黒い豹 『ブラックパンサー』 ※ネタバレ


【映画パンフレット】 ブラックパンサー 

東宝

undefined


 アフリカンとゆー呼び方すら正しいのか判らない無学な日本人だけど、
 アフリカの民族衣装や風習、文化をベースとした全ての映像表現が素晴らしくて、美しくて、
 オープニングから興奮しっぱなしだった。
 あくまで「ベースに」って部分を忘れてはいけないと思うけど、
 それでもね、
 ここまでアフリカンを中心に描ききったエンタメは覚えがなかったので、感動しております。
 意義はある、と。

 強大な力をもつ使命とその力を振るう責任を、
 主人公とライバル二人の王子に負わせる構図は、
 しっかり現代の問題を取り込んでいるし、ヒーローのオリジンをも体現している。
 ラストの、
 「賢者は橋を…、愚者は壁を…」とゆー演説も、よくぞ言ってくれた。

 ここまで見事なヒーローの新生を、
 このタイミングでやってのける、MCUが恐ろしい。

 ま、多くの個性的なキャラクターを同時に動かしているため、
 ブラックパンサーの活躍が、
 (特に後半の決戦では)少し地味にも見えたとゆー点もありましたが、些細な点で。
 個人的には、
 最期のキルモンガーとの絆は、もちっと濃く描いてもよかった気がします。

 ゴリラ族はネタフリが弱い。あそこでもう一言欲しかったなあ。

 と、
 ホントに些細な不満しか残らない、新世代のブラック・ヒーロー映画でした。
 (ブラックスプロイテーション映画ではなかったですね。失礼)

 アフリカでも公開するのかな?


 (ヴィブラニウムとゆーか、
  ヴィブラニウムを精製する技術がそもそも凄いのでわ?)


[PR]
by y.k-ybf | 2018-03-11 23:36 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by yuki-yo
プロフィールを見る
画像一覧