ドラクエ様のぼうけんの書1。


 『ドラゴンクエストVIII  空と海と大地と呪われし姫君』という、
 長い副題がちょっとアレなゲームの発売まで、一週間を切りました。
 我が家でも抜かりなく、予約はしっかりと済ませてあります。

 わたくしが一本、兄上が一本。予約済み。
 計、ドラクエ二本。

 すみません、抜かりました。


 ドラクエが我が家にはじめてきたのは、確かⅡの時であった。
 (Ⅰはその前後に、友人から借りた。
  クリアーしていないので、個人的に印象も薄い。)
 当時、
 ドラクエの人気は、火が付きはじめた一番やっかいなときで、
 どこでも品切れ状態であった。
 しかし近所に一軒だけ、平然と売っている店があった。
 皆から「ガキヤ」と呼ばれていたその店は、
 ガンプラブームの時、売れ残った戦車や城のプラモと抱き合わせで売る、
 たいへん評判の悪い店で、
 ドラクエも当然のように、抱き合わせで売られていた。
 しかも抱き合わせの分、価格もアップしているし。
 友人らと協議の上、
 「ゲーム二つ買うとおもって、高くても買うべ。
  店に火をつけるのはその後な。」
 と、購入を決意。
 いくつか売れ残りの、いや、抱き合わせのゲームが選べたので、
 わたくしは『スクウエアのトムソーヤ』を、
 友人は「飛龍の拳」のなんかを、選んで買った。
 どちらの選択が正しく、お得だったのか、
 知りたくもないのでそれについて話し合ったこともありませんが、
 『スクウエアのトムソーヤ』。
 名前からもわかるとおり、スクウェアのゲーム。
 今日、
 エニックスとスクウェアが合併したことをおもうと、
 何かの因縁すら感じる、ぐらいは許してほしいとつくづく願う。
 ガキヤめ。
 (ちなみに『スクウエアのトムソーヤ』がどーゆーものかといいますと、
  そのまんまトムソーヤのゲームで、
  トムやハックルベリー・フィンが、
  敵を殴ったり蹴ったり必殺技を繰り出したりして倒す、
  本来の魅力とは、まったくちがう「興味」ばかりわいてしまう、RPGです。)

b0048532_15544192.jpg


 続きます。
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-11-21 16:00 | ゲイム | Comments(0)

やきゆうげーむ。


 これ忘れてました、みうらさん。

b0048532_14392377.jpg


 自分でデータ作って、
 データレコーダでセーブして(笑)

 ファミスタと同じぐらいやってたと思う。


 ついでに、うちにあったLSIをネットで見つけました。

b0048532_1443532.jpg


 一回ごとに得点がリセットされるので、試合ができないステキ仕様です。
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-11-21 14:45 | ゲイム | Comments(3)

なんとなくやってみた。


 profileがいまいちだ。
 とのご指摘がございましたので、
 ちょっと追加してみた。

 これといって、ない。
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-11-21 10:02 | 記述 | Comments(0)

『殴るぞ』 『山田シリーズ』 吉田戦車


 突然、吉田戦車マイブームがやってきた。

 『伝染るんです。 』はものすごい好きだったのだが、
 好き度合いが過ぎたというより、
 『伝染るんです。 』のイメージを壊したくないがために、
 追いかけて読むのを、極力、避けていた。

 といっても、いくつかは読んでいるのだが。

 で、
 なぜマイブームが再燃したかというと、
 『殴るぞ』の表紙に、見慣れたカワウソの姿を見つけたからだ。
 遅い。
 遅すぎる。
 すでに二巻の表紙がカワウソなのに、
 気づいたのは五巻が出版されて、『山田シリーズ』も完結した後。
 遅い。
 遅いが、燃焼度合いは半端ではなく、
 なぜかドコにも売ってない四巻を探すため、本屋をハシゴしたり、
 なぜか出版すらされてない、幻というかオレ妄想の本を探しに、ハシゴしたり、
 傍目からは、かるくノイローゼ気味であったことだろう。


 『殴るぞ』は、
 『伝染るんです。』の流れを汲んだものであるが、
 このカワウソは「和歌子」というカワウソであり、
 『伝染るんです。 』のカワウソとは別カワウソで、
 『山田シリーズ』に出ているカワウソこそが、
 『伝染るんです。 』のカワウソと同カワウソなのだ。
 しかしながら『山田シリーズ』のカワウソは、
 あの頃(『伝染るんです。 』)から時間も経過しているためか、
 どこか表情豊かでよく喋り、躁気味なカワウソになっていた。
 むしろ『殴るぞ』の「和歌子」のほうが、
 どことなく、あの頃(『伝染るんです。 』)のカワウソらしさを感じる。
 おそらく「和歌子」のほうが年齢的にあの頃(『伝染るんです。 』)のカワウソと近いと思われるので、
 もしやするとカワウソは、年齢を重ねると性格的な変化が起こる生き物なのかもしれない。
 そしてそれはカワウソ界では常識的な現象で、
 何処からその情報を入手した吉田戦車が、
 『伝染るんです。 』、
 『殴るぞ』、
 『山田シリーズ』の三作を通じて描くことにより、
 密かに情報を提示して、
 カワウソ界の常識を知らない市井を独り嘲り、悦に入っているのではなかろうか。

伝染(うつ)るんです。 (1)
吉田 戦車 / 小学館
ISBN : 4091790410

殴るぞ! 1 (1)
吉田 戦車 / 小学館
ISBN : 4091867316

山田シリーズ 1 (1)
吉田 戦車 / 小学館
ISBN : 4091878016
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-11-18 00:53 | 本棚 | Comments(0)

『ゴジラ対ヘドラ』


 つい先ほどなのですが、
 衛星放送で『ゴジラ対ヘドラ』を観てしまいました。

 長すぎる手足、長すぎる首、
 そしてどことなく表情が、織田裕二に似ているゴジラ。

 噂では耳にタコができるほど聞いていたこのエイガ、
 やっと観ることができました。

 ステキソング、「かえせ!太陽を」は聴けましたが、
 残念ながら、
 「ヘドラをやっつけろ!」は流れませんでした。
 (『おバ歌謡』で我慢します。)

 で、
 肝心の内容なのですが、
 主人公級の、かなり重要な役割の子役が、すっごいダイコンだったぐらいしか頭に残ってません。
 二分おきぐらいにツッコミどころがやってくるミラクルなエイガで、
 たいへん楽しめましたが、
 ひっっどいエイガなのは否めません。
 確かゴジラ飛んでましたね。
 ごぉーーーって。

 こーゆーエイガを撮るヒトは、
 こーゆーエイガを作ってはいけないという、
 わかりやすい一例だと思います。

 でもおもしろいので、一度ぐらいは観てもいいと思います。

ゴジラ対ヘドラ
/ 東宝
ISBN : B0001J0C6W


伊集院光選曲 おバ歌謡
オムニバス 神谷勝也 ドン神谷 白木みのる ローレン中野 和田弘 マヒナスターズ 尾藤イサオ 由美かおる GAL / 東芝EMI
ISBN : B000228X0A
[PR]
# by y.k-ybf | 2004-11-17 23:35 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧