<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

その9。強気な商売。

のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スペシャル・エディション [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント



 テレビで観ました。
 それも前編だけ。

 のだめは、原作を読んでいなければ、ドラマもアニメもちゃんと観ておらず、
 たいした思い入れも期待もなく、
 そんなわけで地上波のテレビで観たわけなんですが、これが意外と楽しめた。

 パリだかどっかの外国の街並みは綺麗だし、
 音楽もクラシックなので、劇場向きの映画な気がします。

 しかし。
 ラストは映画でね!って商法は、もー完全に定着してしまい、
 いまではさらに前後編セットになっております。二倍です。
 商売的にはオッケーだろうし、
 イベント的にも受け入れられてるんだろーが、釈然としないものがあるわな。

 前編って?w

 この手のはしりとゆーと、
 真っ先に思い出されるのが『パ★テ★オ PATIO』なんですが。
 よい機会だと、検索してみたら、
 箸にも棒にも引っかかりませんでした。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-04-25 15:46 | 映画 | Comments(0)

「Holy Brownie」


Holy Brownie 6 (ヤングキングコミックス)

六道 神士 / 少年画報社



 一見、厨二なエロマンガで、
 尚且つ、アブノーマルで猟奇的で、スナッフ風味だけど、
 すこし道徳的とゆーマンガ、六道神士の「ホーリーブラウニー」が完結した。
 わざわざこーして取りあげることもないとおもうが、
 忘れてしまうのも惜しいので、メモ代わりに残してみる。

 ストーリーはSFチックで複雑なので、わたくしには説明は不可能なのだが、
 ざっぱに云うと、
 人類の過ちや失敗を修正するために、神様の使いであるコビト人形的な何かが頑張る、おはなし。

 へーっとか油断して読むと痛い目に合うのだが、
 正しいことばかりが大切なわけではない、
 そんな教訓が変態じみた話のなかに隠れていたりいなかったりする。

 や、ほんと、読まなくても困らない本なんだけどね。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-04-15 22:08 | 本棚 | Comments(0)

『第9地区』 その8。


 期待は半々でしたが、かなり、楽しめた映画でした。
 アタマからラストまで、テンションが下がらずに観れました。

 ストーリーはシンプルで、
 難民として地球にやってきたエイリアンが邪魔になってきたので余所へ移ってもらう、話。
 まあ、そこでトラブルが起きて展開するわけなんだけど、
 そのシンプルな話をドキュメント風に構成して、緊迫感を徐々に重ねてゆく。
 情報密度も半端ではなく、SFなのにリアルさで圧倒される。

 この映画では、エイリアンは侵略者ではなく難民で、弱者である。
 南アフリカの荒廃した土地に、難民キャンプさながらボロ小屋に住んでいる。
 ゴミを漁り、ネコ缶を食べ、黒人らと争いを続ける彼らの姿は、
 斬新で、迫力もあり、リアルであった。
 と、
 なると、
 そこに政治、社会、人種問題的な何かを投影しがちであるが、
 まあ、それはそれとして。

 奇妙な寓話として楽しむだけでも価値はあるとおもいます。
 フェイクドキュメント、つーのかな?
 系統としては、ブレアウィッチやクローバーフィールドみたいな映画なんだけど、
 ありがちなオチ投げっぱなしはなく、
 うまくドラマに切り替えて、まとめておるのが好印象。でございます。

 後半、少し一本調子な気がしないでもないですが、
 SF的にも、ブレードランナー級の新しい存在に成りうる、のかな?
[PR]
by y.k-ybf | 2010-04-15 00:21 | 映画/100 | Comments(0)

その7。怖いような、謎のような

GOTH[ゴス] デラックス版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント



 これは映画と原作を完全に分けて考えないといけない。

 猟奇殺人に惹かれる男女の、純文学。
 なのかな。

 映像的におもしろいところはあるけど、
 物語は細く、サスペンスもなければ、謎もない。
 そーゆーものではないので、批判のポイントではないのだが、少々退屈であった。
 事件が解決するわけでもないし。

 ただ、乙一原作のドラマは他にも観たことあるけど、
 似たよーな感じで終わるんだよね。

 はい。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-04-07 15:05 | 映画 | Comments(0)

その6。喧嘩三昧でも卒業オッケー。


クローズZERO II プレミアム・エディション [DVD]

Happinet(SB)(D)




 良くも悪くも、続編映画。
 出来に不満はないけれど、続編の壁を越えたかは微妙。

 前作もそーだったけど、原作を知ってると気になる部分があって、
 アレはどーなの? とか、
 あのヒトは? ってところがクリアできてない。

 まあ、でも、映画としてはベストだとおもう。
 これで最後らしいけど、そこは賛成です。

 ヘタに原作に触れないところに、愛情を感じます。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-04-07 15:02 | 映画 | Comments(0)

04/06//10


 やっと、ちょいと復活気味。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-04-06 15:13 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧