<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Rー1ぐらんぷり2009 が、如何に残念であったか。


 出来レース、
 とゆー言葉を使いたくはないのだが、これは疑われても仕方あるまい。
 最初にことわっておくが、
 優勝した中山功太は何一つ悪くないし、落ち度もない。
 彼を責めるつもりなどまったくない。

 リアルタイムでざっと観て、ビデオでもう一度観た。
 自分でも採点をしてみたが、あまりにも基準が見えないので途中で挫折した。
 やってみるとわかるが、このピン芸の評価とゆーのは、えらく難しい。
 これだけ個性的なスタイルで細分化されたら、
 いくら専門的な立場の人間であろうと、公平なジャッジは無理なのではないか。
 だから、審査員も責めはしない。
 なんでマンガ家がいるんだ、しかもギャグマンガ家でもねえだろ、とか、
 100点つけたらおしまいだろとか、不満はある。
 不満があるのは毎度のことだ。とくにRー1わ。
 来年から、
 お客さんの投票にすればいい。
 今回も、大会結果と、会場の笑いに差があった。
 それと、いちいち点数を発表するやりかたも、ダメだ。
 盛り上がりに欠けるだけじゃなく、
 悪い意味での緊張感が生まれてしまうし、審査員も点数の調整が出来てしまうから。
 だいたい、中山功太の出番が最後ってのも、作為を感じる。
 どーにでもなるわ、と。

 んで、内容の感想でございます。

 正直、今年のレベルはかなり高かったとおもう。
 つまらないものや、余分なものがなかった。
 去年優勝したなだぎ武すら、このレベルには達していないだろう。
 あくまで個人的な感想でありますが。

 出場者10人中、あきらかに劣っていたのは岸学と夙川アトム。
 どちらもネタが生暖かかった。まだ練り上がってないようだ。

 鬼頭真也の、本の解説ネタとゆーのは、斬新ではないけど新鮮ではあった。
 物足りないところもあるが、芸人にはない笑いの感覚は、大事だとおもう。

 鳥居みゆきは、さすがであった。
 陽の友近、陰の鳥居である。
 ネタもじつにしっかりできていた。おそらく、テレビ用に作り直してきたのだろう。
 残念なのは、ネタのポイントと、笑いどころが理解されていないこと。
 アホの江川のコメントからも、そのへんはっきりしている。

 あとは、あべこうじか。
 この唯一、マイク一本喋りだけで勝ち抜いてくるとゆーストイックさは、
 もっと評価してあげたいものである。
 しかし、彼はもっとおもしろくなるはずなのに、
 自らのキャラを守るがために、そのおもしろさを潰してしまっているのが惜しい。

 中山功太は、使い古された感のある、あるあるネタと時報を組み合わせることで改良してきた。
 何気にハードルの高いネタで、
 時報のリズムの縛りがあるので、一つでもスベったらおしまいである。
 しかし完成度の高さに比べてインパクトがなかった。
 インパクトならば、サイクロンZのほうが上だった。
 踊り、音楽、歌詞と、三重の層の笑いになっており、わかりやすいだけの単純なネタではなかった。

 そして四番手でありながら、
 最後まで引っかき回すほどの高得点を叩き出した、エハラマサヒロ。
 正直、
 何でこんなに高い点数なのか、疑問ではあるが、おもしろかったのも事実で。
 その勢いに、お客さんも審査員も呑み込まれてしまったのだろう。
 だけど残念なのは、その流れを作ったのは、三番手だったバカリズムなのだ。
 もしもこの順番が逆だったなら、もう少し、違った結果になったかもしれない。

 バカリズム、そしてCOWCOW山田よし。
 自分の中ではこの二人が、甲乙つけがたいトップであった。
 どっちもおもしろかったし、ビデオで見返してもまた笑ってしまった。

 決めろとゆーならば、山田よしかな。
 中山功太は、五位だ。


 真実はわからない。
 ガチの審査だったかもしれないし、吉本か何かが働きかけたのかもしれない。
 ひとりだけ大阪だし。

 ここで「キングオブコント」を引き合いに出すのも筋違いなのだが、
 あれもこれも、一種のご褒美なのかなと、おもうようにしている。
 いままでたいして売れなかったけど、諦めずにお笑いのため、よく頑張ってきましたね。おつかれさん。
 つー、賞なのかな、と。

 中山功太も、バッファロー吾郎も、どっちもおもしろい。
 ならばこそ、ぐうの音も出ない結果を見せつけなくてはならないのだがな。

 勝利者ならば。
[PR]
by y.k-ybf | 2009-02-20 23:10 | テレビ | Comments(0)

「20世紀少年」を、読み返す。


 浦沢直樹の『20世紀少年』及び『21世紀少年』を、読み返してみた。

 実写映画化にはまったく興味がなかったが、
 テレビ用に編集された第一章が、思いの外、面白かったからだ。

 だいぶ前に完結したマンガで、コミックもしっかり全巻持っているので、
 当時はなんて書いたかなと、
 自分のブログを探してみたら記事がなかった。たぶん。
 理由は、だいたいわかる。
 内容を理解できなかったからだ。
 結局、完結してから一度も読み返すこともなかった。
 難解な内容で、長く、その割に結末にカタルシスがない。
 作品として成功したのかすら、判断できなかった。

 ダメだ。
 これは断続的に読んではダメだ。と、気付く。

 ひさしぶりに、一気に読み返してみたら、えらくおもしろかった。
 煩わしかった謎も、するすると解かれてゆく。
 そーか、ともだちは、※※※※君だったのか。
 読み返すと発見がある話の作り方は、見事なものだ。

 この作品を簡潔に表現するならば、まさに、憧憬、である。
 幼い頃の、記憶。
 美しくも醜くもある、思い出。
 消えることのない憧れが、現実に牙を剥くわけだ。

 ノスタルジィの狂気については、
 クレヨンしんちゃんが『大人帝国の逆襲』で見事に描き切っている。
 万博が、共に象徴として存在しているのも重要なところ。
 またパトレイバーの劇場版第一作も、
 視点は逆であるが、失われる記憶の澱みをテーマの一つにしている。
 理由は、どれもばからしく、じつに子供じみた遊びであるが、
 この幼い欲求は誰もが胸に残しているものであり、
 あらゆるものすべてが地続きで繋がっていることを表している。
 忘れた者と、
 忘れなかった者に違いがないのが、この問題のもっとも怖ろしいところなのだ。

 いい具合に話が迷走してきたので、強引に戻しますが、
 一つだけ解らないことがあります。
 まあ、一つだけじゃないんだけど、※※※※君について。

 ここからネタバレも容赦なく入れてくるので、注意してください。

 ※※※※君は、いったい、どの時点でフクベエらと出会ったのだろうか。
 これがまるでわからない。
 なぜサダキヨと同じお面を被っているのか、とか。

 とにかく、そこをはっきりしてもらわないと、
 あらゆる説が仮定止まりの妄想になってしまうのだ。
 ネットで検索すると、フクベエの双子説などが見つかるが、
 その説は弱いとおもう。
 そこまで濃密な関係も感じなかった。
 フクベエの二重人格も考えたが、一緒にいるシーンがあるので、それも違う。
 むしろ可能性としては、
 サダキヨの親類としたほうが高いのではないだろうか。

 サダキヨと※※※※君は頻繁に入れ替わり、
 まわりは同一人物‘サダキヨ’として錯覚しているのではないか。
 これならば※※※※君は友達にはならないし。

 と、ゆーのが、わたくしの仮説なのだが。
 (転校してから戻ってくるのが、サダキヨではなく※※※※君。)

 しかしこの『20世紀少年』の一番の謎は、
 なぜ、このようなもやっと、もやもやっとする結末にしたのか。
 だとおもう。
 おそらく、それこそが狙いなのだろう。

 現実があり、理想があり、
 本物があり、コピーがあり、
 未来があり、過去がある。
 そのほつれたものを描いて、味わってほしかったんじゃないかな。

 どっかの受け売りだけどもw




20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)

浦沢 直樹 / 小学館



21世紀少年 上―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)

浦沢 直樹 / 小学館


[PR]
by y.k-ybf | 2009-02-16 22:59 | 本棚 | Comments(0)

水曜どうでしょう 写真集その2の改訂版


b0048532_20491043.jpg



 が、届きました。

 言うだけあって、紙も、写真の印刷もいい。
 ちょっと気持ち悪いぐらいだ。
[PR]
by y.k-ybf | 2009-02-15 20:50 | 本棚 | Comments(0)

徳永憲 『裸のステラ』リリース&活動10周年記念パーティ


 と、ゆーわけで、
 下北沢のQueまで行って、徳永憲のライブを観てきた。

 下北沢は、遠い。
 遠くないけど、なんだか遠い。
 あとめんどくさい。
 なんだか、めんどくさい。
 道は細いわ、曲がりくねってるわ、
 いろんなお店があって買い物は楽しいわ、遊ぶところや飲み屋もいっぱいあって、
 ダメだわ。
 こんなところに若者が住んだらダメになる。
 毎日が楽しそうでハングリーさが育たんわ。ちくしょうめ。

 んで、
 ライブのほうは、すっかり楽しめました。
 初めての下北での、初めての徳永憲のライブ。
 今回はデビュー10周年記念ライブてゆーことで、
 小島麻由美や坂田学がゲストで出たり、エレキベースがツーマンだったりと、
 なんだか特別に豪華でした。初めてだけど。

 小島麻由美との共演は、個人的にとても嬉しかった。
 二人ともデビューの頃から大好きで、いまだに聴き続けている。
 昔は、ライブなども観に行ったものである。
 天然キャラも相変わらずで、とても可愛らしかったです。
 軽妙なドラムも披露してくれたし、
 「ろくでなし」も「夏の魔物」も「恋の極楽特急」までやってくれて、
 「コーラの秘密」をデュエットで歌ってくれました。
 素晴らしい。
 坂田学のドラムも、迫力があって、とてもよかったですよ。
 バンドとツインドラムになったのですが、
 ハコが小さいこともあって、演奏を目の前で堪能できました。
 ほとんどフリーでやったみたいで、
 えー、もー、ほんとにすごかったですよ、えー。
 派手なわけでも重厚なだけでもなくてね。グルーヴに頼るわけでもなく。
 とても徳永憲と合っている気がしました。
 うん。

 で、ライブのほうはですね、
 記念ライブとゆーことなので、キャリアを広範囲にやってくれました。
 歌も、演奏も、
 何一つ、がっかりすることなく、満足できました。
 ほんとに、うまく表現することができませんが。

 で、
 意外と、小柄な方でした。
 MCが朴訥で、
 喋りがつまらないよねーと、小島さんにもツッコまれておりました。
 そんなこんなで、とても良いライブでしたよ。

 あと、エレキベースの演奏もおもしろかったです。元気で。

 あとあと、
 ライブ後、外に出たら、世界のナベアツがイベントをやっておりました。
 体と頭のバランスが変。

 帰りはドコにも寄らなかったのに、めずらしく最終電車になってしまいました。
 下北沢は遠いわと、思い知りました。



裸のステラ

徳永憲 / インディーズ・メーカー


[PR]
by y.k-ybf | 2009-02-14 23:42 | 音盤 | Comments(0)

02/11//09



[PR]
by y.k-ybf | 2009-02-11 00:38 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧