ハロニチワ赤ちゃん! 『グレースフィールド・インシデント』


 上司にタダで借りた別荘へ遊びに行ったら大変なことが起きる、
 ファウンド・フッテージ型のホラー。

 今回のカメラは、義眼。
 事故で片目を失った主人公の男性は、義眼に小型カメラを仕掛けます。
 ワイフへのサプライズの為に。。。

 隠し撮りの映像を見せられて喜ぶとゆー発想がイマイチ理解できませんが、
 安心してください、
 カメラはもう一台あります。
 友人が購入したばかりの最新型カメラを持参してくれました。
 また別荘へ着くと、
 ケータイの電波が圏外になるばかりか、勝手に動画を撮影する誤作動が起こるよーになります。
 なんたる好都合(映画的に)。
 防犯用の監視カメラもあるので、
 合計、かなりの数のカメラがスタンバっております。

 さあこい、怪奇現象!

 豪華な別荘に浮かれていると、上空スレスレに謎の飛行物体が落下してきました。
 こりゃ一大事だぜ! と、
 義眼にカメラを仕込んでるバカは、一目散に夜の森へ突貫し、落下物を発見。
 高熱だとか放射能だとか、
 誰もが真っ先に思い浮かべる危険性をすっ飛ばし、素手で落下物を掘り返すバカ。

 この落下物を巡り、恐ろしい何かと遭遇するのであった…。
 メデタシメデタシ。。。

 とゆーホラーなんですが。
 まず、
 カメラが多いのは助かるが、映像の切替が細かくて目が回る。
 同じ場所に二人と二つのカメラがあって、バシバシ切り替わるのはハッキリと辛い。
 現場の音声を使っていないのか、吹替みたいな違和感がずっと残る。
 演技が下手…なわけではないと思うけど、
 台詞やリアクションが劇ドラマのよーに過剰&不自然で、
 カメラもきっちり画角で映してくるし、効果音も付くし。
 「ファウンド・フッテージ」の疑似ドキュメント感は、最早皆無。

 「ビッグフット」、
 「ミステリーサークル」とゆー懐かしいネタを真顔でぶっ込んでくる姿勢には驚かされるが、
 例の落下物の正体が、
 宇宙人の○○ゃ○で、じゃあ追ってきたのは宇宙人の…?
 シャマランの『サイン』を思わせる、大胆な宇宙人の登場とドアップ。
 そして、
 えっ、みんな帰してくれるの!?
 ハッピーエンドなの!?

 とゆー前代未聞のラストを受け入れるには、一晩寝ないとムリでした。

 通常のスタイルのホラーだったなら、奇をてらった失敗作で済んだだろーけど、
 下手にファウンド・フッテージに手を出して、倍にしくじってる気がします。
 この認識の甘さが、個人的には最大の許すまじ! でした。
 (作品の作り自体はそこまで悪くないんだけどね、
  とゆー最後のフォロー)


 しかし、
 あの義眼カメラの音声って、どーやって録音したんやろ?


[PR]
# by y.k-ybf | 2018-07-15 00:03 | 映画 | Comments(0)

チューバッカのベルトは武器ではないの? 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』 ※ネタバレ


【チラシ付き、映画パンフレット】ハン ソロ スターウォーズ ストーリー  限定版

ハン ソロ スターウォーズ

undefined


 先に公開された米国でコケたと聞き、少し身構えてしまいましたが、
 そんなに悪くない…とゆーか、普通に楽しめました。
 「スター・ウォーズ」に詳しくなくとも、全然平気。
 寧ろ、
 その間口の広さが批判の的になったのかも。

 オレたちのハン・ソロはあんなガキじゃねえ! と。

 確かに、
 もうちょいズル賢い一面や、口八丁で相手を出し抜く姿が足りなかった気もしますが、
 ヤングな頃のハン・ソロなので、そこに違和感は感じませんでした。
 それは次、
 この後からの話で、よりハン・ソロっぽくなるんじゃないの?

 その「次」はあるのか、判らないけども。

 つかね、
 キャラ云々より、ストーリーの山場の低さの方が気になりまして。
 正直、
 あ、コレで終わりか…とは思ってしまいました。
 こんな別れ方なんや、と。

 アイツが出てきたサプライズは最高でしたけどねー。
 (だからあの武器の刃は赤く光ってたのだね)

 次のスピンオフに予定されていた「オビ・ワン」は流れたよーだけど、
 どーせならこの続きを彼女(キーラ)視点にして、
 「シス」による「スター・ウォーズ」裏歴史にしたら面白くなるのでわ?

 それ観たい。


[PR]
# by y.k-ybf | 2018-07-05 23:28 | 映画 | Comments(0)

おもわぬ正解 『ニンジャバットマン』


【映画パンフレット】ニンジャバットマン 監督  声 山寺宏一, 高木渉, 加隈亜衣, 釘宮理恵, 子安武人, 田中敦子, 諏訪部順一, チョー,

ワーナー

undefined


 理想的な映像化とゆーと語弊があるかもだが、
 コレでいいんじゃないか? と思える勢いがとても良い。
 アニメだから可能な悪ふざけが頼もしい。

 逆説的にDC映画の問題点が浮き彫りにもなった気がするけど、
 そこまで単純な問題ではないのがアメコミ映画の厄介なトコロだろうな。

 CGアニメ特有の単調さ、メリハリの弱さが小さくないマイナスに思えたが、
 何かの間違えで、世界中で大ヒットしてくれんかな?


[PR]
# by y.k-ybf | 2018-06-27 23:56 | 映画 | Comments(0)

見えない花火 『万引き家族』


【チラシ付き、映画パンフレット】 万引き家族  MANBIKIKAZOKU

万引き家族

undefined


 中盤のあるシーンで、声が出そうになる程ショックを受けて、泣いた。
 声はぐっと堪えた。何度も。

 是枝監督の新作ってだけで既にハードルは上がっているのに、
 カンヌのパルム・ドール受賞っつー、ある意味最高の棚上げまで加わって、
 逆にマイナスなんじゃねーか?
 とゆー高い高い期待値を、
 超える傑作ではなく最早名作でしたよ、『万引き家族』。

 公開から少し遅れて観たので評価よりも先に、否の批判が耳に入ってきた。
 「万引きとゆー犯罪を助長している」
 「貧しいと云いながら贅沢している」とか、
 「こんな貧困は日本には無い」やら、「万引きされる側の気持ちになれ」等々。
 このよーな批判は全て、
 本編を観れば的外れな思い込みだってことはすぐに判るのだけど。
 是枝監督は恐らく、
 あくまで恐らくだけど、その批判までも想定済みで、
 この「批判」が噴出する現状こそが、真のテーマではないかと思うのですよ。
 要するに、
 作品のテーマが内ではなく、外に置かれており、
 この「家族」の姿を観て、何を感じるのか? 何を想うのか?
 そこを問われている気がしました。

 この映画はとてもシンプルで、
 かなり意図的に比較や対立などの構図が省かれ、物語性が抑えられている。
 言わば、
 答えとゆー結果だけが描かれており、その問いは我々観客に委ねられている。
 何を見ましたか? と。
 
 犯罪を肯定などしていないし、贅沢もしていない。
 万引きされる側の描写も、じつはちゃんとある。
 貧困も贅沢も、苦しさも楽しさも、
 家族も絆も、
 言葉だけで意味も判らない奴らには、何も見えないのだろう。
 当たり前の幸せすら持てない者の願いなど。
 こんな「家族」は、きっと日本中にいる。
 それが存在しないよーに思えるのは、
 目を背け、知らない気付かないふりをしているからだ。

 彼らは、音だけの見えない花火ではない。
 問いはそこに在る。

 冷たく狭いベランダから背伸びをした少女の瞳には、何が見えるのだろうか。

 どんな未来が、この街に。


[PR]
# by y.k-ybf | 2018-06-21 21:36 | 映画 | Comments(0)

『ファントム・スレッド』


Ost: Phantom Thread

Jonny Greenwood/Nonesuch

undefined


 この物語が何処へ向かい、何を描こうとするのか。
 エンディングの手前までホントに理解できなかった。
 哀しむべきか、笑うべきか、恐がるべきか。
 湧き上がる感情が迷うとゆー経験も、なかなか珍しい。
 かと云って難解なわけでもなく、退屈な場面など一秒も無かった。
 まるで刺身になって皿に盛られてもパクパクと口を動かす鮮魚のよーに、物語は鮮やかな手さばきで構築される。

 言葉にすると異なる意味を放つ「愛」について。

 結婚前にウエディングドレスを着ると婚期が延びる、程度の迷信は今でも日本にはあるし、
 劇中でも冗談のよーに囁かれる。
 「結婚」が呪いを撒き散らすとゆーロジックの不思議。否定によって強度を増す迷信。
 何故かこの映画を観た後に連想したのは『エクソシスト』で。
 レイノルズとアルマの関係は、神父とリーガンの関係のよーに思えた。
 アルマの表情は豊かで、
 様々な心の機微を見せるけど、一度も芯が冷めたものは見せなかった。
 あの毒キノコの料理に隠された糸は、「死なないで」とゆー想いではないのか。
 じつはリーガンこそが、神父の呪いを解いていたのではないだろうか。

 究極的な美談の物語ではあるが、
 この秘められた一本の糸は、普遍的なテーマだと感じられた。


[PR]
# by y.k-ybf | 2018-06-12 22:43 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by yuki-yo
プロフィールを見る
画像一覧