『東京大学物語』 江川達也


 夢オチつながりということで。

 フリ、ってのは、ここまでやらないと意味がない。
 真剣にやらないと、笑いにならない。
 等々、
 実証した上で、
 「妄想」というオブラートに包んだ、哲学書である。

 江川達也の、かなり個人的な。

 真面目に読めば、真面目な答えが。
 笑って読めば、笑える答えが、ぽろっとでてくるのはサスガ。

 だがしかし。
 完全に考えすぎであるのも、否めない。
 ちょっと間違えると、トンデモ本である。



東京大学物語 (1)
江川 達也 / 小学館
ISBN : 4091832512
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-12-25 22:05 | 本棚 | Comments(0)

『マイナス 完全版』 山崎さやか


 『マイナス』が例のエピソード収録の完全版で売ってるつーんで、
 読んだ。

 当時、話題にもなったんで説明の必要もないかもしれませんが、
 例のエピソードってのは、
 「子供の遺体を丸焼きにして食べた。」
 というやつで。
 抗議殺到、単行本未収録、「幻」扱いになりました。

 でもこうして読んでみると、
 確かにそのエピソードのインパクトもさることながら、
 あくまでワン・エピソード程度の扱いで済ませていることのほうが、驚きであった。
 つまりこの『マイナス』という作品は、
 全体的に、そーゆーものなのだ。

 一見、
 安達哲の『さくらの唄』を連想させる絵柄、内容におもえたが、
 なぜか途中からマンガチック、ギャグ風味に変化、
 そのくせテンション、内容はどんどん加速してゆくという。
 とんでもないものになった。

 ラストはもう、破滅しかないだろうとおもわれたが、
 意外にも「罪と罰。改心。」という着地点が選ばれた。
 しかしこれ、
 どーしても取って付けたようなものにしか、読めない。
 「死ぬしかない」ものを避けるために、選ばれたような。

 さらに想像を飛躍させると、
 この物語はエンディングを必要とせず、想定されずに綴られていたのではないだろうか。
 笑ってもらって、読み捨てられて、
 終わりもなく、終わろうとしていたようにもおもえた。
 そして『マイナス』のタイトルイメージそのままに、許される作品ではないかと。

 夢オチでいいじゃねえかと。
 仮面ライダー龍騎みたいに。

 わたくしは、これを読んで一回も笑うことができなかった。
 少なからずマイナス思考な人間だから、
 なのかは判らないが、
 ゲラゲラ笑って読める人間も、おそらくおるのだろう。

 ヒトはそれを、プラス思考というのだろうか。

 残酷な言葉である。

マイナス 完全版(1)
山崎 さやか / エンターブレイン
ISBN : 4757718128
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-12-25 21:48 | 本棚 | Comments(0)

約束のクリスマス。


 押忍。
 クリスマス・イブですね。
 (そうですね。)
 みなさん、いかがお過ごしですか。
 わたくしは、かるく風邪を引きました。
 風邪をな。
 でも大丈夫。
 風邪をうつしてしまいそうな相手なんて、いませんから。

 そんなわけで、
 クリスマス毎年恒例の、自分で自分にプレゼント。
 仮面ライダーZOのフィギュアを購入。
 これもお約束ですが、
 おもちゃ屋さんの店員と、
 「プレゼント用に包装いたしましょうか?」
 「いいえ、けっこうです。僕のです。」
 という、お約束の会話も済ませてきました。

 これで安心して年が越せるというものですね。
 (そうですね。)
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-12-24 20:41 | 記述 | Comments(0)

M-1グランプリの季節。


 決勝がもうすぐですね。
 (そうですね。)

 品川庄司は残るかなあとおもっとったのですが、
 スピードワゴンが落ちたのはさすが。
 個人的には好きだし、とてもおもしろいとおもうのですが、
 ネタとしてかっちり出来スギなので、
 広がりというか、深さに期待度がないですね。

 今日はテレ朝で特番がありました。昼間に。
 やっと顔と名前が一致いたしました。

 ので。
 おきまりの予想などを。
 つまらないので、興味がない方は読まないでください。

 本命は「笑い飯」、
 対抗は「アンタッチャブル」、「東京ダイナマイト」あたりで、
 大穴は「南海キャンディーズ」か。
 そして「千鳥」がどれだけくい込むかのか、
 ってのが見所かなと予想してみたら、litaさんとほとんど同じものに。


 でも優勝は、
 意外と笑い飯がこけて、アンタッチャブルがとるような気もします。
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-12-23 21:26 | 記述 | Comments(5)

ドラクエ様のぼうけんの書6。


 モーいいーよー。

 プレイ時間100時間越えました。
 との報告をするつもりでしたが、
 それから数時間で、解いてしまいました。

 前作よりは短かったですが、おもったより長かったですね。





 でもまだ続きます。
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-12-19 22:25 | ゲイム | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧