2004年のレコード.03


 2004年のレコードアルバムのアレでございます。

ソルファ
ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文 / KRE

 最初、このアルバムは除外しておりました。
 楽曲とかは別として、
 好きなタイプのアルバムではないし、取りあげる特徴もないかとおもいまして。
 そもそもアジカンって、新人のわりには異常に完成しちゃってるバンドで、
 それは「完成度」とは違う、
 どちらかといえば悪い意味での「完成品」といいますか。
 このセカンドアルバム、前作の『君繋ファイブエム』とどれだけ違うの?
 その前の『崩壊アンプリファー』とは?
 ってー、話で。
 逆に言ってみれば、
 それだけ能力のあるバンドで、
 デビューん時からそんだけのもんを発揮するのは稀なわけなんですが。
 スタイルが、シンプルでストレート過ぎるから、
 魅力の強みとして有効ながらも、分かり易いという。

 そんな、
 そんなわけで、ほったらかしにしていたアルバムを選んだ理由でございますが、
 もうこれは、楽曲の強さですね。
 勢いというか。
 オアシスの、デビューアルバムを想い出すほどです。

 でも、
 3枚も「デビューアルバム」を作るのは、どーだろ。か。



Get Born
Jet / Elektra

 洋楽を聴かなくなった。
 ずっと読んでたロッキン・オンを買わなくなったし、立ち読みもしなくなった。
 んな時期と重なってしまったため、
 いわゆるロックンロール・リバイバル、、、ってゆーのかな?、
 そのムーブメントに触れることができなかった。
 もっとはっきり言ってしまうと、ピンとこないというやつで。
 おかげでいまだに馴染めないでおりますが、
 そんな中でも聴けるのが、聴けたのが、ストロークスと、このジェット。
 この二つを一緒に、
 かつムーブメントに入れていいのかすらわたくしにはわからないのでそのへんスルーしていただきたいのですが。
 ええ。

 よく考えたら2003年のアルバムだった、このアルバム。
 自分のズレ具合がそのへんよく表れておりますが、
 一回聴いて、あまり気に入らなかったんで放流しておりました。
 それが年末の片づけの時期に聴き直してみましたら、
 楽曲ごとに緩急あって、よいアルバムだなあと。
 古いロック・スタイルなわりに、3人ボーカルってのがナメとるなあと。

 意外と化けそうな気もするのですが。



SWEET DREAMS for fishmans
オムニバス HAKASE-Sun OOIOO SAKE ROCK STUKA THE MICETEETH UA bonobos nontroppo イルリメ / スザクミュージック

 コンピレーションなんだけど、
 全体の空気がほこびれてない、うまくいったアルバム。

 言ってしまうと、みんな佐藤伸治の魔法にかかってるみたいだ。

 フィッシュマンズについて、わたくしにうまく言えることはできないが、
 ファンはもとより、アーティストにも愛されたバンドであったのは、
 このアルバムでよくわかるとおもう。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-01-18 21:28 | 音盤 | Comments(0)

2004年のレコード.02-2


 そ、
 んなわけで、2004年のレコードの音ログ。
 1月16日、17日にアップされております。

 気が向いたときにでも、左のほうから行けますので暇をつぶしてください。


 そ、
 してただいま、カバー特集をお送りしております。

 音の無いラジオ状態でございます。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-01-18 10:01 | 音盤 | Comments(0)

『半落ち』


 途中から観たらとてもおもしろかったので、
 改めて最初から観直してみたら、それほどでもなかった。

 といった経験は、
 誰もが、二度、三度あるとおもわれます。

 理由として、
 単純に、ストーリー的に加速して盛り上がるのは中盤あたりから、
 と、ゆーのもありますが、
 と、なると、たるい序盤はいらねえのか、って話になるので、
 どうも釈然としない。
 理由としてもう一つ、
 観てない部分のストーリーは、都合良く脳内補完されるから、
 と、ゆーのもありますが、
 それだって似たようなもので。
 観ていないから、と、ゆーわけでもないであろう。

 で、そのへんのところは、
 島本和彦が『ワンダー・ビット』というコミックでかなり具体的とゆーかそのまんまに取りあげておりますので、
 興味がある方はそちらを読んでいただくとしまして。

 やっと本題。
 観ないほうが、おもしろかった。
 哀しい話だが、そんな映画もあるのだと、書きたかったわけでして。

 予告編だとおもしろそうだったのに、本編はしょぼい。
 観なきゃよかった。
 噂だとすごいおもしろそうだったのに、
 コマーシャルだと、ビデオのパッケージだと、おもしろそうだったのに。
 本編が、しょっぱい。
 昔の角川映画か。

 みたいなことがある。
 『半落ち』は、まさにそんな映画だった。

 実際、つまらないわけでも、出来の悪い映画でもないし、
 どちらかといえば、おもしろい部類に入るのだけども、
 期待というか、空想というか、「おもしろそう」を越える作品ではなかった。
 なんかすごい、歯応えのない映画で。
 それならいっそ一生観ないままで、
 「おもしろそうな映画」として自分の中に残しておいた方が、良かったんじゃないかと。

 おもえる映画も、あるものでございます。


半落ち
/ 東映
ISBN : B0001AE1WW




ワンダービット 1 (1)
島本 和彦 / アスキー
ISBN : 4756106439
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-01-17 11:08 | 映画 | Comments(0)

2004年のレコード.02


 煙田さんのマネをして、音ログをはじめた。

 いくらやってもブログに貼ることができず、
 結局、exciteでは無理なことがわかった。

 操作がわからない。

 ituneだけを操作すればいいのか?
 音コンだけでいいのか。

 とりあえず、「2004年のレコード」分を送信中。

 いかがなものか。

 リンクは、左のところにございます。

 
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-01-16 18:31 | 音盤 | Comments(2)

ドラクエ様のぼうけんの書7。


 すいません。
 まだやってました、ドラクエ様。

 と、いうのも、ドラゴン関係のイベントが隠し的にございまして、
 それやんないと真のエンディングとやらが観れないそうでございまして、
 ええ、
 やりましたとも。

 最初に解いたのが、レベル43で、約102時間。
 二つめのエンディングを解いたのが、レベル53で、約139時間。

 ネタバレとか気にしない性格なので書いてしまいますが、
 竜の試練とかいうのも全部ゲット、
 竜神シリーズも揃えまして、主人公もカッコヨクなりました。
 ちょっと感動しました。

 どうも評価がイマイチなような、今作。
 「練金」、「スキル」など、新しい要素も導入されたが、
 それらは他のゲームですでに馴染みのあるものだったし、
 丁寧に作られた立体世界も、
 斬新とよべるほどのものではなかった。
 悪くいえば、
 ドラクエは、ドラクエであった。

 しかし、
 ぐりぐり動く画は、鳥山明の絵そのもので、
 魅力は十二分に発揮され、新たな興奮があった。
 シナリオ、ゲームバランスも流石といえる妙があり、
 縛りがある一方、自由度の配分も過剰なく、残されている。
 革新、
 挑戦、
 冒険、
 実験が、
 いつの間にか「奇」に変わり、
 脱線的な「やりこみ」や無価値な「キャラ造形」にはしり過ぎてしまうゲームが多い中、
 RPGというゲームの枠組みを守り、
 追求するようなおもしろさを失わない本作は、
 やはり、
 ドラクエは、ドラクエであったと、言えるのではないだろうか。


 でも、
 これ、作ったレベルファイブは、やりこみゲームが得意だったりすんだけどね。





 
b0048532_22513761.jpg

[PR]
# by y.k-ybf | 2005-01-14 22:53 | ゲイム | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧