<   2012年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

『悪夢のエレベーター』、を、観た。


悪夢のエレベーター [DVD]

Happinet(SB)(D)



 エレベーターに閉じ込められた男女四人が…、
 とゆー、
 今となっては定型化しているシチュエーションコメディ、なのかねぇ…。
 笑えるとゆーより、ブラックですね。それに気付くまでだいぶ時間が掛かりましたけど…。

 まず、シリアスなプロローグがあって、
 そこからコメディ調のエレベーターの密室劇へ移るんだけど、
 それぞれに主演の内野洋平が真逆なキャラで登場するため、混乱する。
 ココは、プロローグを内野のナレーションだけにすれば解消できるし、
 違和感をフリにしたいなら、そのほうがまだ自然だ。

 次に、エレベーターの密室劇。
 これがまたげんなりするほど詰まらない。キャラと会話が雑すぎて、説得力がない。
 まあ、その理由もあるし、後半には判明するんだけど、
 さっきのプロローグと同様に、この時点では分かりようがないし、
 どしたの、これ? って不安感が勝って邪魔。
 本来は、そこをカバーするのがキャラであり会話そのものなんだけど、なぁー…。
 繰り返しになるけど、理由はあるの。
 ちょっとした理由が。だけどそれは後半だからw
 んだからねー、
 だからこそ、前半は独立したシーンとして、おもしろくなくちゃダメなんだけどねぇー…。

 後半の真相やら結末は、悪くない。
 内野の、過去の自分を振り切ろうとする衝動も、悪くなかった。
 ゴスの女子も、得体が知れない感じが良かった。良かったのにねぇー…。

 んで、この尻切れみたいな映画とゆーか、
 原作の終わりの続きが、ネットで公表されて読めます。
 ホントにあの直後の続きです。
 興味のある方は、どーぞ、、、と言いたいところではあるが、
 これがまた、蛇足中の蛇足だねぇ…。
 うん、じつは、映画はいいところで終わってるんだなぁ…。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-11-30 17:06 | 映画 | Comments(0)

映画のまとめ Ⅵ


ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル



 ストーリーの主軸じゃない設定が分かり難くくて、
 あ、コイツら一緒に住んでんのか、とか、
 やっと理解できたらエンディングとゆー、何かを間違えている映画。

 猟奇連続殺人犯、
 事故の謎、
 誕生日が同じ七人の子供たちとか、
 そのキャラクター性も含めて、清々しいぐらい、どれも活かせておりません。
 間違ってます。

 設定だけは、おもしろそーなのに。


サスペリア・テルザ 最後の魔女 [DVD]

ABSORD MUSIC JAPAN(K)(D)



 あの、『サスペリア』の続編にして完結編が、今頃になって作られた。
 あのって、どれやって感じもしますが、そもそも前作を観た記憶が、朧気だ。

 で、コレは2007年かな?
 それぐらいに作られてるんだけど、
 スプラッター・ブームの頃の映画みたいで、血ミドロ&エロでした。

 中学生にオススメ!


殺人犯 [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント



 このジャケw

 オチが酷いことで知られた映画で、
 一度、途中から観て、ホントに驚いた。

 ヒドいってゆーか、アホらしくて。

 確かに、オチはヒドい、けど、
 むしろ主人公の刑事が、ずっとオカしいの。ジャケの奴ね。
 記憶障害ってのは抜きにしても、
 とにかく目をむき出し、吼えてるし、何も説明しないで勝手に行動するし。刑事なのに。
 そりゃ同僚も怪しむっての。
 明らかに異常なんだもん。

 まあ、何の情報もなく、観るとおもしろいかも。


スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション [DVD]

角川書店



 11年ぶりに作られた、四作目となる続編。
 四作も続ける話かいなとおもいつつ、ずっと観ているのだが、
 11年のブランクがあるとはおもえない変わらなさが、微笑ましく、
 まるで成長していない、、、と、呟いてしまえるほど、そのまんまの『スクリーム』だ。

 劇中映画のホラー映画が、シリーズ7まで作られてるのが、愉快でした。

 そーゆー自虐とゆーか、自覚はあるのにねぇ・・・。


オトシモノ [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント



 落ちていた定期券を拾うと、もれなく呪い殺される、理不尽極まりないホラー。
 しかも、定期は幽霊がわざわざ落としてるし、
 それを拾うヒトは、ちゃんと駅員に届けている。

 なのに、殺す!

 沢尻エリカ、小栗旬、そして若槻千夏wが出ておりますが、みんな若いの。
 小栗なんて若くて顔が違って見えるし、背もでかい。
 背がでかいヒト。
 沢尻なんかは、
 ヘンな眉毛してるけど、テキトーに演じてる感じが、むしろ大物感を醸し出してますな。
 んでじつは、若槻がいい演技をしてるとゆー。

 板尾さんも出てますが、使い方を間違ってます。

 そんな、まさに誰も得してない、映画。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-11-29 10:22 | 映画 | Comments(0)

映画のまとめ Ⅴ


ザ・ビーチ (特別編) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



 今頃観る映画ではなかった。
 2000年公開の、
 当時としては先鋭な、ヤングのカルチャーとして持て囃されていた、よーな気がする。
 なので、
 今観てはいけない。まだ早い。
 今観ると、ほんとにクソエイガとしかおもえなかった。
 海、
 キレー、以外に何もない。
 ディカプリオは厨二病っつーか、高二病丸出しのアホで、
 観てるだけ、いや、モノローグを聞いてるだけでイライラさせられる。
 ストーリーも適度なスリル、山盛りの快楽と、
 彼の都合のいいよーにばかり進むので、何一つ感情を乗せることができない。
 かなり早い段階から、
 あ、コレは彼の妄想なんだな、と、おもって観ておりましたよ。
 いまでも、そーだとおもっているし。

 あと吹き替えが、これまた酷くてね。
 もー、なかなか言わないけれど、最低な映画でしたよ。吹き替え版わ。
 ただ、テレ東で観たりすると、また違うんだろなー。


ドライブ・アングリー [DVD]

Happinet(SB)(D)



 ニコラス・ケイジが、
 女とハメながら鉄砲撃ちまくって、スタンガンでビリビリやられたら一緒にイッちゃう、
 そんなステキシーンがステキな、バカ映画。

 3Dなのも、バカ。


川の底からこんにちは [DVD]

紀伊國屋書店



 中の下、
 とゆー感覚がリアルに理解できるかどーかで、印象はまるで変わってしまうだろう。
 観ていて胸が苦しくもなったが、
 いや、まだだろ、もっと下があるだろ、と、おもってしまったり、なんなり。

 この主人公の女子は、そんな悪くないんだよ。中の中ぐらい。
 満島ひかり、かわいいし。
 だからなのか、
 好きなタイプの映画なんだけど、どこか入り込めないところがありました。

 そいや満島って、喪服姿をよく見かけるな。


ラビット・ホラー [DVD]

バップ



 ウサギがトラウマになりそーな、そんなアレ。
 元が3Dなので、
 2Dで観ると魅力半減どころではなく、演出が不自然になるし、
 何より観ていてテンションが下がるのは、完全に3Dの罪過ではないのか。この映画に限らず。
 と、大袈裟に云ってみた。

 遊園地のアトラクションが題材とゆー点では、
 『パイレーツ・オブ・カリビアン』と一緒だとゆー事実が、いちばん愉快。


真田幸村の謀略 [DVD]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)



 タイトルに油断していると、
 いきなり壮大な銀河系が映し出され、
 「関ヶ原の戦いで徳川家康は…」ってナレーションが流れるので、綾鷹、吹いた。
 この後、巨大な隕石が落ちてきたりするけど、
 基本、
 真田幸村が徳川家康を暗殺するお話。

 はい、殺されます。家康。

 あと、猿飛佐助が宇宙人でした。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-11-29 09:11 | 映画 | Comments(0)

『二百三高地』、を、観た。


二百三高地 [DVD]

東映ビデオ



 『高地戦』を観たその流れで、『二百三高地』を観たよ。

 日露戦争を舞台とした、
 『高地戦』と同じく丘陵地帯での戦闘を描いていた、日本の戦争映画。
 1980年公開の作品なので、安易な比較とか批評も意味がないんだけど、
 ロシアが築いた要塞を攻略するため、
 決死の覚悟で挑む日本軍の壮絶な戦闘シーンは、見所でございます。

 だが、やはり、
 当時の風潮と云いますか、流行りとゆーか、
 名残とゆーか、限界とゆーか、そーゆーものも色濃く残っておりまして。全体にね。
 そこがちょっと、いま観てしまうと苦しかったかな。
 さだまさしの「防人の詩」の歌詞を、
 バァーン! と出されても、反応に困ってしまいます。

 ま、一昔前の邦画は、ぜんぶそんなんで、ツッコむのも野暮なんだけど。

 そこはさておき、単純に、
 日露戦争がどんなものだったのか。
 どーやって進行してたのか。
 それが分かり易く説明されていたのが、有り難かったです。
 まだ進撃ラッパ吹いてたんだなーとか、あんな装備で戦ってたんか、とかもね。
 んで、
 気になったのは、
 乃木さんの描き方が、この映画だけだと、あまり有能な指揮官ではない印象を受けてしまうんだけど、
 コレ、どーなんだろ? と。
 調べてみると意見は別れてるみたいですけどね。

 そんで、またあおい輝彦が出ている。
 この時代、ほんと人気者だったんだなあ、輝彦。
 しかも、ええ役だし。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-11-27 23:08 | 映画 | Comments(0)

『高地戦』、を、観た。


 某シネマハスラーにて、宇多丸さんが絶賛されていたので、これは観ておいた方がええかなと、
 ちょうど用事もあったので、観てきましたよ、『高地戦』。

 しかしまあ、とにかく上映館が少なくて、
 東京でも新宿と六本木の2館だけ、になるのかな。
 そんで単館とか行き慣れてないもんだから、たどり着くまでに一苦労あったりしてね。
 ま、それはさておいて、
 本当によく完成された映画で、
 なんでこんなスクリーンが少ないのかと、理解に苦しみますよ。
 せめて、もー少し数を増やして、
 ちゃんとプロモーションすれば、ヒットの可能性だって十分にあっただろうに。
 震災の影響もあるのかなー。

 ただ、
 予告編やらポスターのアレは失敗だわな。
 観てない方には何のことか分からん話ですが、
 じつは盛大なネタバレをやっちゃってるんですな、予告で。
 むしろ宣伝の売りにしてるぐらいなんだけども、アレは隠してた方がいいとおもうなぁ…。
 宇多丸さんも注意していたので、
 わたくしは情報をシャットアウトして、予告も見ず、
 劇場にあるポスターもチラシも視界に入れないよーに、周囲へ注意を払いながらの、鑑賞となりましたよ。
 はい。
 おかげさまで、あのラストのショックは、そーとーデカいものでした。
 涙がこぼれそーな感情が、ショックで吹き飛ぶなんてことが、ホントにあるんやと。
 なんじゃーーーと。

 なので、
 これから観るとゆー方には、やはり余計な情報は入れず、観ることをオススメします。

 さ、で、
 映画の方はですね、
 朝鮮戦争末期、停戦協定が組まれ、成立するまでの、二年余の期間を描いたもので、
 主に激戦区となった「エロック高地」が舞台となります。
 この「エロック高地」と呼ばれる戦場はフィクションなんですが、
 モデルとなった白馬高地、それと他にもいくつかの高地が戦場となっておりまして、
 それらをまとめての、「エロック高地」。
 逆から読むと「KOREA」となる、戦場が作られたわけでございます。
 戦場は、半島そのものであると。
 んで、
 云ってしまうと、
 このエロック高地が主役みたいなものなんですよ。
 主人公もいるし、ストーリーもちゃんとあるんだけど、
 『高地戦』が描こうとしているのは、
 あまりに苛烈で、凄惨で、慈悲のない戦場と、それを生み出す戦争そのもの。
 英雄や物語を必要としてきた戦争映画と一線を画しているのは、おそらく、そこであろうと。

 んが、
 興味深いのは、
 そーしたキャラやエピソードが浮き出し、変質するのを抑えながらも、
 過去の名作傑作とされる戦争映画へのオマージュに溢れているところ。
 なんだか矛盾してるよーに感じるかもしれませんが、
 この織り込み方がまた、へーっと感心するぐらい巧みで自然なのですよ。
 タランティーノみたいに、好きだからぶち込んだってわけでもなくて。

 ただー、
 だからといって新時代の映画って呼ぶのも抵抗があって。
 そのオマージュにしても、そこまで新鮮には感じなかったなあ、と。

 あと、
 韓国産特有の、スローを多様したり、過剰に情緒的にしたりーの演出、
 例のアレ、アレの臭さがあるって感想も見掛けたけど、
 わたくしにはそのへん、かなり抑えてるなとおもいましたよ。
 とゆーか、
 ハリウッドがやっても同じぐらいになったろーし、むしろ改悪される可能性のが高いやろ、と。
 そんで、
 キャストがまた素晴らしかったとか、
 オープンセットから小道具に至るまでの配慮とか、
 困難な撮影の話とか、
 細かいのや詳しいのは、もう誰かが書いたり言ったりしてるので、このへんにしておきますが、
 間違いなく、
 これから語り草になるだろー、映画だとおもいやすよ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-11-24 20:35 | 映画 | Comments(0)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』、を、観た。


 観たよ。

 公開二日目の、ほぼ十時ぐらいのレイトショーで、観てきました。
 半分ぐらいの席が埋まっていて、さすが人気だなあ、と。

 で、だ。
 上映時間は95分。
 同時上映の巨神兵が10分なので、合わせても二時間ないのだが、
 集中して見過ぎたせいか、どっと疲れました・・・。

 やー、おもしろかったし、
 やってくれたなあ、と。ええ。

 先に公開された冒頭6分の映像なんかより、
 その後の30分のハッタリ感が、まー、見事でした。
 これぞ、ツカミだと。
 ここまでやってのリブートなのだと。
 この、
 鑑賞とゆーより、体験する感じは、やはり気持ちがいいですな。


 ん、で。
 ちょっと、口の悪い言い方で表現しますと、
 同人で誰かが作ったよーなエヴァみたい、よーな気も、しましたね。
 ほんと失礼な言い草で、申し訳ないんだけど。
 もちろん質の話ではなく、変化の話の意味でね。
 それぐらい、突き抜けたと。

 ええ。ぜんぜんオッケーでしたよ。

 それと、パンフレットは買った方がいいですね。
 かなりネタバレになるので映画前には観ちゃダメだけど、
 いろいろじっくり見れるので、
 そーゆーことかと、分かったり、よけい分からなくなったりします。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-11-19 09:41 | 映画 | Comments(0)

帰ってきた! ジャッキー・チェンの、映画を、観た。

奇蹟 ミラクル デジタル・リマスター版 [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 オリジナルはアメリカの作品で、
 ジャッキーがずっとリメイクしたかったとゆー、念願のコメディとゆーか喜劇。

 しかし、やりたいことはよく伝わってくるのだが、完成してるとは言い難い。
 前半から中盤までは、正直、かなりキツかった。
 なんつーか、すべてがぎこちなく、劇中劇のメイキングを観てるよーな気分になってくる。
 ただ後半の工場?のアクションは素晴らしく、
 新しいアイデアも盛り込まれていて、さすがはジャッキー。
 エンディングも悪くはなくて、流れ次第ではホロリとなりそーなのに、残念。
 そんで、
 コレ、ジャッキー映画としては異色作扱いされてるけど、
 や、いつも通りと云えば、いつものジャッキー映画だよ?

 このあとジャッキーは現代劇が中心になり、ハリウッドへも進出するから、
 ある意味、集大成的とも、云えますな。
 『酔拳2』と合わせて。


ラスト・ソルジャー スペシャル・プライス [Blu-ray]

Happinet(SB)(D)



 2010年の作品で、
 もーこの時期となると、アジア映画の地位も確立されて、
 ジャッキーもハリウッドで成功をおさめ、大作趣向とゆーか、これまでとは異なった映画を作るよーになった。
 この映画は、ほぼ創作らしい歴史物で、
 ジャッキーもクンフーの達人とかではなく、
 元々農民の一兵士役で、ほぼ狂言回し的な役割。
 派手なアクションも控えめで、ストーリーに余計な枝葉の部分も少ない。
 どっちかってーと、反戦的な平和へのメッセージ色が強い作品である。

 つまらない兄弟喧嘩が、戦争となり、多くの犠牲を生む。
 「争いを勝ち抜き、大陸を治めれば犠牲はなくなる」と言われ、
 ジャッキーは、「今すぐ争いを止めれば、それだけで犠牲はなくなる」と、答える。
 これは、中国、香港、北朝鮮、韓国、台湾、そして日本と、現在のアジアに向けてのメッセージであろう。
 ストレートで、シンプルな願いが込められている。

 んで、
 映画としては、もー、普通によく出来てます。
 お金掛かってるし、衣装や映像もよくできてるし、CGの使い方も巧いし。
 飄々としたジャッキーのキャラもまた良くて、ラストの意外な展開に、見事な効果を残しておりました。

 メッセージがあると云っても、
 基本、娯楽だし、
 ジャッキーなので、気楽に楽しめる映画に変わりはないでしよ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-11-15 10:09 | 映画 | Comments(0)

『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』、を、観た。

【FOX HERO COLLECTION】AVP&プレデター ブルーレイBOX(5枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)



 地上波放映がⅠのオマケ扱いで、
 ダイジェスト編集までされていたので、何事かとおもっていたのだが、ちゃんと本編を観て納得。
 残虐シーンがけっこうあるのだねー。ダメだねー。放送できないねー。

 んで、映画のほうは、なんか全体的に暗くて分かり難い。
 なんかカメラの性能の影響で、意図的な演出らしいんだけど、あまり効果的じゃない。
 単純によく見えないのと、
 エイリアンがすぐ産まれて増えちゃうから、恐くもない。
 前作のラストに誕生した、せっかくのプレデリアンwも巧く使えてるよーにおもえないし。
 勿体無いし。

 んでんで、
 プレデターの設定は、いい加減、しっかり作り直すべきだとおもふ。
 UFO乗ってるのに、野蛮で文明低すぎだろ、アレ。


 あ、
 で、このⅡは、観ても観なくても、一生困りません。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-11-14 09:38 | 映画 | Comments(0)

『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』、を、観た。

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳 スペシャル・エディション [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 主演は、イップ・マンを演じてたドニー・イェン。
 タイトルからもお察しのよーに、ブルース・リーの『怒りの鉄拳』をベースとした作品であります。
 オマージュとゆーか、リメイクですな。
 一応、そんなこともありましたよ的に、ブルース・リー版のストーリーも組み込んであるし、
 グリーン・ホーネットそっくりな「仮面の男」を出したりと、かなりブルース・リーを意識しております。
 (ブルース・リー版『怒りの鉄拳』の正当な続編で、ジャッキー・チェンが主演した『レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳』は、コチラ。)

 んで、時代設定は第一次大戦後から第二次大戦の間の頃、になるのかな?
 中国が非常に危うく、まさに混迷としている最中を描いておりまして、
 歴史をよく知らないながらも、大変な時期なんやなあと、おもいながら観ておりました。
 ごちゃごちゃして、少し分かりにくいけどね。
 が、
 と、云っても、政治ドラマの歴史物では勿論なくて、
 ちゃんとエンターテイメントのアクション映画にしております。
 個人的にはオリジナルのブルース・リー版よりも、よく出来てるとおもうし、おもしろかったですよ?
 やられたらやり返す応酬がえらいことになってて、
 日本軍の基地みたいな所に乗り込んで、爆破までしちゃうし。
 その報復で仲間があっさり皆殺されちゃうし。
 冷静な人間が誰一人いないとゆー。
 と、
 日本人としては複雑な気分になるいつものストーリーではありますが、
 正直、ここまでくると、もー空想上の日本軍でしかないので、宜しいんじゃないですかね。
 あ、
 そんで何故かEXILEのヒトや、倉田保昭がチョイ役で出ておりますよ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-11-11 10:16 | 映画 | Comments(0)

特撮ヒーローの、映画二本、観た。

宇宙刑事ギャバンメモリアル 30年目の再会【DVD】

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)



 遂に、「宇宙刑事ギャバン」、単独の映画化である。

 それほど支持する声が多かったのか、新調したスーツを再利用したかったのか。
 理由はさておき、
 公開二日目に映画館へ行ったら、グッズもパンフレットも売り切れていたのには驚いた。
 未だ凄い人気だな、と。
 …数を刷ってないだけ、、、ではない、よな?

 映画のほうはね、
 二代目のギャバンが誕生する話で、当然、一条寺烈も出ます。出ないと許されません。
 シャリバンも、シャイダーも出ます。
 しかも、当時のスーツを使用してるみたいで、
 そのせいか、スタイルが丸いんだよなー。
 特にシャイダーが、もうダルマみたいで…。

 はい。
 えー、まぁ、そんなところかな。
 アクション面は、まったく問題なかったのですが、
 もっと全体をね、ぎゅーっと編集で凝縮してもよかったぐらいですね。
 ちょっと脚本が粗すぎ。
 まさか、
 本物のスペースシャトルが引退して博物館へ入るニュースを見た後に、
 スペースシャトルを打ち上げる映画を観ることになろうとわ…。
 んで、
 ドン・ホラーの魔空城って、『エイリアン』の宇宙船に似てるのな。
 『プロメテウス』観たばかりだから、すぐに気付いたわ。

 が!
 そんなことは、どーでもいいのだ!
 ギャバンの活躍を観る。それだけでいいのだ!
 これも何度か言ってる気もするが、いいのだ!


仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ! コレクターズパック [DVD]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)



 公開から三日目の、九時からのレイトショーで観てきました。
 さすがに子供の姿はなく、まばらなお客さんは、皆、大きなお友達ばかりでした。

 ゴーバスターズのほうは、テレビの圧縮エピソードとゆー感じでしたので、感想は省略。

 仮面ライダーフォーゼについては、
 いきなりスピードと迫力のあるアクションから始まり、
 もしやとおもったら、やはり坂本浩一監督でした。
 ストーリーやアクションの辻褄が合わないところもありますが、
 ライダーシリーズとしては、それは些細なことで。
 アクションシーンに関しては、日本の特撮、最高峰と呼べるぐらい、素晴らしいものだったとおもいます。
 フォーゼも、大サービスと云った感じでベルトのスイッチを使いまくるし、
 仮面ライダー部の先輩二人による、
 「うっぷす」 「キラン☆」
 「うっぷす」 「キラン☆」 の応酬も楽しかったです。
 今回、キョーダインが敵側で復活するのがトピックスになってましたが、
 大鉄人17の登場には驚かされました。
 まさかスクリーンで大鉄人の勇姿を観る機会がくるとは…。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-11-10 00:53 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧