<   2008年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

フジ・ロック・フェスティバル 08


 行ってきた。
 そして帰ってきた。

 フジロック。
 七月二十六日、土曜日。

 怒られるといけないので、風景ばかり撮ってみました。

b0048532_20273790.jpg


 雨にかるく降られたけど、
 陽射しが強かったので、合羽も要らず、ちょうど良いぐらいでした。

 まず、赤小屋でMONGOL800、
 移動中に、グリーンでeastern youthを観つつ、
 大縦断の末、オレンジ・コートへ。

 鈴木慶一/Captain HATE and The Seasick Sailors feat.曽我部恵一。
 長い。
 名前は長いけど、予想以上に良かった。
 曽我部さんのボーカルが、パワーアップしていた。
 垢抜けて、貧相じゃない。

b0048532_20282930.jpg


 鈴木慶一と、曽我部恵一と、ゲストの山本清一の、トリプル・ギターソロ。
 堪能。


 グリーンに戻って、
 食べたり、飲んだり、昼寝しながら、最後まで動かず。

 ザ・クロマニヨンズ。
 パンクロックへ回帰したヒロトは、
 ほんとに楽しそうに、暴れまくって踊りまくっておりました。
 「エイトビート」は、聴いてて泣きそうになった。

b0048532_20285091.jpg


 夕暮れと、グリーンステージと、ヒロト。


 次は、プライマルスクリーム。
 ギターがチェンジして、シンプルなロックバンドになっていた。
 ノイズな破壊力は減ったけど、ストレートに曲の良さが伝わってきた。
 「LOSING MORE」なんて古い曲をやりつつ、
 ラストは、
 「SWASTIKA EYES」、「ROCKS」、
 「COUNTRY GIRL」、「MOVIN' ON UP」と、
 連発の、大合唱で終わりました。

 ほとんど満足。

 で、
 最後が、アンダーワールド。
 盛り上がるかなあとおもっていたら、
 すごいヒトがたくさん集まって、えらい盛り上がりました。
 すまん。



b0048532_2029663.jpg



 今年はラインナップが少々物足りなく感じておりましたが、
 一つ一つをゆっくり観たので、
 むしろ、満喫できました。



 来年は、キヨシローが復活してくれることを、願う。
 ステージから、大きな声で、呼び掛けておくれ。
 ベイベー。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-07-28 21:16 | 記述 | Comments(0)

『Automatic For The People』/R.E.M. (041/100)


 グランジ・ブームのど真ん中で発表された、アルバム。
 の、ようですね。

 しかし。
 ルーツが不透明でおおくの評論家を悩ませたグランジ、オルタナティブの時代に、
 『Automatic For The People』がつくられたのは、とても意味があるとおもいます。

 ルーツが分かり難いと云いましたが、
 グランジにもちゃんとガレージやパンクといったルーツはあります。
 しかしそれ以上に求められたのは、
 アンチ・スター、アンチ・エンターテイメント。
 若者が身近に感じられるリアルな音楽であり、エネルギーでした。
 そのためには、ルーツと呼ばれる過去の遺物が邪魔だったのです。
 そして皮肉なことに、
 おおくの共感をあつめたリアルティは、否定したはずのカリスマを生み出してしまいます。
 それがニルヴァーナであり、カート・コバーンでした。

 『Automatic For The People』は、
 カントリー、フォークといったアメリカのルーツ・ミュージックを取り込みながらも、
 グランジ世代と共有する痛みを描き、世代も関係なく支持を得ました。

 グランジとは逆のアプローチで、アメリカを捉えようとしていたのです。


 しかし、まあ、
 大学生が、喜びそうなバンドですね。




Automatic for the People
R.E.M. / / Warner Bros.
[PR]
by y.k-ybf | 2008-07-25 17:48 | 音盤/100 | Comments(0)

てな、ことで。


 明日は、
 富士ではないフジへ、ゴー。

 今年はいっぱい食べて、いっぱい飲んで、いっぱい眠りたい。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-07-25 17:02 | 記述 | Comments(0)

『jaguar hard pain 1944〜1994』/THE YELLOW MONKEY (040/100)


 まだ人気も安定しない頃、
 周囲の反対を押し切ってまでつくられた、
 三枚目のアルバムにして、コンセプト・アルバム。

 個人的にコンセプトは好きなんだけど、
 一般的には取っつき難いようで、
 しかもジャガーは日本兵の亡霊が主人公で、
 アングラ演劇だし、女装もするし、坊主にするしで。
 売る色気を鬼のように消し去ってしまいました。

 でも、この頃の表現へ突貫してゆくイエモンが好きだったし、
 つくりに粗も甘さもあるけど、
 このアルバムはいまだに特別なものだったと、おもっております。




JAGUAR HARD PAIN
THE YELLOW MONKEY / / ヒートウェーヴ
[PR]
by y.k-ybf | 2008-07-21 10:10 | 音盤/100 | Comments(0)

『世に万葉の花が咲くなり』/サザンオールスターズ (039/100)


 サザンのアルバムは、ほとんど持ってないので、
 取り上げるのには抵抗がありますが、
 それでも良いアルバムだったので、選んでみました。

 「涙のキッス」が入ってるので、
 ああ、そんな時代のアルバムかと想像できるとおもいますが、
 100万枚越えて当たり前の、
 そんな時代のわりに、曲も歌詞も、むしろ渋く、風刺的でハードなのが、
 桑田圭祐の非凡なところでありましょう。

 表現者として、
 サザンとゆー枠組みに対する疑問は、
 この時点で、すでに小さなものではなかったのかも。

 まったく気にしてなかったけど、
 90年にバンドを復活させてから、アルバムは5枚しかつくっていないのですね。

 これだけのキャリアがあるなら、このペースも珍しくはないですが、
 よく働いてるイメージがあるので、意外でした。




世に万葉の花が咲くなり
サザンオールスターズ / / ビクターエンタテインメント
[PR]
by y.k-ybf | 2008-07-17 21:47 | 音盤/100 | Comments(0)

『DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER - ヘッド博士の世界塔』/フリッパーズ・ギター (038/100)


 わたくしにとって、邦楽、最後の砦となったのが、
 この『DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER - ヘッド博士の世界塔』でした。

 渡辺美里、長渕剛、JUSTY-NASTYといった、
 それまで聴いてきた邦楽にすっかり飽きてしまって、
 これならどーだと聴いたYMOの『テクノドン』が、また退屈なアルバムで。
 もー、次でダメならとお終いかと、手に取ったのがフリッパーズだったのです。
 それぐらい、
 わたくしにとっては斬新で、刺激的なものでした。

 当時の音楽業界も、
 同時期に起こったネオアコ、渋谷系ブームで再興したと、
 云っても過言ではないでしょう。


 フリッパーズのカタログが再発されたとき、このアルバムだけは除外されてしまいました。
 サンプリング関係が、グレーじゃなくて黒だってのが理由らしくて、
 改めて、このアルバムと出会えた幸運に、感謝したいとおもいます。

 音楽への濃ゆい愛情と狂気が入り交じった、アルバムです。




ヘッド博士の世界塔
フリッパーズ・ギター / ポリスター
[PR]
by y.k-ybf | 2008-07-17 21:40 | 音盤/100 | Comments(3)

ジャケット写真補足。

b0048532_15165888.jpg


 下の三枚、
 なぜかアマゾンにジャケットの写真がないので、
 手持ちで補足。

 パチリ。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-07-13 15:18 | 音盤/100 | Comments(0)

『comme a la radio』/FAIRCHILD (037/100)


 実質、FAIRCHILDのラストとなったアルバム。

 説明しないと知らない方もいらっしゃるとおもいますが、
 YOUがボーカルをしております。

 三人組の、テクノポップがメインのバンドでしたが、
 この時からすでにYOUの個性は強く、いや、強すぎて、人気だけはありました。
 結局、
 キャラクターがバンドだけに収まりきれず、解散に至るわけなんですが。

 『comme a la radio』は、
 ラジオのプログラムを模した、一種のコンセプトなつくりになっておりまして、
 オリジナルのジングルやラジオ体操を挿みながら、
 洒脱なポップソングが並んでおります。
 テクノポップはドコへ行ったんだってぐらいに。

 まるで、ピチカート・ファイブのようですが、
 たぶん、YOUが狙ったんでしょうね。




Comme a la radi
FAIRCHILD / / ポニーキャニオン
[PR]
by y.k-ybf | 2008-07-12 21:26 | 音盤/100 | Comments(0)

『GO FUNK』/米米CLUB (035,036/100)


 まずは、関係のないチバテレビの話。

 昔、まだCDもなかった頃、
 プログラム自体がスカスカだったローカル局の千葉テレビでは、
 音楽だけを流してる時間ってのがありました。
 森や河など自然の風景をバックに、
 アーティスト名と曲目のリストだけ映し、1、2時間延々と曲だけを流す。
 ラジオとゆーより、映像付きの有線放送みたいなものです。
 子供ながらに、その現実に愕然としたのを覚えているが、
 これが音楽好きになると重宝なもので、BGMとして具合が良かった。
 しばらくすると、最悪の環境ビデオみたいなバックから、
 ちゃんとレコードのジャケットを映すようになるのですが。
 これ、
 すごいのは、シングルのA面B面だけではなくて、アルバム丸ごと流したりもするのです。
 貸しレコード屋さんもビックリです。
 テレビなので当然音質はよくありませんが、
 金がないけど音楽は聴きたいってニンゲンには、これほど便利なものはありません。
 ジャケットを映してるだけなので、何の曲を流しているのか、わからないときもありますが、
 テレビとラジオをラインで繋いで、せっせと録音していたものでございます。
 チバテレビは、まさに千葉のMTVだったのでございます。

 んで。
 米米クラブもチバテレビで流れておりまして。
 これはええぞと、
 先の話になりますが、CDを買いました。
 生まれて初めて買ったCDが、米米の『KOMEGUNY』でありました。

 『KOMEGUNY』ってアルバムは、
 当時、悲しいぐらい売れていなかった米米が、
 悪魔に魂を売るかの如く、ネタ無し毒無しのメジャー狙いで作られたアルバムで、
 「sūre danse」や「浪漫飛行」も収録されておりまして。
 出来は悪くなかったけど、やっぱり売れませんでした。
 (浪漫飛行は、バンドがブレイクした後に、改めてシングルカットして、やっと売れたのです。)

 これが区切りになったのかどーかは定かではありませんが、
 その後、メンバー脱退もあり、
 吹っ切れたかのよーに発表されたシングルが「KOME KOME WAR」で、
 正も邪も混ぜてしまえとつくられたのが、『GO FUNK』でした。
 一応、ファンク・ミュージックをベースにしながらも、
 ゴッタ煮状態となったアルバムは、
 節操のない米米の音楽スタイルを、最良の形で表現することに成功しました。

 以後、
 残念ながら、この絶妙なバランスは失われてしまいますが、
 おもいきって二つに分けたベストアルバム、『K2C 』と『米米CLUB 』。
 それぞれ「上半身」と「下半身」と呼ばれたアルバムでは、
 まさに上品と下品に、
 ゴージャスで、洗練かつ馬鹿馬鹿しく、わたくしのお気に入りなので、挙げておきます。
 「下半身」のほうを。




GO FUNK
米米CLUB / / ソニーレコード




米米CLUB
米米CLUB / / ソニーレコード
[PR]
by y.k-ybf | 2008-07-09 22:24 | 音盤/100 | Comments(0)

『ケダモノの嵐』/ユニコーン (034/100)


 この記事は何度も書き直しましたが、それでもスッキリしない。
 ユニコーンってバンドの説明が、ここまで厄介だとは、おもわなんだ。

 時期的にバンド・ブームと重なる所為なのですが。
 ユニコーンはブームの影響をモロに、浴びるように受けてしまいました。
 ジュンスカのように、波へのることも、
 ブルーハーツのように、距離をおくこともできずに。
 しかし、ユニコーンは掴み所のないバンドでありましたが、
 それ以上に、掴まれることを嫌うバンドでした。
 シングル「大迷惑」、アルバム『服部』でブレイクしますが、
 その、ビートパンクのイメージも、すぐに、脱ぎ捨てられることになります。

 次作『ケダモノの嵐』では、
 多種にわたる音楽性へ手を広げ、凶暴な雑種性を顕わにします。
 ケダモノ、だけに。

 そのフリーキーな部分は、
 あまり評価は聞きませんが、バンドメンバーの力だと、おもいます。

 あと、仲間ウケなところは、サザンと似てますね。




ケダモノの嵐
UNICORN / / ソニーレコード
[PR]
by y.k-ybf | 2008-07-08 21:08 | 音盤/100 | Comments(2)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧