは失敗だった。
 旧カットと新カットを混ぜるなんて、やっちゃいけなかったんだ。と、おもう。

 しかし、まあ、
 問題はこれからの三部だすな。
 しっかり予告も流れたけど、
 四号機、五号機、六号機と、景気のいい名称が飛びだしてきて、
 これからガラガラと変えてくるんだろうなと、
 期待と不安が入り交じっております。


 あ、やっぱりシンジくんはちょっと違ってた、かなあ。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-09-29 21:15 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧