<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年のM-1後、感想。


 今年のM-1は、ノンスタイルが優勝したした。
 おめでとうございます。

 わたくしの予想も見事に外れてしまったので、これから独り反省会になります。

 早速、言い訳なのですが、今回は予想外のことばかりでした。
 まず、ナイツ。
 ここまで実力が出し切れないとは、おもいませんでした。油が切れたみたいでした。
 おそらく本番では速くなってしまうのを見越して、テンポを緩めたのでしょうが、
 あれでは間延びしてしまう。
 それと、ネタのチョイスがあまりよくなかった。
 前にも書きましたが、
 ナイツはオーソドックスなスタイルにみえても、ネタは若者向けなので、
 微妙に有効範囲を狭めてしまっている。
 笑いはあったけど、爆発がなかったのは、その辺が理由なのではないかな。

 笑い飯は、
 またいつものようにマイペースでくるのかとおもったら、大会用に変えてきた。
 これは良かった。
 しかし、他の組の勢いまでは抑えられなかったし、二番とゆー順番もツイてなかった。
 おもしろいのは間違いないのに、
 キャリアからくる鮮度の低下とゆージレンマに、躓いてるのかな。
 難しい課題だとおもいます。

 敗者復活には驚きました。
 オードリーが出てきたらおもろいかなと思いつつ、
 出てきてどーすんねんとも思っておりました。
 そしたら本当にオードリーが選ばれて、驚き、
 しかもしっかり笑いをとって最終組まで残って、また驚きました。
 オードリーって力があるんだな、と。
 侮っておりました。
 でもネタの順番は逆のほうがよかったかな。この先が楽しみです。

 ボロボロだったのは、ザ・パンチ。
 ツカミでやや受けだったのが、全体に響いてしまいました。
 わたくしはまともに画面すら観れませんでしたよ。
 戦いになれてない経験不足も出た気がする。
 普段の半分ぐらいの力だったか。
 M-1が、如何に特別で特殊なものなのか、よく分かりました。

 ダイアンは、おもしろいのに印象が薄い。
 スタイルも基本的だし、テクニックもあるのに、なぜか伝わらないのだな。
 静かなボケと、激しいツッコミが相殺してるのかな?
 それはさておき、
 「サンタクロース? 知らん」ってネタは、お客さんが引いてたね、若干だけど。
 ナイツとかもそーだけど、
 今はこの手の惚けネタは、あまり有効ではないのかも。

 モンスターエンジンとU字工事は、いま一つでした。
 笑いはあったけど、次もみたいとゆーものではなかった。

 で、優勝したノンスタイル。
 が、
 その前にキングコングw
 去年よりも成績が悪かったwwキングコングwww
 一年間、ライブ巡業で腕を磨いたそーですが、
 ハッキリ言って、まるで成長していない。 スラムダンクの谷沢君か。
 むしろキレがわるくなったぐらいだ。
 はねトビだと、少しは工夫の色は見えたので、
 期待がなかったわけではないが、がっかりさんだ。
 なので。
 キングコングについては去年、散々書いたのでそちらを見ていただくとして、
 ノンスタイルの話に移るわけですが。
 おそらく、彼らの笑いのスタイルやアプローチやらは、キングコングと一緒だとおもう。
 よく似ている。
 しかし、
 キングコングのネタの穴をすべて埋め、
 補正、補強して、精度を磨いたものこそ、ノンスタイルの笑いだとおもいます。
 いわば完成型です。ある意味で。
 一概に、スピードや、笑うポイントの多さで決まったのではない。
 スピードには緩急を付け、ネタの配分も計算して組み立てている。
 勢いだけでボケるとか、大声でツッコむとか、自分が楽しければとか、
 そんな次元で産んだ笑いではないのでございます。

 新顔ばかり、吉本ばかりで、
 M-1もいよいよかと不安もありましたが、
 良い意味で裏切られた大会で、ホッといたしました。



 あ、あと、
 上戸彩は、二度と司会などするな、と、最後に付け加えておきます。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-12-23 22:43 | テレビ | Comments(0)

今年のM-1前予想。


 いつの間にか、M-1の季節になり、
 いつの間にか、予選も終わり、
 いつの間にか出場者も決まっておった。
 このままでは、いつの間にかに、決勝も終わっているのだろうか。
 それぐらい、今、お笑い熱は冷めている。
 はっきり言って、ここ数年、お笑いを見過ぎてしまったのかも。
 そんな、
 いつにも増してどーでもよい前置きはさておき、
 わたくしの独断と偏見のスパイラル予想なのだが。

 ナイツかな?
 漫才の形を壊さないスタイルは好感がもてるし、審査員受けもいいだろう。
 ツッコミがやや弱い気もするが、
 ネタの選択を間違えなければ、最終三組にはまず残るでしょう。
 笑い飯は、
 いい加減、会場の空気を読んでネタをやってほしいものですが、
 それはそれで笑い飯らしくない。
 そんな厄介なコンビでありますが、
 その空気の読まなさから、優勝もあるかも。

 あとコワいのは、ダイアンとモンスターエンジン。
 認知度がまだ低いけど、お客さんを味方につけたら、けっこういくとおもう。
 とくにモンスターエンジンは、
 何やコイツとゆー、M-1名物の不思議パワーをもっている気がする。

 で、わたくしの大嫌いなキングコング。
 今でも絶賛嫌い中なのだが、うまくバケられる可能性はあるのです。
 大嫌いですが、少し期待。

 でで、U字工事、ノンスタイル、パンチらは、
 正直まだ早いとゆーか、まずは順位争いからって気がする。
 パンチは好きなんだけど、審査員受けは悪いんだろうなぁ。

 結局、一番期待してるのは麒麟枠だったりもしている。
 今年は何がくるのかな、と。


 ただ、話を蒸し返すようだが、
 キングコングが優勝するようなことがあったら、問題だわ。
 一昨年かな?
 ライセンスの敗者復活は、やっぱりないわ。
 あれは松本さんあたりが推しただけだわ。
 ますだおかだの例もあるし、余計な噂もよく耳にする。

 どーか、ガチでおもろい大会でありますように。


 追記。
 今年のダイナマイト関西は、和田ラヂオが素晴らしかった。
 あのメンツと互角以上に渡り合うのも、その風貌も、予想を越えていた。
 まさにプロレス的だ。

 オススメ。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-12-16 22:39 | テレビ | Comments(0)

映画の吹き替え。


 こんなのがでる。

 「想い出の復刻版DVD」

 テレビで映画を観て育った世代、、、ってのは、あまりにも幅が広すぎるが、
 吹き替えに慣れちゃったニンゲンには、これは待ちに待ったブツである。

 何度かここでも触れたが、
 わたくしにとって、マーティーは三ツ矢雄二なのである。
 軽薄そうだけどマジメで憎めない、あのキャラクターは、あの声でなくてはダメなのだ。
 店売り用のものはみんな声優が変更されてしまうので、
 テレビ放送を録画したビデオを大事にとっておいたのだが、
 これでお役後免になるのだろう。

 できれば、ボックスにして出してほしいのだが。


 んで。ユニバーサルだけとは言わず、他でも出してほしい。
 ブルース・ウィルスも、村野武範じゃなくて、野沢那智なのだ。おれわ。

 ほんとに、ニッチな願いであるが。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-12-15 16:54 | 映画 | Comments(0)

消えた音。


 前回、ちょいと触れた部分を補足。

 小室哲哉さん追悼企画として、
 関連CDを思い付いたように聞き返しておるのですが、
 やはり気になるのは、プロデュースの甘さ。
 わたくしはその原因を、小室さん個人の能力の限界と、考えておりましたが、
 どーやらそんな単純な話ではないかもと、おもうようになってきました。

 『キヲクトキロク major turn-round』。
 たぶん、この時期の活動なんて、
 ファンぐらいしか知らないとおもうので説明いたしますが。
 このアルバムは、
 2000年にインディーズレーベルROJAMから一度発表されたもので、
 その、メジャーレーベルでの再発。
 んで、そこに未発表トラック等を加えた二枚組なのだが、
 おもしろいのは、ほとんどボーナスディスクであるはずの未発表トラック集がdisc1で、
 発表済みとはいえ当時の最新オリジナルアルバムだったものがdisc2になっているトコ。
 まるで自ら現役として商品価値がないと認めてるようなものだ。
 オリジナルのタイトルは副題扱いで、
 メインは「記憶と記録」なんてセンスのない、女子高生が付けたみたいなタイトルになっとるし。
 しかしさらに醜悪なのは解説。
 TKって呼び名がすでにバカっぽいのに、
 誉め殺しに近い賛美だらけで、ほとんど自画自賛。
 これは明らかに、マイナスプロデュース。

 何でこんなことになったのか。
 こんなスタッフばかりになったのか。
 つまり、すべての原因はここなんじゃないかな。
 旨くて甘いことばかり喋くるニンゲンだけが残って、好きなだけ食べられちゃったのじゃないかな。
 自業自得とも言えますが、
 やっぱりそんな自分の姿、形、状況を俯瞰で見れなかったてのは、問題であろう。
 或いはその余裕すらなかったのか。

 あ、
 『major turn-round』はプログレに挑戦したアルバムで、悪くないのです。
 残念なのは、つーか、怖ろしいのは、
 このとき既に、アルバムをマトモに流通させることが出来ていなかったってことで。
 あのTMが。

 そこまで状況は悪化してたのかとおもうと、複雑でもあります。

 と、
 ここまで書いた時点で、いろいろ記事を読んでみましたら、
 あながちハズレでもないようで。
 リンクを貼る必要もないぐらい、簡単に探せるとおもいます。

 隠れFANKSはたくさんいるのですね。やはり。

 どーもバンドがデビューした頃から、スタッフや事務所関係の問題はあったよーです。
 一度デビューに失敗しているし、言われてみると、、、

 この続きはまた次回にいたします。




キヲクトキロク~Major Turn-Round

TM NETWORK / R and C Ltd.


[PR]
by y.k-ybf | 2008-12-11 20:20 | 音盤 | Comments(0)

ビルダー、引退。追補。


 わざわざ書き直すほどでもないのでありますが、他に書くこともないので。

 ガンダム・カードビルダー。略してGCB。
 この度、連邦軍からのプチ引退が決まりました。

 GCBはネットでの全国対戦と、CPU相手の一人用があるのですが、
 わたくしはヘタレなゲーマーなので、
 相手が強くて、負けたら階級ポイントがマイナスになる全国対戦はほとんどやらずに、
 一人用ばかりやっております。
 しかしこの一人用プレイ、ステージごとに特殊部隊ってのが出てきます。
 ほとんどが原作再現デッキで、
 自分が連邦なら、相手はシャアだったりランバ・ラルだったり。
 ジオンなら、第13独立部隊やら08小隊が相手になります。
 ほぼ原作通りのキャラ、機体、装備で出てくれるのが嬉しいところでありますが、
 ハッキリ言ってかなりコストオーバーしてくれるので、なかなか強敵だったりします。
 サイド6なんてリックドムだらけだし、
 キマイラ隊もゲルググ固めの凶悪なものでした。
 そんな特殊部隊に勝つと星が貰えます。
 ☆。
 わたくしはこの☆を集めておりまして、それがやっと全部揃ったのです。
 おそらく。
 一年戦争編、デラーズ紛争編と合わせて計60個。60部隊。
 確認が難しいので断定はできませんが、おそらくこれで全部。
 これがまた、長く苦しい戦いでありました。

 特殊部隊が出るのは完全にランダムで、
 出るときは一発だけど、出ないときはホントに出ない。
 いくらやっても出ない。
 かなりの苦行でありましたが、今回、めでたく☆が揃いましたので、
 連邦を一時的にお休み、プチ引退となった次第であります。
 戦士にも休息が必要なのであります。

 で、現在はジオン側でプレイしておるわけでありますが、これが似て非なるもの。
 まず、ビーム兵器を使える機体が限られる。

 原作をご存知の方には説明の必要もありませんが、
 ジオンは連邦に比べてモビルスーツの開発こそ先行しますが、
 ビーム兵器の分野では遅れをとってしまいます。
 その辺、きっちりゲームに反映されているので、
 中心はゲルググ系の機体になります。
 ドム系でも装備は可能ですが、出力の関係で弾数が減ってしまいます。

 ならばゲルググ使ってりゃええやないかとおもわれるでしょうが、
 これがまたコストが割高だし、内装武器がない。
 基本、宇宙用なので使い回しが悪いと、かなりガンダムと差をつけられてしまうのです。
 しかしそれでも、
 終戦後に造られたゲルググMのおかげで、かなり緩和されましたが、
 武器そのものにも問題があります。
 ビーム兵器開発が遅れたと云いましたが、
 それは機体だけではなく武器のバリエーションにも影響を及ぼしております。
 とにかく、ビーム兵器の種類が少ないのです。
 つまりは根本的に、機体設計全体が一歩負けておるのです。連邦に。

 ビーム兵器が何故、重要なのかとゆーと、盾、シールドの存在があるからです。
 相手がシールドを持っていた場合、
 実弾兵器ではシールドのみへのダメージになりますが、
 ビーム兵器だと、シールドと機体にダメージを与えることができます。
 不思議ですね。
 また内装武器についてですが、
 これも有ると無いとでは、武器の装備から戦術まで変わってしまいます。

 まー、細かいトコロではあるし、差違として楽しめるからよいのですが。

 で、そーしてみるとわかるのが、連邦量産機ジムのポテンシャルの高さ。
 性能は良くないけど、
 コストが半分程度でビーム兵器が使えて、
 内装武器(頭部バルカン)があり、ビームサーベルも使える。
 武器のビームスプレーガンの使い勝手も良いし、両手が空く小型シールドもある。
 まさに連邦のモビルスーツは化け物かと、素で言えます。
 ジムは、メインにするのは厳しいところだけど、
 サポートとしてはかなり優秀な機体であります。
 ジオンも負けるわけであります。

 ジオンはどちらかとゆーと、個性的なものが目立ちます。
 ここからは、フォローであります。
 キャラも、機体も武器も、独特でおもしろい。
 こーいった両軍の違い、特色を楽しめるのが、GCBならではだとおもいます。

 えーと。

 何の話をしていたのか、忘れてしまいましたので、おしまい。

 ふー。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-12-03 22:47 | ゲイム | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧