<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『ディランを語ろう』


 去年の暮れに買った、
 浦沢直樹と和久井光司の対談集『ディランを語ろう』を、やっと読み終えることができました。

 はっきり言って、偏ってるところもツッコミが甘いところもあったけど、
 ディランのオリジナルアルバムを一枚も持っていない、
 わたくしのようなニワカには、ちょうどよい本でありました。
 浦沢の書き下ろしもよかったし。

 基本的に、対談はディランのディスクグラフィをなぞって進められるわけだけど、
 自然と話がアメリカの音楽史になり、日本のフォーク史となるので、興味深い。
 日本の、
 日本人からのボブ・ディランが、なんとなく、判った気がする。
 とくに、わたくしはビートルズが好きなので、
 洋楽はUK中心に考えるところがあるし、
 日本のフォークもリアルタイムではないので、知らないことがたくさんある。
 それが逆側からと云ったらなんでありますが、
 アメリカ側から解説されるのは、新鮮でありました。
 最先端の音楽はアメリカで生まれ、イギリスに伝わって洗練されて、
 その二つがタイムラグで、ほぼ同時に日本へ伝わってきていた。
 って結論は、
 少々、乱暴ではありますが、
 日本の音楽が、何故、こーもイビツに進歩していったのか。説得力はあります。

 ま。
 そんなことはどーでもよく、ディランの入門誌としては、適当なのでは、なかろうか。

 ディランといえば、
 あの特徴的な鼻声、
 ゲロゲロと唄う声が、聴くヒトを選んでしまいますが、
 そのへんの解説(あくまで推測だけど)もあって、
 読み終えると、まあ、ゲロゲロケもええかなと、
 おもえたり、おもえなかったりいたします。

 気になったのは、ビートルズが過小評価されているところか、な。


 ボブ・ディランがウディ・ガスリーに憧れたように、
 社会は、ボブ・ディランにウディ・ガスリーを求めていた。
 しかし、
 「彼」になってしまった彼は、
 すでに「彼」ではない彼であって、
 フォークを持てと責め立てる社会と、
 それでもエレキを握るディランの姿を見ていると、
 怒りにも似た、何とも言い難い感情が湧いてくる。
 己の正しさは、己でしか決められないものだが、
 それを他者に振りおろし、打ちつけたときに、
 それは、悪しきものへと変わる。
 正しさとは、
 他者の正しさを読み解き、理解することである。

 ディランが、ガスリーにならなかったのは、
 彼が、ボブ・ディランだから、なのである。

 とてもシンプルな答えなのだ。




ディランを語ろう
浦沢 直樹 / / 小学館
ISBN : 4093592020
[PR]
by y.k-ybf | 2008-06-28 22:33 | 本棚 | Comments(0)

『東京大学物語』


 まったく期待も抱けない映画であるが、
 原作の作者である江川達也が監督するとゆー、キワモノ的興味と、
 三津谷葉子が出るとゆー、エロス的欲求から、観てしまいました。

 原作の九割が、若者のリビドー(残りは教育批判)を描いているだけあって、
 映画自体もピンク映画みたいな扱いになっております。
 製作もAVメーカー。
 さらに監督が漫画家崩れの素人とくれば、自ずと出来が想像できますし、
 そーいった意味では、期待通りの映画でありました。
 『ゲド戦記』然り。
 やはり監督って大事なんだなと、気付かせてくれます。
 しかし、
 この映画のキワモノ感は作品の出来だけではありません。
 後半になると、
 監督の江川達也が本人役で出演までしちゃうのです。
 ノコノコと素人が、初監督作品で初出演しておるのです。
 しかも、
 それまで語られてきたストーリーを原作にする漫画家役で、
 その漫画連載がヒットして、映画になって監督するとゆー、メタっぽい構造で、
 実際の制作発表や、撮影風景などを織り交ぜる、
 小賢しい演出が、素人の悪あがきっぷりを強調してくれます。

 アートのつもりか。

 おかげでラスト近くになると、ほとんど主演扱いになる。

 気持ち悪い。

 結局、原作の良さも面白さも活かされない、ゲテモノ映画ですが、
 三津谷葉子のセミヌードはステキでした。

 それ以上の価値は、ありません。




東京大学物語
三津谷葉子 / / ソフト・オン・デマンド
ISBN : B000H9HR0A
[PR]
by y.k-ybf | 2008-06-27 22:05 | 映画 | Comments(0)

『地下鉄(メトロ)に乗って』


 完全に、不覚であった。
 どーせ、昭和ノスタルジーを売りにした、
 タイムトラベル仕掛けの、父と子の心の交流でも描いたお涙頂戴物だと、
 高をくくって観ていたら、
 驚くべきことに、そのどれでもなかった。

 まさか、こんな、デタラメな映画だとは、おもわなんだ。

 ストーリーの大部分は、
 仲違いしていた父親が倒れ、
 弟から見舞いに来るように呼び出されるも、断り続ける次男坊の、
 おかしなおかしな地下鉄物語なのだが。
 まず、タイムトラベル物として、
 記憶のリンクが無く、
 時折、主人公が無視されたりもするので、パラドックス的な影響もほとんどなくて、
 かなりグダグダ。
 ノスタルジー物としても、
 過去のパートは、父の人物像を描くためのものであって、
 郷愁を喚ぶものでも、それがクローズアップされることもない。
 では、
 父と子の和解がクライマックスなのかとゆーと、
 現代のパートでは、肝心の父親は姿を現さず、
 ラストはお墓参りのシーンなので、死んじゃったみたいです。
 過去パートで和解に関するシーンはあるけども、
 これがまた唐突だし、一方的なものだし、
 その前後に衝撃的な展開があるので、印象も薄い。
 (愛人の女性が異母兄妹だとわかり、
  その直後、過去で、身籠もった母親と共に高い石段から、飛び降ります。)

 でわでわ。
 もー、割り切って地下鉄の映画だ、
 メトロ大好き、プロパガンダだ、と、決めつけてみても、
 本編ラスト、
 スタッフロールが流れると、
 主人公の次男坊が乗っていた地下鉄が、トンネルを抜けて外に出ちゃいます。

 地下鉄でもねーのかと。

 最後の最後まで煙に巻いて、愕然とさせてくるキラー映画でありました。


 (散々なことばかり書いてきましたが、
  死に神みたいな先生、ぜんぶ知ってたっぽい愛人さん、「罪と罰」の本と、
  あまり活かされてはおりませんが、
  仕掛けはあるよーなので、安心してご覧ください。)




地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション
堤真一 / / ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000M330DO
[PR]
by y.k-ybf | 2008-06-20 21:58 | 映画 | Comments(0)

『JUST A HERO』/BOØWY (031/100)


 暴威が何故、いまだに人気を保っているのかとゆーと、
 絶頂時に解散してしまった故に、
 その余韻がいまだに残り、イメージの劣化を防いでるから、なんだけども。

 時々、バンドブームの枠組に暴威が入れられることがありますが、
 厳密には、ブームが頂点を迎える前には解散しておるので、
 関係性は薄く、
 ブームで消化されなかったのも、要因の一つだとおもいます。

 それはさておき。
 音楽的な功績でゆーと、『JUST A HERO』とゆーアルバムを残したことだと、
 わたくしはおもっております。
 思い込みなので、適当に流してください。

 暴威には二つの路線がありまして。
 一つはサードの『BOØWY』、通称『ベルリン』で確立したビート・バンド系の路線で、
 それが後の『BEAT EMOTION』とゆー代表作へと発展し、
 暴威を広く認知させた作品となりました。
 後続の、日本のロックバンドに与えた影響も大きく、
 多くのバンドが手本として、コピーして、そして消えてゆきました。
 もう一つの路線は、
 ビートの勢いではなく、豊かな音楽性を重視したもので、
 それが『JUST A HERO』であり、
 ラストアルバムとなった『PSYCHOPATH』でございました。
 その路線ってのは珍しいものでもないのですが、
 日本のバンドで形にできたのは少ないと、おもいます。当時としてわ。
 大概、挑戦する前にバンドの消費期限が切れるか、
 こぢんまりとしたものになってしまいます。

 要するに、
 暴威は違った二つの意味で、影響を残したとゆー点で、
 特別な存在になっているのではないかと、おもう次第でございます。

 で、『JUST A HERO』。
 深みや密度では『PSYCHOPATH』のほうが上なのですが、
 まとまってる感じが好きなので、
 こっちを選んでみました。




JUST A HERO(紙ジャケット仕様)
BOΦWY / / EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
[PR]
by y.k-ybf | 2008-06-19 22:08 | 音盤/100 | Comments(0)

暴威のビデオ。


 去年のクリスマスにでた『“GIGS”BOX』と、
 今年の四月に出た『“LAST GIGS” COMPLETE 』のDVDを、
 やっと全部鑑賞を終えました。

 一曲目からずっと唄いっぱなしだったので、たいへんでした。
 オレが。

 どっちも、セールのやり方でいろいろ批判されておりますが、
 それでも、わたくしは初めて観る映像ばかりだったので、かなり満喫できました。

 ありがちな、ボーカルだけのバンドではなくて、
 ギターも、ベースもドラムも個性が立っており、ちゃんと四人のバンドになっている。

 やっぱりカッコイイ、すごいバンドだなあ、と、おもいました。




“GIGS”BOX
BOΦWY / / EMIミュージック・ジャパン
ISBN : B000XT6868




LAST GIGS COMPLETE
/ TOSHIBA-EMI LIMITED(TO)(D)
ISBN : B0013BECBS
[PR]
by y.k-ybf | 2008-06-19 21:33 | 音盤 | Comments(1)

『デーヴ』


 キムタクさんの月9のドラマを観ていたら、
 想い出したのがアメリカエイガの、『デーヴ』。

 大統領のそっくりさんが、
 影武者として働くうちに、なんやかんやで本物とすり替わって大統領になっちゃうとゆー、
 もはや伝統的なコメディ。

 こーいった毒もない、ファミリー向けのコメディは好きじゃないし、
 何より興味がないのでございますが、
 なぜか、この『デーヴ』だけは繰り返して観てしまうぐらい、
 お気に入りなのでございます。

 シガニー・ウィーヴァーがアニーを唄ったり、
 オリヴァー・ストーンが本人役で彼らしいコメントをしていたり、
 滑稽なシーンもあるわけですが、
 やはりキモとなるポイントは、
 フツーの感覚、で、ありましょう。

 これはキムタクさんのドラマとの共通点でもありますが、
 政治家さんと、政治の世界が、
 如何におかしな世界であり、おかしな住人であるか、
 ユーモアとして浮き彫りにしているわけで、ありますね。

 童話でゆーと、
 はだかの王様と、王子と乞食が合わさったみたいなものですね。




デーヴ
ケビン・クライン / / ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B00005HC6Q
[PR]
by y.k-ybf | 2008-06-16 22:32 | 映画/100 | Comments(0)

06/16//08


 パソコンが壊れた。

 結果的には半月程度で直ってきたし、
 お金も大して掛からなかったのだが、
 他にもいろいろ重なったので、かなりの精神的なダメージを負った。

 パソコンだけが、問題ではなく。

 壊れたのは、電源スイッチ。
 押したら戻らなくなって、基盤をやっちゃったらしい。

 でも直った。
 汚かった画面もキレイになったし、
 何より、
 ネットをやらない生活が、なかなか新鮮でありました。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-06-16 20:04 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧