<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アメコミの映画を、観た、観た、観た、観た、観た。


グリーン・ランタン ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)

ワーナー・ホーム・ビデオ



 今回は、『グリーン・ランタン』。

 アメコミの映画を、
 まー、こーしていくつか観てきましたが、
 映画にする際、もっとも苦心してるなとおもわれるのが、作品の改編、アレンジですな。

 アレンジってのは、
 まー簡単にゆーと、分かり易くではなくて、
 馴染ませるとか違和感を消すとかゆー意味で、
 或いはリアルにするとか、コメディにするとか、その目的によっていろいろなんだけども。
 これがまた、そのさじ加減で作品の出来は左右されるし、容易く作品自体を壊してもしまう。
 ま、壊すことで成功した例もあるし、
 かと言って、原作に忠実ならOKってわけでもないんだけどね。
 作品に対する明確な構想がないと、
 いくらお金掛けても、スタイリッシュなデザインにしても、記憶に残らない映画になってしまうのだ。

 で。
 やっと『グリーン・ランタン』の話になりますが。
 グリーンとかランタンとか、日本人からすると、なんやねんとおもえてしまいますが、
 開拓時代を象徴するアイテムなんですかね。知らんけど。
 宇宙のスーパーエネルギーから、スーパーな力を得たスーパーな宇宙人らが、
 スーパーな宇宙警察を名乗り、悪い奴らをスーパーに退治する、設定。
 まるでアメリカそのままみたいだけど、
 どちらかと云えばウルトラマンと似ている気がしました。
 巨人ではないけれど、グリーンな仲間がいっぱいいるところとか。使命感とか。
 んで、

 全体的にはオーソドックスでオールドスクールな、スーパーヒーローモノ。
 目元だけのマスクで、幼なじみにすぐ正体がバレるシーンとかあるけども。

 特撮は、当たり前のよーに良くできてるし、デザインも際立って悪いわけではない。
 んがー、目新しさも無かったなー。
 主人公の心のトラウマや、恋人や家族との問題も、意外にあっさりしてるし。
 とゆーか、あんまり活躍してないんだよな、主人公。
 最後の、
 つーか、ほぼ唯一の戦闘シーンも、これまたすぐ終わっちゃうし。
 アレ、終わり? みたいな。
 ピンチわ? 仲間が助けに来るとか、熱い展開わ?

 あとから調べてわかったんだけど、
 案の定、映画製作段階で、かなり右往左往したみたい。
 それこそシリアスにするか、コメディにするか、三部作wにするか、とか。
 最終的に、
 おそらくだけど、原作を崩さない方向に落ち着いたとおもわれるが、
 結果は、まー、こんな感じで。
 アレンジに失敗したわけやなー。
 ヒーローモノにしては、「勇気」ではなく「恐怖」を全面に出してるあたりは現代的だけど、
 『スパイダーマン』とかでもやってるし、悪く云えば今風なだけだし…。
 ラストに次なる敵は、とか、
 原作を読みましょう、なんて宣伝入れてる場合じゃねーっての。

 個人的にはですね、
 気のヨワそーな、頭がハゲあがった学者みたいのが敵側の人間として出てくるんだけど、
 主人公側よりも、こっちのほうがおもしろそーでしたよ。
 親には見下され、好きな女も主人公にとられて、
 ヘンな宇宙細菌で不思議パワーと引き換えに、顔がぐちゃぐちゃになっちゃって。
 キャラ的にも興味が惹かれるし、オモシロいとおもうんだけどな。
 結局さ、
 イイヤツ=イケメン、悪いヤツ=キモいブサイクって、使い古された構図にしちゃってるんだし。
 どーせなら、
 ハゲでブサイクなヤツがさ、
 ニンゲンの負のパワーで肥大化して、巨大な敵となって世界を襲うとか、どーか。
 それを「スペクトルマン」みたいに、敵側の視点からやるの。
 とか、
 テキトーな妄想を吐いて、おしまいです。

 たぶん、続編はないな、コレ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-07-29 10:09 | 映画 | Comments(0)

07/24//12


少し設定がややこしい、
友人らがラジオを始めたので、
興味がありましたら、聞いてみてください。

凸撃ピンク熊


特別なことではなくて、
ファミレスの隣の席で交わされているよーな、
そんな会話を、
わたくしは、とても羨ましくおもいますよ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-07-24 20:51 | 記述 | Comments(0)

映画のまとめ Ⅱ


20周年アニバーサリー 死霊のはらわた [DVD]

J.V.D.



 思いの外、エロに迸っておりました。
 さすがに今だと、ストレートなスプラッターにみえますね。


ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



 よく宣伝に使われた、ハリアーがあんな要らない存在とは、おもわなんだ。
 基本的に、『3』の焼き直しみたい。


チェンジング・レーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン



 ヒトの話を聞かないで、勝手なことする奴らばっかり出ててくる、イライラ映画。
 話を聞け。


エルム街の悪夢 Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)

ワーナー・ホーム・ビデオ



 リメイクされたやつ。
 特撮やCG技術は当然、今のほうが発達してるのに、
 怖さが半減してるのは、フレディってキャラクターに新鮮味が無くなってるだけではなく、
 イマジネーションが足りないからだとおもふ。
 『13日の金曜日』のリメイクとまったく同じ失敗をしている。
 どーせなら、オリジナルの一作目を観たほうが、ぜんぜんオススメ。


チェイシング/追跡 [DVD]

角川書店



 後味が悪いだけじゃなく、不明なところも多くて、モヤモヤする。
 ラッセル・クロウが演じる刑事がいちばんよく分かんなくて、病んでるだけにも見える。
 めずらしく、サイコな殺人鬼に同情できる映画。


ナイト・トーキョー・デイ [DVD]

ポニーキャニオン



 金髪の女体盛りと、
 日本人のエロスに負けた外人の変態プレイ以外、
 何も覚えていない。

 何も。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-07-22 11:19 | 映画 | Comments(0)

アメコミじゃない映画を、観た。


グリーン・ホーネット [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント



 ブルース・リーの出世作となった、アメリカのテレビドラマのリメイク。
 とゆー説明が、最も簡潔であろう。
 要すると、
 アメリカのヒーローモノの元祖みたいな作品で、わたくしもオリジナルとかは未見であります。
 なので、ほぼ、この映画だけで判断しなければならないのですが…。

 まず、全体的にコメディ路線で、
 ちゃんとヒトは死ぬけど血は出ないとゆー、ファミリー向けをキープした、あの感じ。
 このへんは好みでわかれるだろーが、悪いわけではない。
 カトウ役のヒトは、アクションも素晴らしかったけど、クールだけど温かみのあるキャラを好演していた。
 いろんな武器や仕掛けのある車もフツーにカッコよかった。

 しかし。
 主人公と悪役の作りは、残念だったなぁ。
 コメディだからこんなキャラになったんだろーけど、それは分かるんだけど、
 女好きの大金持ちのバカ息子で、性格もひねくれてて、オマケにデブでブサイクって、
 ちょっとカードを揃え過ぎ。
 おもしろいかも知れんけど、結局最後まで、ヒーローには見えなかった。
 ヒーローに憧れてた的な設定も、あるのかないのか、よくわからんし、
 父親との心理的対立の解消も、コメディで片付けてるし。
 観ている側からすると、物語に入り込む余地が無さ過ぎるんだな、コレ。

 悪役のヒトには、おもしろいシーンがあって。
 映画の冒頭。
 ギャングのボスへ、若いリーダー格のヒトが、
 「お前は、やり方も着ている服も古臭くて時代遅れで、ぜんぜん迫力もねーし、恐くもねーよ」
 「え、そーなの?」
 なんつー会話をしてて。
 ま、結局ボスが貫禄で、リーダーら若いグループを店ごと爆破して全滅させるんだけど、
 皮肉でもなんでもなく、やっぱりこのボス、恐くもなんともないんだよね。
 迫力がないっつーか、キャラが立ってない。
 自虐的に、
 グリーンホーネットに対して赤いスーツを着る、なんてくだりもあるけど、それも中途半端でね。
 笑いに繋がってもない。
 むしろ逆に、
 悪役はバリバリのリアル路線で押したほうが、
 ギャップが生まれて映画全体的にもオモシロくなったんじゃないかなーと、おもたよ。


 で、キャメロン・ディアス、がなぁ…。
 うん、まあ、いいか。。。
 まあ、いい。。。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-07-21 11:19 | 映画 | Comments(0)

『アンフェア the answer』を、観た。


アンフェア the answer DVDプレミアム・エディション

ポニーキャニオン



 前の映画は、半分ぐらい観たはず。
 そんな心構えもなく、期待もなく、頭真っ白の状態で観たんですが、これがなかなか良かった。
 いや、オモシロかった。
 頑張ったなぁと、上から目線で言ってみる。

 女優としての篠原涼子は、まったく評価してないんだけど、
 今回はシナリオと演出に助けられて、あまり気になりませんでした。
 ストーリーの謎も、
 今の、どーゆーこと? ってシーンがあると、
 ちゃんと場面が巻き戻って、じつはこーでしたって説明してくれる親切機能付き。
 推理モノとしては後出しジャンケンなんで、卑怯な気もしますが、
 映画としては効果的に使ってましたな。
 使いすぎて破綻スレスレだけど。

 あ、大森南朋演じる殺人犯のモデルは、『ノー・カントリー』のあのヒトだとおもうんだけど、
 キャラ付けにいろいろ加えちゃって、逆に小物っぽくなったのは残念。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-07-19 21:31 | 映画 | Comments(0)

『トロン:レガシー』を、観た。


トロン:レガシー DVD+ブルーレイ・セット [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社



 前作『トロン』の説明は、、、要らんよな。
 コンピューターのプログラム世界を視覚化した、いまでゆーと『マトリックス』みたいな話、
 だったよーな気がする。

 まーとにかく、
 全身タイツに光のラインを入れたビジュアルや、ゲーム世界に入り込んだよーな無機質な世界観が、
 とんでもなく斬新だったわけですよ。
 『マトリックス』が、そーであったよーに。

 で、その何年ぶりかのシリーズが作られたわけですが、これがリメイクではなく続編なので驚いた。
 あの前作を活かすんだ? 設定を? と。
 本編ではさらに小ネタがあったりと、ニンマリできるとゆーか、もう覚えてないとゆーか。
 んで、
 映画の方なんですが、
 うん、わたくしは、たいへん楽しく観ることができました。
 おもしろいし、やはりビジュアルが素晴らしいですね。
 なんかウェットスーツみたいにも見えるけど、マイナスってほどでもないし、
 良くも悪くも、前作と比べて、この出来なら評価してもよろしいのではないでしょうか。
 ダフトパンクも出てるし。

 と、そー言いながらも歯切れが悪いのは、
 正直なトコロ、ストーリー的な部分は、まったく理解できなかったから。
 コンピューターの中に入るってのは、
 まあ、話も進まないのでいいとして、
 それから先は、まーチンプンカンプンでしたわ。
 今、久しぶりに言いましたわ、チンプンカンプンって。

 なので、どんな映画だった? と訊かれても、
 ウン、オモシロカッタデスヨ?
 と、何故か疑問系で答えてしまうだろう。

 ソンナ映画デシタヨ?
[PR]
by y.k-ybf | 2012-07-18 17:37 | 映画 | Comments(0)

映画のまとめ Ⅰ


デビル [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル



 密室エレベーターの、サスペンスモノ。
 ちょっと捻りが足らなかったけど、おもしろかった。
 悪魔ってよく働くなって、おもた。


フェーズ6 [DVD]

ポニーキャニオン



 感染パニックモノ。
 説明部分をぶん投げてるあたり、好感をもてるのだが、ぼやっと終わるのが残念。
 ジャンル化しつつある、ゾンビがでてこないゾンビ映画。


ロシアン・ルーレット ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ



 集団ロシアンルーレットをやる、おはなし。
 マフィアの賭場じゃ、ホントにこんなことやってんだろなー、ってぐらいのリアルさが良かったです。


デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

ワーナー・ホーム・ビデオ



 『ハングオーバー!』よりキ印がアップしている、ザック・ガリフィアナキス。
 さすがに共感もできないけど、それでもイイ話に着地させるのは、巧いなとおもた。
 お父さんの遺骨をコーヒー缶に入れちゃダメだと、おもた。


いばらの王 -King of Thorn- [DVD]

バンダイビジュアル



 アニメエイガ。
 時間が限られているため、展開が早くなってしまうのが、勿体無い。
 もっと余裕もってやれば、いいSFサスペンスモノになったのに。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-07-16 20:08 | 映画 | Comments(0)

『バッド・ルーテナント』を、観た。


バッド・ルーテナント [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



 ニコラス・ケイジが刑事役で、悪いことばっかりする映画。

 ある事件がきっかけでひどい腰痛となり、
 その痛みとストレスからだんだんと薬漬けになって、ドラッグに溺れて正気を失ってゆく。
 警察の押収物からドラッグをくすねるなんて序の口で、
 恐喝するわ、裏の賭博はやるわ、売人に情報流すわ、
 アメフト選手に八百長を強要したり、娼婦の彼女のお客から金やドラッグを巻き上げたりと、
 やることがめちゃくちゃで、雪だるまがゴロンゴロン転がるよーに悪事を重ねてゆくわけですよ。

 でもこれ、腰痛だけが原因じゃなくて、
 どーやら元々ドラッグには手を出してたよーで。
 ずっとキメキメ状態のまま仕事をしていて、それでうまくいってるヒトなんだよね。
 正常な状態では、ハードな警察の仕事なんかできないヒト。
 そんな強くもないニンゲンなんだけど、警察を辞めることもできない。
 「力」を無くしちゃうから。
 そんな弱さを裏返したよーな役柄とニコラスがまたぴったりでね、
 散々悪いことやってるのに、どこかコミカルで憎めないキャラになっております。
 完全に中毒なんだけどね。

 んでまた腰痛持ちの演技が巧くて、
 歩き方や服の着くずし方、イスからの立ち上がり方とか、
 わたくしも腰痛持ちなので、あるあるとおもいながら観ておりました。
 ドラッグのキメキメ描写も、
 幻覚でイグアナが現れたり、何故かカメラがそのイグアナ目線になったり、
 死体の魂がブレイクダンスを踊ったりと、ステキ描写でありました。

 で、
 結末なんだけど、これが珍しいとゆーかなんつーか、
 キツネにつままれるみたいな、ヘンテコな結末を迎えるのです。
 救われるよーな、救われないよーな。
 結局、この主人公はなんもやってなくて、
 その場の思い付きで逃げよーとする、しょーもない奴で、
 その度が過ぎたしょーもなさを楽しむ映画かな?
 これわ。



 そんでもって、ここで一部訂正。
 もう一回、見返してみたら、
 映画で語られている以前のドラッグ常習については、
 確証となる部分が見当たらなかったので、そこは訂正します。
 たぶん、やってるとはおもうんだけどね。

 あとコレ、日本だと2010年公開なんですね。
 カトリーナが発生した後だから当然なんだけど、作風は完全に九十年代前半でしたわ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-07-09 23:15 | 映画 | Comments(0)

『矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜』を、観た。


矢島美容室 THE MOVIE ~夢をつかまネバダ~メモリアル・エディション [DVD]

ポニーキャニオン



 まさに、1㎜の期待も興味もなく、観た。
 酷評されすぎてて観た、と云ってもいい。
 それぐらいの心持ちで挑んだわけだが、
 これがまー、意外とすんなり観れたんだわ。矢島美容室。

 や、映画としては限りなく0点に近いとゆーか、
 そもそも映画作品に達してないんだけど、
 矢島美容室で笑えるヒトらにとっては、それなりに楽しめるモノなんじゃねーかな、と。

 要するに、コレ、
 限られたニンゲンだけに向けられた、恐ろしくマニアックな、カルト映画なんだよ。
 とんねるずとか、松田聖子とかさ。
 なので、
 アンチ側から批判するのは、ちょっとお門違いかなーと、おもいましたよ。
 映画が始まってすぐ、それに気づいてアタマを切り替えたので、助かりました。
 余計なことは何も考えず、平静を保って鑑賞できました。

 あ、まー、映像がポップに際立つ方向で、とても良かったですね。
 九割五分ぐらい、その映像の力です。コレ。

 んで、黒木メイサが、また黒木メイサ役で出てますね。
 次はパート2で、、、とか言ってたけど、
 たのしみデスね。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-07-04 23:38 | 映画 | Comments(0)

俺ベスト100、改め、俺ベスト99。


 約三年前、
 レコード(CD)の俺ベストを100枚選ぼう! とゆー、
 如何にも暇なニンゲンが思い付きそーな、暇な企画をやったものだが、
 その改訂版を発表しまる。
 たった三年で。

 とゆーのも、前回のを終えた時点で、
 アレってなんで選んだんだろ? とか、
 アレを選び忘れた、とか、
 かなり早い段階で感じておりまして、この改訂に至った訳でございやす。

 さらに今回は、看板も変わって、俺ベスト99。
 一枚減りました。
 選んでみたら、丁度、99枚だったのです。

 因みに、前回のリストは、こちら
 ベスト100なのに87枚しか選んでおりませんが、今回は単純に12枚プラスされております。
 また、外したモノや入れ替えたモノもあって、新顔ってことでは、29枚になるのかな?
 優柔不断でややこしいですね。
 とりあえず、外れたリストは、こちら。

2 『KEISUKE KUWATA』/桑田圭祐
19 『イマジン』
21 『FOR THE BOYS』
40 『jaguar hard pain 1944〜1994』/THE YELLOW MONKEY
45 『Bite It』 /Whiteout 
60 『ホモジェニック』/ビョーク
72 『TAKE OFF AND LANDING』/砂原良徳
73 『ROPELAND MUSIC』/COIL
74 『Stupid&honest』/ウルフルズ 

 外した理由は、時々の気分なので、とくにないです。
 今でも良いアルバムだとおもっていますよ。

 で、追加やら変更したモノは、そのうち挙げてゆきます。
 時々の気分で。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-07-02 10:42 | 音盤/100 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧