史実!新日本vsUWF DVD-BOX 極限の潰し合い!新日本vsUWFインター全面戦争

史実!新日本vsUWF DVD-BOX 極限の潰し合い!新日本vsUWFインター全面戦争

 タイガーマスクがコーナーポストでシュートサインを決めたとき、
 前田日明がハイキックを、キャプチュードを決めたとき、
 「世界」は変わった。

 まあ、
 興味がないと少々病的な感覚ではあるのですが、
 「世界」は、動いたのである。

 武藤敬司が高田延彦にドラゴンスクリューを決めたときも。


 新日本プロレスとの業務提携を終え、
 U.W.F.は単独での興行に移行、絶大な支持を受けるも、
 まさに「空中分解」と言える解散劇を経て、いくつかの団体へ分裂してしまう。

 高田延彦率いる「U.W.F.インターナショナル」は、
 分裂してうまれた団体の一つで、もっともU.W.F.の影響を残していた。

 ように、おもう。

 突然、微妙になってしまいましたが、
 個人的にプロレスを観なくなった時期でもあり、
 総合格闘技というジャンルの黎明期、とても混沌とした時期でもあるのです。
 記憶が曖昧なので正確ではないかもしれませんが、
 前田は総合主体の「リングス」を、
 舟木、鈴木みのるは「パンクラス」を旗揚げし、
 世界的には、バーリトゥードでグレイシー柔術が注目を集めた。

 新日は橋本、蝶野、武藤の闘魂三銃士の活躍により、
 不完全燃焼で燻り残っていたU.W.F.抗争を、乗り越えることができた。

 それぞれの団体が、それぞれの方向を模索し、突き進むなか、
 高田の「U.W.F.インターナショナル」だけが、
 あまりにも早い、迷走を描いてしまう。

 U.W.F.のスタイルを継承し、プロレスまでも包括しようとする体勢は、
 ファンへの効果的なアピールにはなったが、
 団体ごとの「棲み分け」が活発化した時代の流れには、対応することができなかった。
 また、
 グレイシー道場への「道場破り」失敗や、
 他団体への一方的な挑発と捉えられてしまった、1億円トーナメントでの失態など、
 敵を欲するような行動は不信感を生み、マイナスなイメージばかり先行してしまう。

 そして、
 新日本プロレスとの抗争が、勃発する。

 誤解を生むかもしれないが、
 新日にとってUインターは、すっきりとした区切りのないものではあったが、
 すでに過去の遺物であった。
 新しい世代にとって、U.W.F.の名は、重要なものではなかったのだ。
 一方、
 「最強」を目指すUインターにとって、
 新日は倒さなければならない「敵」の一つであり、
 避けてはならないものであった。
 その「最強」も、「敵」も、盲信の産物であったとしても。

 当時のU.W.F.インターの行動は自傷行為、自爆志願のようにおもえた。
 何故、新日と闘わなければならないのか。
 何故、強引なトーナメントを発表したのか。
 何故、グレイシーに喧嘩を売ったのか。
 それは存在意義への、疑心ではなかったか。

 大一番、
 IWGPヘビー級選手権において、
 高田の圧倒的有利と言われる以前に、試合の成立まで疑問視された対武藤戦は、
 ドラゴンスクリューで痛めた足を、4の字固めで攻め込まれてまさかの敗北。
 リターンマッチでは武藤に勝利を収め、IWGP王者になるも、
 橋本に防衛を阻まれてしまう。

 闘うからには勝たなければならない試合を悉く落としてしまったU.W.F.インターは、
 それが直接的な理由とは言わないが、
 崩壊、解散してしまう。

 プロレス界、格闘界を活性化し続け、
 いまだにファンを魅了してやまないU.W.F.は、ここで姿を消す。
 ロマンチックな言い方をすれば、
 時代に食われた、のではなかろうか。

 現在、
 総合格闘技は隆盛し、プロレスは二の足を踏むように停滞してしまっている。

 失われたものは、
 あの、
 世界を変えるほどの、歓喜であり熱狂である。
 「スタイル」でも、
 「結果」でも、
 「敵」でも、ないのだ。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-05-20 23:14 | テレビ | Comments(0)

新日本 対 U.W.F. 秘蔵試合 DVD-BOX

新日本 対 U.W.F. 秘蔵試合 DVD-BOX

 「裏」に、「ビデオ」が付くと、
 8割方の日本人男性は、
 血やら何やらが沸き立つものであると先日文部科学省から統計データが発表されたばかりだが、
 プロレスにも似たようなビデオが存在する。

 裏、とは、
 大雑把に言えば、まともな流通にのらない商品のことで、
 このDVDに収められた「前田日明 対 アンドレ・ザ・ジャイアント」は、
 その類のビデオの中では特に有名なものだった。
 映像に残っていることからテレビ放映が前提であったろうし、
 次週の予告でこのカードが発表されていたことも覚えている。
 それが放映中止、ビデオの発売もされず、お蔵入りになってしまったわけだが、
 当然いわくと言うか、理由がある。

 と、
 引っぱっておいてなんだが、あまりにも有名な試合なので、
 詳しい事情を知りたい方は、ネットでいくらでも探せるとおもうので、
 そちらを参考にしていただきたい。
 (一応、理由は知っておるのですが、
  「人気のある前田に、新日が制裁を・・・」とか、
  推測な話ばかりなので、省きます。)

 肝心の試合のほうは、
 アンドレの膝を正面からポコポコ蹴る前田さんが、
 怖かったです。
 猪木対アリ戦もそうですが、
 こーゆー試合は退屈なものなんですよ。

 さて。
 前回の『史実』のほうが、
 まるでU.W.F.が圧倒的に強かったと、誤解をまねくような書き込みになってしまったんで、
 少し、訂正を。

 前回って言っても、昼間のことなんだけどね。

 さてて。
 ビデオを観てもらえば一目瞭然なのですが、
 U.W.F.と新日との差は拮抗しており、
 名勝負といっても過言ではない試合を、いくつも残しております。
 U.W.F.の選手は、そのほとんどが新日出身で、
 団体間の意識に特別なものがあるのは、容易に想像できます。
 若手同士の兄弟喧嘩との側面もあるといえるし、
 スタイルの違いから、
 「次のメイン・イベンター」を狙う、潰し合いでもあったのでは、と。
 (「次」の「前」は、とうぜん、猪木のこと。)

 出身が同じだから噛み合う部分もあるし、
 柔軟に対応できる新日選手層の厚さや、選手育成のレベルの高さも、
 名勝負を生んだ一因であろう。

 U.W.F.の影響は、どちらかと言えばスキルアップだったとおもう。
 例えばキックの有効性や、サブミッションの開発やら。
 しかしながら、
 新日がそれを取り込み、馴染ませるに至った理由には、
 完全決着がなかったことも、あったのではないだろうか。

 抗争後、
 U.W.F.は単独興行という形で結果を求めた。
 一方、新日はどこか宙ぶらりんの状態のまま、
 Uのスタイルを取り入れ、自ら仮想敵となり、
 肯定と否定を繰り返しながら、闘っていたような気がする。

 では何故、決着が付かなかったのか。

 前田が新日から追放されたことが直接の原因ではあるが、
 やはり大きかったのは、
 大将同士である、
 前田日明とアントニオ猪木の直接シングルマッチが組まれず、
 勝敗が付いていなかったからだ。

 この先はまた、
 もしも・・・、の話になってしまうので省略するが、
 失われた「決着」を求めるが故に、
 新日は対U.W.F.を想い描き、
 U.W.F.はストイックになっていった。

 とは、理想過ぎるだろうか。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-05-17 22:12 | テレビ | Comments(0)

史実 新日本vsUWF 妥協なき闘い! 新日本vsUWF抗争 DVD-BOX

 史実 新日本vsUWF 妥協なき闘い! 新日本vsUWF抗争 DVD-BOX

 U.W.F.は、
 日本のプロレス界にとって希望であり、革新であり、
 破壊そのものであった。

 プロレスは、本当に強いのか?

 当時、プロレスファンにとって、それは最大の疑問であり、同時に禁句でもあった。
 それは異種の格闘技との比較だけではなく、
 単純に、誰が最強のプロレスラーなのか。
 そして純粋に、プロレスの強さとは、何か。
 まるでプロレス自身に問い掛けるような疑問であったが、
 それを求めることが如何に困難であるか、また測るための術すらないことを、
 深いファンならば尚更、身に染みて知っていたのだ。

 プロレスは強い、はずだ。
 と、
 信じるほかなかった。

 格闘技として、プロレスを極めること。
 パフォーマンス・ショー的な要素を必要とせず、
 見栄えのする大技を排除し、
 効果的なキックとサブミッションを多用するU.W.F.のスタイルは、
 そんな想いへの返答であり、希望であった。

 現在のプロレス、格闘技しか知らないのなら信じがたいだろうが、
 当時、地味な関節技・サブミッションは敬遠され、
 キックなど、ほとんど存在すらしていなかった。
 (タイガーマスクに代表されるような、
  ローリング・ソバットなど「キック技」はあった。)
 そこに突如としてU.W.F.が現れてしまったがために、
 新たなスタイルへの熱烈な歓迎と、
 壊されようとする既存のルールへの拒絶が混沌として、
 選手もファンも含めたプロレス界全体を巻き込んでしまったのだ。

 結果、
 (ある意味で)貪欲なプロレスはU.W.F.のスタイルを受容し、
 現在のキックもサブミッションもあり、当然プロレス技もあるスタイルへ変化する。
 今では完全に消化した所為か、そこにU.W.F.をダブらせるものも少ないだろう。

 プロレスに訪れた革新は、
 いつしか、
 古き良きショーマン、ストロングスタイルを駆逐し、破壊した。

 その功罪については、
 格闘技ブームと、そこに反比例してしまうプロレス人気から、
 簡単に導くことはできないのだが。。。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-05-17 17:10 | テレビ | Comments(0)

律儀な病。


 五月病である。

 半分以上冗談なのだが、
 学校にも会社にも行っていないのに、
 毎年この時期、律儀に五月病にかかるのは、事実であったりする。

 では普段はもっとマシなのかと言えば、
 そーでもないし、
 四月には四月病が、
 六月には六月病があるのだが、
 この五月の五月病だけは、なんか違うものがあるのだ。

 たぶん、気の所為なのだが。

 気候の所為かと考えてみるが、
 そんな理屈を作ろうとしてる自分がちょっとやばく思えたので、やめた。
 ああ、
 これも五月病か。

 五月病 五月病
 五月のステキな贈り物

 いまだ 必殺 五月病
 夢から覚めても夢の中
 憂鬱な沼に埋もれるような 五月病

 ちょっと唄ってみた。
 こー、テンションが低いまま、すーっと行く感じが続くのです。
 そんなわけで開店休業中でございます。
 でも、
 今年は本当に重たいというか、
 個人的にもちょっと、重たいことがあったので、
 例年よりしんどいですね。

 気の所為ですけど。










 こんな個人的なことを書いて、
 誰が愉しめるというのか。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-05-16 10:09 | 記述 | Comments(0)

影響はない。


 また事件が起きて、ゲームの影響に注目が集まった。


 事件自体はさておき、
 ゲームに対する認識の幼稚さに、辟易とする。
 中味は過小評価ばかりで、過大評価されるのは外面ばかり。
 オレサマが子供の頃から似たようなことばかり言っておるので、
 認識は二十年以上経っても変わってない、のだろう。
 「ゲーム脳」も含めて。

 アレか。

 オレサマが最近やってるゲームは、
 ビキニの水着を着たネーチャンが日本刀を振り回してゾンビを斬り倒してゆく、
 『お姉チャンバラ』なのだが、
 もしもオレサマが、
 ビキニの水着を着て日本刀を振り回してゾンビを斬り倒したら、ゲームの影響とか言われるのか。

 ・・・言われるな。それわ。

 話が逸れたが、
 趣味趣向と行動認識を単純に結びつけるのは、危険である。
 そんなゲーム脳みたいな考えに、惑わされないでほしいとおもう。




SIMPLE2000シリーズ Vol.61 THE お姉チャンバラ
/ D3PUBLISHER
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-05-16 09:52 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧