<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

その20。キャンプ場、大人気。


13日の金曜日 -FRIDAY THE 13TH- スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン




 リメイクされた、『13日の金曜日』。
 もはやトリビアでもないが、旧シリーズで、ジェイソンが大活躍するのは二作目から。
 一作目は、ジェイソンのサイコママが頑張るの巻。
 有名なホッケーマスクも、確か三作目から、だっけな?
 そのあたり、どーやって織り込むのかとおもったら、普通にぜんぶ詰め込んできた。

 旧シリーズが一区切りついたあと、
 CG技術の進化とともに、スプラッター、サイコスリラー、日本産ホラー、
 あと、なんかスゴい早さでヒトが死んでいく系と、
 数々の流行を経てのリメイクには、少しばかり興味があった。
 とくに日本のホラー、心霊系の影響はあるのかな、と。
 何せ、旧シリーズのジェイソンは殺人鬼の枠を越えて、
 不死身になったり、超能力者と戦ったり、宇宙へ行ったりと、
 キャラのモンスター化が進みすぎて、
 『エルム街の悪夢』のフレディと一騎打ちまでしているのだ。
 キャラが立ちまくって、扱いもゴジラやダース・ベイダーみたいなもので、
 映画に怖さなど微塵も感じられなくなっていたから。

 で、リメイクは、どーなったかとゆーと。
 うーん…。

 先祖がえりとは言い過ぎるが、期待できる新鮮さはないかな。
 お約束の脳天気な若者やエロシーンを残しつつ、旧シリーズの設定を活かしたり、
 リアルなディテールやシリアスな展開を保持したりと、
 苦心の跡は見えるが、新たな印象の獲得までは至らなかったよーだ。
 音楽での演出とかは、さすがに抑えていたけど。

 映画界最速と云ってもいい、ホラーのサイクルの早さ。
 ジェイソンの出遅れは、半端ではないなあ、と。
 んで、やっぱり日本産ホラーの怖さは、浸透しなかったのかなあ、と。

 べつに浸透しなくてもいいのだが、
 その影響を受けたジェイソンも見たかった、気もするので。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-06-21 22:51 | 映画 | Comments(0)

その19。トムのどや顔満載。


バニラ・スカイ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

パラマウント ジャパン




 えーと、ペネロペが可愛かったです。
 あのキャラ、男は弱いなあとおもいました。

 トム・クルーズのどや顔もおもしろかったです。
 サントラも好きな曲ばかりでよかった。

 はい。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-06-21 22:43 | 映画 | Comments(0)

その18。地球が止まるまで。


地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン




 SF古典映画のリメイクなのだが、かなりのガックリ感を味わった。
 古典ならば、
 この余韻が残る、素晴らしい結末もありだろう。
 しかし、現代の映画としては力不足、あまりに尻切れな感じがする。
 リメイクより、むしろ続編のほうが良かったんじゃないかなあ…。

 例えば、
 まあ、古い例えなんだけども、
 アニメでリメイクされた『ジャイアントロボ・ジ・アニメーション』。
 その副題は「地球が静止する日」と云って、
 この映画のオリジナル『地球の静止する日』をオマージュとしている。
 ストーリーも「地球が静止」し、さらに、その後のことも描いている。
 同じ横山光輝なら「マーズ」も似たような設定で。
 アニメにもなった『ゴッドマーズ』の原作なんだけど、内容はぜんぜん違くて、
 ラストは人類に絶望して地球ごと破壊して終わる。

 要するに、もうちょい踏み込んでもよかったんじゃないかな、と。

 んで。
 キアヌ・リーヴスは似たような役ばかりやりますね。
 映画自体も、どっかで見たよーなイメージばかりで。
 レトロフューチャーなロボットは良かったんだけど。
 『カウボーイ・ビバップ』でスパイク役をやるみたいなので、
 それで印象が変わればいいなあ、
 キアヌ。


ジャイアント ロボ THE ANIMATION 地球が静止する日 CUSTOM COMPOSITE BOX [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント



マーズ (1) (秋田文庫)

横山 光輝 / 秋田書店


[PR]
by y.k-ybf | 2010-06-21 22:38 | 映画 | Comments(0)

その17。超電王トリロジー、new電王編。

 電王三部作の二本目。
 今回はnew電王編ってことで…。
 んー…。
 個人的には、前よりおもしろかったけど、
 んー、もう電王に魅力は感じないなあ。

 中身も、テレビでやってくれよってもんだし。
 まあ、3つめも観るんだけども。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-06-21 22:31 | 映画 | Comments(0)

その16。誤解と秘密と想像力と。

バーン・アフター・リーディング [DVD]

Happinet(SB)(D)




 コーエン兄弟の映画。
 おもしろいので一気に観てしまったけれど、感想も何も残らない、コーエンらしい映画。

 何もないのにおもしろいのは、
 たぶん、ストーリーではなくエピソードの組み立てを重視してるからなんだろな。
 同じ話でも、
 再現ドラマではなく、
 芸人がネタとして話す感じ。

 しかし、ブラッド・ピッドは年をとらないし、器用だわ。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-06-05 23:13 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧