<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

その61と62。『黒い家』と、『黒い家』。


黒い家 [DVD]

角川エンタテインメント



 断片的には何度か観てきた森田の『黒い家』。
 やっとちゃんと観ることができました。

 オモシロく、怖くて、何より不愉快な映画であった。

 コレ、公開が99年、
 『リング』が98年で同じ角川だから、おそらくJホラーブームのハシリとして製作されたのだろう。
 そのためブーム以降の、画一化したJホラーの影響がなく、
 むしろ、
 古典的な日本の怪談映画を意識したよーなアナログ感覚で作られているのが、今となっては絶妙である。
 そんで、なんといっても大竹しのぶの怪演。
 映画の中でも語られているが、
 サイコパスとも狂気とも異なる、
 「心がないヒト」とゆー、かなり難しい役柄を見事に演じている。
 あと何気に町田康とか山崎まさよしとかも出てるのな。
 主演も内田聖陽だと、はじめて気がついたし。

 んで、この物語のポイントになるのは、
 殺されそうな、散々な目に合いながらも、
 それでも保険会社を辞めずに働き続ける人々の姿だろう。

 ココロなど、どこか欠けて歪なものなのだとゆー。


黒い家 スペシャル・エディション [DVD]

角川エンタテインメント



 で、だ、
 勢いで韓国でリメイクされた『黒い家』も観たのだが、
 これはオリジナルと比べてみると、残念な作りは否めない。

 迫力もあって、単品としてはよくできたサスペンスホラーなんだけど、ちょっと浅い。
 主題である欠落した人間を、ただの殺人モンスターにしてしまっている。
[PR]
by y.k-ybf | 2011-10-30 10:48 | 映画 | Comments(0)

その60。ジャッキー・チェンの、映画を、ミタ。その②。


ファイナル・ドラゴン デジタル・リマスター版 [DVD]

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン



 コレ、
 タイトルが『ファイナル・ドラゴン』になっておりますが、
 本当は、『ジャッキー・チェンのキラー・ドラゴン流星拳』。
 さらに、
 ジャッキー・チェンの、とありますが、
 これも主演ではなく、むしろジャッキーが悪役、ラスボスの珍しい映画。

 この時点でジャッキーの映画じゃない気もするが、たぶん気のせいなんだぜ!

 で、どんな映画か説明したいところでありますが、
 コレがあまりに破天荒な珍奇映画でして、わたくしにはほとんど理解できませんでした。無念。
 とりあえず、ざっと記してみますと、
 なんか凄く強い主人公が悪いやつ(ジャッキー)に呼ばれて、
 「妻に毒を盛られたので解毒剤を奪ってきて。ついでに殺しちゃって」と頼まれまして、
 嫌々承諾するも急に襲われて捕まって道端に転がされたら、警察に牢屋に入れられるのです。
 怪しいから。
 そしたらなんか偉そうなジジイがやってきて、それが主人公と通じておりまして、
 悪いやつ(ジャッキー)は国のお宝を盗んだ疑いがあるので、
 このまま従って調査してくれと任されたら、
 隠れていたジジイの娘が現れてエッチして朝になったら居なくなってて釈放されました。
 牢屋から出ると、
 すぐに凄く強いはずの主人公が、
 あっさりさらわれて、敵だか味方だかわからない女の下僕になります。
 酒場に連れられると、
 ちょうど悪いやつ(ジャッキー)の妻の護衛の四天王がいたのでかるく倒して隠れ家に案内させます。
 隠れ家なのにでっかい表札がある洞穴に入ると、
 悪いやつ(ジャッキー)の妻がちゃんといたので、
 美しいとか噂ほどではないとか言ってるうちに、妻が毒を飲んで溶けました。
 大切な解毒剤は、力任せに囲いを壊したら簡単に手に入りました。
 悪いやつ(ジャッキー)に解毒剤を届けましたら、さっそく飲んで、溶けました。
 解毒剤には毒が混ぜてあったよーです。
 悪いやつ(ジャッキー)の家も焼けました。
 ジジイにはよくやったと誉められましたが、ジジイの娘は死んでいました。
 すると、悪いやつ(ジャッキー)の死んで溶けたとおもった妻が生きておりまして、
 隠れ家の洞穴にお宝を取りに戻ってきたところを、主人公が待ちかまえておりました。
 しかし、
 死んで溶けたとおもっていた悪いやつ(ジャッキー)の妻は、
 じつは死んだとおもっていたジジイの娘だったのです。
 そこへジジイも現れて、みんな交互に順番に状況を説明してくれまして、
 要すると、
 ジジイは悪いやつ(ジャッキー)と仲間だったけど、邪魔になったので娘を使って暗殺したみたいです。
 ジジイと主人公は一騎打ちになりますが、流星拳で倒します。
 すると今度は、
 死んで溶けたはずの悪いやつ(ジャッキー)が生きておりまして、
 じつは妻に毒を盛られたことも死んで溶けたのも嘘だったと教えてくれたあと、
 主人公を殺そうとしますが、流星拳で倒されます。
 たくさんの人が死んだとゆーか、死んでなかったとゆーか、
 いろいろあったけど、敵だか味方だかわからない女が生き残っておりましたので、
 これからは愛に生きることになりました。
 終劇。

 と、
 何が何だかポルナレフ状態になれる、奇天烈な映画でありました。

 弱すぎる四天王や反則な流星拳など、見所も満載であります。
 素敵!


映画・ドラマ
[PR]
by y.k-ybf | 2011-10-27 16:22 | 映画 | Comments(0)

その58と59。『ゾンビランド』、『板尾創路の脱獄王』。


ゾンビランド [DVD]

Happinet(SB)(D)


 
 タイトル通りの、ゾンビ映画。それもホラーではなく、コメディ。
 ゾンビは走るタイプのやつで、特撮も悪くないし、演出もおもしろい。
 ゾンビ映画を研究したよーなルールもユニークで、
 ビル・マーレイが実名で出てくるなんてのも気が利いておりました。

 しかしなー。
 コレ、ゾンビ映画とゆーか、童貞映画なんだな。
 あがいてもがいて、どーやって一人前になるかとゆーやつ。
 おもしろいとはおもふが、最近、似たよーなのばかりで、あまり盛り上がれなかった。
 うーむ。

 そーいや、これもゲームっぽい映画でした。


板尾創路の脱獄王[DVD]

よしもとアール・アンド・シー



 板尾創路の監督デビュー作品。
 正直な感想を云うと、これがおもしろかった。
 本職の俳優さんがメインにいるので、見応えもある。
 松本人志のデビュー作『大日本人』より、完成度は高いよーな気もするし。

 内容と云えば、板尾扮する囚人が脱獄を繰り返すだけの話なのだが、
 テンポがよいので退屈も感じない。
 板尾創路とゆーキャラに助けられている部分も大きいが、
 それも含めて、コントなのか映画なのか判断に迷う、あやふやな空気も楽しめた。

 しかし、最大で最悪の問題が、最後に出た。
 それは結末、オチである。
 映画としてこれを承諾しろと突きつけられても、困惑せざるを得ない。

 実の父を捜していたのも、ハングライダーを使うのも、
 その特撮がしょぼいのも、まだ許せる範囲なのだが、
 人違いだっつーオチは、あんまりじゃないか。
 あんな誰でも判る入れ墨の目印があるのに。。。

 父だと確信があったからか、胸の窪みを見間違えたのか、あるいは誰でもよかったのか…。
 他に理由が有るにしろ無いにしろ、
 映画の結末としては足りてないし、コントのオチとしても弱い。
 どちらにしろ、半端なものになってしまったのが残念だ。
 あと一歩、半歩でもあれば、また違ったのになぁ…。
 途中で気付いて戻ってくるとか。そんな締めのワンシーンが。

 まあ、映画ってなんだろ? と、考えさせられたので、
 それだけはよかったかなと、おもふ。


映画・ドラマ
[PR]
by y.k-ybf | 2011-10-25 20:36 | 映画 | Comments(0)

その56と57。ジャッキー・チェンの、映画を、ミタ。その①。


 WOWOWにて、ジャッキー・チェン特集なるものがやっておりまして、
 良い機会なので、これまで見逃していたジャッキー映画を拾って観ております。
 考えるまでもなく、
 自分が観てきたジャッキー映画のほとんどは、
 テレビ用に編集された、石丸博也さんが吹き替えたものばかり。
 ここらでオリジナルに触れてみるのも良い機会かと。

 最初に観たジャッキー映画は、『スネーキーモンキー 蛇拳』。
 ネコの動きをヒントに、蛇拳の使い手を倒すやつ。
 タイトルは「蛇拳」なのにな。
 しかし、当時小学生だった自分にはかなりの衝撃で、
 多くの子供がそーであったよーに、ジャッキーに夢中になったものである。


ジャッキー・チェンの秘龍拳/少林門 デジタル・リマスター版 [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 いきなり古くマイナーな映画から。
 タイトルにジャッキー・チェンの、とあるが、主演ではなく準主役以下の扱い。
 しかも死ぬ役。
 さらに、
 サモ・ハン・キンポーやユン・ピョウも出ている上に、
 監督がジョン・ウーとゆー、冗談のよーな組み合わせ。

 内容は、説明するほどでもないので要すると、
 悪い奴をやっつけにいく、勧善懲悪モノ。
 しかし、修行したり、仲間を集めたり、悪役の設定に気を配ったりと、
 ツボをおさえた、カンフー映画の基本みたいな作品になっている。
 アクションがトロい部分があったり、説明が足りなかったり、
 ツッコミたいところも山ほどあるけども。

 なので、はっきり云って、かなり舐めて観ておりましたが、
 そこまでつまらないものでは、なかったですよ。
 んが、
 このあとジャッキーは映画界から離れちゃうみたいですね。
 ブルース・リーが亡くなって、カンフー・ブームが終わるから。
 整形だけはしたみたいだけど。


レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳 デジタル・リマスター版 [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン




 タイトルからも予想できると思いますが、
 ブルース・リーの『怒りの鉄拳』の正当な続編なのだ、コレが。
 話もしっかり続いておりまして、
 舞台は台湾へ移るも、どこかのカンフー映画で見たよーな前作の出演者が出ていたり、
 ブルース・リーが使用していたヌンチャクや拳法も出てきます。
 リーの後継作をジャッキーが主演するとゆーのは、なかなか感慨深いものがあります。

 さて、ストーリーのほうは、
 前作同様、日本人がバカで威張り散らした悪者役で、
 まわりぜんぶに嫌われて、怒りを買って復讐されるとゆー、いつものアレ。

 そんなんよりも、
 ブルース・リーの映画の世界に、ジャッキーがいるってのが、不思議でおもしろかった。
 若くてカラダもしなやかでピチピチしてるし。
 また、ジャッキーの役所とゆーのが、
 苦しい環境で貧しいながらも、仲間想いで正義感が強く、
 世話好きで、カンフーの才能があって、また、コミカルな動作で笑いも取るとゆー、
 後々の、ジャッキー映画のキャラクターの雛型みたいものが、
 ここで出来上がっているのも興味深い。

 そんでだ。
 衝撃的だったのが、ラスト。
 前作を観たのはだいぶ前だし、この映画は初めて観るしで、
 情報もまったくなかったので、ほんと強烈だった。

 悪い日本人を倒し、さあ、帰ろうと道場を出たら、
 いきなり日本の軍警察に蜂の巣にされて射殺、終劇、って、衝撃的過ぎるわ!

 ビデオで三回ぐらい巻き戻して確認しちゃったよ。
 しかも、どーやらジャッキーだけじゃなくて仲間も皆殺しにされてしまったよーで、
 いったい自分が観てきたものは何だったのか、
 この体験は何なんやと、茫然できる、
 そんな映画でありました。

 やー素晴らしい。


映画・ドラマ
[PR]
by y.k-ybf | 2011-10-24 11:22 | 映画 | Comments(0)

その55。『世界侵略: ロサンゼルス決戦』


 地球外からの侵略と海兵隊との、ロサンゼルスでの激しい攻防戦を描く、
 じつにシンプルな映画。
 リアルな描写でモキュメンタリーのよーでもあり、
 海兵隊の視点を軸にすることで、全体の緊張感を編み出している。
 それが結果的にFPSのゲームを連想させるのは、
 この映画の特異性でもあり、現代のエンターテイメントを象徴している気がした。
 ゲームが映画に近付いただけではなく、
 映画がゲームみたいなものになった、と。

 『プレデターズ』を観たときに確信したのは、
 映像技術の進歩はイコールとしておもしろさにはならない、
 最早、通用しなくなっているとゆーこと。
 ゲームの世界でも指摘されているが、
 技術が進歩した今だからこそ、「物語」が重要になるのではないかと、おもふ。

 主人公である二等軍曹が、
 ゴツいオッサンで、スター俳優でもないので華がなく、どーもそのへんで批判もされているよーだが、
 確かに、
 もっとメジャーな役者が演じればまた違ったろーし、
 群像劇でもおもしろくなったよーな気もするし、海兵隊万歳なところが気にもなった。
 んが、
 この映画は3月の震災で日本公開が延期された経緯があって、
 もしも震災がなかったならば、自分もきっと違う印象を受けただろう。
 どーにもならない、
 大きすぎるパニックのなかで、ドラマや小粋なキャラなど存在しない。
 ただただ、必死で堪え、生きようとするだけだ。

 仲間をおもい、市民を救おうと奮闘する兵隊さんの姿には、泣きそうになりましたよ。
 年のせいもあるけれど。


映画・ドラマ
[PR]
by y.k-ybf | 2011-10-22 20:08 | 映画 | Comments(0)

その53と54。『プレデターズ』と、他一本。狩りすぎ狩られすぎ。

プレデターズ [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



 これは、ガックリ。
 プレデターをネタにして、よく詰まらないものができたなと、問い質したくなる。

 プレデター同士が争っているって設定が余計なのと、
 撮影技術の進歩とデザインの調和が取れていないよーだ。

 ヤクザ役のヒトは、ダウンタウンの松ちゃんよりエビ蔵に似ている気がする。


ゴールデンスランバー [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント



 テレビで放送されたやつだが、
 これがまた、かなりおもしろかった。
 ま、ほぼ『逃亡者』なんだけど、
 それを日本を舞台に、邦画でやりきったのは見事だとおもふ。

 もう一度ちゃんと観たい。
[PR]
by y.k-ybf | 2011-10-20 10:27 | 映画 | Comments(0)

その52。『エスター』

エスター [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



 途中から観た中国産の『殺人犯』って映画がなかなか衝撃的な内容だったのだが、
 その大ネタがこの『エスター』と一緒で、ちと笑えた。

 調べてみたら『エスター』のほうが公開は先らしいんだけどね。

 サスペンスモノとして、女性の独善的な性格をネタにしてるのはおもしろかったけど、
 最後のほうはやや在り来たりでしたな。
 仕掛けはおもしろかったので、勿体無い。
[PR]
by y.k-ybf | 2011-10-18 20:29 | 映画 | Comments(0)

『フラクタル』 を 観た。

フラクタル第1巻Blu-ray【数量限定生産版】「ねんどろいどぷち ネッサ」付

東宝



 原案のヒトや、監督のヒトや、プロデューサーのヒトやらが、
 サジを投げたり、罵倒し合ったり、売上が散々だったりと、
 一部で話題になった『フラクタル』を、やっと観了。
 批判される作品にはよくあるパターンだが、そんなに悪いモノではなかったよ。

 確かに、どーしょもない部分は、ある。
 これほど、やりたいことは分かるけど出来ていない、のが、透けて見える作品も逆に珍しい。
 要するに、作品として至っていないのだなー。

 一見してジブリとゆーか、宮崎駿を意識しているのは、すぐに分かる。
 あの路線かと。
 おそらくそこにハードSFな設定や、現代的な感覚を盛り込みたかったのだろう。
 だけどそれは庵野や大地が、とっくにやっていることだ。
 アバターや疑似世界みたいなものも、SFではよく使われている。
 完全に、後手後手へとまわっておるわけだが、そこで重要になるのがシナリオと演出。
 たとえ古典だろーとも、使い古された設定だろーと、
 形や見せ方を工夫すれば、大きな失敗は免れたはずなのだが、、、
 そーゆーことなんだな。コレ。

 あのアニメの、あのシーンをやりたい、と。
 そこまでは分かるが、、、
 まあ、本来は観客に分からせてはいけないのだが、
 とにかく、そんなシーンがあったとして、
 まず元ネタを越えていないし、改良されているわけでもない。
 ほぼそのまんまなので冗談にもなっていないし。
 これがスタッフの限界ならば、
 その限界を予測して見合ったものへ修正すればいい、はずなのだが。。。

 後半は絵も崩れ始めて、なんかヤバいものを観ているよーな気がしてきた。
 それと音楽がほったらかしで、ほぼ死に体状態。記憶にも残らない。
 歌が重要なキーワードになっとるのに。

 活かすものを生かしておらず、直すものも直さず、やりたいものだけ放り込む。
 それが『フラクタル』の実態ではないかと。

 それほど悪くないと言いながら、なんだかボロクソ書いてしまいましたが、
 それでも最後まで観れたんだけどね。
 んで、
 結局、誰が悪いのかってのは、想像に任せたいとおもいます。よ。

 うむ。
[PR]
by y.k-ybf | 2011-10-12 20:42 | テレビ | Comments(0)

かなり遅れちまいましたが、テレビのまとめ。


それでも、生きてゆく (瑛太 出演) [DVD]



 フジのドラマ、「それでも、生きてゆく」。
 いままでが劇的な連続だったので、急にトーンが変わった印象ではあったが、
 丁寧な、良い最終回だったとおもふ。

 フミヤに刺されたサトエリ(役名忘れた)は結局意識が戻らなかったし、
 加害者の家族は離散してしまったし、フミヤが懺悔の意を表すこともなかった。
 しかしこれが現実に近いのかもなと、ドラマでよくやってくれたなと。
 んで。
 事の発端があるとするならば、やはり父親にあるのだろーな。
 仕事ばかりで子育てを妻に押しつけた挙げ句、
 妻はノイローゼになり、子供の目の前で自殺してしまう。
 父親はそれを事故だとおもい、
 その影響を考えることなく、事件が起きてしまうわけだ。
 事件後も、忘れようとしている節があるし。

 理由が、理由だとおもえないよーな理由。
 内容はぜんぜん違うけど、浦沢直樹の「MONSTER」を連想させるところがある。


仮面ライダーOOO(オーズ)VOL.12<完>【DVD】

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)



 がらっとかわるが、『仮面ライダー・オーズ』も最終回を迎えた。
 こちらも良い最終回で、良い作品となったとおもふ。
 以前にも言った気もするが、人間が欲望を持つとゆーこと。
 その素晴らしさと危険性についてが今作のテーマなのだが、
 それを子供番組でやっちゃったのがそもそもすごい。
 いや、意味があるのだろーな。

 真木博士とゆーラスボスになってしまったヒトがいるのだが、
 最後の対決の前に、
 最愛の姉の形見でもある人形を、想いをよせる女性の元へ届けていたシーンは、
 切なくも、とても深みのある名場面で、感動した。

 んで、新たに始まった『仮面ライダー・フォーゼ』は、
 小難しいところもない、学園ドラマ風で、コレはコレでたのしそーだ。

ヒーロークラブ 仮面ライダーフォーゼ VOL.1【DVD】

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)




キングオブコント2011 [DVD]

よしもとアール・アンド・シー



 今年の『キング・オブ・コント』は、
 あくまで個人的な感想ではあるが、イマイチであった。
 突き抜けた瞬間てのが足りなかった。

 ロバートに関しては、おもしろいとおもふし、結果にも不満はないのだが、
 ベストなネタだったのかとゆーと、そーとはおもえなかった。
 キャラに頼りすぎでネタが弱い。
 山本のツッコミが雑。馬場のポジションがいつも安定していない。

 一番ハマったのは、2700の二本目のネタ。
 こーゆーネタが高得点を出す大会は、少ないとおもうので、
 問題もあるだろーが、やはりこの採点方法は正解なのだろう。

 あと良かったのは、鬼ヶ島。
 重いネタと軽いネタを用意してきたけど、
 両方重いのだったら、もっと得点取れたんじゃないかな。

 まあ、そんなところです。
[PR]
by y.k-ybf | 2011-10-02 23:05 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧