『華氏911』

華氏 911 コレクターズ・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B0001X9D68

 今さらではあるが、やっと観た。

 マイケル・ムーアは、ノリツッコミのヒトである。

 「銃っていいよね。
  バンバン撃つとストレス解消になるし、黒人だって怖いし。
  この前、
  真っ黒に日焼けした白人を、黒人と間違えて撃っちゃったけど、捕まらなかったね。
  イラクでの話だけど。」

 ってゆー、アレ。
 そして基本が、どーしてもアメリカンで、恐ろしく真面目なヒトなのだ。たぶん。

 「アホでマヌケなアメリカ白人」とゆー本を、映画よりも先に読んだ。
 内容はたいへんおもしろいものであったが、
 基本がアメリカンなジョークにまみれておるので、
 正直、個人的には退屈でつまらないものだった。
 「アメリカ」を糾弾してるのに、
 書いてる人間が「アメリカ」そのものだから。
 しかしこれが映像になると一変、
 とてもおもしろく、見応えのある作品になってしまう。
 彼の生真面目な「素質」と、炙り出そうとする奇妙な「世界」は、
 ミスマッチであるが故に絶妙な反応を生み出すのだ。

 『ロジャー&ミー』や『ザ・ビッグ・ワン』など、そのへんとてもよい。
 『ボウリング・フォー・コロンバイン』は、
 最後の「写真」以外、ホントにうまく、「意識的に」やれてるヒトだなとおもった。

 が、
 『華氏911』は、そのどれとも違った。
 いつも序盤、
 かるいジャブと(その体格からは想像もできない)軽快なフットワークで試合をコントロールしてきたマイケル・ムーアが、
 試合開始早々から、
 トドメに残してきたはずのギャラクティカ・ナントカをバシバシ打ち込もうと、
 躍起になっているのだ。
 だいたい、
 これは「映画」ではなく、「ドキュメンタリー」でもないのかもしれない。
 誤解を招くかもしれないし、あまり言いたくもないのだが、「プロパガンダ」に近い。
 (だからこそ、「映画」なのかもしれんが。)

 『華氏911』は、そのほとんどが情報の羅列だ。
 マイケル・ムーアが集めて並べた、ブッシュ家の姿だ。
 よく耳にした批判の一つに、
 「あくまでマイケル・ムーア個人の見解に過ぎない。」と言うのがあった。
 まったく正しいとおもうのだが、
 彼が本当に描こうとしているものの、それは半分でしかない。

 この映画は、
 「で、どうする?」と、
 問い掛けを含ませ、残し、少々唐突に、終わる。
 ジョージ・ブッシュの再選を阻もうとしているのは明らかで、
 「どうする?」と、問い掛けているわけだ。

 委ねられた映画の結末はまだ先だろうが、経過は承知のとおりである。
 万博へ、手作り弁当すら持ち込めなくなってしまった。

 『華氏911』は、
 マイケル・ムーアのキャリアのなかで、
 おそらくもっとも個人的な見解で作られた、「映画」である。
 そしていまでも、
 「で、どうなった?」と、問い掛けてくるのだ。

 生真面目に。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-05-30 10:56 | 映画 | Comments(0)

ピューと吹かない、ジャガーさん。


 私は千葉県民なので、
 「ジャガー」さんについては勿論存じ上げておりましたが、
 昨年復帰されたそうで、そろそろアルバムが出るそうです。

 復帰というか、生きてたんですね。ジャガーさん。

 はじめて目にしたときから異様な生き物でしたが、
 今では妖怪の域に達しております。

 先行シングル、
 「ファイト!ファイト!ちば!」も視聴できますので、どうぞ。
 聴いてください。



 たぶんこれは、ツッコんではいけないものなのです。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-05-29 14:35 | 音盤 | Comments(0)

例の映画。


 魁!!クロマティ高校が映画になる。
 それも実写。

 正直、
 静観したいところであったが、このキャスト。

 渡辺裕之の「フレディ」も強力だが、
 板尾創路の「マスク・ド・竹ノ内」は、写真のインパクトだけで笑ってしまった。

 う~ん。
 どうだ?


 武田真治の「メカ沢」もなかなかだ。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-05-24 14:13 | 映画 | Comments(2)

『交渉人 真下正義』


 『踊る大捜査線』の、スピンオフ・ムービー。
 と、いうやつ。

 それはさておき、
 なぜ、青島刑事の織田裕二が出ていないのだろうか。
 映画の出来とは関係ないのだが、
 それが気になって仕方ない。

 素直にパート3は作れんかったのか。

 織田裕二が出ないから、スピンオフものになったのか。
 元からの企画なのか。

 気になって気になって。


 肝心の映画のほうはですね、
 このスタッフなら、さすがという出来映えでございまして、
 愉しく鑑賞できました。
 が、
 しかし、押井守チックな「犯人」は、ちょっとつまらなかったなあ。と。
 おもいました。
 そのへん、映画というよりテレビのスペシャルものみたいだったかなあ。と。


 個人的に一番嬉しかったのは、
 若返ったのか老けたのか、観客を悪戯に惑わす水野美紀、
 ではなく、
 指揮者役で西村雅彦が出てきたこと。
 好きだった深夜番組『マエストロ』で、指揮者=マエストロ役を西村がやっていたので、
 狙ってたらすごいなと喜んでいたら、
 ホントに狙ってたようで、やられました。
 (監督やスタッフが、『マエストロ』に参加。
  役名も前主十路(マエストロの当て字)で、設定もちゃんと引き継いでる。)

 つくづく、恐ろしく憎々しい作り込みをやってのけるものだと、
 感心いたしました。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-05-21 22:44 | 映画 | Comments(0)

続・U.W.F.


 なんやかやとダラダラと、
 DVDを紹介したわりに内容にも触れずに進めてしまいましたので、
 補足。

 前田ら第2期U.W.F.と新日は、
 けっこうプロレスやってて、楽しいです。
 このあと単独興行になると、
 プロレス技が排除されるストイックな姿勢が際立ってしまうので、
 ちょっと退屈ではあるのです。
 技も少ないし。

 それにしても、
 アンドレ、馬之助、マードックと闘った前田ってのは、
 すげえなあと。

 U.W.F.インターとの抗争も、
 見応えがありました。
 これ、テレビ放映で観てたんですが、
 絶対武藤負けるだろうなあと思ってたら、勝っちゃって。
 ホントにびっくりしたのを覚えています。
 蝶野や橋本が、我が事のように喜んでリングに飛び込んできた姿も。

 でも高田も、他の選手も、
 身体が「軽く」みえるのが、へえ、でした。
 なんかその時点で負けてんじゃん。と。

 桜庭も、高山もいたのに、DVD観るまで気が付きませんでした。
 高山なんて別人みたいだし。

 で、
 総合のブームにみんな巻き込まれて潰れたり、失速したりするわけなのだが。

 正直、
 あんまり楽しめないでいます。

 まだ「リングス」のほうがおもしろかった。
 ような気がする。

 さて。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-05-21 22:02 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧