『死霊館 エンフィールド事件』とか、夏なのでホラー映画、五本。


死霊館 エンフィールド事件 ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

パトリック・ウィルソン ベラ・ファーミガ/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

undefined


 「死霊館」シリーズの第二弾。
 今度の死霊館はロンドンだ!
 (BGMはクラッシュの「ロンドン・コーリング」で。)

 「死霊館」とゆー邦題の意味はギリギリ保っておりますが、少し苦しくなってきました。
 「家宅に現れる霊」ならばOKなのか?

 77年のロンドンで実際に起きた、
 実際に、と云っていいのか判りませんが、ポルターガイスト現象の謎に迫ります。
 前作からのスタイルはそのまま、
 オーソドックスなホラーを全力でやる、とゆー作りがたいへん好ましい。
 グロテスクやモンスター(&バトル)に頼らない、お化け屋敷ホラー。

 この路線を維持して、これからも頑張ってください。
 (作りが堅実なので、逆に感想が湧き難いですな。)



 明かりを点けたら止まって、暗くなったら進む、
 アメリカ版だるまさんが転んだ、みたいなホラー。

 早速ゆーと、
 フツーのモンスター・ホラー映画になっちゃった印象。
 モンスターの恐ろしさはしっかり表現されているので、
 そこが狙いなら問題ないけど、フレッシュなホラー作品とゆーわけではない。
 近年の作品と比べると、ちと古臭くもおもえた。

 ドアを閉め、ブレイカーを落とすモンスターってのは愉快ではあったが。

 暗闇とゆー、ニンゲンの根源にある恐怖を描いているのだから、
 もっと大胆にアレンジしてもよかったのではないだろーか。
 町全体にゴーストが出没するよーになり、一日中煌々と明かりが点く異様な町、とか。

 そしたら。
 ソフトには別エンディングが収録されてるそーで、あの続きがあるみたい。
 確かにもう一つエピソードがありそーな終わり方でしたが、
 それをやったらホントに一昔前のホラー映画になってしまうので、
 削って正解だとおもいます。


エルサレム ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

ヨン・トゥマルキン,ダニエル・ヤドリン,トム・グラジアニ ヤエル・グロブグラス/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

undefined


 イスラエル産のPOV型スリラー。

 また例のヤツかと思うでしょーが、
 今回のPOVにはGoogleのグラスが使用されており、
 見慣れていないわたくしには、たいへんフレッシュな映像でした。
 つかGoogleグラス、すげー便利!

 イスラエルの映画なので、
 当然のよーにイスラエル内で撮影されており、
 そんな場所でこんな撮影してもいいんだ!? とゆー驚きもありました。(嘆きの壁とかね。)
 複雑に入り組んだ細い路地や、同じよーにしか見えない家屋の高い壁は、
 異国の情緒と、迷い子の不安を強調させる。
 POVとの相性も素晴らしく、効果的。
 ストーリーは後半、けっこーとんでもない事態になって、
 いつもならテンションも激落ちするよーな場面なんだけど、
 Googleグラスとイスラエルの街並みが何とかキープしてくれました。

 説明不足や演出の不満も少なくなく、ストレスも感じましたが、
 それ以上に新鮮な感覚があったので、劇場で観たかったなと思いましたよ。
 主人公の女の子がトップクラス級に鈍くさくて、
 転んだり置いてかれたり荷物を盗まれたりするのも、見所の一つです。

 イライラします。


○『クリムゾン』

 ソフトが見付からんわー。

 原題は『THE HOLLOW』。
 ストーリーで重要なハロウィン(Halloween)と掛けたタイトルだと思われるが、邦題は全く無視。
 何がそんなに赤いのかってーと、
 ‥‥‥‥‥何が?

 とある孤島を舞台に、「ハロウィンの呪い」に襲われる三姉妹のホラー。

 なんでそんな危険な島に住んでんの?
 三姉妹を呼んじゃうの?
 ってな疑問が解消される前に、何かを知ってそーな人物が次々死んでゆくので、
 かなり早い段階から惰性状態の鑑賞となりました。
 ストーリーの中心となる三姉妹がまた仲悪くてね、非常にイライラさせられる。
 しかも微妙にカワイくない!
 イライラする!
 そんで似たよーな服着るな!

 仲の悪さを示すよーな会話の不成立状態は画期的とも云えるけど、映画的には完全にマイナス。

 襲ってくるモンスター? の造形だけは悪くない。


 清水崇がアメリカで製作した、
 飛行中の旅客機内で起きるパニックを描いたホラー。

 おそらく、
 旅客機の外観はCG、撮影はほぼ機内セットだけで済ませているので、かなりの低予算な映画なのでわ?

 14年製作なので、
 とゆーのは言い訳にもならないが、
 あまりにも語り足らずで投げっぱなしの尻切れトンボ。
 無料で遊べるアプリのホラーゲームみたいなストーリーにはフォローの余地もないが、
 それでも見応えある不気味さは、清水崇の手腕であろう。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-07-21 23:53 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by yuki-yo
プロフィールを見る
画像一覧