<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

その81。『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』


大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE メモリアルボックス (初回限定生産) [DVD]

バンダイビジュアル



 平成のウルトラマン・シリーズに関しては、正直、まったく疎い。
 なので、
 この映画がどのよーな位置付けで、どんな流れで作られたのかも把握できておりません。
 ただ、
 当時は円谷プロの身売りやらで制作体制が変わったこと、
 カードゲームの大怪獣バトルがヒットしていたことは、ぼんやりと記憶している。
 タイトルにもある「大怪獣バトル」ってのは、そのカードゲームのことで、
 後に、ウルトラマンとは別シリーズ扱いで実写ドラマ化もされました。
 さらに補足すると、
 この時期は「ウルトラマン」の新作がない谷間で、空白の時期でもありまして、
 「ウルトラマン」とゆーシリーズ作品としては、
 おおきな転換期に作られた映画ってことになるのかな、たぶんおそらく。

 んでだ、
 ストーリーの方はとゆーと、
 地球ではなくウルトラマンの光の国、M78星雲の話で、
 ベリアルってゆー、アメコミのベノム似の悪いウルトラマンが暴れるお話。

 舞台が光の国なので、あらゆるウルトラマンが出てくる、
 基本、オールスター映画。
 アニメのやつもアメリカのやつも、出てきます。
 オールスターと云えば大味な作品になったり、
 順序は前後するかもしれないが、仮面ライダーのディケイドの無残な例もある。
 一抹の不安がありましたが、
 これが、おもしろかったんだわあ。
 集結するウルトラマンの姿は圧巻だし、
 ベリアルVSウルトラ軍団の戦闘もテンポがよくて楽しめた。
 変身前のキャストも、可能な限りオリジナルで揃えているし。
 オールスターの良い部分を、存分に活かしてくれた感じがします。
 そして何よりもポイントとなっているのは、内山まもるの存在。

 内山まもるとゆーのは、
 かつてコロコロコミック等の児童誌において、「ウルトラマン」の漫画版を描いていらした方で。
 劇画風タッチのうえ、マンガ独特の表現で描いておりまして、
 その流れからオリジナルの「ウルトラマン」ストーリーを作った、
 わたくしの世代からすると、忘れられない漫画家の一人であり、作品なのです。
 この映画は、その内山まもる作品のつよい影響下にあると、言ってもいいでしょう。
 地球ではなく、光の国と「ウルトラマン」が中心となった物語、
 赤いマントを羽織った姿など、オマージュそのもので。
 なにより、内山まもる本人がカメオ出演しているし。
 と、
 ここらで強引にまとめてしまうと、
 制作側が、「ウルトラマン」とゆー作品の魅力とは何かと掘り下げて、
 新しい「ウルトラマン」を再生させる要素の一つとして、内山まもるを見出した、
 そーいったところには、
 とても感銘を受けてしまうし、評価せざるを得ないわけでございます。


 ま、と云っても映画としてはそこまで完璧な訳など程遠くて、
 ここからは気になった点を。。。
 まず、
 ワイヤーを使ったアクション部分は単調になってしまって、ダメでしたね。
 みんな同じポーズで動くし。
 CGも使い方がよくなかった。
 たぶん設定が甘いので、効果的に使えてない。
 単純にズレてるところもあったし。
 それと一応、地球人も出てくるんだけど、
 そのドラマパートとなると、途端に学生気分な三文芝居が始まるので、
 観ていてなかなか苦しかった。
 あと扱いがあまりに雑過ぎる。
 メットも無しに外へ出ちゃうとか、宇宙人、殴っちゃうとかは、
 おもしろかったんでいいんだけど、
 いくらウルトラマンがメインだからって、もうちょっとちゃんと撮ってあげようよw
 子供向けだから、、、って、そんな理由でいいのかなぁ。

 んで、いちばんヒドいのは、キングと母の声ね。
 小泉純一郎と長谷川理恵がそれぞれ声をあててるんだけど、期待通りにダメ。

 あと個人的には、怪獣が100体も出てくるんだけど、
 それがほんとザコ級に弱いのが気になりました。
 キングジョーやゼットンもいるのに、光線一発はないわぁ。

 と、そんなこんなでありますが、
 三十代のおっさんには楽しめる映画でありましたよ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-01-28 23:27 | 映画 | Comments(0)

ガンダム英二さん、第一部。

機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray]

バンダイビジュアル



 「ガンダム」の新テレビシリーズ、『機動戦士ガンダムAGE』の第一部が終わりました。
 今回の「ガンダム」は全三部構成の、三世代に渡る壮大なお話になっておるのです。長いですね。

 ターゲットの年齢層はローティーン、で、いいのかな。
 低く設定されておりまして、リアル志向よりもオモチャ感覚に近くなっております。
 作品で云うと、
 前にやってた「だぶるおー」より下で、「さんごくし」より上、あたりかな。

 んで、評判の方は、
 とりあえずネットでは芳しくないですね。
 とゆーか、良い話を聞かない。
 玩具もヒットしてるか分からんし。
 個人的にはそこまでヒドい出来とはおもわないけども、成功してるともおもえない。
 ちょっと手堅くやりすぎた感があるし、古臭い気もした。
 おそらく、ターゲットとした年齢層からして、
 新しい世代の「ガンダム」を作ろうとしてるんだろーけど、
 「ファースト・ガンダム」を下敷きにしてるところもあって、まずそこが巧くない。
 オーソドックスと、使い古しを混同してるっつーか、
 古典やお約束は、ある程度、現在に変換しないと、ただの焼き直しでおもしろくもなんともない。
 そのまんまやってどーするのか、と。
 「ファースト」からの引用もまた中途半端にやらかすから、
 シリーズのファンの印象も悪くなるばかりだし。

 要するに、子供向けだからと、要素を抜いて省くやり方にしちゃったんだなー。
 特撮の話だけど、
 今の「仮面ライダー」や「戦隊物」が、
 どんだけ試行錯誤と工夫を繰り返し練り返しているか、理解してほしいものでございます。
 子供の視聴者を甘くみてはいけないよ。
 抜くときは、他の部分で補って膨らませないと、物語がスカスカになっちゃうのだ。

 さて、そんな第一部の結末なんだけどー。
 簡単に説明すると、
 敵の基地へ乗り込み、破壊END。
 と、なりまして、それはまあ、よし。
 ア・バオア・クーっぽいけど、よし。
 ララァみたいなキャラを出して予想通り殺したのも、まあいい。
 ラスボスのメカがビグザムみたいなのも、あっさりやられるのも、
 結局ろくな作戦も計画もなかったのも、急に白兵戦を始めたのも、まあいい。まあいい。
 後半の三話ぐらいは、さすがに盛り上がったとおもう。
 んだが、
 敵を追い詰めてボスを殺したあと、
 その子供に対して、
 「お前の親を殺したのは俺だ。今度はお前が俺を恨め」みたいなことを言うのだけど、
 いるか、コレ?
 ボスを倒して、基地が爆発するからみんな避難して、
 その後で、親の亡骸を前に子供が復讐を誓う。
 で、よくない?
 それともコレが伏線となって、
 例えば、艦長がピンポイントで狙われて、それを利用して脱獄とか、罪を償うとか、
 そっちになるのかな。
 あ、
 艦長さんは戦闘のあと、反乱の罪をかぶって刑務所へ入れられます。
 個人的には死刑級の重罪だとおもうけど。

 そんな、そんなわけで、
 釈然としないまま、第二部へ突入するのでありました。

 おもしろくなるといいなあ、ガンダム。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-01-23 22:58 | テレビ | Comments(0)

その80。『ハンニバル・ライジング』


ハンニバル・ライジング 完全版 プレミアム・エディション [DVD]

GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(D)



 なんで今頃、この映画かと、
 自分でもよくわからないタイミングだが、観てしまいました。
 『ハンニバル・ライジング』。

 みんな大好きハンニバル・レクターの、
 いわばエピソード・ゼロ的な、幼少期から青年期までのお話。
 ハンニバルは何故、食人鬼となったのか?
 とゆー、シリーズとしてかなり重要なポイント且つ、壮絶な内容であるのだがー、
 これが何故か、
 ヒーロー物みたいな映画になっているから、フシギ不思議。
 ま、ダーク・ヒーローってジャンルもあるし、
 もはやハンニバルにも同種のタグが付いているとも云えるけど、
 やってることは反道徳極まりないからなあ。食べちゃうし。
 しかし観ていると、
 もう応援せざるをえないんだよ、ハンニバルを。
 「それゆけハンニバル!殺して食っちまえ!!」って。
 演じる役者さんもいい感じだし、敵役は醜いし。
 作り手の狙い通りなんだろけど、もーサスペンスではないなぁ。

 んで、
 日本の鎧やら日本刀やらが出てくるんだけども、これがまた中華混じりのなんちゃって文化でな。
 可笑しいのを通り過ぎて、恥ずかしくなる。
 2007年の映画だよ?
 原作の小説ではまだちゃんとしてるよーだけど、
 つまり、映画でアレンジされた、視覚的演出ってわけで、
 この辺はリアルじゃなくてかまわないってことなんだな。
 実際、どんな効果があるんだろーか、こーゆーの。


 はい。
 そんなわけで、まとめに入ります。
 シリーズ的にはいちばん最初、『レッドドラゴン』の前に位置する作品ですが、
 時系列通りに観てしまうと、作品のニュアンスが違い過ぎて驚いてしまうので、
 気をつけてくださいな。

 そんで、全体的にいえるのは、
 ハンニバル、強運過ぎ。
 けっこう、運任せだったりもする。
 きっと、じつは凄い福耳なんだろな。

 そんなオメデタさも楽しめるシリーズでございます。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-01-21 22:52 | 映画 | Comments(0)

その79。『アンストッパブル』

アンストッパブル ブルーレイ&DVDセット〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



 トニー・スコット監督。
 実際の事故を題材とした、貨物列車が暴走するお話~。
 と、
 これ以上、話すこともない映画なのだが、
 そこは無駄を継ぎ足さない、エンターテイメントに徹した良作だから。
 とても楽しめましたよ。
 そーゆー意味で、かなり潔い映画だとおもう。

 シャープで影のある色合い?も迫力があったし、ただの貨物車両がカッコよく見えた。
 ほんと、うまく撮るなと感心させられる。


 んでー、誰が出てるのかなと、
 後になって調べてみたら、デンゼル・ワシントンが出てるのな。それも主演で。
 まっったく気付かないで、最後まで観てしまいました。



 しかし、、、
 んー、なんにもないっちゃー、ないんだな。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-01-19 23:22 | 映画 | Comments(0)

その78。ジャッキー・チェンの、映画を、ミタ。その⑨。

 
 サモ・ハン・キンポー監督、三作。


七福星 デジタル・リマスター版 [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 『五福星』、『大福星』に続く福星シリーズ三作目。
 ジャッキー・チェン、
 サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウ三大スター共演が売りのシリーズではあるが、
 あくまでメインはサモであり、五福星の五人の映画であって、
 ジャッキー、ユン・ピョウは強力なオマケと云った感じ。
 しかも三人の共演シーンとなると、ラストのワンカットだけだったよーな…。

 それでもアクションシーンは全編素晴らしく、
 とくにユン・ピョウがキレキレで、これだけでも観る価値がある。
 敵役で日本人の倉田保昭さんが出ているのもポイントですな。

 全体的にコメディ色がつよく、
 まあ、作りの荒いオールスター映画ってことなのだが、ラストの強引なオチには驚かされた。
 ビルのワンフロアで最後の対決になるんだけど、
 闘いが終わると同時にエレベーターがチンと開いて、
 それまでの出演者がエキストラも含めてぞろぞろ何十人も降りてきて、
 何の説明も〆もなく、終劇。
 シュール過ぎるわ。

 でも、これ、たぶん映画館で観てるんだよなぁ…。
 『あぶない刑事』と同時上映だったから。

 そんでもって。福星シリーズなのだが、
 最初の『五福星』と、次の『大福星』は、話が続いてないよーです。
 キャラがちょっと似ている、別の話。
 しかしその次にあたるこの『七福星』は、『大福星』の続編になっておるよーです。
 どーでもいいわりに、観てるとややこしい。
 さらにこの後、話は別物だが『十福星』へとシリーズは続き、
 結局、全部で7作になるそーです。
 長いですね。

 ジャッキーはもう出ませんけど。


サイクロンZ デジタル・リマスター版 [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 88年の作品で、監督がサモ・ハン・キンポー。
 ユン・ピョウも出演しており、
 今のところ、ジャッキーと三人揃った映画はこれが最後となっております。
 いろいろあるのでしょうね。いろいろ。

 しかしながら三人とも脂がのりまくってテッカテカの時期なので、
 アクションってゆーか格闘シーンのレベルが段違いに凄く、動く動く。
 細かいシーンでも力は抜かないし。
 また『スパルタンX』でジャッキーと闘ったベニー・ユギーテが、
 再び悪役で出てくるのもポイントでございます。

 さて。
 ジャッキーは弁護士役w、サモとユン・ピョウは協力する友人役と云ったところなのですが、
 まーこれが喧嘩ばかりしておるのです。
 それも仲良く喧嘩しなと、トムとジェリー的なものなどではなくて、
 超高速のクンフーの打ち合いです。
 まったく観ていてホンワカしません。
 しかも酷いのがユン・ピョウの設定で、強迫症だっつーの。
 (日本版だとカットされてるけど、オリジナルには通院シーンもあるそうな。精神病院の。)
 それを理由にするのもどーかとおもうし、それを無しに考えたとしても、
 はっきり云ってユン・ピョウのキャラ設定やら言動はキチガイのそれ。誰も擁護できません。
 後半、敵に捕まったサモが覚醒剤を注射されるんだけど、これもどーかなぁと。
 どんだけ必要なシーンなのかなぁ、と。
 ま、時代なんでしょうな。時代、時代。

 しかも、
 こんな説明じゃ想像できないだろーけど、この作品、基本的には恋愛コメディだったりする。
 監督のサモが恋愛物をやりたくって仕方ないのだなあってのが、ひしひしと伝わってきます。

 恋愛とバイオレンス。うん、時代、時代。


スパルタンX デジタル・リマスター版 [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 そんなわけで、ついでに『スパルタンX』も観てミタ。
 スパルタンって、車の愛称なんですな。
 スパルタン号。

 84年の作品で、
 この三作品の中ではいちばん古くて、ジャッキー、サモ、ユン・ピョウの共演、監督はサモ。
 ジャッキーの映画でゆーと『プロジェクトA』の後、『プロテクター』の前になります。
 スペインで撮影されておりまして、
 ガウディなんかもしっかり出てきますし、出演者の顔ぶれもやや西洋よりに。
 ま、特色と云えばそれぐらいなんだけども。

 マイケル・ジャクソンみたいなサモの髪型や、
 レトロなテクノロジーのスパルタン号に、失笑できます。

 あとね、何故かこの作品でも精神病院が扱われておりまして、
 ユン・ピョウの父親と、ヒロインの母親が共に入院しております。
 ストーリーの展開から二人を連れ出すことになるんだけど、
 その時の計画も、
 サモが町中で刃物を振り回すキチガイを演じて収容されるとゆー、
 今ではアウトな、
 当時でもテレビ放送時にはカットされてたよーな気がする、じつにアレなことをしております。
 サモ監督は、我々に何を訴えたかったのでしょうか。
 『五福星』のメンツも何人か出ております。入院患者役で。

 しかしながら、アクション映画としての出来映えは抜群で、
 ジャッキーもまだスリムでカッコイいんだわ。
 んで、ベニー・ユキーデとの対戦がまた素晴らしい。
 どーやら本気で打ち合ってたよーで、
 アクションの受け、リアクションではなく、しっかりガードしてるのが迫力あって、凄かった。

 そんなわけで、個人的にはベストなジャッキー映画であります。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-01-10 21:56 | 映画 | Comments(0)

その77。『バイオハザードIV アフターライフ』


【Amazon限定】バイオハザードIV アフターライフ (スチールブック仕様) ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント



 3Dは映画をダメにするのか。

 『バイオハザード』の映画シリーズは基本的にハッタリ、ケレンミで構成されている。
 それがシナリオと巧みに絡まり、おもしろい作品に仕上がっていたのだが、
 シリーズが進むにつれ案の定、
 ボロボロほつれて逆役満状態で行き着いたのが本作、『バイオハザードIV アフターライフ』。
 さらにドラで「3D」がついてきました。

 生存者とゆーかナマカ、いや、仲間を捜しているうちに、
 敵の基地とゆーか実験施設に迷い込み…。とゆー大まかなストーリーはあるが、
 まるで頭に入ってこない。
 この映画のキモは、豆まきみたいな銃撃アクションと、
 どこを見つめているかわからないミラの決め顔なのだ。
 そのためのストーリーなんだな。
 もはやこれのどこがバイオハザードなのかも、わたくしにはわからない。
 やっとゲームの主人公の二人、ジルとクリスが揃ったけれども、扱いが悪すぎる。
 ホントに、どーでもいいことなのだ。
 ジャッキーがいればジャッキー映画になるよーに、
 ミラがいて、アンブレラのマークが出れば『バイオハザード』なのだ。ええ。

 んで、一応、ゲームの『5』をモチーフにしているみたい。
 やー、ホントにね、もー。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-01-06 23:55 | 映画 | Comments(0)

その76。ジャッキー・チェンの、映画を、ミタ。その⑧。


レッド・ブロンクス ― スペシャル・エディション 2枚組 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ




 95年作品。
 ジャッキー・チェンの、アメリカ進出第三弾。
 三度目の正直で、全米興行収入初登場一位を記録、ついにアメリカ進出を成功させました。
 途中に『キャノンボール』が続編含めて二作あって、
 アメリカでもコアなファンってのは存在してたよーなんですが。
 因みに、大ヒット作となる『ラッシュアワー』は、この四年後になりんす。


 んでこの『レッド・ブロンクス』。
 公開時に観ておるのですが、
 相変わらずカラダ張ってるなぁ程度の印象しか残っておりませんでした。
 時は九十年代。アジア圏ではスターのジャッキーも、微妙な存在に存在になりかけており、
 自分的にも若くてトゲトゲしてた頃なので、すでに興味も薄かったものです。
 確か同時上映がスタローンの『ジャッジドレッド』でした。切ないですね。

 つーわけで、
 今だとどんなもんかなと、そんな確認も兼ねて観返してみたわけで、これがえらく観やすかった。
 それまでのジャッキー映画と比べると。

 突飛な展開ではあっても、アクション映画としては整理されているし、
 何より安っぽさが解消されている。
 スタントのレベルも高く、
 アクションに迫力があるし、カメラワークもちゃんと計算されていた。
 『バトルクリーク・ブロー』や『プロテクター』とは、
 もう基礎から違う感じで、ジャッキー映画になっている。

 おそらく万人が楽しめるよーな娯楽映画を目指したとおもわれるが、
 ただ一カ所だけ、
 チンピラがマフィアに粉砕機か何かでミンチにされるシーンだけは、
 直接的なシーンはなくとも、今観てもエグかった。。。
 また、マーケットの中国系女性も、コメディ要員だと分かるけども、
 今の感覚だと、なんだかあまりに理不尽に災難で、笑えなかったなぁ。なんでだろ。

 んでライバルキャラの不在も、ジャッキー映画としては、ちと寂しい。
 作品がバトル物ではなく、アクション物なのですな。これ。

 んでんで、映画の終わり方も唐突で、らしいといえばらしいのだが、
 少しミスマッチかなともおもいましたよ。

 ジャッキー愛好家には好みが分かれる気もしますが、
 映画としては、よくまとまっておもしろかったですよ。ええ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-01-04 22:05 | 映画 | Comments(0)

その75。 『告白』


告白 【DVD完全版】 [DVD]

東宝



 オムニバスとはまた違う、短編のよーな長編映画。
 徹底した復讐劇で救いがないよーにもおもえるが、
 この監督さんは独特の色彩…とゆーか空間感覚がある方で、
 視覚的にとても特徴があり、それが個性として支持もされておりまして、
 その影響がストーリーにまで及ぶ、希有な存在ではないかなとおもいます。日本でわ。
 要するに個性が強すぎて、好みが分かれるとゆーことなのだが。

 そんな監督さんが、『告白』のよーな素材を選ぶとどーなるのか。
 原作は未読なので映画だけで判断するしかないのだが、
 シリアスなテーマで、凄惨なお話でもある。
 しかしこの監督さんの手に掛かると、
 シリアスなよーでコミカルな、
 デフォルメされてるよーでリアルな、不思議な映像世界となる。
 反面、エモーショナルなドラマ性が薄まって紙芝居みたくもなるのだが…。

 そんでも、今回の映画は、とてもうまく仕上がってるとおもいましたよ。
 掴もうとすると逃げられる、そんな映画でしたけど。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-01-03 10:23 | 映画 | Comments(0)

01/01//12


あけ
まして
おめ
でとう
ござ
いま

[PR]
by y.k-ybf | 2012-01-03 10:08 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧