<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『機動戦士ガンダムAGE』、終わる。


機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray]

バンダイビジュアル



 さて、やっと、
 いやいや、とーとー『機動戦士ガンダムAGE』が最終回をむかえました。
 特に盛り上がることもなく。

 本当は区切りごとに感想でも書くつもりでしたが、
 回が進むにつれてテンションが下がりに下がり、終わったんだし書くか、とゆー次第でございます。

 と、
 これでだいたいどんなもんか想像できるとおもいますが、
 エイジさんは、贔屓目に見ても、失敗作のまま終わってしまいました。
 や、それでも始まるまでは期待してたんですよ。
 ローティーンのさらに下の世代、新しいファンを増やすためのプロジェクトとして作られた、このガンダム。
 父、子、孫と三世代、100年に渡る壮大なストーリー、とか、
 パーツを換えることでフォームチェンジするガンダムの設定、とかね、
 イヤな予感もしつつ、どー展開させるんだろ、と。
 それがまさかね、
 最終的に三世代が現役でガンダムに乗ったりね、
 100年とゆー年月の半分ぐらいは飛ばされていたり、
 パーツ換えすらおざなりになったりと、
 で、何がやりたかったのよ? と、思わざるを得ない結果になろーとわな。
 ま、
 三世代が健在ってのはいいとしても、
 その世代交代がいちいちヘタクソでね、山場が微妙で、もやっと終わるのがマズかったなー。
 ガンダムの交代も同様で、
 こんな最後を、とか、こんな使い方を、とかね、
 ちゃんとやればドラマチックにはなるし、ストーリーのバトンタッチとなるんだよ。
 只々、
 新しいガンダムが出来たー!
 スゴいぞー! って、その繰り返し。
 物語に思い入れが生まれてないんだから、観ている方が何も感じないのは当然だよね。
 そこに何もないんだから。

 まあ、挙げればキリがないので、あと一つだけにしておきますが。

 最後にね、人間とヴェイガン(敵)の争いは終わり、平和になりましたってなるんだけど。
 コレ、ナレーションだけで済ませたら絶対にダメ。
 いままでずっと、
 この争いの顛末、はたして両者は和解し、共存できるのだろーかってテーマにしてきたんだから、
 その回答としての結末には、
 一話とは云わないけど、せめて半話ぐらい使って描いてくださいよ、と。
 アホかと。
 人類すべての意志を、あんな老害気味のジーサン一人に例えるなと。
 四十年前のドンパチロボットアニメか。

 要すると、
 エイジさん全体の問題点は、何故か、大事な部分となると省きたがる、ってトコなんだわ。
 外伝やら小説で補完するとか、意味分からんし。
 これはね、
 子供を騙してるんじゃなくて、バカにしてるんだよ。
 どーせ分からないだろって。
 分かり難いものを、分かり易くするのが児童創作じゃないの?
 始めからそこに存在しないものなんか、エスパーとかでも気が付けないっての。

 物語には、省いてはいけないものがあるってことを、
 ガンダムエイジさんは我が身を犠牲にして教えてくれたのだと、おもうことにしましたよ。

 ありがとう、エイジさん。
 そして、さようなら。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-09-26 21:24 | テレビ | Comments(0)

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を、観た。


 でもー、本当にファイナルなのぉ?
 とゆー疑問を持ちつつ、観てきましたよ、『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』。
 公開二週目、最終九時のレイトショーだったけど、席の半分は埋まっておりました。

 『踊る』の映画とゆーと、前作の『3』が、まーヒドい案配で。
 あくまで自分の中ではだけど、
 『踊る』の評価が日々、急落を続けて、完全に観る目線が変わってしまいました。
 そんな、
 ハードルが激下がりのまま挑んだわけですが、やっぱりそーなると、フツーに楽しむことができました。
 (映画の前日譚となるTVスペシャルも良くできていたので、期待はあったのですが。)

 今回の映画は、原点回帰とも違うけど、
 シンプルな、『踊る』らしいストーリーになっておりました。
 言い方を代えると、余計な盛り込みが少なく、ストーリーの邪魔になるものを削いである。
 横筋はあっても、ちゃんと主軸に絡めよーとしているし、映画でゆーと『1』に近い作りかな。
 決して巧くはないんだけどね。
 で、
 その省かれた部分はドコ行ったかってーと、
 先程のTVスペシャルのほうに(或いは携帯配信に)盛り込まれておりまして、
 この仕分け効果はかなり大きかったですな。
 新しいキャラの描写や人物配置も、そっちで済ませてあるし。
 映画の前に観ておくのを、オススメます。細かいネタフリとかもあるし。
 『3』は、これを一つにまとめて大失敗したわけだからなー。

 さ、て。
 気になったところの話もしますが、ね、
 事件の真相となる過去の説明が、ちょっとくどい。
 同じシーンを三回も流して説明してくれるんだけど、わかるっての。そんな丁寧にやらなくても。
 くどいと云えば、
 青島刑事が走りまくるシーンもかなりくどかったけど、これはお約束だからなー。
 ただ、
 ホントに勘だけで走り回って犯人にたどり着いちゃうのは、どーかなぁ、と。
 イベント会場とかバナナとか、それだけじゃ弱い気もするし、
 犯人の車を見つけるとか、何らかの目撃があるとか、もーちょい配置しておけばスッキリしたかな、と。
 あ、
 あと、青島は死にません。
 予告とかで、さも撃たれて倒れるよーなシーンになってたけど、あれは走りすぎてコケただけ。
 死ぬ死ぬ詐欺が目に余るので、ここはネタバレしておきます。
 そんで、
 いちばんのガックリは、後半のかなり重要なアレが、CGだったこと。
 本物を使ってやるのは、いろいろ問題もあるだろーが、そこはもっと頑張れよ。
 ドル箱確定してる映画だろー?
 ファイナルなんだろー?
 もー、パッと見でCG丸分かりだから、迫力もクソもない。
 これでガツーンと気持ちが落ちましたね。
 んで、
 すみれさんがアレに乗ってくるのは想像できたけど、いきなり突っこむのは、どーよ?
 携帯で連絡を取り合ってたっつー理屈もあるにはあるが、
 そもそもね、こーゆー些細な部分が気になっちゃうのは、出来の悪いCGだからなんだよ。
 絵に説得力がないから、こーやって気が散っちゃうんだわ。
 だから、作り込みってのは大切なのだよ。ディテールが。

 他にも、
 犯人側の方々は、何をどーしたかったのか、面倒が過ぎて分かり難かったり、
 模倣の意味、分かってる? とかね、
 ま、細かく気になるところはあるんですが、
 『踊る』だからなーと片付けられる、そんなパワーは戻っておりました。っつー映画でしたよ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-09-20 21:57 | 映画 | Comments(0)

『A LONG VACATION』/大瀧詠一 (002/100)*

A LONG VACATION 30th Edition

大滝詠一 / SMR



 このアルバムを名盤だよって紹介するのは、なんとも気恥ずかしい。
 それぐらいの定番アルバムなのだが、前回のリストではスルーした。
 単純にキキコミが足りなかったってのもあるが、
 大瀧詠一がもつ独特なユーモアセンスが、いまだに苦手でありまして。
 そこで踏み込めなかったのが、まず一つ。
 も一つは、一曲目に収録されている、「君は天然色」。
 この曲が好き過ぎて、二曲目以降が、もうオマケみたいにおもえたからなのです。
 なんか怒られそーだが、好きなんだから、仕方ない。
 もうね、
 最初から最後まで、全十曲「君は天然色」のアルバムがあるなら、迷わずベストに選んでますよ?
 そんぐらいー、偏った聴き方をしていたわけで、
 それがやっとアルバム全体を聴けるよーになった、と。
 ああ、コレは心地良いなと、素晴らしいなと。
 捨て曲なしとゆー表現には抵抗あるが、
 むしろ、抑揚のある、飽きのこないアルバムですな。

 そんで。
 もう一枚、『SNOW TIME』ってアルバムがありまして。
 詳しい製作理由は省きますが、
 全篇英詞、半分インストとゆー、変則的とゆーか、ほぼミニアルバムに近いモノなのだが。
 森進一の「冬のリヴィエラ」のセルフカバー、
 渡辺満里奈の「うれしい予感」のインスト、「フィヨルド」や「シベリア」も入っておりまして、
 去年の冬などは、こればっかり聴いておりました。
 そんでもって、
 そーいや『ロング・バケーション』にも同じ曲が入ってたなと思い出し、
 そちらもキキコムよーになったわけなのだよ!

 大瀧詠一の楽曲の魅力ってのは、
 エラそーにテキトーなコトを云わせてもらうと、
 オールディーズのポップで豊かなメロディーと、
 歌謡曲のゆったりとしたグルーヴが、混じり合いつつどっちも活きてるトコロかなと、おもたりもします。
 曲ごとに調整する、そのバランス感覚が凄まじいんだわ。

 あ、あと、
 この二枚のアルバムは、例のユーモアの部分が比較的少ないので、初めての方でもオススメですよ。



[PR]
by y.k-ybf | 2012-09-12 10:35 | 音盤/100 | Comments(0)

ジャッキー・チェンの、映画を、ミタ。完結編。


ベスト・キッド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント



 これをジャッキー映画とするのは、
 些か抵抗を感じる、『ベストキッド』のリメイク、『ベストキッド』。
 メジャーで新しい作品なので、どっちの説明も省くけれど、
 題材が空手からクンフーに変わったんだから、原題も『ベストキッド』にしちゃえばいいのにね。

 んで、
 リメイクでは主人公が白人から黒人の男の子に変わり、舞台も中国へと移り、
 まるっきり違う印象を受けるとおもうが、本筋はオリジナルそのまま。
 むしろもっといじっても良かったんじゃね? ぐらい、そのままだ。
 なので、
 ジャッキー色はかなり薄く、
 出番こそ多いが、アクションシーンは必要最小限に抑えられている。
 (ソフトの映像特典には、カットされた対決シーンがあるみたいだけども)

 そんな、ジャッキー好きには物足りなさそーな映画ではあるが、
 これがなー、
 子供の頃からジャッキーを観てきたものからすると、
 あの、『蛇拳』や『酔拳』でクンフーの老師から厳しい修行を受けていた若造が、
 いまや、マスターとして若い弟子にクンフーを教えている姿を見るだけで、
 胸に熱いものがこみ上げてくるのだ。

 と、ここまでがジャッキー映画としての感想。
 ここからは、ウィル・スミスが親バカ全開で作り上げた『ベストキッド』についての話。

 主演を勤めたウィル・スミスの息子、ジェイデン・スミスは、悪くなかったです。
 コイツ、ケンカ弱そーだなぁって感じと、とりあえず生意気な感じが絶妙で、
 何よりチャーミングな魅力がある。
 演技も優れているとは言えないが、アクションやダンスシーンは、とても良かったですよ。
 当然、スタントも使ってるけども。

 んでで、
 オリジナルより主人公の年齢が下がっておりまして、
 少年の成長物語と同時に、ボーイ・ミーツ・ガールな要素も、かなり丁寧に描いております。
 そこは良い変更点。
 その分ってわけでもないが、
 男の子同士の友情とかが省かれてるのは、ちと残念でした。
 例えば、
 クンフーの修行で、どれだけ強くなったんだって描写もなく、そのまま大会が始まったり。
 ライバルの男の子との交流も少ないので、
 彼が何を考えてるのかよく分からず、ラストが、ちょっと唐突におもえたり。勿体無い。

 ま、そこまで盛り込んじゃうと、
 ただでさえイマイチなテンポが更に悪くなるだろーし、三時間ぐらいの大作になっちゃうからな。
 すでに139分もあるし。

 で、どの辺が親バカなのかとゆーと、
 うん、だいたい全部。

 「ジェイデンのー、こんなシーンを観てみたい!」
 ってノリで撮影されてるよーにしかおもえないんだよね、何故か。
 なんつーか、アイドル映画のアングルみたいな、な。


 と、まわりくどい言い方をしてきましたが、
 いい映画でしたよ。
 はい。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-09-06 10:43 | 映画 | Comments(0)

『アウトレイジ』を、観た。


アウトレイジ スペシャルエディション(DVD+ブルーレイ+特典DVD)

バンダイビジュアル



 北野武の映画は、しばらく観ていなかった。
 内世界的かつ自己完結な作品が続いたので、もーいいかなと。

 ところが、
 ここにきてエンターテイメントな、それもヤクザのバイオレンスモノをやると知り、
 これわ! とおもい、
 やっと、こないだ観たよ。WOWOWで。

 まず、観やすく、分かり易くい、サクサク進むことに驚いた。
 北野武の映画にある、
 独特の淀みみたいのが無い、無いことはないのだが、
 じつに巧妙に散らされており、細部に息を潜めている。
 かつて『座頭市』のリメイクとゆー、エンタメ作品があったけど、
 それとも比べものにならないぐらい、監督の色は薄いし、振り切っている。
 振り切ってるってのは、エンタメよりもジャンル映画になってるってことだ。
 要するに、楽しめるヒトにとっては、最高だとゆーことだ。
 そして、
 色が薄まってわかるのは、北野武の監督スキルの高さ。
 カメラのアングルから色調、演出、編集などなど、
 最初から最後まで、
 おー、ほー、へーと、感嘆しながら観ておりましたよ。さすがやなと。

 キャストの好演については、誰もが指摘されているので省略しますが、
 音楽がまた良かったんだな。
 鈴木慶一。
 これ、久石譲だとダメでしたね。膨れるとゆーか、重たくなってたとおもう。

 あとは、ラストシーンなんだけど、
 たぶん、デビュー作の『その男、凶暴につき』を意識したのかなー、と。
 それをここでやったってのは、
 興味深いなーと、勝手におもいましたよ。

 続編の、『アウトレイジ・ビヨンド』も楽しみです。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-09-05 20:09 | 映画 | Comments(0)

『ステキな金縛り』を、観た。


ステキな金縛り Blu-rayスペシャル・エディション(特典DVD付3枚組)

東宝



 三谷幸喜の作品は、好きだった。
 映画を撮るよーになるまでわ。
 ドラマはよく観ていたし、
 テレビ放映された東京サンシャインボーイズの舞台なども、
 こんな面白いものがあるのかと、感激しながら観ていたものだ。

 三谷幸喜は、
 古典をふまえつつ、それを逆手にとって、新鮮なものに作り替えるセンスと、
 安定した上品さをキープしつつ、時にはアバンギャルドに振り切れるユーモアのパワーがあった。
 それを目まぐるしく二転三転するストーリーに組み込むことで、
 観客をトリップさせるよーな、独特な三谷ワールドを形成していた。

 そんな三谷幸喜が映画をやりますよーってなったとき、
 何故か、なんとも嫌な予感を感じて、スルーしてしまった。
 実際、映画を観ることになるのは、監督デビューからだいぶ後で、
 何を観たのか、タイトルも定かではないぐらいなのだが、
 やはり、
 ああ、まあ、おもしろいですね、程度の感想しか湧かなかった。
 予感通りに、何かが違う、何かが足りないものだった。
 それからいくつかドラマや映画なんかを観てきたが、その喪失感は深まるばかりだった。
 そんで、
 ある時、宇多丸さんの三谷評を聞き、やっとその何かに気がついた、よーな気がした。
 あ、そーか、
 三谷幸喜って、おもしろくないんだ。それ、言っちゃっていいんだ。おもしろくなくなってんだ、と。
 だから楽しめなかったのか、と。
 何をアホなこと言ってんだとおもうでしょうが、まー、こんなこともありますよ。
 好きなものが嫌いになれない、とかね。

 さ、
 そんなマインドのコンディションで観た、『ステキな金縛り』。
 宇多丸さんのハスリングもすでに聞いてしまい、
 かなら期待値も下がり、どれだけボロクソ言えるかなと挑んだわけですが、
 これが、おもしろかったのです。
 楽しめました。
 ちょっとハードル下げすぎちゃったかなともおもいましたが、観る価値無しってほどではないですよ?
 確かに、ヒドいところはたくさんあるけども。

 まず、設定が、ブレまくってる。
 幽霊が見えても、基本、一体だけだったり、だけじゃなかったり。
 あの世とかこの世とか、
 非現実で常人には未知のものを出す場合、設定こそがしっかり固定されてないと駄目なのだが、
 そこがブレてるから、よくわかんないことに、つまり、ストーリーに説得力がなくなっておるのだ。
 個人的にヒドいなーとおもったのは、
 阿部寛が演じた主人公の上司の突然死。
 あ、体調悪かったんだ?
 え、死ぬの? 今? みたいな感じで亡くなるんだけど、
 これ、いくらコメディだからって、あまりに扱いが粗略すぎるし、意味もないのが、ヒドい。
 要するに、
 コメディとしての体も守れてないし、映画としても歪つなんだわ。
 これが映画を撮るよーになってからの、
 つまりは名前が売れて有名になってからの、三谷幸喜の劣化したところなんだわな。

 そんでまた、長いんだ、この映画。
 二時間半もあるのよ、150分!
 内容が詰まってるわけでもなく、明らかに無駄だとわかるシーンばかり。
 進行もダラダラしてるから緊張感なんかないし、テンポも悪い。
 繋ぎも雑。
 しかも、ストーリーの大きな着地点の一つでもある、
 西田敏行演じるところの、
 落ち武者の悲願、名誉挽回と慰霊碑による成仏が、驚くべきことに、本編では描かれない。
 準主役級のキャラなのに!
 スタッフロールで完成した慰霊碑の写真が、一応出るけれど、そんな扱いなのかと。
 んで、
 主人公のその後とかもスナップで一緒に流されるけどもー、落ち武者、ぜんぜん成仏してねーの。
 いままでの話は何だったんだよ!
 なんでもアリかよ! ってゆーか、どーでもいいのかよ! と。

 そう。
 この『ステキな金縛り』って映画はね、
 どーでもいいわいって、三谷幸喜が頭をぱっくり開いた状態で作ったとしかおもえない映画なの。
 オレの頭の中を覗いてくれよって。
 そこに辻褄とか洗練とか、あるわけないし。
 まずね、
 あのオープニング、ミニチュア丸出しでアニメかと錯覚しそーになるお屋敷のシーンを観れば、
 どのレベルで鑑賞すべきか、わかるんじゃないかな。
 主人公を演じる、深津絵里の演技だって、
 おそらくたぶん、意図的に過剰さをアピールした、
 誰も感情移入できない切れたキャラにしたんだとおもいますよ。おそらくたぶん。
 これは狂った映画なんだと、気付かせるために。

 個人的には、戸田恵子のイヤな女将役がよかったなぁ。
 ホントに、嫌々しいのが。

 と、ま、そんなわけで。
 観る際には、頭のネジが弛まった、
 そーですね、心地よく疲労したぐらいの時に、観るのがオススメですよ。

 長いけどね。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-09-03 10:34 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧