『SMiLE』/ブライアン・ウィルソン


 ブライアン・ウィルソンが復活したと聞いて、素直に聴いてみたいと思えなかった。
 ライブで『ペット・サウンズ』をやったといわれても、
 『スマイル』を再現したといわれても、やっぱり迷ってしまった。

 期待できなかった、
 わけではなく、
 何というか、分かり難いかもしれんけど、魔法が解けるような気がしたからだ。

 わたくしにとって、
 ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』というアルバムは、
 そーゆーアルバムなのだ。

 で、
 当然この『スマイル』という作品が、
 オリジナルアルバムとして完成したと知っても、喜んでいいものやら不安が残った。
 それがこうして今、わたくしの手元にあって、
 しっかり耳にしておるというのはどーいうことかといいますと、
 中古屋さんで見つけたからなのです。
 ええ。


 幻のアルバムとして、
 世界で一、二を争うほど有名な、ビーチ・ボーイズの『スマイル』。
 その辺はほんっとに有名なので詳しく説明いたしませんが、
 ブライアンの手によって、37年ぶりに完成したと。ゆーわけでございます。

 んで、
 やっぱり聴くのは怖かったのですが、
 聴いてみますと、あーこれこれと。
 見事な完成度合いに感嘆する一方で、
 でもやっぱり、
 ブライアン・ウィルソン、「の」、『スマイル』なのだなあ。と、思いました。

 細かいところは萩原健太もライナーノーツで書いておりますが、
 音が新しく整理されすぎている、
 本来アナログであったフォーマットが、CD用に直されている等々。
 もっともわかりやすいのは、、、
 アルバム的には盛り上がるところなのですが、「グッド・バイブレーション」ではないでしょうか。

 元々、
 アメリカのポップミュージックを総括するみたいな目的で作られたオリジナルの『スマイル』がドキュメンタリーならば、
 当事者であるメンバーによってまさに再演されたのがこの『スマイル』ではなかろうかと。

 なんか当たり前のことを偉そうに書いているような気がしてきたのでここらで終わりにいたしますが、
 作品としては、本当に素晴らしいので、
 興味がある方は聴いてみてもよろしいのではないでしょうか。

SMiLE
Brian Wilson / Nonesuch
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-11-14 21:53 | 音盤 | Comments(0)

お出掛け。


 免許を更新するために警察所へ行ったら、
 免許センターへ行けとのお達しが。

 で、ふたたび柏を訪れたわけで、
 なんだか損した気分でございますが、
 教習でみせられたビデオが、けっこうエグくって、おも、
 おもしろくはありませんでしたが、目が覚めました。

 みなさんも、違反には気をつけてくださいね。
 
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-11-10 22:58 | 記述 | Comments(0)

『リング』   (1998)1/100


 かなり時間があいてしまいましたが、
 エイガ/リスト/カット/100、の一本目。
 『リング』でございます。

 今更このエイガを取り上げるのも、どうかという心境でございますが。
 そんなに好きなのか、
 ってのも疑問でございまして。
 ただ、テレビで放送されるたびに、なんだか観てしまう、エイガなのです。


 いきなり信じがたい話でございますが、
 『羊たちの沈黙』(1990)が公開されてから始まったサイコスリラー・ブームは、
 じつに、いまだ続いておりまして、
 『リング』(1998)の登場によって、やっと沈静化するに至りました。
 代わりに今度は貞子ブームが続くようになるわけですが、
 こちらも『呪怨』(2002)によって、やっと落ち着いた模様でございます。

 また、
 ハリウッドでリメイクされた『ザ・リング』(2002)では、
 ストーリーやアイデアだけでなく、オリジナルに沿った演出やカメラ割りのタイミングなど、
 リメイクというかリテイクというか、
 オマージュに近い手法を観ることができます。

 きっと、それだけエイガとしても優れているのでしょう。
 たぶん。


 見慣れた景色、見慣れた光。
 見覚えのある風景と、見覚えのある影。
 特異な環境ではなく、
 そんな現実の枠側に、恐怖がそっと息づいている。
 そして、
 呪いの「ビデオ」、
 歪んだ「写真」という、アナログな感触と耽美な香りが、
 さらに恐怖とリアルティを醸し出しているわけですが、
 やはり特筆しなければならないのは、松嶋菜々子(以下、マツシマナナコ)。
 この、
 まー、個人的な印象で申し訳ございませんが、
 演者としての魅力を欠片も発揮しないマツシマナナコという女優さんが、
 『リング』では、じつに光り輝いているのだ。
 や、輝いていないという意味で、輝いているというべきか。
 相手役の真田広之は、
 「真田広之、ここにあり。」と、バリバリ演じておるのですが、
 その脇に突っ立ってるナナコといったら、
 恐ろしく自然体、リアルを抜けてシュールにすら思えるほど存在がぼやけており、
 なんつーか、
 ナナコという着ぐるみをかぶったナナコ。
 ナナコ・イン・ナナコ。みたいで、
 それでいて映像の世界とぴったり同化してしまっている。
 そんなナナコでなければ、
 このエイガは、これほどの完成度を保てなかったのではないか。
 と、思うのだが。
 どうか。

 リング Hi-Bit Edition
/ ポニーキャニオン
ISBN : B00008NX2X
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-11-09 22:50 | 映画/100 | Comments(0)

『PLUTO』 浦沢直樹×手塚治虫


 完結してない本を取り上げるのはやめておこうと思ったのですが、
 予想以上に面白かったので、とりあえず。


 いちいち説明するのも何ですが、
 原作は手塚治虫の『鉄腕アトム』のエピソード、「史上最大のロボット」。
 元が漫画なので、ただのリメイク・・・、
 とは思われないでしょうね。この表紙なら。
 中身も、
 浦沢らしい見事な腕前で、サスペンスというかミステリーというか。
 素晴らしい作品になっております。
 ちゃんと手塚のスター・システムを使ってるし。

 だがここで、さすが浦沢で終わってしまってはいけない。
 この解釈は見事であるが、
 やはりすごいのは手塚治虫で。
 これを、50年前に書いているのが、すごい。
 
 いわゆる劇画を嫌っていたそうで、
 「漫画タッチ」的なものにこだわり続けた手塚治虫の作品は、
 乱暴な言い方だけど、誤解され続けてきた。
 実は「書いている」のに、
 手塚の絵が、イメージが、それを覆い隠してしまっている。

 浦沢直樹の手によって、
 それら隠されたテーマが、どんな形で姿を見せるのか。
 とても楽しみでございます。

PLUTO (1)
浦沢 直樹 / 小学館
ISBN : 4091874312
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-11-09 15:27 | 本棚 | Comments(0)

お買い物。


 今日は久しぶりに、
 暇とお金ができたので柏へ買い物へ行った。
 ウソ。
 毎日忙しいわけでもないし、お金といってもちんみりした給料だ。
 なんかちょっと、言ってみたかったのだ。
 ごめん。俺よ。


 柏は三ヶ月も目を離すと、必ずと言っていいほど景色が変わる街だ。
 さすが「プチ渋谷」の悪名は伊達じゃない。
 「ヴァージンレコードが無くなった。」と友人から聞かされ、へえっと思っていたら、
 昨日、
 「その隣のビルにタワーレコードができた。」と言われてさらに驚いた。
 実際に行ってみたら、
 そのビルへ陸橋が二股に分かれて延びており、もっと驚いた。
 景色はもう、私の知らない景色だった。


 というわけで、
 レコード屋さんをまわって本屋さんをまわって、お買い物。
 途中、
 お店に貼ってあったカレンダーへ、一心不乱に話し掛けてる若者を発見。
 わーい。逃げろー。

 いろいろ、お買い物ができました。
b0048532_20221100.gif

[PR]
# by y.k-ybf | 2004-11-07 20:22 | 記述 | Comments(3)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧