『ピーチガール』 それは普通に事件。


ピーチガール 豪華版(初回限定生産) [DVD]

山本美月,伊野尾慧(Hey! Say! JUMP),新田真剣佑,永野芽郁,本仮屋ユイカ/松竹

undefined


 「5分に一度、恋の事件が巻き起こす!」
 とゆーB級アクション映画(フランス産)みたいなコピーにwktk(死)が止まらず観てしまいました、
 『ピーチガール』。

 5分に一度かどーかはさておき、
 ホントに猛スピードでストーリーが展開して、
 登場人物にはテロップが付き、想ったコトはすべて喋ってくれるので、
 ある意味、分かり易いけど、
 ある意味では、ニンゲンによく似た何かを観察してるよーな気分になる。
 特にめざましテレビのあの子は、どこの星の子なのだろう。。。
 「漫画かコレわ!!」
 「あ、、漫画(原作)か…」とゆー逡巡の無限ループ。

 キッチリ30分でカップルが成立し、
 残りの一時間半は何やんだろ? と不安に震えましたが、
 更にキッチリ30分後べつの彼氏(めざましテレビ)に鞍替えました。早い。
 その5分後には二股状態となり、恋の事件が巻き起こってます!
 冷静に考えるとドイツもコイツもアレなんだけど、
 その考える隙とツッコむ暇を与えない作りは、優しさ設計。
 スマホが絶妙なタイミングであまりに鳴り過ぎるので、
 恐らくスマホが自我に目覚めているか、
 コイツらずっと近くにいるか、どっちかだと思います。
 (クライマックスでまた鳴った時は、さすがに正気を疑いましたが)

 エンディングではカーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」が使われていたけど、
 この曲ってまだLINEが普及する前の11年に発表された曲で、
 どーして去年(17年)公開の映画で使ったんでしょうね?
 オ、、オシャレだから(?_?)

 あとね、主演の山本美月のメイク。
 「色黒でビッチ」風にしてるよーなんだけど、、、
 只の不健康で艶のない肌にしか見えず、可愛さも損なっている。
 その魅力ポイントをわざわざ削る理由は何なのか、釘バットで問い質したい気分だ。


[PR]
by y.k-ybf | 2018-04-08 09:17 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by yuki-yo
プロフィールを見る
画像一覧