2018年 03月 03日 ( 1 )

『シェイプ・オブ・ウォーター』


【映画パンフレット】 シェイプ・オブ・ウォーター

FOX出版

undefined


 ド。
 ドが付くほど、ド・ロマンティックなモンスター映画。
 スタンダードに徹した作りは、デル・トロ監督のつよい熱意、意図を感じる。

 R15+指定とゆー制限は、
 過激さではなく表現の問題なので、バイオレンス的な心配は要りません。
 修正も想定の範囲内だし。
 寧ろ、
 この表現で伝えたかった愛情の姿を、楽しんでほしいと思います。

 何かが欠けているとしても、真摯な愛情の姿を。

 ストリックランドは軍人で、
 地位も名誉もあり、美人の奥さんとの家庭もある。
 社会的強者である彼にとって、他者はどのよーな存在なのか。
 前半のトイレのシーンだけでも一目瞭然。
 そんな彼の目測は、指を喰い千切られることで揺らぎ始める。
 彼もまた欠落を負うが、
 それを自覚できず、より暴力的に弱者を追い詰めてゆく。

 社会がそーするよーに。昔も今も。

 イライザが壁を叩き訴える声無き言葉が、胸に刺さる。
 「彼を助けなければ、私たちも人間ではなくなる」。


[PR]
by y.k-ybf | 2018-03-03 21:55 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by yuki-yo
プロフィールを見る
画像一覧